ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ニコニコ超会議」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ニコニコ超会議」に関する情報が集まったページです。

歌舞伎×初音ミク「超歌舞伎」が劇場で初公演 8月に日本最古「南座」で
歌舞伎と最新デジタル技術の融合、幕張メッセから歌舞伎劇場へと飛び出す。(2019/5/24)

「超歌舞伎」南座で上演へ AR活用
NTTと松竹は23日、8月に京都市の南座で上演する「八月南座超歌舞伎」の制作発表会を開催した。NTTの現実空間に3次元の映像を重ねて表示できる「拡張現実(AR)」技術を活用し、役者の動きを読み取って、別の場所に立体的に表示させるなどの演出を取り入れる。若者や訪日客(インバウンド)などの顧客層の開拓につなげたい考えだ。(2019/5/24)

「SFみたい」「カッコいい」――ネットで反響“球体ドローン”、生みの親が貫く信念
丸いボディーに映像を表示しながら飛行できる「浮遊球体ドローンディスプレイ」、プロペラがなくても空を飛べる「羽根がないドローン」など、球体のドローンを手掛けてきたのが、NTTドコモの山田渉さんだ。山田さんは「SFをサイエンスにする」をモットーに掲げ、モノづくりに取り組んできた。そんな山田さんに、ドローン開発にかける思いやこだわりを聞いた。(2019/5/22)

“中年オヤジ”になってから挑戦と筋トレを始めた男性のビフォーアフターに反響 「かっこいい」「勇気をもらった」
「変わるなら生きてるうちに」を実行したカッコイイ生き方……!(2019/5/18)

「人類には早すぎた」 人工生命観察プロジェクト「ARTILIFE」が私たちに問いかけるもの
ドワンゴの人工生命観察プロジェクト「ARTILIFE」をプレイして記者が感じたことをまとめてみた。(2019/5/17)

5000台の痛車を撮り続けた男が語る 外国人観光客も訪れる「聖地」秋葉原UDX駐車場がマジで愛されるワケ
撮り続けて8年、約5000台の痛車を撮影してきた担当者にインタビューしました。(2019/5/26)

金爆の歌広場淳が第1子女児誕生を報告 「小さな命を迎えられる奇跡をひしひしと感じております」
ライブツアー中の誕生となりました。(2019/5/3)

「五等分の花嫁」四葉×Mini、レーシングミク×ダッジなど 「超痛車天国 in ニコニコ超会議2019」写真まとめ第2弾
デレマス北条加蓮RX-7の推しが強い。(2019/5/3)

令和が始まったー! けど、その前に 平成最後のコスプレを振り返る「ニコニコ超会議2019」まとめ
2日目参加のコスプレイヤーさん、お待たせしました!(2019/5/1)

ごちうさ、SAO、艦これなど、選りすぐりの痛車が集結!「超痛車天国 in ニコニコ超会議2019」写真まとめ
選考をくぐり抜けた猛者たちが集まるニコ超痛車天国。(2019/4/30)

Vtuberにテクノ法要にシウマイ弁当にミニ四駆の本気! 平成最後の「ニコニコ超会議2019」はやっぱりカオスだった
ホール間の移動すら楽しいイベント。(2019/4/30)

ニコニコ超会議2019、来場者は16.8万人 2020年も開催決定
過去最高となりました。(2019/4/28)

ニコニコ超会議に菅官房長官が登場 令和に向けての思いを明かす
今や人気政治家の1人。(2019/4/28)

「大人の色気ムンムン」 樽美酒研二、ウエーブヘア&ヒゲで新しい自分を見つけてしまう
でも相変わらず白塗り。(2019/4/28)

ニコニコ超会議2019:
今年の超会議、目玉は「VTuber」 来年はどうなる?
ニコニコ超会議2019では、バーチャルYouTuber(VTuber)関連ブースが昨年に比べて大幅に増えている。(2019/4/27)

ニコニコ超会議2019:
「超歌舞伎」がさらに進化 ディープラーニングで2D映像から3Dキャラ作る“変身の術”、NTTが開発
ドワンゴが開催するリアルイベント「ニコニコ超会議2019」で、今年も「超歌舞伎」が上演された。2016年の開催から今年で4年目。(2019/4/27)

ニコニコ超会議2019:
ニコ超の“寝る”ブース、睡眠を脳波で可視化 隣がテクノ法要でも「意外と寝てる」
ニコニコ超会議2019に「寝るブース」が出現。大音量の中で人々は寝られるのか。(2019/4/27)

ニコニコ超会議2019:
電鍵打てる「モールス通信体験」 ”平成のドコモケータイ”振り返りも
ニコニコ超会議のNTTブースに、モールス通信を体験できるコーナーが登場。平成を代表するドコモケータイを振り返る展示も。(2019/4/27)

ニコニコ超会議2019:
“羽根なしドローン”なぜ生まれた? ドコモ担当者が語る
「ニコニコ超会議2019」で、NTTドコモがプロペラのないドローンのデモ機を展示している。(2019/4/27)

これを見ずに令和を迎えられるか! 平成最後の超会議、会場を彩るコスプレイヤーさん大特集
今回も撮り続ける……灰になるまで。(2019/4/27)

「ニコニコ超会議2019」に「日本電信電話ミカカランド」登場 羽根なしドローンなど展示
NTTが「ニコニコ超会議2019」に出展、プロペラがない“羽根なしドローン”を始め、同社の技術に関するさまざまな展示を行う。(2019/4/24)

プロペラを使わないので静か&安全 「羽根なしドローン」をNTTドコモが開発
ニコニコ超会議にも出展。(2019/4/21)

ニコニコ超会議に崎陽軒が初出展 シウマイ→筍煮など103通りの「シウマイ弁当」をオーダー可能
自分好みのシウマイ弁当が楽しめます。(2019/4/20)

ドコモ、超広視野角のスマホ向けVRゴーグルを開発
NTTドコモが、スマホ向け超広視野角VRゴーグル開発を発表。中心視野用の凸レンズと、その周りに高倍率の特殊な構造のレンズを採用している。アクリル樹脂のレンズと本体にスマホをはめ込む設計のため、軽量かつ安価に製造できる。(2019/4/18)

“羽根がないドローン”ドコモが開発 超音波振動で移動
ドコモがプロペラのないドローンを開発した。本体表面に取り付けた「超音波振動モジュール」が生み出す推進力で空中を移動する。(2019/4/17)

ドコモが「超広視野角VRゴーグル」開発 「ニコニコ超会議2019」に展示
ドコモが「超広視野角VRゴーグル」を開発。4月27日〜28日に開催される「ニコニコ超会議2019」に出展する。(2019/4/17)

令和の“正しい書き方”から発展した神経衰弱ゲーム「令和衰弱」が登場 ニコニコ超会議2019で無料配布
「平成」から「令和」への移り変わりを感じる神経衰弱です。(2019/4/10)

お台場「痛車天国2019」:
3人分の女性下着……まさか!? フェアレディZ(S30)をベースにしたシティハンター&キャッツアイ痛車がいろんな意味ですごかった
これには遼ちゃんももっこり?(2019/4/2)

マストドンつまみ食い日記:
ドワンゴのSNS「friends.nico」、4月28日に終了
2年間運営されているドワンゴのSNS、friends.nicoが終了する。(2019/3/28)

niconicoとAbemaTVが提携 AbemaTVの番組をニコ生配信など
ニコニコチャンネルに「AbemaTV チャンネル」も開設。(2019/3/27)

ねとらぼで振り返る「この痛車がすごい2018」 戦車風プリンス・スカイライン、魔改造すぎるザクII「S2000」など
2019年も痛車特集、がんばります!(2019/1/7)

ポケベル全盛期、わたしは女子高生だった
ポケベルがついに終わる。筆者の青春は、ポケベルとともにあった。(2018/12/3)

「イベント会場は魔物」 ドワンゴが語る、バーチャルキャラをリアルに“召喚”する方法とその注意点
ドワンゴで多くのイベントを演出したエンジニアがバーチャルキャラをリアルに“召喚”する方法を解説した。(2018/8/27)

中村獅童×初音ミクの「超歌舞伎」 きょうNHKで放送
テクノロジーと伝統芸能が融合した「超歌舞伎」がNHK・Eテレで8月17日に放送される。(2018/8/17)

カドカワ川上社長、東京五輪の文化事業統括プロデューサーを辞任 ニコ超スタッフ使えず「無理だと思った」
カドカワの川上量生社長が、東京都の五輪文化事業「Tokyo Tokyo FESTIVAL」(TTF)の統括プロデューサーを6月27日に辞任したことを明かし、ブログで経緯を説明した。(2018/7/19)

ニコニコ技術部渾身のクソ ピピ美の首をどこまでも伸ばす「パーフェクトクソゲーム」がクソすぎて大盛況
何度でもやるわこんなクソゲー。(2018/7/9)

「殺戮の天使 ホラーハウス」が期間限定で新宿に登場! 歌舞伎町のビルのフロアがまるごとお化け屋敷に
ニコニコ超会議版の3倍の広さ、2倍の体験時間に。(2018/7/7)

働き方に関するホンネ:
2人に1人は「パワハラ」を受けた経験あり 連合調べ
日本労働組合総連合会(連合)は5月23日に、働き方に関するアンケート調査の結果を発表した。仕事上でパワーハラスメントを受けた経験のある人は約半数に上った。(2018/5/23)

大幅減益のカドカワ、ニコ動で苦戦
カドカワが2018年3月期(17年4月〜18年3月)の連結決算を発表。動画共有サービス「niconico」の有料会員数減少などが響き、大幅な減益だった。(2018/5/10)

“VTuber”イベントで活躍? 大日本印刷、新型「透明スクリーン」 透明度と鮮明さを向上
大日本印刷が新型のプロジェクター用透明スクリーンを開発。より映像が鮮明に。(2018/5/9)

「オープンソースラーメン」爆誕 GitHubでレシピやラベルデータの公開も
フォーク(トッピング追加)が可能です。(2018/5/8)

ニコニコ超会議2018:
“職人技”詰まった「痛車」勢ぞろい 「シンデレラガールズ」「初音ミク」など
ニコニコ超会議2018には、車体にアニメやゲームのキャラクターが描かれた「痛車」が勢ぞろい。来場者が思わず足を止めて眺めていたクルマの数々を写真で振り返る。(2018/5/1)

「オイ、こいつモノアイが動くぞ!!」 ニコニコ超会議「痛車エリア」にいろんな意味でやばいヤツらが集まってた
全力にも程があるだろ!(2018/5/2)

超会議2018、来場者数は過去最高16万人
ドワンゴのイベント「ニコニコ超会議2018」の来場者数は、過去最高の16万1277人だった。ネット来場者数は612万1170人。(2018/5/1)

T-4ブルーインパルスの垂直尾翼でけえぇぇぇ! ニコ超「自衛隊ブース」が今回も大人気
ずぉぉぉん、地対艦ミサイル車にも熱視線。(2018/4/30)

「鉄道会社は鉄ヲタを採用しない」という都市伝説は本当か 鉄オタ学生がガチ鉄道事業者と模擬面接に挑む
ともあれ、みんなよくがんばったー。(2018/4/30)

ニコニコ超会議2018:
うぉぉ出た! 「日比谷線03系」のレア部品っ!! 超鉄道ブースのおなじみ企画「鉄道部品オークション」、今回も熱かった
おまいらの本命はこれだったか。(2018/4/30)

「ニコニコ超会議2018」リアル来場者数が過去最高の16万人超え! ネット来場者数も盛り返す
天気にも恵まれ多くの来場者が訪れた。(2018/4/29)

小林幸子、“バーチャルグランドマザー”としてVTuber界に降臨 キズナアイとの「千本桜」コラボも
なんというパワーワード……!(2018/4/29)

ニコニコ超会議2018:
超鉄道ブース「鉄道寄席」にななめ45°、ダーリンハニー、桂梅團治師匠が登場 鉄分特濃、しかも特盛り
「横見式は使わない?」「師匠が秋になると不機嫌になる理由」……。テレビでは見られない鉄分と技を披露。(2018/4/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。