ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「業務改革」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「業務改革」に関する情報が集まったページです。

製造業がサービス業となる日:
株式売却も日立との技術連携深める日立建機、DX基盤の構築で国内営業の革新へ
日立建機と日立製作所は、日立建機がグローバルで展開する事業のDXを加速するための「DX基盤」を構築したと発表。その活用の第1弾となるのが、日立建機傘下で国内の建設機械の販売や部品・サービス事業などを担う日立建機日本の販売、サービス、レンタル、中古車の各担当者を対象に運用を始める「営業支援アプリ」である。(2022/1/21)

クラウドを活用した行政デジタル化を支援:
NECが「官公庁向けDXソリューション」を提供開始
NECは、行政デジタル化を支援するための「官公庁向けDXソリューション」の提供を開始する。行政システムの安全かつ柔軟、短期間でのクラウド化を支援する。(2022/1/20)

NECが「官公庁向けDX」提供 行政のデジタル化を支援
NECが行政のデジタル化支援に向け「官公庁向けDXソリューション」の提供を始める。政府が推進するガバメントクラウドを活用して行政のDXを支援する位置付け。(2022/1/19)

マイナンバーの利用拡大やデジタル産業も:
デジタル庁発表の「新重点計画」――2025年までの注力分野6つとは
デジタル庁は、デジタル社会を実現するために政府が迅速かつ重点的に実施すべき施策や基本方針を定めた「デジタル社会の実現に向けた重点計画」を策定した。その中身とは?(2022/1/11)

設計業務DX:
PR:日立が実践する、日本のモノづくりを飛躍に導く設計業務革新「EngineeringDX」とは
製造業のDX推進を成功に導くには、設計業務において「フィジカル空間」の情報を「デジタル空間」へフィードバックする「EngineeringDX」が必要になる。このEngineeringDXに積極的に取り組む日立製作所が、同社の成果を広く活用できるようにクラウドサービスとして構築したのが「日立クラウド型設計業務支援サービス」だ。「従量課金型プライベートクラウドサービス」と組み合わせれば、さらに活用のレベルを向上できる。(2022/1/11)

アフターコロナはどうなる?:
本社がWeWork、オフィスを3分の1に……ユニークな「2021年のオフィス改革」事例5選
コロナ禍が2年目に突入した2021年。フィスの移転やリニューアルを実現する企業が企業が相次ぎました。ITmedia ビジネスオンラインが21年に掲載した記事の中から、オフィスに関するユニークな取り組みや、オフィス変革と共に業務改革を行った取材記事を5本ご紹介します。(2021/12/31)

Weekly Memo:
ビジネスAIの真価は「分析」にあらず NECが研究開発で説いた次のビジョンとは
企業の業務改革におけるAIの本当のインパクトとは何か。NECのメディア向け研究開発説明会でこんな興味深い話を聞いたので紹介したい。(2021/12/27)

過去を分析するだけのCFO組織に未来はない:
PR:「未来を見通す経営」の右腕になる CFO組織を導くデータ活用の新しい仕組みとは
市場変化に対応した迅速な将来予測など、企業の経営に必要なデータ活用は複雑化している。中でもCFO組織には現場と経営層のニーズに寄り添い、過去と現在の状況を把握し、未来を予測する役割が求められる。その実現にはどのような変化が必要か。(2021/12/16)

「ニューノーマル×グローバル」に勝つ人事(4):
人事機能を改革せよ! グローバルで勝つための「組織体制」と「武器」
日本企業が、グローバルで成功を収めるにはどのような人事機能が求められるだろうか? 必要とされる「組織体制」と「武器」を解説する。(2021/12/24)

戦略的な狙いは:
東芝の会社分割は、本当に企業再生につながるのか
先ごろ注目された東芝の会社分割は、欧米の例とは違って、企業側の狙いは随分と視座の低いものだったようだ。しかしながら結果オーライになる可能性も少なくない。(2021/12/19)

製造マネジメントニュース:
意識せずにAIを使う世界へ、マイクロソフトのAI戦略
日本マイクロソフトは2021年12月7日、同社が取り組むAI(人工知能)についての取り組みについての説明会を開催。AIについての動向とともに、新たにサービスを開始した「Azure OpenAI Service」について説明した。(2021/12/14)

モノづくり最前線レポート:
中小製造業のIoT活用に5つのキーポイントと3つの壁、星野物産の取り組み
ソラコムのオンラインセミナー「製造現場の業務改善に役立つDX/IoTの始め方」に、業務用/家庭用の小麦粉製品を手掛ける星野物産が登壇。小麦粉製品製造装置のIoT化で直面した課題と、それらの改善活動で重視した「5つのキーポイント」について解説した。(2021/12/14)

メカ設計メルマガ 編集後記:
3D推進できていないベテラン設計者が実はその必要性を一番感じている!?
忙しいし、責任も大きいですからね。でも、変化の足音もだんだんと近づいてきています……。(2021/12/7)

モノづくり革新のためのPLMと原価企画(5):
原価の見える化と共有が“稼ぐ力”の基礎を作る、部門間情報のつなげ方
本連載では“品質”と“コスト”を両立したモノづくりを実現するDX戦略を解説する。第5回は製造業の“稼ぐ力”を育てる上で重要になる、原価の見える化を、実際の事例を取り上げて紹介していこう。(2021/11/29)

難易度の高い意思決定をいかに自動化するか、NECが「数理最適化導入コンサルティングサービス」提供開始
NECは、AIによる意思決定の自動化を導入支援するサービスを開始した。従来は最適化の導入が難しかった業務でも、意思決定を自動化して顧客のDX推進を支援するとしている。(2021/11/29)

未経験でも社内データサイエンティストになるための4つの指針
DX組織立ち上げの機運が高まる中、まったく異なる業務で活躍されていた方々が社内データサイエンティストの候補となることも多いでしょう。データサイエンティスト候補として選ばれた方々の視点に立ち、データサイエンスのスキルを身に付ける方法について紹介します。(2021/12/8)

専門性を磨き、成長し続けられる場所とは:
PR:ビジネスの変化と共に進化し続ける経営管理――ISIDが描く会計・経営管理ソリューションの現在と未来
大きな変革が進む現在のビジネス環境において、特に会計・経営管理の領域では、ITがその価値を発揮できる余地が大きいという。今後、会計・経営管理領域のシステムインテグレーションはどのように変わっていくのか、そこで求められるのはどういう人材なのか。電通国際情報サービス(ISID)のプロフェッショナルに話を伺った。(2021/11/26)

DX時代のPLM/BOM導入(3):
システムに業務を合わせよ、PLMに広がる「Fit to Standard」の考え方
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第3回はPLMなどITシステム導入で広まる「Fit to Standard」の考え方を解説する。(2021/11/19)

ラズパイで製造業のお手軽IoT活用(11):
ラズパイでバルブの開閉状態をセンシングする(その2)
小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoT(モノのインターネット)を活用する手法について解説する本連載。第11回では、気体や液体を管理するバルブの開閉状態をラズパイとセンサーの組み合わせでセンシングする事例を紹介する。(2021/11/18)

AI技術:
PR:ロッキード・マーティンが宇宙船オリオン開発に採用、製造現場で要求される説明可能なAI技術
近年のAI技術といえば機械学習や深層学習が当たり前のようになっている。しかし「現場での使いやすさ」という観点で一線を画しているのが、NECが製造業を中心に展開している「NEC Advanced Analytics - インバリアント分析」である。ロッキード・マーティンの宇宙船「オリオン」の開発にも採用された説明可能なAI技術はどのような特徴を備えているのだろうか。(2021/11/9)

「総務」から会社を変える:
ITは二の次? DX推進のために、総務が解消すべき「三大課題」
DXというと最前線のITシステムの導入や利活用をイメージしがちだが、こと総務領域においてはそうではない、と指摘するのが月刊総務編集長の豊田健一氏だ。では今、総務は何をするべきなのか。「総務の三大課題」とともに解説していく。(2021/11/9)

複雑な制約条件をコントロールする:
PR:スマート物流のデータ基盤 先行企業2社はどう取り組むか
物流業界は人材不足を背景にリソースの効率化や平準化、デジタルを生かした業務改革が求められている。関係者が多く、複雑な制約条件で臨機応変な対応が求められるこの業界において実績を積むデータ基盤がある。なぜ選ばれるのだろうか。(2021/11/5)

DX時代のPLM/BOM導入(2):
製造業DXに必要なPLMの3段階デジタル化
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第2回はDXを実現するまでに必要な「3段階のデジタル化」を解説する。(2021/10/25)

好奇心に基づいた研究:
ノーベル賞受賞者・真鍋さんの警鐘に危機感を覚えよ
ノーベル賞受賞の真鍋さんは日本の研究機関と若い研究者の現状に心を痛め、「好奇心に基づく研究に立ち帰れ」と何度も叱咤激励していた。しかしこれは研究者個人に対するものではなく、本当は日本という国家への警鐘だ。(2021/10/14)

アフターコロナの時代に求められる、データドリブンアプローチによる業務改革(2):
業務改善で役立つ、「ワークログ」にあって「業務報告書」にないもの
長時間労働の是正で止まっている「働き方改革」をもう一歩進め、「業務変革」を実現する。その手法を紹介する本連載。第2回は「データドリブンアプローチを加速させるワークログ」と題し、課題や改善施策の効果を可視化するワークログの特徴を解説する。(2021/10/18)

DX時代のPLM/BOM導入(1):
製造業DXに欠かせないPLMとBOM、しっかり説明できますか?
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第1回は「PLM、BOMとは何か」をまずは説明する。(2021/9/28)

ビジネスに合った「体制とプラットフォーム」:
DXを実現したいなら、まずアプリケーションのプラットフォームを変えよ
DX実現の必要性を認識している企業は多いが、なかなか取り組みが進まない企業がある。有識者は「企業の在り方を変える必要があるなら、アプリケーションの開発プラットフォームを変えるべきだ」と提言する。(2021/9/29)

ラズパイで製造業のお手軽IoT活用(10):
ラズパイでバルブの開閉状態をセンシングする(その1)
小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoT(モノのインターネット)を活用する手法について解説する本連載。第10回では、気体や液体を管理するバルブの開閉状態をラズパイとカメラの組み合わせでセンシングする事例を紹介する。(2021/9/16)

「3年で日本語の自然言語処理がどこまで進化したかを知ってほしい」ELYZA DIGEST開発企業に聞く
「人間を超える正確性を獲得した」とする日本語要約エンジンが話題だ。言語処理の技術的なブレークスルーとされる「BERT」の技術をベースにしているというが、その精度や実務での可能性はどのくらいあるだろうか。(2021/9/8)

経理でほぼ100%、契約で92%の電子化:
「ペーパーレスは手段でしかない」 紙をほぼ使わない企業に聞く業務改革のコツ
ウォンテッドリーでは、コロナ禍以前から意識的に紙業務を廃止してきた。経理業務ではほぼ100%、契約業務でも92%をデジタル化しているという。ペーパーレスのメリットや業務フローのデジタル化のコツについて、法務部門の植田貴之さん、 執行役員・コーポレート担当の兼平敏嗣さんに話を聞いた。(2021/9/6)

【後編】沢渡あまね「DXの勘所」:
なぜ、DXが進まないのか? 企業が意識すべき「4つのポイント」
デジタル化もままならない組織が多い中で、日本企業がDXを成し遂げるまでには複数のハードルがある。本記事では350以上の企業などで組織・業務改革支援の経験を持つ、沢渡あまね氏が、DXの進め方について解説。組織の経営者やマネジャーが意識すべき「4つのポイント」を紹介する。(2021/9/1)

【前編】沢渡あまね「DXの勘所」:
DXとは「すっ飛ばす」こと DXが進まない企業に欠けている視点
DXは間違いなく、現在ビジネスにおけるトレンドワードだ。しかし、その本質を理解している人はどれだけいるだろうか。本記事では350以上の企業などで組織・業務改革支援の経験を持つ沢渡あまね氏が、単なる“デジタル化”では成し得ない、“DXの本質”について解説する。(2021/8/31)

誰も教えてくれない、DXが進まない本当の理由と解決策:
PR:DXのカギを握る、ノーコード/ローコード開発ツールの使い処と「伴走型SIer」の見つけ方
DXに取り組みたいものの「何から始めればよいのか分からない」「アプローチの方法が分からない」といった悩みが随所で聞かれる。日本企業のDXが進まない理由とその解決策を専門家に聞いた。カギは「伴走型SIer」というパートナーの存在と、ノーコード/ローコード開発ツールの使い方にある。(2021/8/30)

最新3Dプリンタ事情:
PR:「大型モックアップ製作に3Dプリンタは適さない」は過去の話、1m大の造形が実現する新展望
製造現場などで3Dプリンタを活用するケースが多く見られるようになってきたが、白物家電、自動車、船舶、航空宇宙といった大型の製品モックアップや試作部品を必要とする現場では、かつてのイメージから「大型モックアップ製作に3Dプリンタは適さない」といった声も聞こえてくる。果たしてその通りなのだろうか。ストラタシスのFDM方式3Dプリンタ「F770」の存在を知れば、大型モックアップ製作に対する3Dプリンタのイメージが大きく変わるはずだ。(2021/8/19)

コンカー、請求書管理クラウド「Concur Invoice」で、Sansanの請求書受領サービス「Bill One」と連携
 経費管理クラウドサービスを提供するコンカー(東京都中央区)は8月11日、請求書管理クラウド「Concur Invoice」とSansan(東京都渋谷区)の提供するクラウド請求書受領サービス「Bill One」のデータ連携を開始したと発表した。(2021/8/16)

大洋電機の設計業務改革:
PR:AutoCAD Mechanical活用で2週間以上要した納入仕様書用外形図作成が最短1日に
船舶/陸上用発電システムメーカーの大洋電機株式会社(以下、大洋電機)は、設計業務の効率化に加え、非常に手間の掛かる納入仕様書の作成負荷軽減に向けて、「AutoCAD Mechanical」を活用した「カスタマイズ機能」による取り組みを推進。かつて1冊分を仕上げるのに2週間以上かかっていた納入仕様書用外形図の作成を最短1日に短縮し、劇的な設計業務の効率化と業務改革を成し遂げた。(2021/8/13)

物流・流通DX、事業化の動き パナや三菱商事系がAIでサプライチェーン効率化
物流・流通業界を対象とするDXサービスを事業化する動きが相次いでいる。物流業界は人手不足に加えてインターネット販売の需要拡大などもあり、業務改革のニーズが高まっている。今後も効率化の動きは幅広い業種に広がる見込みで、DXサービスの受注競争も熱を帯びそうだ。(2021/8/2)

物流・流通DX、事業化の動き パナや三菱商事系がAIでサプライチェーン効率化
 人工知能(AI)などの先端デジタル技術を使ってサプライチェーン(供給網)の課題を解決する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」サービスを事業化する動きが相次いでいる。パナソニックは物流・流通現場の作業状況の画像データをAIで分析し、生産性の向上を支援する事業を本格化する。三菱商事も、NTTと共同出資で新設したインダストリー・ワン(東京都千代田区)が今月から食品流通をAIなどで効率化するサービスの展開を始めた。(2021/7/30)

物流・流通DX、事業化の動き パナや三菱商事系がAIでサプライチェーン効率化
人工知能などの先端デジタル技術を使ってサプライチェーンの課題を解決する「デジタルトランスフォーメーション」サービスを事業化する動きが相次いでいる。(2021/7/30)

RPAからハイパーオートメーションへ 業務の自動化を目指すには「10年後に現在のRPAを全てなくす」意識が重要――ガートナー阿部氏
普及期に入ったRPAについて、今こそ「再評価する時期に来ている」というのが、ガートナーのアナリストである阿部氏だ。より高度な業務のデジタル化や自動化「ハイパーオートメーション」を目指すには、今何に着手すべきだろうか。(2021/7/26)

モノづくり革新のためのPLMと原価企画(4):
“稼ぐ力”の基礎は設計/製造の連携にあり! 共通言語に「原価」を据えよ
本連載では“品質”と“コスト”を両立したモノづくりを実現するDX戦略を解説する。第4回は製造業の“稼ぐ力”を向上させる上で重要な設計/製造部門の連携を取り上げて、その意義や取り組み方を解説する。(2021/7/20)

Weekly Memo:
基幹業務システムは「作る」から「選ぶ」へ――変わるERP、導入を成功させる3カ条は
ERPを新たに導入するとき、どのような考え方や姿勢で取り組めばよいか。SAPジャパンの幹部による自社イベントでの説明が、他社のERPにも当てはまる興味深い話だったので取り上げてみたい。(2021/7/19)

企業のデジタル化を阻んでいる要因は何?
「脱ハンコ」から始める業務変革、進まないDXを加速する現実的なアプローチとは
企業の「脱ハンコ」が加速している。だが、実際には社内外の関係者への説明、申請や承認プロセスの見直しなど、業務の在り方そのものを見直すことが必要で大きなハードルとなっている。実現に向けた現実的なアプローチを紹介する。(2021/7/19)

解決法:
なぜ若者はワクチン接種に消極的なのか 本当の理由と背景
やがて順番が回ってくるワクチン接種に消極的な若者が少なくない。アンケートではその理由はさまざまだが、「絶対接種したくない」という人はむしろ少数で、あいまいなものが少なくない。その本当の理由と背景をみてみると……。(2021/7/11)

どのような役割があるのか:
ジョブ型雇用で「職務記述書」を導入する、3つの成功ポイント
ジョブ型において、職務記述書はどのような役割を果たすのでしょうか。職務記述書を成功裏に導入、更新する3つのポイントを紹介します。(2021/7/9)

オリックス銀行、投資用不動産ローンに電子契約導入
オリックス銀行は7月8日、投資用不動産ローンの契約手続きにおいて、インターネット上で行う電子契約サービスを導入すると発表した。(2021/7/8)

ラズパイで製造業のお手軽IoT活用(9):
ラズパイでAGVを制御する(その2)【サンプルコード付き】
小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoT(モノのインターネット)を活用する手法について解説する本連載。第9回では、前回紹介したラズパイで制御するAGVについて、その構造や制御プログラムについて説明する。サンプルコードもあるよ!(2021/7/8)

アフターコロナの時代に求められる、データドリブンアプローチによる業務改革(1):
「1時間に90回以上コピペ」という業務は問題ない? 業務見直しから始まる「DXジャーニー」
長時間労働の是正で止まっている「働き方改革」をもう一歩進め、「業務変革」を実現する。その手法を紹介する本連載。第1回は「変われない現場」と題し、ワークログを使った業務の可視化について解説する。(2021/7/12)

カゴメのDXチームはなぜ本気で「野菜あるある」発見に挑むのか IT人材不足組織の内製化の方法論
「IT人材をそこまで抱えていない組織」がDX推進や内製化を進め、次のアイデアを生み出し、育てられる組織に変わるには? カゴメのDXチームによるDX推進の経験則と4つのポイントを聞く。(2021/7/5)

レガシー企業も大逆転!:
脱「紙・ハンコ文化」、なぜ成功? 7社の事例【まとめ読み】
「紙・ハンコ文化」を捨て、生まれ変わった7社の事例を紹介する。(2021/7/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。