ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「富士通BSC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「富士通BSC」に関する情報が集まったページです。

誤送信防止や自動暗号化でメールセキュリティを強化――富士通BSC、「FENCEメール誤送信対策サービス」を開始
富士通ビー・エス・シーは、「Office 365」などのメールサービスのセキュリティを強化するクラウドサービス「FENCEメール誤送信対策サービス」を開始。誤送信の防止、自動暗号化、個人情報/機密情報の自動チェックなどにより、送信メールの事前確認を徹底し、情報漏えいのリスクを低減する。(2019/5/9)

製造ITニュース:
プラント系のデータ収集管理ソフト、450種類以上のセンサーデータに対応
富士通ビー・エス・シーは、OSIsoftと再販売契約を締結し、データ収集・管理ソフトウェア「PI System」の提供を開始した。大容量のデータを一元管理して可視化し、分析や予兆監視などに活用できる。(2018/7/25)

エキナカ自販機の“常連”を増やせ ビッグデータ活用で新たな挑戦、JR東日本WB
JR東日本ウォータービジネスは、エキナカ自販機で集めた年間2億レコードものPOSデータを分析して商品開発や販売戦略に役立てている。今後は新たな施策を通じ、エキナカ自販機の“常連”獲得を目指すという。(2013/4/26)

ET2012:
富士通セミコンのFM3マイコンを採用した電力見える化プラグ「F-PLUG」
富士通ビー・エス・シーは、「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展(ET2012)」において、富士通セミコンダクターのARM Coretex-M3コア搭載FM3ファミリ「MB9BF116N」の採用事例として、電力・温度・湿度・照度測定機能付きプラグ「F-PLUG」を展示した。(2012/11/19)

ホワイトペーパー:
データセンターとクラウドサービスでお客様のセキュリティを守る
都内での立地×充実した施設×キャリアフリーが決め手になって採用されたデータセンター。さらに、今後のビジネス展開で必要とされる柔軟性を備えたクラウドサービス「サーバオンデマンドNEXT」の事例を紹介します。(2012/8/10)

エネルギー管理:
パソコンを利用して簡単に消費電力量を見える化、センサー付きプラグが登場
節電対策の1つとして、消費電力量の見える化が挙げられる。しかし、見える化を実現するシステムは高価なものが多い。富士通は見える化に役立つ電源プラグを2つセット10,000円という価格で発売する。(2012/5/11)

自販機ビジネスでは珍しいデータ活用で新境地開く JR東日本ウォータービジネス
年間で2億レコードにも上る大量データを分析して、ビジネスの次の一手を探るJR東日本ウォータービジネス。自ら取り組んだ“情報改革”によってマーケティングデータの精度が飛躍的に向上した。(2012/5/7)

ビッグデータが生んだ“新型ペットボトル”――JR東日本WBが新商品を開発
JR東日本WBが3月に発売するペットボトル飲料の特徴は、新開発の「落ちないキャップ」。同社の自販機4500台で収集したビッグデータを活用して開発したという。(2012/1/25)

ホワイトペーパーレビュー
2011年、クラウド&SaaSで最も読まれたホワイトペーパーは? 〜ベスト10発表
2011年は東日本大震災の影響からか事業継続のためのクラウド活用を記したホワイトペーパーが人気を集めた。クラウド&SaaSに関するホワイトペーパーの中から、2011年にダウンロード数が多かった10コンテンツを発表する。(2012/1/11)

マルチデバイス時代の統合管理を実現するMDM【後編】
スマートフォン導入企業必見! 計33のモバイル端末管理(MDM)製品比較
iPhone、iPad、Androidなどのスマートデバイスを統一ポリシー下で管理可能とするMDM(モバイル端末管理)製品。2011年は国内外でリリースが相次いだ。現時点での特徴や違いを紹介する。(2011/8/17)

富士通BSC、従来型PCでもリモートワイプができる新サービスを提供
富士通BSCは、持ち出したPCが盗難・紛失に遭った際に遠隔操作でデータを消去できる新サービスを開始する。専用の仕組みを持たない従来型のPCでも利用できる。(2011/5/9)

富士通ビー・エス・シー、Android向け端末管理サービスの無料トライアル
富士通ビー・エス・シーは、Android向けセキュリティ管理サービス「FENCE-Mobile RemoteManager」を30日間試用できる無料トライアルの提供を開始した。(2011/3/29)

NEWS
富士通BSC、スマートフォン向けセキュリティサービスの30日間無料版を提供
Android端末の初期化、カメラ機能の抑止、アプリケーション利用制限などが可能なサービスの無料トライアル版を提供開始した。(2011/3/29)

暗号化製品一覧
重要なデータを当事者以外には解読不可能な文字列に置き換えて保護する暗号化技術。ここでは暗号化機能を搭載した各社のセキュリティ製品を紹介する。(2011/2/28)

業種別に切る! 中堅・中小企業のITソリューション【第2回】
見積/原価管理の効率化に向かう中小建設業のIT事情
全業種の中でもIT投資意欲や利益変動が低い中小の建設業。とはいえ、その業務の特殊性から複雑、高度なシステム処理が求められるため、潜在的なIT活用の促進が見込めるのだ。(2010/12/22)

誤送信対策製品紹介:富士通ビー・エス・シー編
独自の暗号形式を搭載した誤送信対策ソフトウェア「FENCE-Mail」
富士通BSCの「FENCE-Mail」は、独自の暗号形式「FENCEブリーフケース」を強みとした誤送信対策製品だ。ゲートウェイ型とSaaS型、2つの提供形態に対応する。(2010/12/15)

誤送信対策製品一覧
ベンダー各社から提供されている誤送信対策製品を紹介する。(2010/11/16)

NEWS
富士通BSC、スマートフォンに対応した暗号化ソリューション
複数端末間で安全なデータの持ち運びができる暗号化ファイル「FENCEブリーフケース」の機能を強化。12月1日より対応製品の提供を開始する。(2010/11/10)

AndroidやWindows Mobileでの閲覧も可能に:
暗号化したまま直接ファイル編集が可能な暗号化システム
(2010/11/9)

富士通BSCがデータ暗号化製品を機能強化 持ち出しリスクの対策を支援
富士通BSCは、暗号化した電子文書データの利用を制御する新機能を開発した。データの持ち出しに関するリスク対策を強化できる。(2010/11/9)

プロジェクト管理ツール導入事例:Microsoft Project
ニコンイメージングシステムズが取り組んだQCD改善策とは?
「高品質で魅力ある製品を市場に早く提供したい」。ニコンイメージングシステムズは全社的なQCD改善の一環として、プロジェクト管理ツールの導入を検討し、その選定を進めた。(2010/7/26)

今こそ考えたい“誤送信対策”
電子メールの「誤送信」について、企業でできる対策の考え方、および各社から提供されている製品・サービスを紹介する。(2010/6/30)

日本ケンタッキー・フライド・チキン、「新販売情報分析システム」を稼働
日本ケンタッキー・フライド・チキンはフライドチキン事業の販売実績を分析し、新たな販売施策に活用する専用システムの稼働を開始した。システムの基盤にはオンメモリデータベースを採用、データの分析、加工時間を2〜3日から5分程度に短縮した。(2010/1/15)

診療の呼び出しをPHSで――ウィルコム、外来患者向けPHSレンタルサービス
ウィルコムと富士通ビー・エス・シーが、外来患者の診療呼び出し用にPHSを貸し出すサービスを提供。診療順が来たらPHSを鳴らして通知する。(2009/9/14)

富士通BSC、暗号化製品に持ち出しデータの編集が可能な新機能
富士通BSCは、社外に持ち出すデータの編集が可能な機能を追加した暗号化製品「FENCE-Pro」などを発売した。(2009/9/8)

NEWS
富士通BSC、メールやUSBメモリで機密データを持ち出せるソリューション
暗号化ソフト「FENCE」が機能強化。USBメモリやメール添付でのデータ持ち出し時に、暗号化された状態でのデータ編集を可能にする機能が追加された。(2009/9/8)

Weekly Memo:
BI市場の活性化で不景気を吹き飛ばせ
BIの活用に向けた支援サービスがこのところ有力ベンダーから相次いで発表された。ビジネスの“攻め”の道具であるBIの市場が活性化すれば、景況にも好影響を与えそうだ。(2009/7/21)

家電にも「VIVID UI」――アクロディアと富士通ビー・エス・シーがパートナー契約
(2008/12/10)

利用者に意識させず暗号処理を自動化:
ゲートウェイ型メール暗号化ソフト、富士通BSC
(2008/2/22)

富士通BSC、スマートフォン向けソフト開発スイートを発売
富士通BSCは、Windows Mobile 6の業務活用に向けたソフトウェア開発環境製品を今春発売する。(2008/1/25)

富士通BSC、Windows Mobile向け暗号化ソフトを発売
富士通BSCは、Windows Mobile OSを搭載するスマートフォンに対応したデータ暗号化ソフト「FENCE-Mobile」を発売する。(2007/10/17)

インメモリDBMSへの注目度が急上昇、国内DBMS市場
ITRがまとめた2006年度の国内データベース管理システム(DBMS)の市場動向リポートによると、インメモリDBMS市場の市場規模が倍増している。そのトップは高速屋だ。(2007/7/13)

ACCESS、グローバルパートナープログラム「ACCESS Connect Ecosystem」発足
(2007/2/13)

ソフィア、W-SIM対応端末の開発プラットフォームを製品化
これさえあれば、誰でもW-SIM対応端末が開発できる!?――ソフィアシステムズが8月に発売する「Sandgate WP」は、W-SIM端末の開発を簡単にするプラットフォームだ。(2006/6/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。