ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Click-to-Call」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Click-to-Call」に関する情報が集まったページです。

サービスのカスタマイズとして機能を追加
クラウドの「コミュニケーションAPI」導入前に確認すべきネットワーク要件
要件に合わせてサービスをカスタマイズする手段としてAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)が台頭しつつある。コミュニケーション用APIを利用する際のトラフィックを事前に調べておくことは重要だ。(2019/5/28)

よりインテリジェントに
会議の議事録作成はもう不要、AIが変えるビジネスコミュニケーションの未来
ビジネスコミュニケーションは、AIやAPIなどの新興テクノロジーのおかげで、コンテキストに基づき、よりインテリジェントになってきている。コラボレーションツールは、これらの新たな傾向を取り入れている。(2018/1/26)

むしろセールスフォースユーザーに適する?:
「Amazon Connect」の、コールセンターを変える「破壊力」
Amazon Web Services(AWS)の「Amazon Connect」は、コールセンターをクラウド上にソフトウェアで構築できるサービスだ。最大の特徴はコールセンターの構築・運用コストの大幅な削減。だが、従来型のコールセンターシステムを、ビジネスの変化に柔軟に対応できるツールに変えたいという用途にも適している。AWSとセールスフォースの説明に基づき、このサービスをあらためて紹介する。(2017/9/20)

購買行動を促進:
米Twitter、新しい広告機能「Click-to-Call広告」ベータ版を検証中?
米Twitterは現在、モバイルユーザーが広告先をダイレクトに呼び出すことができる機能「click-to-callボタン」を検証しているという。広告主に対して容易にアクションが取れ、購買行動につながりやすくなる。(2014/3/14)

業務課題別おススメForce.comアプリ紹介【第1回】
社内外コラボレーションを促進する3つのForce.comアプリケーション
セールスフォース・ドットコムのAppExchangeで入手できるForce.comアプリケーションを業務課題別に紹介する本連載。第1回ではChatterとSkypeを活用してコラボレーションを促進するアプリケーションを紹介する。(2011/4/13)

せかにゅ:
Google、“無償”のAndroidで収益 既に開発コストをカバー
GoogleのAndroidはハードメーカーに無償で提供されているが、広告収入の増加という形でGoogleの収益に貢献している。(2010/10/8)

テレワークを支えるユニファイドコミュニケーション
テレワークで始める業務革新、鍵はユニファイドコミュニケーションにあり
在宅勤務をはじめとするテレワーク(社外で働く労働形態)が国内でも広がりを見せている。UCを活用すれば、オフィス外でも職場と同等の環境を手に入れられる。テレワークで具体的に必要なUC製品を検討してみよう。(2010/9/22)

中堅・中小企業のためのIT投資羅針盤【第2回】
IPテレフォニーは将来に向けての基盤作り
「目的(方向)」と「時期(位置)」からIT投資のノウハウ(羅針盤)を提供する本連載。今回は、コスト削減以外の投資効果が見えにくいIPテレフォニーへの投資や活用のポイントを明らかにする。(2010/9/9)

Interop Tokyo 2010イベントリポート
Interopで占うユニファイドコミュニケーションの近未来像
2010年6月7日から5日間、ネットワーク技術の祭典「Interop Tokyo 2010」が開催。有力ベンダーが集う展示会からユニファイドコミュニケーション関連製品の動向を追った。(2010/6/11)

通話だけじゃない! IP電話による業務コミュニケーション活性化【第2回】
IP電話のコミュニケーション改革、初めの一歩はWeb電話帳
IP電話を活用するUCといっても、さまざまなアプリケーションが連動することが多い。どこから着手すべきか迷ったら、Web電話帳を導入してみるといいだろう。(2010/4/8)

Google、広告機能紹介ラボ「Google Ad Innovations」立ち上げ
Googleが、AdWordsやAdSenseを利用している広告主向けの新機能を公開前に紹介するサイトを立ち上げた。(2010/4/1)

Google、「Click-to-Call」でモバイル広告に新たな展望を切り開くか
携帯で企業やショップを検索するユーザーの目的は電話をかけることである可能性が高いため、モバイル検索広告に電話番号を追加するAdWordsの新広告サービスは、高い“コールスルー率”を期待できそうだ。(2010/2/1)

Skype、企業向け「Skype for SIP」β版をリリース
Skypeが、既存のPBXでIP電話を利用できる企業向けサービスの提供を開始した。(2009/3/24)

データセンター内の人物を検知して通話、野村総研らがサービス
野村総研とモバイル・テクニカは、無線LANの位置検出機能とVoIPを組み合わせたデータセンター向けサービスを発表した。(2008/1/31)

「Lotus Sametime」で音声会議が可能に――Alcatel-LucentとIBM
通信サービス大手のAlcatel-Lucentは、IBMの「Lotus Sametime」に同社のUC製品を組み合わせた統合型音声会議ソリューション「OmniTouch My Teamwork for IBM Lotus Sametime」を発表した。(2007/11/8)

電話番号だけで出稿できる──位置情報連動広告配信サービスの「アドローカル」
(2007/10/5)

「NECがライバル」――ネットマークスらユニシスグループがUC構築サービス
日本ユニシス傘下のネットマークスとユニアデックスがユニファイドコミュニケーションの新ブランドを発表。NGN時代のオフィスコミュニケーション分野でトップシェアを獲ると宣言した。(2007/9/6)

IBMとNortel、中小企業向け統合コミュニケーションを提供
中小企業を対象に、簡単かつコスト効率のよい統合コミュニケーションを提供する計画を発表した。(2007/6/14)

名刺画像をクリックして電話をかける――HTMLメールから通話ができる「メール電話」を発表
M2XはWebブラウザに組み込んだソフトフォン機能を利用して、HTMLメールから通話ができる「BIZTEL メール電話 PRO」を発表した(2007/5/31)

IP電話の誤解を解く:
【第3回】ビジネスプレゼンスの可能性を広げるテクニック
ビジネスマンが出張中、あるいは休暇中の際、電話がどのようにかかってほしいのか。そこで、ステータスに条件、選択肢を加えるだけでも実用的なプレゼンスができあがる。(2007/4/9)

MS、新たなWindows Liveモバイルサービスを発表
Microsoftは12日、モバイル向けのWindows Liveサービスを発表。それぞれは、地図をマッシュアップさせて検索や可能にし、Javaデバイス向けクライアントアプリケーションになっている。(2007/2/14)

モバイル版Windows Live Search、β公開
携帯向けLive Searchが米国でβ公開された。Click-to-Call機能も含めた地域情報や道順の検索のほか、衛星画像の地図も携帯端末から見ることができる。(2006/12/2)

Google Mapsにも「クリック1つで電話」機能追加
レストランやお店の情報を検索し、アイコンをクリックすると自動的に電話をしてくれる無料サービスが、米国のGoogle Mapsで利用できるようになった。(2006/11/17)

「Skype 3.0」のβ版リリース――インタフェース、チャット機能を刷新
Skype 3.0 for Windowsのβ版がリリースされた。インタフェースが一新され、見かけ、使い勝手が変わった。また新たに「Public Chats」機能が追加された。(2006/11/9)

Symbian Smartphone Show 2006:
“携帯でGoogle”に向けた課題──米Googleユースタス上級副社長
携帯Webがオープン化に向かう中で注目を集めているのが検索サイト。米Googleのアラン・ユースタス上級副社長がSymbianの年次イベント「Symbian Smartphone Show 2006」で、モバイル参入に向けた課題と取り組みについて説明した。(2006/10/20)

ハッキングされたGoogle公式ブログ
Bloggerのバグが原因で、Googleの公式ブログが何者かにハッキングされ、偽情報が書き込まれた。(2006/10/10)

GoogleとeBayが提携、Google TalkとSkypeの互換実現へ
米国外でのeBayで、Googleがテキスト広告配信を独占。また、SkypeとGoogle Talkを使ったClick-to-Callサービスを展開する。(2006/8/29)

Yahoo!とeBay、戦略提携を発表
Googleに対抗するため提携を模索していたeBayが、Yahoo!と手を組んだ。検索、広告、オンライン決済、ツールバーを中心に、SkypeとPayPalも活用してサービス強化を目指す。(2006/5/26)

Google初の携帯向け広告スタート
Google初となる携帯電話向けアドワーズ広告「Googleモバイル広告」が日本で始まった。携帯向け広告はGoogle初という。(2006/4/7)

Google、IP電話を提供か
GoogleがPCと電話の間で通話できるVoIPサービスを投入するかもしれない。(2006/2/1)

BlackBerryでGoogleのIMサポート
携帯機器BlackBerryでGoogle TalkとGoogle Localをダウンロードして利用できるようになる。(2006/1/13)

潤沢な帯域を背景に多様化するSIPベースのIP電話
NetWorld+Interop 2004 Tokyoの会場では、単なるSIP対応IP電話にとどまらず、無線LAN対応やテレビ電話機能を搭載した新たな端末が紹介された。(2004/7/2)

Yahoo!のIMにIP電話機能統合
(2004/6/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。