ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スパイク・チュンソフト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

2012年4月1日、チュンソフトがスパイクを吸収合併

リンクが踊りゼルダが歌う「ゼルダの伝説」新作が発表  人気インディー「クリプト・オブ・ネクロダンサー」とのコラボ
タイトルは「ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説」。(2019/3/21)

「風来のシレン」スマホ版発売にファンから「アスカ見参」望む声 復活はないのかスパイク・チュンソフトに聞いた
いまだ最高傑作と名高い“アスカ”。いまならSteamなどですぐに再販できそうですが……。(2019/2/27)

スマホ版「風来のシレン」配信へ 「近日中」に発売
スパイク・チュンソフトが、スマートフォンゲーム「不思議のダンジョン 風来のシレン」を発表。ニンテンドーDS向けの「不思議のダンジョン 風来のシレンDS」をリメイク。(2019/2/26)

「風来のシレン」がスマホ向けに登場 DS版をベースにさまざまな要素を追加
また1000回遊べそう。(2019/2/26)

Steamでウィンターセールがスタート 対象は約1万6000タイトル
Steamが1月3日まで「ウィンターセール」を実施する。約1万6000タイトルのゲームがセール対象となるビックイベントだ。(2018/12/21)

PS4版「ファイプロ」頸髄損傷の高山善廣選手をDLCで応援 販売額は高山選手の支援団体へ寄付
高山善廣DLCの売り上げは高山選手に寄付されます。(2018/8/11)

ルフィが! ナルトが! 孫悟空が! ジャンプのヒーローが共闘するゲーム「JUMP FORCE」発表
トレーラーのラストにはリュークと夜神月の姿が。(2018/6/11)

アニメ「ダンガンロンパ3」が初舞台化 苗木役は「仮面ライダーゴースト」西銘駿に
これまでシリーズの舞台で苗木役を演じてきた本郷奏多さんに代わりタケル殿が!(2017/12/21)

“1000回遊べるRPG”を4000回遊んだ男 「SFCトルネコの大冒険」に挑み続けるプレイヤーが語る「不思議のダンジョンには、まだ不思議がある」
求道者のごとく追い求める「トルネコ」の理論的限界。(2017/12/16)

スーパーファミコンの名作から怪作タイトルまでをレビュー ミニスーファミ発売を記念した本「超スーファミ」が登場
ミニスーファミ収録タイトル以外にも多数のゲームレビューを収録。(2017/9/10)

インターネットを守る翼竜:
もし「ミニセガサターン」が発売したら収録されていて欲しいサターンゲー10選
サターンパッドは良かった……。(2017/8/11)

プロレスゲームの金字塔「ファイプロ」が待望の復活 PC版が7月11日にSteamで配信
「早期アクセスゲーム」として先行配信しつつ、初となるオンライン機能を調整。今のうちに「組み合うタイミング」を思い出しておかないと。(2017/6/22)

選択肢を間違えると青汁の宣伝が始まって死 かまいたちの夜感あふれる青汁サウンドノベル「緑葉館の夜」
なんか青汁を猛烈にプッシュされる→なんか死ぬ。(2017/6/9)

Unite 2017 Tokyo:
「個人開発者は“孤独な開発者”になってはいけない」――ヒットアプリ作者が語る“レッドオーシャンの泳ぎ方”
ヒットアプリを生み出している個人ゲーム制作者のいたのくまんぼうさん(和尚さん)が「Unite 2017 Tokyo」に登壇。レッドオーシャンといわれるスマホゲーム市場を生き抜くための方法を語った。(2017/5/11)

東京ゲームショウ2016 日本ゲーム大賞:
大賞は「Splatoon」に 最も売れたゲームは330万本「モンスターハンタークロス」
日本ゲーム大賞2016の結果が9月15日、東京ゲームショウ2016で発表された。年間作品部門の受賞作、経済産業大臣賞、ゲームデザイナーズ大賞の受賞作とコメントをご紹介しよう。(2016/9/16)

新作アニメ放送目前 アニメ第1作「ダンガンロンパ The Animation」がAbemaTVで一挙配信
シリーズの原点となった第1作をおさらいしよう。(2016/6/23)

一個所最後に大きな変更点  舞台「ダンガンロンパ」に本郷奏多が手応え
“ダンガンロンパが好きな人が絶対に嫌いにならない舞台”がパワーアップして開幕。(2016/6/16)

常に考えているのは「いかに気持ちよく悔しがらせるか」―― 打越鋼太郎×加藤隆生「脱出ゲーム」極限対談【PR】
「ZERO ESCAPE 刻のジレンマ」発売記念、打越鋼太郎 × 加藤隆生 極限対談 「脱出×リアル脱出」編。(2016/5/19)

アニメ「ダンガンロンパ3」御手洗亮太役、同シリーズの舞台主演俳優の本郷奏多に
舞台では苗木誠を演じる本郷さんがアニメで別のキャラクターに。(2016/4/22)

2016年末までに50本以上ソフトを用意:
「PlayStation VR」は2016年10月に4万4980円で発売 PC向け高性能VR HMDの約半額
SCEが開発しているプレイステーション 4用のVR対応ヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR」。発売時期と価格がついに明らかになった。(2016/3/16)

再演舞台「ダンガンロンパ」制作発表、本郷奏多「作品を好きな人が絶対に嫌いにならない」
南海キャンディーズ・しずちゃんのドハマリ大神さくらだけでもすでに成功の予感。(2016/2/29)

要注意! 「iOS 9」アップデートでアプリが使えなくなるかも?
iOS 9へアップデートする前に、アプリがiOS 9に対応しているかを確認しておきたい。(2015/9/16)

ソニーのVR HMD、正式名は「PlayStation VR」に
SCEがVRシステムの商品名を「PlayStation VR」に決定。発売に向けコンテンツ開発を進めているという。(2015/9/15)

週末アップルPickUp!:
今週末はゲーム漬け! App Storeで人気ゲームアプリが大量セール中
やっす。(2015/7/18)

シリーズ集大成となる最新作! 3DS用ソフト「ポケモン超不思議のダンジョン」2015年秋発売
人気ダンジョンRPGシリーズ「ポケモン不思議のダンジョン」の最新作。1000回遊び倒したい……!(2015/5/22)

「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE 〜さよなら絶望学園〜」の上演決定!! 主演はトッキュウ4号の横浜流星さん
超高校生級の朗報!(2015/4/25)

まつもとあつしの電子書籍セカンドインパクト:
電子書籍とゲームの結節点――松岡正剛が「NAZO」に見出した可能性
変化の最前線を行く人々にその知恵と情熱を聞くこの連載。今回は、編集者の松岡正剛氏と、ゲームクリエイターのイシイジロウ氏の対談から電子書籍の課題と可能性を考えてみたい。(2014/12/17)

明日から予約受付開始:
マイクロソフトがXbox Oneの国内販売戦略を明らかに、ゲーム発売予定も公開
2014年2月に国内デビューを果たしたプレイステーション4に比べると、Xbox Oneは出遅れている感じがある。日本マイクロソフトは予約受付開始の前日に発表会を開き、あらためてXbox Oneの日本における販売戦略を語った。(2014/6/20)

出版社が運営するWebコミックサイトまとめ
出版社が運営する無料で読めるWebコミックサイトをまとめてみました。お気に入りのサイトや作品がきっと見つかるはず。(2015/1/8)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/3/24)

ITmediaスタッフが選ぶ、2013年の“注目端末&トピック”(編集部村上編):
“ドラクエ”や“KOF '97”がスマホに登場――古参ゲーマーが重い腰を上げた1年
2013年もゲームを中心にスマホアプリが盛り上がった年だった。人気RPG「ドラクエ」シリーズやSNKの格ゲー「KOF '97」がスマホに登場するなど、往年のコンシューマーゲームのアプリ化にも拍車がかかっていた。(2013/12/26)

テレビ東京、「東京トイボックス」の続編「大東京トイボックス」が放送決定
来年1月4日より。(2013/11/16)

「進撃の巨人」Twitter兵団を募集 ミニゲームで討伐ランキング上位を目指せ!
入団してみようかなー(ポチッ)。(2013/10/18)

TGS2013:
日本ゲーム大賞は「とびだせ どうぶつの森」 「パズドラ」に経済産業大臣賞
パズドラは「特別賞」「経済産業大臣賞」のダブル受賞となった。(2013/9/20)

「進撃の巨人」、ニンテンドー3DSでゲーム化決定
2013年発売予定。(2013/8/9)

ニコニコ超会議2:
ミクさん尽くしのセガブース、生ゲーム実況プレイに発売前の試遊台も多数 企業ゲームブースを回ってみた
きれいなおねえちゃんもいます。(2013/4/27)

SCE、「プレイステーション 4」発表 年末発売へ
SCEが据え置き型ゲーム機の次世代機「プレイステーション 4」(PS4)を発表した。2013年の年末商戦向けに発売される。(2013/2/21)

年末特別コラム:
独断と偏見で選ぶ! 2012年、ゲーム業界今年の10大ニュース
極々私的にゲーム業界の1年の動きを振り返ってみました。(2012/12/28)

「PlayStation Awards 2012」発表 「FF XIII-2」「ワンピース 海賊無双」など受賞
ドワンゴのニコニコアプリも受賞した。(2012/12/3)

ニンテンドー3DS向け「ポケモン不思議のダンジョン〜マグナゲートと∞迷宮〜」、11月7日より体験版配信を開始
体験版では、ゲーム序盤のほか、丸いものをカメラで撮影するとダンジョンへの入り口となる新要素「はっけん!マグナゲート」がプレイできる。(2012/11/7)

スパイク・チュンソフト、「Darksiders II」10月18日発売
北米では8月発売とアナウンスされている「DarksidersII」が、日本でも今年の10月発売が決定。日本向けには、オリジナル音声に日本語字幕が付けられる予定。(2012/8/6)

一人で楽しめるソロダンジョンを充実――オンラインRPG「お宝発掘 ホリキング」、7月26日に大型アップデートを実施
いきなりパーティでプレイするのが不安な人向けに、一人で楽しめるソロダンジョンを充実。新システム「チャレンジ方式」や装備品などの追加も行われる。(2012/7/26)

MMORPG「お宝発掘 ホリキング」、4月26日よりオープンβテストを実施
「不思議のダンジョン 風来のシレン」シリーズなどのダンジョンRPGを手がけてきたスパイク・チュンソフト開発による新作MMORPGが、オープンβテストを開始する。(2012/4/25)

「CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!」、4月7日・8日に店頭体験会を大阪・東京で開催
4月26日に発売となるスパイク・チュンソフトの新作RPG「CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!」店頭体験会が、大阪と東京で今週末開催される。(2012/4/5)

チュンソフトとスパイクが合併、「スパイク・チュンソフト」に
ドワンゴ傘下のチュンソフトがスパイクを吸収合併し、「スパイク・チュンソフト」に。(2012/3/13)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」は今回が最終回です!
前回に引き続き、6年間の連載の中で、候補に挙がりながら取り上げられなかったゲームについて。今回は、取り上げられなかった理由がこの連載ならではというゲームが中心。連載最終回は第97回です。(2012/2/3)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第14回:これならサルでも遊べちゃう!? いつの間にかゲームがうまくなってしまうヒミツの仕掛け
「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の14回目は、ゲームの腕がめきめきあがる仕組みを解明します。(2011/12/5)

SCEJ Press Conference:
クリエイターへの挑戦状でありSCEとしての決意 PlayStation Vita、ローンチ26タイトル
日本国内において12月17日に発売されると発表されたPS Vita。同日には26タイトルものソフトウェアが提供される。NTTドコモによるプリペイドデータプランなど、何が発表されたのか。(2011/9/14)

Wizardry30周年記念&「Wizardry Online」カンファレンス:
裏話満載、濃度30年分の超・濃ゆい「Wizardry」トークがここに! Wizardry Onlineクローズドβテストの情報も公開
Wizardryシリーズ30周年を記念して、遠藤雅伸氏をはじめとする5人のゲストたちが、ディープなトークイベントを開催! 新作「Wizardry Online」の新情報も公開された。(2011/5/23)

「Wizardry Online」の発表も――5月21日、「Wizardry 30周年記念イベント」が東京・お台場で開催
ビデオゲームのRPGとしては草分け的存在の「Wizardry」が、APPLE II向けに発売されてから今年で30周年を迎える。その記念イベントが東京・お台場で開催され、オンライン版「Wizardry Online」の発表も行われる。(2011/5/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。