ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デコ電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デコ電」に関する情報が集まったページです。

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
“保護”から“ファッション”へ変貌 盛り上がるスマホケース市場
ケータイからスマートフォンに移行とともに、本体を飾るアクセサリーも大きく変化した。現在、スマホのアクセサリーとして全盛を極める“ケース”の文化と、そのビジネスの現状を追ってみよう。(2013/9/27)

わたしの「まん中」を3Dスキャンします――世界初の「マンボート」計画が突き抜けすぎ
クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で支援者を募っています。(2013/6/18)

IT4コマ漫画:
デコ電
携帯電話にデコレーションを施す“デコ電”。これをスマートフォンでやろうとすると、なんだか不自然な光景に……? IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第26回目。(2013/2/22)

それゆけ! カナモリさん:
潜在顧客は570万人!? 補聴器の普及の方策を考えてみた
潜在顧客数は増加しているのに、市場は数年間に横ばいという補聴器の市場。思いきった発想の転換で一気に売上を増やせるのでは?と、方策を考えてみた。(2012/6/27)

写真で解説する「P-07C」
パナソニック モバイルのAndroid端末第1弾「P-07C」は、これまでのスマートフォンとはひと味違う“デコれるスマホ”だ。女性ユーザーのニーズをくみ取り、ビビッドなカラーリングや丸みのある端末デザイン、片手での使い勝手を高める各種機能を取り入れた。(2011/5/24)

デコパッチ×iPhone女子部がコラボしたデコキット「Design Deco Kit」
SoftBank SELECTIONオンラインショップが、デコパッチとiPhone女子部のコラボによるiPhone専用デコレーションキット「Design Deco Kit」を限定発売する。(2010/10/27)

せかにゅ:
iPhone、空を飛ぶ――自家製気球で成層圏へ
米国の親子が作った自家製の観測気球が、iPhoneとカメラを載せて空を飛んだ。成層圏で撮影した動画もあり。(2010/10/18)

“こども店長”が使うケータイは?:
ドラマで使われるケータイたち2010年冬──ソフトバンクモバイル+その他編
毎晩20時から深夜0時ごろまでに放映されるドラマで使われているケータイを、Webサイトの情報と実際のオンエアをもとにチェックする恒例企画「ドラマで使われるケータイたち」。ドコモとauケータイを紹介した前回に引き続き、今回はソフトバンクモバイルがスポンサーするドラマと、キャリアがスポンサーに付いていないドラマに登場するモデルもチェックした。(2010/3/16)

電子書籍で、女子力アップ?
電子書籍リーダーは一部のデジモノ好きのもの――そんな勝手なイメージを持っていた記者だが、思わぬところで所有者を見つけてしまった。(2010/2/1)

デコ電で、iPhoneをきらきら王子様ホイホイに
ラインストーンなどを携帯電話に貼ってオリジナルの携帯電話を作る「デコ電」に記者が挑戦。せっかくなのでイケメン王子がこぞって声をかけてくれるようなデザインにしよう。(2009/12/22)

仲間由紀恵、石原さとみ、相武紗季のケータイは:
ドラマで使われるケータイたち 2009年冬──au編
人気の連続ドラマに登場するキャストが手にする携帯電話をチェックする「ドラマで使われるケータイたち」。au編では、2008年秋冬モデルが多く採用されている。(2009/3/17)

デコ電する理由、“おしゃれ”より“気分転換
アイシェアが、デコレーション携帯に関する意識調査の結果を発表。携帯電話にデコレーションを施しているという回答は5%弱にとどまり、7割弱が“デコ電するのは気分転換のため”と答えている。(2009/1/6)

“白戸家”上戸彩が劇中で使うケータイは?:
ドラマで使われるケータイたち2008年秋──ドコモ編
連続ドラマで使われているケータイを、公表資料と実際のオンエアを元にチェックする「ドラマで使われるケータイたち」の2008年秋版。今回は、ドコモスポンサーどのドラマに上戸彩が出演するなど、興味深いトピックがいくつかあった。(2008/12/20)

「auの庭」嵐のカレは……:
ドラマで使われるケータイたち 2008年夏──ソフトバンクモバイル+月9編
ドラマで活躍する俳優ではなく、“ケータイ”をチェックする「ドラマで使われるケータイたち」。今回は夏クールのドラマのうち、ソフトバンクモバイルと、ケータイ会社がスポンサーについていないドラマをチェックした。(2008/9/13)

Mobile&Movie 第322回:
セックス・アンド・ザ・シティ「私、ビッグと結婚するわ」
映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、人気のテレビドラマを映画化した「セックス・アンド・ザ・シティ」。キャリーはデコ電、サマンサはiPhone、ミランダはスマートフォンという、役柄にぴったりなケータイも見どころです。(2008/9/12)

Weekly ITmedia +D Top10:
かわいい製品で乙女パワー充電――+DランキングTOP10
最近女子度がぐっと下がっている乙女。せっかくなので今週のランキングからかわいくて女子としてのテンションがあがりそうな製品を探してみた。(2008/8/7)

HTC Nippon スマートフォン ショーケース:
iPhone対抗の「HTC Touch Diamond」、日本でも間もなく登場か
HTC Nipponが、自社のスマートフォン全10機種を一堂に紹介する「HTC Nippon スマートフォン ショーケース」を開催。HT1100ユーザーというIKKOさんが、七夕の織姫をイメージしたドレスで登場した。(2008/7/4)

ヤンクミのケータイはやっぱり……:
ドラマで使われるケータイたち 2008年春──ドコモ編
テレビドラマのさまざまなシーンに登場する携帯電話に注目するこの企画。どの役者がどんな機種を使っていのるか、どんな役柄にどのモデルが割り当てられているのか。今回は2008年春のドコモ編をお送りする。(2008/6/20)

美少女新入社員が選ぶ“乙女携帯”──au、ソフトバンク編
配属1カ月を迎えた美少女新入社員。相変わらずまともに仕事ができないのはなぜだ。どうしようもないので先週に引き続き、2008夏モデル携帯から乙女携帯を探すことにした。(2008/6/12)

Weekly ITmedia +D Top10:
この夏の乙女携帯はどれだ! 新人美少女が勝手に語るこの夏の乙女端末
6月4日午後1時40分ころ、乙女として有名な小笠原由依氏がコンビを組んでいた携帯電話のピン子氏が水没した。ピン子氏は小笠原氏の目の前で水場へと身を投げたとのことで、「コンビを組んでからまだ3カ月であり、早すぎた別れは受け入れがたい」と動揺を隠しきれない様子だ。(2008/6/5)

マイ・ケータイができるなら、カスタマイズしたいのは“ジャケット”や“端末デザイン”
MMD研究所が、端末のカスタマイズやデコレーションに関する調査結果を発表。デコ電の経験があると答えたのは男性が約3%、女性が約15%。オリジナル携帯電話ができるとして、どこをカスタマイズしたいかという質問については“ジャケット”や“端末デザイン”という回答が多数を占めた。(2008/3/28)

定年間近の金八先生は「簡単ケータイ」でした:
ドラマで使われるケータイたち 2007年秋──au編
テレビドラマのさまざまなシーンに登場する携帯電話に注目するこの特別企画。どの役者がどんな機種を使っていのるか、どんな役柄にどんな機種が割り当てられているのか。今回はau編をお送りする。(2007/12/14)

ウィルコム、“スワロフスキー”モデルの「9(nine)」とアドエス用カバーを限定発売
ウィルコムは、スワロフスキー・クリスタルを全面に施した「9(nine)」とAdvanced/W-ZERO3[es]用保護カバーを同社直販サイトで限定発売した。デコ電ショップ「LIGHTS STYLE」とのコラボレーションモデル。(2007/11/20)

新垣結衣、綾瀬はるか、福田沙紀に共通するケータイは?:
ドラマで使われるケータイたち 2007年夏──ドコモ編
連夜放映されるテレビドラマには、今や現代生活に欠かせない携帯電話が、ストーリー展開上欠かせない小道具の1つとして登場する。このテレビドラマに登場する携帯電話を、実際に番組を視聴してチェックした。まずはNTTドコモから。(2007/8/21)

+D Voice:
あなたのケータイ、カスタマイズしてますか?
ケータイは、時計や財布などと同様に、とてもパーソナルな持ち物だ。しかも、好みに合わせたさまざまなカスタマイズが簡単に行える。そこで、読者のみなさんの“ケータイカスタマイズ”の実態を教えてほしい。(2007/1/19)

韓国携帯事情:
ユニークで便利。携帯電話をとりまくアイテム・サービス
携帯電話にビニールのカバー、地下鉄内に携帯の充電サービス……。日本とはちょっと異なる、韓国内の携帯アイテム・サービスを紹介しよう。(2005/10/13)

渋谷・109でN700iを使った“デコ電”の展示会
アクセサリーショップCHIARAにて、N700iを使った“デコ電”の展示会が開催される。(2005/3/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。