ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Cocomo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Cocomo」に関する情報が集まったページです。

エンファクトリーで個人情報約3万8000件流出の可能性 クレジットカード情報も流出か
プログラムの脆弱性が原因だったとのこと。(2016/10/3)

リクルート、徳島県石井町とBeaconを活用した見守りサービスの共同実験を開始
リクルート住まいカンパニーは、6月2日に徳島県石井町とBeaconを活用した見守りサービス「COCOMO by SUUMO」の共同実験をスタートした。(2016/6/2)

元Microsoft幹部のレイ・オジー氏、新企業立ち上げか
“Lotus Notesの父”でMicrosoftのCSAを2010年に退いたレイ・オジー氏がかかわる新企業Cocomoは、iOSとAndroid向けのモバイルソーシャルサービスを手掛けるようだ。(2012/1/5)

D89クリップ(5):
ケータイ版AIRでFlash Liteの成功パターンを踏襲
アドビによるイベント「Adobe MAX Japan 2009」が開催。着実に地歩を固めるFlashプラットフォームと新たにケータイ市場を切り開くAIRが話題の中心となった(2009/2/23)

プロジェクトの闇、見積もりに光を!(3):
見積もり仮想体験の旅へ、いざ出発!
前回取り上げた事例を基に、実際に見積もりの計算をしてみる。その計算方法とともに、見積もり手法ごとの特徴や弱点などにもついて説明する。(2009/1/15)

Adobe、クラウドでWebアプリを開発する「Cocomo」β公開
Cocomoでは、既存のアプリにリアルタイムAV機能を加えたり、新しいソーシャルアプリを開発することができる。(2008/11/18)

SaaSとRIAに注力するAdobeの意図
Adobeが示すサービス化へのシフトは同社の将来を大きく変えるであろうが、その重責を担うケビン・リンチ氏は、それは時代の必然であり、すばらしい変化なのだと話す。(2007/11/1)

Thermo、Share、CoCoMo――Adobe MAXで見えた次の技術
コードを書かずにアプリケーションを作成できるデザイナー向けツール「Thermo」、ファイル共有サービス「Share」など、Adobeは多数の新技術を披露した。(2007/10/5)

The Rational Edge:
「この開発プロジェクトは中止!」の基準/プロジェクトの状態を評価する:パート1(後編)
The Rational Edgeより:本稿では、従来のソフトウェアプロジェクトの評価基準に関する誤った考えについて解説し、「方向付け」フェイズにおける有効な評価値に焦点を当てる。(2007/4/19)

品質向上技術解説:
いまさら聞けない 形式手法入門
ソフトウェアの品質向上手段として注目されている形式手法。今回は、厳密な仕様定義を目的とした「形式仕様記述」を中心に、分かりやすく解説する(2007/1/19)

ソフトウェア開発をちゃんと考える(2):
開発者の集合はどのように形作られているか
ソフトウェア開発の効率性を考えていると、いつかは必ず人の問題に突き当たる。プロジェクトチームという開発者の集合はどのように形作られ、どのように動いていくものなのだろうか。そこには必ず何らかの機構(メカニズム)があるはずだ。(@IT編集部)(2005/12/21)

情報マネジメント用語辞典:
ファンクションポイント法(ふぁんくしょんぽいんとほう)
function point method / function point analysis / FPM / FPA / FP法 (2005/4/27)

The Rational Edge (30):
アジャイル開発:成熟期の到来、その道のり
Rational Edgeより:本稿は、アジャイルカンファレンスの参加者の状況、セッションの内容、議論の変化に焦点を当てることで、アジャイルソフトウェア開発プロセスの成長と発展を振り返るものである。(2004/11/25)

IT効果測定・評価サービス・レポート(2):
日本ユニシス――6つの視点でIT投資評価のフレームワークを体系化
日本ユニシスがこれまで提供してきたIT投資評価のサービスを体系化したのがIM-FITだ。長年にわたる企業システム構築に携わってきた経験はどのように生かされているのだろうか(2004/3/5)

情報システム用語事典:
COCOMO(ここも)
constructive cost modell / ココモ(2003/8/14)

特集:いまから始めるIT投資効果測定(2):
IT投資効果測定サービスの「中身」
注目されているIT投資効果測定サービスだが、具体的なサービス内容や効果についてはまだ知られていないことも多い。今回はガートナー ジャパンの「TVO」、ストック・リサーチの「i-COST」、マイクロソフトの「REJ」という3つの代表的なIT投資効果測定サービスを取り上げ、その中身や特徴を明らかにする。(2003/5/27)

特集:いまから始めるIT投資効果測定(1):
IT投資効果測定の概要
経営に対するアカウンタビリティ(説明責任)が問われている現在、IT投資の妥当性についても客観的な指標が求められている。だが多くの企業では、IT投資の効果測定について何ら解決策を持っていないのが現状だ。そこで注目されているのが、ITベンダやコンサルティングファームが提供するIT投資効果測定サービスだ。SI企業が提示する見積もり額は適正価格なのか? 投資に見合う効果は得られるのか? こうした疑問に答え、ユーザーのIT戦略の一助となるIT投資効果測定サービスの最新動向についてレポートする。(2003/5/20)

The Rational Edge:
開発計画が破たんするには理由がある
システム開発はこの10年でますます複雑になった。社内システムの開発チームは、従来の作業(電気技術や機械技術などを駆使する保守・サポートなど)と並行してソフトウェア関連の作業にも対応しなくてはならない。さらに、高機能かつ統合・最適化された分散システムの導入を求める社内関係者たちへの対応も余儀なくされる。次世代システム開発を管理する人々は新たな難問に直面している。本稿ではそんな難問を考察し、(解決の糸口を導き出す)戦略および企業のトップとしてのアプローチを模索する(2003/2/25)

The Rational Edge:
Dr.ユースケースの “ユースケース人生相談” ファンクションポイントとユースケースには どんな関係があるんですか?
(2002/10/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。