ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BizXaaS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BizXaaS」に関する情報が集まったページです。

リアル店舗のデジタル化:
EC連携インタラクティブサイネージ×アバター遠隔接客、NTTデータが実証実験開始
将来的な一坪デジタルストアの実現へ向けた実証実験を三井ショッピングパークららぽーと海老名で実施。(2019/3/15)

オーディエンス情報に基づく高精度な抽出が可能:
ログリーとNTTデータ、共同で潜在顧客ターゲティングモデルを開発
ログリーとNTTデータは2015年10月15日、潜在顧客ターゲティングモデルを共同開発し、ログリーのネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」に実装、サービスの提供を開始したと発表した。(2015/10/16)

三陽商会、オムニチャネル化に本腰――基盤システム構築へ
三陽商会は、アパレル業界で初めてNTTデータの「BizXaaSRオムニチャネル」を採用し、「SANYOオムニチャネル基盤システム」の構築を開始した。(2015/3/13)

リアル店舗とECを融合:
三陽商会、NTTデータの「BizXaaSオムニチャネル」を採用
三陽商会とNTTデータは3月12日、三陽商会が目指す次世代Eコマースの実現に向け、「SANYOオムニチャネル基盤システム」の構築を開始したことを発表した。この基盤として三陽商会は、NTTデータが提供する「BizXaas(ビズエクサース)オムニチャネル」をアパレル業界で初めて採用する。(2015/3/13)

PR:デジタル時代の匠たち 〜世界基準と日本品質を極める〜 Global IT Innovatorとしての経験やノウハウを次世代クラウドビジネスに生かす
クラウドは2000年代後半の登場以来、大きな注目を集めてきたが、技術の進展とともに完全に実用段階に進んできた。システム構築の際に優先的に検討する企業も増加している。しかしその反面、新たな課題も発生しているという。その新たな課題とは何なのか、そしてどのように対応すればよいのか、クラウド時代のサービスを支える各分野の「匠」たちに話を聞いた。(2014/8/20)

@IT読者1000人くらいと識者に聞きました(2):
初めてのクラウドサービス 見方・選び方・調達の仕方
「日本市場全体が一気にクラウドサービスに移行を始める予兆」が見えた? これから始めるクラウドで、うまくITのトレンドに乗って効果を出すための、考えるヒントを識者に聞いた。(2014/7/4)

スマートデバイス快適に:
NTTデータ、スマートデバイス機能を強化したCRMソリューション「BizXaaS CRM」を提供開始
NTTデータは、スマートデバイス機能を充実させたSFA/CRMシステム「BizXaaS CRM(ビズエクサース シーアールエム)」の提供を開始した。カスタマイズでき、スマートデバイス利用シーンに合った機能を利用できる。(2014/3/14)

特集:これからのIaaSニーズと失敗しない選択基準(1):
発展途上にあるIaaS、いま着眼すべきポイントとは?
急速な市場変化を受けて、多くの企業がIaaS利用に乗り出す一方で、ユーザー企業のすそ野の広がりに対応すべく、IaaSの提供するサービスもPaaS層を取り込むなど高度化しつつあるようだ。本特集の第1回ではIaaS市場の今と今後を、クラウドアーキテクトの川田大輔氏が分析する。(2013/12/18)

基幹DBも含めて社内システムを全面仮想化へ
【事例】NTTデータがSIerの威信をかけて構築した先進クラウド基盤
NTTデータは2013年5月に足がけ4年に及ぶ長期プロジェクトを完了させ、社内システムを全面的にプライベートクラウド上に移行する。SIerらしく顧客に向けたソリューションモデルともなる効率的な基盤だ。(2013/5/17)

NEWS
NTTデータ イントラマート、エンタープライズ向けPaaSを発表
既存のWebシステム開発/実行基盤をPaaSとして提供。他のクラウドサービスとの連携性を高めるとともに、基盤上で稼働する業務アプリケーションをパートナー企業と共同で開発・提供する。(2013/3/27)

レガシーマイグレーションの新潮流
【市場動向】メインフレーム、オフコンをクラウドに移行、その利点とは
メインフレームやオフコンなど、いわゆるレガシーシステムの移行先としてクラウドを利用する新しいレガシーマイグレーションのサービスが増えてきた。代表的なサービスを紹介する。(2012/9/11)

NTTデータ、地図を活用するクラウド型顧客管理サービスを開始
顧客情報を地図情報コンテンツに重ね合わせて利用できる「BizXaaS顧客管理」をリリースした。(2012/9/6)

オフィス向けクラウドサービスの処理業務を石巻に移管 NTTデータ
NTTデータ石巻BPOセンタにおいて、社内外で利用するクラウドサービスの請求業務などを開始するとNTTデータなどが発表した。(2012/8/31)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第10回】
NTT Comが満を持して世界に放つ超低価格クラウド「Cloudn」の正体
NTT Comが後発にして“本気”のパブリッククラウドサービスを提供開始した。月額上限945円という超低価格の背景には何があるのか。同社の戦略とともにサービス概要、メリット/デメリットを解説する。(2012/6/28)

顧客情報分析のノウハウとリソースがセットの新サービス NTTデータ
NTTデータは、ビッグデータの分析基盤と顧客情報の分析のノウハウを一体化したクラウドサービスを開始する。(2012/6/7)

NTTデータ、BCPの策定支援サービスを開始
事業規模にもよるが、最短5回の打ち合わせでBCP(事業継続性計画)を策定できるという。(2012/3/13)

スマートグリッド:
電力を食い過ぎるサーバ、NTTデータが直流とクラウドで解決
300台のサーバを社内に抱える日本無線。ITコストや消費電力がばかにならない。仮想化技術でサーバを集約したことに加え、NTTデータやNTTデータ先端技術とともに高電圧直流(HVDC)技術を採用し、消費電力を引き下げた。HVDCはどのような場合に消費電力を低減できるのだろうか。(2012/3/8)

導入事例:
日本無線、HVDC給電によるプライベートクラウドを構築
電力効率に優れた高電圧直流による給電方式の採用は、商用としては国内初という。(2012/3/8)

FIT2011(金融国際情報技術展)リポート
金融機関がiPadに注目する理由を探った
金融機関がiPadを活用し、基幹システムをクラウド上で利用する日は来るのか。金融機関向けの展示会からは金融機関が注目する次のソリューションが垣間見えた。(2011/10/27)

ERP NOW!【第9回】
「SAP ERPは月額料金で利用」が当たり前になるか
オンプレミス、ライセンス課金で利用されてきたSAP ERPを月額料金で利用できるクラウドサービスが増えてきました。ERPに関するユーザーの不満を解消し、普及するのでしょうか。代表的なサービスを紹介します。(2011/9/28)

クラウド化と海外拠点の活用を軸に、コスト削減と節電に取り組むNTTデータ
NTTデータは、クラウド化による運用コストの削減や海外拠点を活用した節電対策など、自社システムにおける改善への取り組みを紹介した。(2011/6/27)

NTTデータ、クラウドサービスをつなぐプラットフォームを発表
NTTデータは、異なるクラウドサービス間でサービスやIDの連携を実現するプラットフォーム「Sinfonex」を4月から提供する。(2011/3/1)

NTTDATA Innovation Conference 2011レポート:
急ピッチでグローバル対応している――NTTデータ山下社長
主催者講演を務めたNTTデータの山下徹社長は「日本企業におけるIT投資は現状、81%が既存システムの維持に費やされ、極端に新規向けが少ないという課題がある」と指摘した上で、同社の製品やサービス提供の方向性を示した。(2011/2/16)

NTTデータ、2011年3月期第3四半期決算は四半期ベースで増収増益を達成
NTTデータの2011年3月期第3四半期(累計)業績は増収減益。ただし、第3四半期(2011年10月〜12月)は、売上高が前期比6.2%増の2802億円、営業利益が前期比23.0%増の205億円と増収増益であった。(2011/2/2)

ERP NOW!【第2回】
2011年は「クラウドERP」元年になる
2011年は「クラウドERP」の元年になるでしょう。各社が製品を相次ぎ発表し、ユーザー企業の注目を集めています。今回は企業のERP導入に大きな影響を与えつつあるクラウドERPのトレンドを紹介します。(2010/12/21)

プライベートクラウドソリューション最前線【第4回】
“SIerとしてのクラウド”、NTTデータの「BizXaaS」
NTTデータのクラウドサービスBizXaaSは、顧客のITライフサイクル全般に対応、メインフレームからのマイグレーション、メーカーに依存しない製品選びといったSIerならではの特長を備える。(2010/11/29)

プライベートクラウドソリューション最前線
大手ITベンダーを中心に、プライベートクラウドソリューションを紹介する。(2010/11/18)

NEWS
NTTデータ ビズがIFRS対応の「連結クラウド」、会計・連結を月額課金で
NTTデータ ビズインテグラルが会計システム、連結システムを月額料金で利用できるようにするIFRS対応の新サービスを発表した。ディーバと提携し、低コストを求める企業のニーズに応える。(2010/9/3)

NTTデータ、Eucalyptusを用いたプライベートクラウド構築サービスを発表
NTTデータは、Amazon EC2/S3と互換性を持つEucalyptusを用いたプライベートクラウド構築サービスを発表した。必要に応じて柔軟なスケールアップが可能なAmazon EC2へのアップグレードが可能なプライベートクラウドを構築できる。(2010/4/9)

「2つのIT変革」で顧客のビジネス価値創出を支援する――NTTデータ・山下社長
ビジネス環境が目まぐるしく変化する中、多くの企業では業務効率化といった従来のような考え方ではなく、外に目を向けた戦略的なIT活用を実践しつつある。そうした顧客に対してNTTデータは「2つのIT変革」をもって支援するという。(2010/2/5)

NTTデータ、クラウドサービス概要を発表
NTTデータは4月から本格展開するクラウドサービス「BizCloud」の概要を発表した。一部サービスは2月から先行して提供する。(2010/1/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。