ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「持ち込みPC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「持ち込みPC」に関する情報が集まったページです。

工場IoT:
PR:1社ではできないスマートファクトリー、工場ネットワーク支援企業3社の視点
スマートファクトリー化への取り組みが広がっている。しかし、センサーからネットワーク、データ分析まで広範囲にわたる技術領域を1社でカバーできる企業は存在せず、複数社のパートナーと組んで、自らの求めるスマートファクトリー化を実現する必要がある。その最初の一歩となる「つながる化」実現でさまざまな実績を持つ工場ネットワーク3社の取り組みを追う。(2019/4/22)

「誤った位置情報で事故に」 船舶や鉄道にも脆弱性のリスク
クルマの他、船舶、鉄道などの「乗り物」もまた「Connected」であり、リスクにさらされています。中にはメーカーが脆弱性を修正していなかったり、セキュリティがあまり考慮されていなかったりするケースも。(2018/10/19)

校則「PC持ち込み禁止です」高校生「Windows10搭載の“電子辞書”を自作しました」 天才すぎると話題に
ルールを全力で守った結果。(2018/4/2)

連日の「深刻な脆弱性」の報道から何を得て、情報をいかに咀嚼していくべきなのか
連日のように公開される脆弱性情報の中から自分たちに関係するものを見つけ、適切な優先順位で対応するのは容易ではない。この状況に、企業はどう向き合えばよいのだろうか? @ITが、2017年8月30日に開催したセミナー『連日の「深刻な脆弱性」どう向き合い、どう対応するか』のレポート、後編をお届けする。(2017/10/5)

米国の機内へのノートPC持ち込み禁止が解除に
搭乗前検査を強化しています。(2017/7/21)

Weekly Memo:
マイクロソフトが狙う“クラウドID経済圏”の獲得
日本マイクロソフトやラックなど、IT企業8社が、クラウド環境でのIDセキュリティ普及促進団体を発足した。この動きの背景には“クラウドID経済圏”をめぐる勢力争いもありそうだ。(2017/6/26)

半径300メートルのIT:
仕事ができないだけじゃない PC機内持ち込み禁止のリスク
米国政府がノートPCに準じる機器の機内持ちこみ禁止施策を「全ての米国直行便」に拡大する可能性を示唆しています。もしそうなったら、どんな対策をすればいいのでしょうか。(2017/6/13)

そのトラブル「サイバー攻撃」が原因かも?:
事例で学ぶ、工場セキュリティ対策の考え方と現実的なソリューション導入の手引き
製造業のIoT活用が進む中、工場内の制御機器をサイバー攻撃などの脅威から守るためには、製造業向けセキュリティソリューションの導入が有効だ。しかし、安定稼働を重視する工場設備に導入するとなるとさまざまな課題や困難が立ちはだかる。うまく工場セキュリティ対策を進めている企業はどのような視点でソリューションを選定し、課題を解決していったのか? 2つの事例から学ぶ。(2017/5/22)

産業制御システムのセキュリティ:
モノづくりの現場に即した制御システムセキュリティの在り方とは
JPCERTコーディネーションセンターが主催した「制御システムセキュリティカンファレンス 2017」の中から、モノづくりの現場に即した制御システムセキュリティ強化の取り組みについて解説した2つのセッションの模様を紹介する。(2017/3/16)

トレンドマイクロ セミナーレポート:
狙われる国内製造業――事例から学ぶIoT時代の「工場セキュリティ」(後編)
IoTやインダストリー4.0の本格的な到来により実現する「つながる工場」――。そこで得られるのは恩恵だけではない。必ずその影にはセキュリティリスクが潜んでいる。トレンドマイクロのセミナー「事例に学ぶ! 製造大手も始めた工場セキュリティの最新動向」から、製造業を取り巻く脅威動向とその対策について学ぶ。(2017/2/7)

トレンドマイクロ セミナーレポート:
狙われる国内製造業――事例から学ぶIoT時代の「工場セキュリティ」(前編)
IoTやインダストリー4.0の本格的な到来により実現する「つながる工場」――。そこで得られるのは恩恵だけではない。必ずその影にはセキュリティリスクが潜んでいる。トレンドマイクロのセミナー「事例に学ぶ! 製造大手も始めた工場セキュリティの最新動向」から、製造業を取り巻く脅威動向とその対策について学ぶ。(2017/2/3)

産業制御システムのセキュリティ:
国内の産業用制御システムは本当に安全か「海外の事例は対岸の火事ではない」
海外に比べ、国内の産業用制御システム(ICS)はセキュアなネットワーク構成を採用していることもあり、マルウェア感染をはじめとするインシデントが発生することはほとんどなかった。しかし、この現状に甘んじることなく、インダストリー4.0などのトレンドで外部と接続されることも視野に、対策を検討してほしいとJPCERT/CCは呼び掛ける。(2016/11/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
パリ同時多発テロ発生 日本のスポーツ観戦は安全なのか
フランスで同時多発テロが発生した。サッカーの国際親善試合が行われていたときにも、スタジアム近辺で爆発が発生。「セキュリティチェックが甘い」と言われている日本でのスポーツ観戦は、本当に大丈夫なのか。(2015/11/16)

「全社員2300人に会社貸与PCやめます」は成功するのか?
BYODといえば、セキュリティの確保や端末の管理コストが負担となって期待した効果が得られないというケースも多い。ところが「管理面でもコスト面でも身軽になれる」と全社BYODに舵を切った会社がある。(2015/6/29)

場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座(4):
制御システムを守るためにまず押さえるべき7つの対策点
制御システムにおけるセキュリティが注目を集める中、実際に攻撃を受けた場合どういうことが起こり、どう対応すべきか、という点を紹介する本連載。4回目となる今回は、セキュリティ事故を引き起こさないようにするには、どういった対策が事前に必要かを解説する。(2014/12/18)

場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座(2):
生産ラインにマルウェアが侵入したらこんな感じで被害が生まれます
制御システムにおけるセキュリティが注目を集める中、実際に攻撃を受けた場合どういうことが起こり、どう対応すべきか、という点を紹介する本連載。2回目となる今回は「不正プログラムによって生産ラインが止まった段階」から、「不正プログラムの特定、駆除」までを、「DOWNAD」という非常に多くの感染例がある不正プログラムを例に解説する。(2014/10/28)

制御システムセキュリティ読者調査:
PR:サプライチェーンの安全性は既に破断している! 工場に危機を招く“チグハグ対策”
2010年のスタックスネット(Stuxnet)登場以来、制御システムのセキュリティは注目を集めている。しかし、実際に製造業の現場では対策が進んでいるのだろうか? また、安全性を確保するうえで、どのような課題が残されているのだろうか? MONOistでは、制御システムに関わる技術者の人々への読者調査を行った。そこから見えてきたのは、制御システムの安定稼働を脅かしかねない“チグハグな対策で生まれた穴”だった。(2014/8/5)

多数のサービスを投入予定:
トレンドマイクロが立ち向かうものは――2014年事業戦略を発表
トレンドマイクロは2014年の事業戦略を発表し、同社が考える次世代型脅威防御を実現するための新たなアプローチとサービス群を発表した。(2014/3/25)

学生1万9000人が使う“PCルーム”を全廃する九州大 その狙いとは?
九州大学は2017年度までに全学生に個人所有PCの持ち込みを義務付け、学内のPCルームを全廃する計画だ。その背景と狙いを聞いた。(2014/3/24)

導入事例:
沖縄県教育委員会、標的型サイバー攻撃検知システムを導入へ
調査でC&Cサーバへの不正通信などが見つかり、ネットワーク監視によるシステムを導入。併せて仮想サーバで稼働するWebシステムのセキュリティ対策も強化する。(2013/12/18)

トレンドマイクロ:
PR:工場設備が乗っ取り!?――セキュリティベンダーだから見える“今そこにある危機”
バルブが勝手に開き、薬品が過反応を起こし、工程が制御できなくなる……。制御システムが今、かつてないほどの危機にさらされている。制御システムセキュリティの現状をトレンドマイクロが紹介する。(2013/12/18)

MOTEXとNEC、IT資産管理と不正接続防止で製品連携
MOTEXとNECは、MOTEXのIT資産管理製品「LanScope Cat」とNECの不正接続防止製品「InfoCage 不正接続防止」およびアプライアンス型センサー「InterSec/NQ」を連携させたサービスを発表した。(2013/9/18)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
ビジネス活用を実現するためのスマートデバイス導入のポイントは?
企業でのスマートデバイス導入事例が増えつつあるものの、活用という視点ではまだまだという企業も少なくない。活用を実現する上ではそれを支えるセキュリティ対策なども不可欠だ。ITmediaエンタ―プライズ編集部主催セミナーではiPadを大量導入した野村證券や活用を支える最新ソリューションが紹介された。(2013/7/8)

PR:スマートデバイスの導入前に実施したい「シャドーIT」の排除とその方法
スマートフォンやタブレットデバイスの普及を受けて、企業でもこうしたスマートデバイスの活用に注目するところが増えている。本格導入となればかなりの台数規模になるが、既存のネットワークアクセス環境はそれに対応できるものになっているだろうか。企業の安全なスマートデバイス導入を妨げかねない問題に「シャドーIT」の存在がある。(2013/7/8)

企業を取り巻く新たな環境に、新たなセキュリティ対策を:
PR:ソリトンシステムズが提案するクラウド/モバイル時代の認証システムとデータ保全
5月8日から10日にかけて東京・ビッグサイトで開催された「第3回スマートフォン&モバイルEXPO 春」のソリトンシステムズのブースでは、モバイルデバイスやクラウドの普及といった、企業ITを取り巻く新たなトレンドを活用するためのセキュリティ製品が紹介された。(2013/5/31)

ホワイトペーパー:
日本初となる「DaaSでのCAD利用」事例をはじめ、民間・自治体・文教の先進事例をご紹介
「DaaSでのCAD利用」に成功! 日本初(※)となるXenApp上での「AutoCAD」利用を実現した製造業の先進事例、全教職員1,200名にシンクライアント端末を配布し、安心・安全なPC環境を構築。学校事務の効率化を実現した自治体先進事例をご紹介します。(2013/3/29)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
標的型攻撃メールの訓練で気付きのきっかけを
9月11日に開催された第24回 ITmedia エグゼクティブセミナーの特別講演で、内閣官房情報セキュリティセンター 内閣参事官の三角氏は霞ヶ関の政府関係機関を中心とした情報セキュリティ対策について語った。(2012/11/5)

XenClient 2技術プレビュー版レビュー
大規模運用を実現するクライアントハイパーバイザー「XenClient 2」誕生
米Citrix Systemsは2011年5月末、クライアント向けベアメタル型ハイパーバイザーの新バージョン「XenClient 2」の技術プレビュー版をリリースした。対応ハードウェアを拡大すると共に、企業利用に必須の管理サーバ機能を拡充している。 (2011/7/5)

Windows XPからの移行を簡易化するツール紹介(後編)
Windows 7移行ツールを評価してみた
Windows 7へのアップグレードを簡易化するツールは市場に多く存在する。それらの特徴や提供価格などを紹介する。(2011/4/22)

日本シー・エー・ディー、大規模環境向けの不正接続対策装置を発売
私物PCなど許可されていない機器のネットワーク接続を検知・ブロックする製品の最上位版を発売する。(2010/8/3)

企業の情報漏えい対策に関するアンケート調査リポート
情報漏えいの原因は人的ミスによるものが大多数、規制は「暗号化」で
TechTargetジャパンでは、企業の情報漏えい対策に関するアンケート調査を実施。情報漏えいの実態と、各企業が行っている対策および導入製品を聞いた。(2010/7/26)

サポート切れOSの利用は42.2%、トレンドマイクロ調べ
トレンドマイクロは、企業のシステム管理者を対象にサポート切れOSの利用状況をアンケートした。(2010/4/22)

ここまで来た中堅・中小企業のPC資産管理【後編】
「機能よりも使い勝手」――中堅・中小企業向けPC資産管理ツールの導入条件
このところ、企業がPC資産管理をセキュリティ対策に役立てる動きが高まっている。数あるPC資産管理ツールの中から中堅・中小企業に支持されている製品を幾つか取り上げ、それぞれの成り立ちと特徴を紹介する。(2010/4/22)

3分LifeHacking:
「22分一本勝負!」究極の短時間会議を実現する9つのコツ
会議時間といえば、30分もしくは1時間単位が通例。ですが、これを「22分間」に限定することで、会議の効率をアップさせることができるのです。(2010/3/16)

ホワイトペーパー:
USB経由のウイルス感染件数が増大! ウイルスが感染するチャンスを失くすには!?
最近ではインターネット経由より外部媒体経由のウイルス感染が急増! 情報漏洩対策はもちろん、これからのUSBメモリはウイルス対策機能も必須の時代へ(提供:イーディーコントライブ)。(2010/1/18)

どう思う? Twitter議員の“国会中継”
Twitterを使う国会議員が増えており、「国会にPCを持ち込み、リアルタイムにつぶやく」と宣言する議員も登場。「情報源が増え、画期的」と歓迎する声がある一方で、「議員は議論に集中すべきだ」という批判も起きている。(2010/1/26)

社員の10%が会社に個人のノートPC持ち込み Gartner調査
社員のPC持ち込みを許可するポリシーを設けている企業は4割を超えており、コスト削減の流れから、こうした動きは進みそうだ。(2009/12/9)

せかにゅ:
Windows 7へのアップグレード、楽なルートは?
Windows XPやVistaからWindows 7に移行する道は「環境そのままアップグレード」か「クリーンインストール」の2つに1つ。残念ながら、楽な方のルートは少ない。(2009/8/10)

日本CAD、持ち込みPCの不正接続を遮断するアプライアンスの新製品発売
不正接続の監視業務がネットワークトラフィックに与える影響を削減した「IntraGuardian2」を発売した。(2009/6/23)

速くてキレイな特大ノート:
「VAIO type A」の写真特化モデルを検証する
人気ミニノートPC「VAIO type P」の対極に位置するのが、18.4型ワイド液晶搭載ノートPC「VAIO type A」だ。写真特化モデルの圧倒的な性能に迫る。(2009/3/19)

不正PCのアクセス遮断も:
PFU、クライアントPCのライフサイクルをトータル管理するサービス
PFUは、自社製品を活用したPCのライフサイクル管理サービスを提供する。漏れのないPC管理やセキュリティポリシーの順守を実現できるとしている。(2009/3/4)

ホワイトペーパー:
低コストで導入、簡単に運用できる不正PC検知・遮断システム
持ち込みPCによるウイルス拡散や不正アクセスなどエンドポイントのセキュリティ対策は不可避の問題だ。この問題を解決し、かつ導入や運用を容易にする不正PC検知・遮断ソリューションが求められている(提供:PFU)。(2008/12/18)

NEWS
ヤマハ、PCのセキュリティ状態をチェックするルータ機能を無償提供
ヤマハとトレンドマイクロが中小企業向けIT分野で協業。SOHOルータとウイルス対策製品を連携させ、セキュリティ状態をチェックしてポリシー違反のPCのWebアクセスを制限する仕組みを提供する。(2008/12/17)

「そのデータの中身は重要か」を見分ける
DLPからスタートする総合的な情報漏えい対策
不慮の情報流出を防ぐ「特効薬」として最近注目されるDLPとは何か。その仕組みとは? DLPのソリューション像をひもとくとともに、機密データを守るためのセキュリティポリシーについて解説していく。(2008/11/28)

対象機器数も膨大:
早大、複数のOS環境に適したマルウェア対策を導入
早稲田大学は、WindowsやMac、Linuxなど学内の複雑なOS環境でも運用できるマルウェア対策を導入した。(2008/11/19)

PFU、不正PCの接続防止に特化したセキュリティツール
PFUは、企業で管理されていないPCの不正な接続を遮断する「iNetSec Patrol Cube」を発売する。(2008/11/18)

持ち込みPCのセキュリティをチェック、シマンテックが新機能を提供
シマンテックは、社外から持ち込まれたPCのセキュリティ状態を検査する新機能をネットワークアクセス管理製品に追加した。(2008/9/8)

IT統制の本番はこれからだ!:
PR:統計で理解――クライアントPC管理のイロハ
基幹業務システムや情報系システムのIT統制が進む中、多くの企業はクライアントPC管理を次の課題として位置付け、IT部門の主導によるクライアントPC管理に取り組み始めている。では、一元的なクライアントPC管理を実施するには、どのようなソリューションが必要だろうか。(2008/9/1)

運用負担も軽減:
日本CAD、持ち込みPCを排除するアプライアンス発売
日本シー・エー・ディーは不正接続検知・排除システム「IntraGuardian Version 1.2.0」を発売した。(2008/8/6)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
オフィスで宝探し――備品チェックという冒険に出発だ!
会社に持ち込まれている「私物」をチェックしなければ! とコブシを握り締めるわたし。決して興味本位で会社を探検するわけではありません。あくまでもおシゴトですよ。(2008/6/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。