ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自動販売機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自動販売機」に関する情報が集まったページです。

JR東WB、駅の自販機で飲料のタイムセール開催 事前決済アプリ「acure pass」限定で
JR東日本ウォータービジネスが、自販機と連携するスマートフォンアプリ「acure pass」にタイムセール機能を追加。アプリ上で飲料を購入する場合に限り、時間を限定して対象商品の価格を割り引く。第1弾として「青森りんご 王林」を通常時の半額で販売する。(2020/1/28)

JR東のイノベーション自販機でタイムセール 12時〜13時は先着1000人限定で「青森りんご 王林」が半額80円に 2020年1月29日から
購入には専用アプリ「acure pass」を使用。(2020/1/28)

1時間限定:
自販機でタイムセール、第1弾はりんごジュース半額 「acure」が新たな“買い物体験”提供
JR東日本ウォータービジネスは、同社の自販機「acure」の新サービスとして、タイムセールを始める。第1弾は1月29日に実施。自販機を活用した新たな買い物体験を提案する。(2020/1/28)

ドラクエウォーク、コラボ装備の特殊効果が明らかに
「ドラゴンクエストウォーク」で初のコラボ企画が始まった。サントリーの自動販売機がゲーム内に「かいふくスポット」として登場し、10回触れると「BOSSネックレス」がもらえる。(2020/1/27)

「ドラクエウォーク」とサントリーの自販機がコラボ、ゲームの「かいふくスポット」に ジェムやアイテムがもらえるキャンペーンも
サントリー食品インターナショナルがスクウェア・エニックスのスマートフォンゲーム「ドラゴンクエストウォーク」とコラボ。全国に約1万4000台ある同社の自動販売機が「かいふくスポット」としてゲームに登場する。(2020/1/27)

コード決済が使えるカプセルトイ自販機が登場 PayPayなどに対応
PayPayなどのQRコード決済に対応するカプセルトイ自販機「ピピットガチャ」が登場。利用者が小銭を用意する手間を省ける。(2020/1/21)

2月1日から:
PayPay、40%還元キャンペーン 牛丼3社やコカ・コーラ自販機と連携、利用者拡大へ
PayPayは2月、対象の飲食店などで購入金額の40%を還元するキャンペーンを実施する。牛丼3社やコカ・コーラの自販機など、全国展開する店舗での支払いが対象。キャッシュレス決済の利用者拡大を図る。(2020/1/17)

PayPayが飲食店で40〜50%還元キャンペーン 最大1500円相当を還元
PayPayが最大40〜50%を還元するキャンペーンを2月に開催する。全国6500以上の飲食店や21万台以上の自動販売機での支払いで40%を還元。ソフトバンクとY!mobileのスマホユーザーには50%を還元する。(2020/1/17)

PayPay、大手飲食店・自販機で使うと40%還元 牛丼御三家、日高屋、Coke ONなど対象
一部飲食チェーンや自動販売機でPayPayを利用した顧客に、決済額の40%相当の「PayPayボーナス」を付与するキャンペーンが始まる。時期は2月1日〜29日。対応する店舗と機種は、吉野家、松屋、すき家、サンマルクカフェ、Coke ONなど。(2020/1/17)

コカ・コーラの公式アプリ「Coke ON」がSuicaに対応 オリジナルグッズが当たるキャンペーンも
コカ・コーラの公式アプリ「Coke ON」が、1月14日から電子マネー「Suica」ヘ対応。これを記念し、Suicaを使って「マルチマネー対応自販機」で製品を購入すると抽選でオリジナルグッズが当たるキャンペーンを開催する。(2020/1/10)

「〆切り、やばみです」「ちょっと何言ってるか不明です」 いろいろ捗るかもしれない「事務的なはんこ」登場
パッと見、昔ながらのはんこ。全国のカプセルトイ自販機で1回200円(税込)。(2019/12/26)

自販機からペットボトル排除相次ぐ 使い捨てプラ削減 
 世界規模でプラスチックごみが問題になる中、国内の自治体や企業で、庁舎や事業所内の飲料自動販売機からペットボトル商品を排除する動きが相次いでいる。プラスチックごみをめぐっては、レジ袋やプラスチック製ストローを使わない運動も広がっており、ペットボトルを使わない取り組みが拡大するか、注目される。(張英壽)(2019/12/3)

企業のメリットは:
松屋の自販機ビジネスが本格始動 その全貌が明らかに
松屋の自販機ビジネスが本格始動。どのような仕組みになっているのかが明らかになった。企業の“福利厚生市場”に食い込めるか。(2019/11/29)

道の駅やサービスエリアに展開:
紙おむつも買える自動販売機、ダイドードリンコなどが提供 子育て世代の外出支援
(2019/11/14)

グリーが世界初、「松屋のお弁当自販機」を社内に導入 「いつもの松屋の味」と社員にも好評
インスタント味噌汁付きで450〜500円。出てきたお弁当を自分で電子レンジにかける方式です。(2019/11/7)

駅ナカで始まる「サブスク自販機」、狙いと勝算を仕掛け人に聞く 「反対意見が出て当然。それでこそ知ってもらえる」
8月末に発表され、「使ってみたい」「メリットが分からない」などとネットで賛否両論を呼んだ「サブスク自販機」。このサービスを仕掛けた、JR東日本ウォータービジネスの担当者に、狙いと勝算について聞いた。認知度アップや消費増税への対応など、さまざまな狙いが隠されているという。(2019/9/30)

PayPayが「Coke ON」アプリに対応 毎週100円を還元するキャンペーンも
PayPayが、日本コカ・コーラが提供するアプリ「Coke ON」へ対応。全国の対応自販機でPayPayを支払いに利用できるようになる。さらにPayPayのサービス開始1周年を記念し、100円以上のコカ・コーラ社製品を購入すると毎週100円相当が戻ってくるキャンペーンを行う。(2019/9/13)

「こいつ、うまいぞ!」 自動販売機型ガンダム、秋葉原ラジオ会館に立つ
コラ・コーラ ボトラーズジャパンが「秋葉原ラジオ会館」に「自動販売機型ガンダム」を設置した。ボタンを押すとアムロやシャアの名セリフをもじったオリジナルボイスが流れる。(2019/9/10)

ゲーマーの夢「自宅ゲーセン」を作りたい! →「アフターバーナー」可動筐体からカップヌードル自販機までそろえた男のスケールが壮大
自宅ゲーセンを前提に自宅を新築する行動力よ。(2019/9/9)

司書みさきの同人誌レビューノート:
レトロなハンバーガー自販機を引き取って修理 実際に稼働させるまでを描いた同人誌がドラマティック
ハンバーガー片手に読みたい。(2019/9/8)

クラウド型防犯カメラを搭載した「まちを見守る自販機」、NECとアサヒ飲料が開発 映像を遠隔地から確認可能
NECとアサヒ飲料が上部に監視カメラを搭載した自動販売機を共同開発した。カメラに通信機器が付属し、撮影した映像をクラウド上に送信・保管する仕組み。設置場所付近でトラブルが起きた際に、警察などが映像を遠隔地から確認できるのが特徴。(2019/8/30)

JR東日本エリアの駅にて:
話題のサブスク自販機 1日1本で2480円は割高? 強気なプランのワケを担当者に聞く
JR東日本ウォータービジネスが、10月1日から駅ナカ自販機でサブスクリプションサービスを開始する。アプリを通じて、対象のイノベーション自販機から1日1本対象のドリンクをもらえる。プランは月額980円と2480円の2種類。(2019/8/30)

日本初の“サブスク自販機”、JR東日本の駅ナカに登場 飲料の定額制サービス
利用者の募集を始めます。(2019/8/29)

JR東の「駅の自販機」がサブスク対応へ スマホかざすと1日1本ドリンク提供 月額980円から
JR東日本ウォータービジネスは、自動販売機のサブスクリプションサービス「every pass」を始める。JR駅構内の自販機にスマホをかざすと、1日1本のドリンクを受け取れる仕組み。日本初の試みという。(2019/8/29)

水曜インタビュー劇場(600公演):
無人コンビニで、どんなモノが売れたのか 1年を振り返る
無人コンビニ「600」が、都内のオフィスでじわじわ増えている。キャッシュレスで商品を購入することができるわけだが、どんなモノが売れているのか。運営会社の社長に、自販機を設置して分かったことを聞いたところ……。(2019/8/7)

世界初「TENGA自販機」ついに爆誕! 24時間無人営業でいつでもTENGAが購入可能に
TENGAあります。(2019/8/6)

冷やし中華のボタンはじめました 「売切」ライトが光る食券自販機ボタンのカプセルトイ第2弾が発売
タピオカミルクティーのボタンもあるよ!(2019/7/21)

コカ・コーラの「Coke ON」アプリが1500万ダウンロード スタンプ山分けキャンペーン実施
コカ・コーラの一部の自動販売機で利用できる「Coke ON」アプリが6月末時点で1500万ダウンロードを突破。それを記念して、ためるとドリンクがもらえる「スタンプ」を山分けプレゼントするキャンペーンを実施する。(2019/7/18)

京都府「福知山城」に明智光秀が話すラッピング自販機 投入金額が足りないと「のぶながぁぁぁぁ!!」
テンション高めの明智光秀。(2019/6/30)

自販機型の保冷庫「俺の自販機」が楽しそう 350ml缶を10本収納可能
子供も喜びそう。(2019/6/14)

『幼稚園』7月号、異例の緊急重版 付録の「セブンティーンアイス」自販機が大人気
小学館「創刊以来初の快挙」。(2019/6/6)

「駅の忘れ物傘」自販機でお貸しします ダイドー自販機の無料レンタル傘サービスが拡充、全国18都道府県へ
突然の雨でも安心。返却率は「かなり高い」そうです。(2019/6/5)

『幼稚園』7月号付録が「セブンティーンアイス」自販機 ポチッと出てくるギミックにSNSで「欲しい」の大合唱
見つけたらハッピー、あの自販機が980円で手に入る。(2019/6/3)

「コカ・コーラ」初のエナジードリンク、7月に日本上陸 カフェイン3倍 ガラナエキスなど配合
250mlサイズ缶と、自販機限定の190mlサイズ缶が登場。(2019/5/29)

知られざる進化の歴史:
セブンティーンアイスが大躍進 34年で激変した自販機の“設置戦略”
自動販売機で売られているセブンティーンアイス。自販機の設置台数が過去最高を更新している。成長を可能にしたのは時代の変化にあわせた“設置戦略”だ。(2019/5/24)

水曜インタビュー劇場(QR公演):
商品が上下左右に動く「謎の自販機」が、数年後に増えそうな理由
京成上野駅の構内をフラフラしていると、ちょっと気になるモノが目に飛び込んできた。サイネージの画面に、漫画『キン肉マン』のフィギュアなどが並んでいて、それらの商品が左右にゆっくり動いていたのだ。謎の自販機を触ってみたところ……。(2019/5/22)

現場管理:
災害時に飲料を無償提供する自販機、大東建託が2020年度に全国の建築現場へ
大東建託はコカ・コーラボトラーズジャパンと協力して設置を進めている「災害救援ベンダー」を、2020年度までに全国の建築現場へと拡大させる。(2019/5/16)

「エメマン、行きまーす!」 ガンダムヘッド&オリジナルボイス搭載のモビルスーツ自販機が4月29日から渋谷に登場
本邦初公開……!(2019/4/28)

ガシャポン自販機でSuicaが使える バンダイが「スマートガシャポン」を導入
バンダイは、キャッシュレス決済に対応するカプセルトイ自販機「スマートガシャポン」の第1号機をJR池袋駅に設置した。現金は使えず、Suicsなどの交通系電子マネーが使える。コード決済の対応も予定している。(2019/4/18)

バンダイ、キャッシュレス決済対応のカプセルトイ自販機を導入 交通系電子マネーで回せるぞ
将来的には二次元コード決済などへ対応する予定。(2019/4/18)

小銭不要 キャッシュレス決済に対応したカプセルトイ自販機、都内で稼働
バンダイがキャッシュレス決済に対応したカプセルトイ自販機「スマートガシャポン」を展開する。Suicaなど交通系電子マネーの読み取り機と5台のカプセルトイ自販機をセットにしてJR池袋駅のKIOSKなどに設置した。(2019/4/18)

ジョージア×ガンダム「コラボ缶」が期間限定販売 渋谷にはガンダム仕様の自販機も登場
ズゴッグ乗りの名前が「カラハ」と分かるマニアックさにも注目。(2019/4/15)

リテールテックJAPAN2019:
自販機でもコード決済が可能に【訂正あり】
自動販売機でもコード決済の波が来るかもしれない。FinGoが販売するマルチ決済端末「UNO PLUS」は、飲料自販機、コインランドリー、駐車場精算機、券売機、コインロッカーなどへ設置可能。コード決済対応の自販機が増えれば、ユーザーの利便性はさらに上がりそうだ。(2019/3/5)

えん下障害の人の選択肢広げる“とろみ”ボタンつき自販機が話題 開発元に話を聞いた
コーヒーやココア、お茶なども。(2019/3/2)

ポケGOトレーナー、早くも“自販機ガチャ”開始 伊藤園の「スペシャルウィークエンド」で
イベントの詳細が分からないのに、ポケモンGOのトレーナーの間では、早くも“自販機ガチャ”が始まったようです。お目当ては、4月上旬に開催されると噂の「伊藤園 Pokemon GO Special Weekend」の参加券。(2019/2/25)

再就職先はまさかの自販機!? 東京メトロ銀座線、引退した車両をリメイクした世界で1台だけの自販機を設置
サントリーとのコラボ企画。(2019/2/23)

“車掌ボイス”も収録:
引退した東京メトロ「銀座線01系」が自販機に変身 車両銘板など往年のデザイン採用
東京メトロが、2017年に引退した「銀座線01系」の部品を再利用した自動販売機「THE VENDING TRAIN」を発表した。サントリーコーヒーと共同で企画した取り組みで、缶コーヒー「BOSS」を販売する。消費者が自販機に近づくと、東京メトロの現役車掌4人が吹き込んだフレーズが流れる仕組みも取り入れた。(2019/2/22)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(50):
「スマートコントラクトを実物に例えると自動販売機?」 一から学ぶEthereumを使った“スマートコントラクト開発”
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第50弾は、スマートコントラクトの概要と開発方法を紹介した『Ethereumではじめる“スマートコントラクト開発”』です。(2019/2/20)

訪日外国人向け「Prepaid LTE SIM」の自動販売機がQRコード決済に対応
ソニーネットワークコミュニケーションズは2月13日、訪日外国人向け「Prepaid LTE SIM」の自動販売機にQRコード決済を導入。利用できるのは「WeChatPay」と「AliPay」。関西国際空港では2月13日、福岡空港では2月14日、成田国際空港では2月15日から。(2019/2/14)

ダイドードリンコの自販機に「名探偵コナン」ホワイトソーダが見参 安室さんや犯人と一緒に写真が撮れるフレームもあるよ
ラインアップは6種類!(2019/2/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。