ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デング熱」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デング熱」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

医療機器ニュース:
感染症の早期発見につながる抗体を検出する光る紙チップを開発
慶應義塾大学は、大きさ1cm程度の感染症診断のための簡易検査用紙チップを開発した。検査手順は紙チップに血液を一滴垂らしてデジタルカメラで撮影するのみで、20分ほどで青〜緑色の発光により結果が判明する。(2018/10/18)

「蚊は気温35度以上だと活動しない」とTwitterで話題に アース製薬に本当か聞いてみた
「30度を超えると動きがにぶくなる」との回答。あくまでも動きがにぶくなるだけで、葉の裏などに潜んでいるので油断は禁物。(2018/7/18)

マイナスイメージ変えたい:
アース製薬、「殺虫剤」改め「虫ケア用品」に なぜ?
アース製薬が、公式サイト上で「殺虫剤」という呼び方を「虫ケア用品」に変更。広報担当者に狙いを聞いた。(2017/11/29)

飛躍:
ASEAN:民間が主導する統合医療ネットワーク(IHN)
ASEANの民間ヘルスケアセクターではどのような構造的変化が起こっているのか。(2017/10/23)

Alphabet傘下のVerily、「デバッグプロジェクト」で2000万匹の不妊蚊を放す計画
Google系列の生命科学企業Verilyが、ジカ熱などのウイルスを媒介する蚊を駆除する「デバッグプロジェクト」の一環で、カリフォルニア州フレズノで20週にわたって総計2000万匹の不妊蚊を放す。(2017/7/15)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(6):
空気清浄機が蚊を取る? シャープが狙う新市場
シャープが2016年4月に発売した「蚊取空清」は、蚊取り機能を持つ「世界初」の空気清浄機である。なぜ空気清浄機に蚊取り機能を持たせたのか、開発にはどのような苦労があったのか。小寺信良氏が探る。(2016/7/12)

水曜インタビュー劇場(蚊公演):
フマキラーの蚊取り線香が、なぜインドネシアで売れたのか
フマキラーの海外展開が絶好調だ。アジアや中南米を中心に進出しているが、売り上げはインドネシアがトップ。1990年に進出してから7年間も赤字が続いていたのに、なぜトップブランドに成長することができたのか。(2016/7/6)

Microsoftが「蚊取り器」開発 ジカ熱などを媒介する蚊を捕獲
米Microsoftは6月21日、特定の蚊を捕獲する「蚊取り器」開発したと発表した。(2016/6/22)

医療技術ニュース:
ジカウイルスの輸入リスクと国内伝播リスクを推定する統計モデル
北海道大学は、各国のジカ熱の輸入リスクと国内伝播のリスクを推定する新しい統計モデルを開発し、推定結果を発表した。日本で2016年中にジカ熱の国内伝播を認めるリスクは16.6%と推定された。(2016/4/22)

ドローンがデング熱から人間を救う? 蚊の繁殖地を特定、殺虫剤の散布も
いまだ世界で流行し続けるデング熱。そのデング熱に、ドローンを使って対策する国が出てきた。その対策方法とは?(2016/3/13)

WHOが「ジカ熱」の緊急事態宣言、エボラ出血熱以来 小頭症やギランバレー症候群との関連性疑われる
流行中のブラジルから、リオデジャネイロ五輪を通して世界的に広がる恐れが。(2016/2/2)

中南米で「ジカ熱」流行 外務省が注意喚起、小頭症との関連も示唆
妊婦さんは特にご注意を。(2016/1/27)

迫る脅威:
なぜ日本でデング熱が流行した? 国立感染症研究所・名誉所員の話
昨夏、デング熱に感染した患者が増え、市民の間で不安が広まった。では、今年はどうか。国立感染症研究所の名誉所員に、まだあまり議論されていない“問題”を聞いた。(2015/6/16)

国内での死亡例も! 野生の「マダニ」が媒介する恐ろしい感染症とは?
入念な予防対策が重要です。(2015/6/13)

あなたは大丈夫?:
蚊に刺されやすいかどうかは、生まれつき決まっているらしい
気温が上がってくると、やってくるのが虫、特に気になるのは「蚊」。みんなの中で刺されやすくていつも1人だけターゲットになっている人いませんか。刺されやすい人は生まれつき決まっているのかも……。(2015/6/8)

また今年もやってくる? 恐怖のデング熱。今年は遺伝子で対策が打てるかも?
デング熱を媒介する蚊として知られる「ネッタイシマカ」。人間からすれば恐るべき存在ですが、この蚊を撲滅できる可能性があるかもしれません。(2015/5/28)

仕事をしたら“人を助ける”ことができた:
海外で病気、どうする? 大丈夫、助けてくれる会社があるのだ
途上国で病気を患ったら、大変なことがいくつかある。そのひとつが病院のレベルの低さだ。不衛生な環境で入院することになったら、あなたはどうするか? そんな場合でも、心強い味方がいる。それは……。(2015/2/4)

Google検索の2014年まとめ 世界のトップは「ロビン・ウィリアムス」
Googleが年末恒例の検索語まとめを発表した。今年はランキングの他、「ロゼッタ」や「セルフィー」など幾つかの人気のキーワードにまつわる詳解ページも公開された。(2014/12/17)

2014年の漢字、2位以下には「熱」「嘘」「災」など
1位は「税」でした。(2014/12/12)

2014年、心に残った音
日常生活の中には、テレビ、クルマ、PCなどさまざまな音が存在しているが、2014年にはどんな音が心に残っているのだろうか。20歳以上の男女に聞いたところ……。リオン調べ。(2014/11/27)

「STAP細胞はあります」「妖怪ウォッチ」「JKビジネス」──流行語大賞候補50語発表
「STAP細胞はあります」「妖怪ウォッチ」など50語が、今年の流行語大賞候補に選ばれた。(2014/11/19)

「壁ドン」「レリゴー」「号泣会見」 新語・流行語大賞の候補発表
ほかにも「妖怪ウォッチ」「ダメよ〜ダメダメ」などなど。(2014/11/19)

薄くなりゆく物語、「NAZO」に注がれた物語編集力――松岡正剛ロングインタビュー
サイバードが9月にリリースしたジグザグ・シアターオペラ「NAZO(ナゾ)」。その開発に携わった知の巨人・松岡正剛氏。物語性や編集工学といった氏の“哲学”がふんだんに盛り込まれたこのアプリの知られざる物語をひもといていこう。(2014/11/14)

医療機器 メルマガ 編集後記:
エレクトロニクスの要素技術で水際対策の限界を上げる
実用化を切実に望みます……。(2014/11/4)

デング熱、初めて関西での感染を確認
代々木公園のウイルスの遺伝子配列と一致。(2014/10/7)

伊吹太歩の時事日想:
医師が住民に襲われる――世界最恐の感染症「エボラ出血熱」の“二次被害”
連日のようにデング熱関連の報道がされていた日本だが、世界に目を向けると、今もエボラ出血熱は大きく取り上げられている。病気それ自体も大変危険なものだが、近ごろは、治療や啓発を行おうと現地入りした医師が襲われるといった“二次被害”が起きているという。(2014/9/25)

上野公園でデング熱感染か 蚊の駆除と注意を呼びかける
土日のイベントなどご注意を。(2014/9/19)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「デュオカメラ」や「Zoe」機能が楽しい「HTC J butterfly HTL23」
背面に2つのカメラを備える「デュオカメラ」や、動画、編集と機能が充実した「Zoe」機能を使い、「HTC J butterfly HTL23」で遊んでみた。(2014/9/16)

デング熱感染、新たに台東区と港区で?
千葉市稲毛区在住のデング熱の患者は、代々木公園周辺由来のウイルスだったもよう。(2014/9/10)

千葉市でデング熱感染か? 港区、渋谷区、中野区の公園でも蚊のデングウイルス保有調査実施
!!(2014/9/9)

新たに6人の感染者を確認 新たにデング熱感染の疑いがある場所は明治神宮外苑と外濠公園
虫除け必須。(2014/9/8)

新宿御苑も閉園に デング熱保有の蚊を捕獲し調査のため
9月7日より。(2014/9/6)

新宿中央公園でデング熱感染の疑い 横浜の公園でも?
拡散傾向。(2014/9/5)

デング熱感染、閉鎖の代々木公園に隣接する明治神宮でも? 明治神宮が注意を呼びかける
虫除け必須。(2014/9/5)

代々木公園は閉鎖に 広範囲でデングウイルスを保有する蚊を確認
ご注意ください。(2014/9/4)

デング熱の国内感染新たに12人 タレント2人含め合計34人に
ロケで感染。(2014/9/2)

デング熱感染は19人に いずれも代々木公園への訪問歴あり
6都県22人の感染を確認。(2014/9/1)

デング熱、国内感染患者が新たに見つかる 代々木公園で感染か?
渋谷門あたりと推測。(2014/8/28)

「日常」の裏に潜むビッグデータ(2):
生活は便利に、でもプライバシーは“丸裸”? ビッグデータ活用の光と影
ビッグデータを分析し、ビジネスに役立つ新たな“気付き”や“予測”を見つけるために各企業が動いている。そうした分析は、私たちの生活を便利にしてくれる一方で、人が気づけないプライベートな事情すら丸裸にしてしまう可能性も秘めている。(2014/8/4)

これは読みたい “蚊を寄せ付けない新聞”がスリランカで作られる
ニュースが読めて蚊も寄せ付けない。一石二鳥。(2014/6/17)

樋口健夫の「笑うアイデア、動かす発想」:
これじゃカバンも重くなる “防虫ガジェット”が海外出張の思い出
どこでもべープ、Dettol、モスキートヘッドネット―。これが筆者が現在もほぼ持ち歩いている“防虫ガジェット”。その昔、アフリカに出張した時、マラリアにかかった。4日か5日で突然の高熱。いくら布団をかぶっても寒くて震えるほどの経験が防虫ガジェットの持ち歩きにつながった。(2008/6/5)

5万年が1年に短縮、デング熱治療薬開発の妙手
IBM、テキサス大学医学部、シカゴ大学は、ワールド・コミュニティー・グリッドを用いたデング熱、ウェストナイル脳炎、C型肝炎の治療法発見に着手した。(2007/8/28)

IBMと米大学、グリッドコンピューティングでの難病治療法解明で協力
IBM、テキサス大学医学部、シカゴ大学は、現在有効な治療法が存在しない難病の治療法を、コミュニティーグリッドを利用して解明するプロジェクトに取り組む。(2007/8/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。