ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「デジタルイメージング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デジタルイメージング」に関する情報が集まったページです。

「ビッグテックの一部が解体される」という予測も:
AI、Mojo、ブロックチェーン TechTargetが予測する「2024年に起こる5つの変化」とは
TechTargetは、「2024年のテクノロジー予測」に関する記事を公開した。「2024年はブロックチェーン、AI、反競争的活動、新しいプログラミング言語Mojoが見出しを飾ることになる」としている。(2024/2/29)

Innovative Tech:
“壁越しのスマホカメラ”を乗っ取り、映像を盗み見る攻撃 米中の研究者らが開発
米ミシガン大学や中国の浙江大学、米ノースイースタン大学に所属する研究者らは、壁越しのカメラに映る映像をリアルタイムに盗聴するサイドチャネル攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/2/22)

デジタルパソロジーの普及が進む
がんの早期発見を促す「病理診断のデジタル化」が進む英国 何が起きているのか
英国政府は、従来のがん診断手法を補完する技術として、デジタルパソロジー(デジタル病理画像による病理診断)技術の普及を強化する計画を打ち出している。何が起きているのか。(2024/2/16)

Intel Ignite 2023:
Intel Ignite 2023で優勝! AV1やH.266を超える圧縮率を実現するDeep Renderの「AIベースの動画圧縮技術」って何?
Intelのスタートアップ企業支援プログラム「Intel Ignite」の2023年度プログラムでは、イギリスのDeep Renderが優勝した。同社は「AI技術を使った高圧縮率/高画質な動画コーデック」を開発しており、世界中から注目を集めている。AIベースの動画圧縮コーデックとはどのようなものなのか、話を聞いた。(2023/12/12)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 15 Pro」のカメラ使いこなし術 “写真機”としての進化を作例とともに振り返る
iPhone 11シリーズ以来、iPhoneはカメラ機能を“写真機”に近づける取り組みを継続している。特にProシリーズはそれが顕著だが、最新の「iPhone 15 Pro」や「iPhone 15 Pro Max」は、その理想に達することができたのだろうか。使いこなし術を紹介しつつ、検証してみよう。(2023/10/4)

組み込み開発 インタビュー:
米国本社CTOから日本法人社長へ、ADIの中村勝史氏が見据える「4つ目の変化」とは
アナログIC大手のアナログ・デバイセズ(ADI)は、コロナ禍によって半導体サプライチェーンに大きな変動が起こる中、どのような方向性で事業を進めようとしているのだろうか。同社日本法人 代表取締役社長の中村勝史氏に話を聞いた。(2023/9/5)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(1):
Simulation Governanceの背景と成り立ち
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。連載第1回は、CAE活用レベルのデジタル化3段階の解説と、Simulation Governanceという用語の成り立ちを紹介する。(2023/8/29)

PR:申込書や本人確認書類の入力/チェックで困っている? 「Kodakドキュメントスキャナ」と「ABBYY Flexicapture」を組み合わせたキャスティングロードのソリューションで解決!
顧客から届く「申込書」や「本人確認書類」といった書類をデジタルデータとして取り込む手間を省くために、スキャナとOCRソフトを導入する際には“高い精度”を確保することは大切だ。今回は、高い精度でのデータ取り込みを実現するコダックアラリス(Kodak)のドキュメントスキャナと、ABBYY(アビー)のOCRソフト「Flexicapture」を組み合わせたソリューションを紹介する。(2023/6/29)

医用画像の長期保管を考える【前編】
「Tiger Bridge」は“医用画像のコールドストレージ”として使えるか?
Tiger Technologyは医療機器メーカーと連携し、医用画像の共有と長期保管にまつわる課題の解決に取り組んでいる。Tiger Bridgeは病理診断科でどのように役立つのか。(2023/5/19)

小寺信良のIT大作戦:
AIで顔のレタッチが超ラクに 「Adobe Lightroom」新機能を試して分かったこと
写真や動画の画像処理にAIを活用する取り組みは、早くから行なわれてきた。ただ昨今のチャット系大規模言語モデルや画像生成系の劇的な進化に比べれば、牛の歩みのように見えるかもしれない。だが従来なら自動ではできなかったことが、徐々に可能になってきている。(2023/5/15)

Innovative Tech:
画像生成AIの「高品質なプロンプト」を0.01秒で盗むサイバー攻撃 ドイツの研究機関が発表
ドイツの研究機関CISPA Helmholtz Center for Information Securityに所属する研究者らは、テキストから画像を生成するモデルで生成した画像からテキストプロンプトを盗用する攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/3/1)

Social Media Today:
他のSNSに機能をパクられまくってもニッチな存在感 再成長の鍵は?――2023年のSNS大予測(Snapchat編)
2023年のソーシャルメディアマーケティングに関する32の予測をお届けする。今回は「Snapchat」について。(2022/12/31)

サティア・ナデラ氏が提唱 デジタルの活用に欠かせない6つのポイントと日本のDX事例
日本マイクロソフトは「Empowering Japan’s Future」を開催し、同社のCEO(最高経営責任者)を務めるサティア・ナデラ氏が講演を行った。同氏はデジタルの活用におけるポイントを6つ紹介する中で、日本国内におけるDX事例を紹介した。(2022/11/17)

Marketing Dive:
スタバが会員特典を刷新、バズワードとして新鮮味の薄れた「NFT」を活用する狙いは?
Starbucksの特典プログラムは、話題性のある新しい価値を提供する。同社がNFTを取り入れることで他社のマーケターも追随することになるかもしれない。(2022/10/28)

PR:AI-OCRで国立国会図書館の資料をテキスト化 約1300万文字のデータセットから開発 その舞台裏に迫る
(2022/10/26)

導入事例:
西松建設が近赤外LEDとカメラによる土の含水比測定装置を開発、測定時間を50%削減
西松建設は、西華デジタルイメージとともに、一般土工事などに使用される土砂の含水比測定方法として、近赤外線LEDと近赤外線カメラを用いて現場で迅速かつ簡易に測れる含水比測定装置を開発した。今後は、現場での実証試験を行い、各現場に応じた測定と活用方法を確立し、実用化や普及・展開を進めていく。(2022/10/14)

大阪・関西万博の公式キャラ「ミャクミャク」二次創作ルール公開 非営利目的の二次創作や投稿は可能
営利目的での利用はNG。(2022/8/30)

Marketing Dive:
メタバースが新たな戦場? コカ・コーラとペプシのライバル関係のこれからを占う
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている。持続可能性を巡る社会の要請は、競争を協力に変えるかもしれない。(2022/8/15)

ビル・ゲイツ氏、「NFTは大馬鹿理論に基づいている」
世界長者番付4位のビル・ゲイツ氏は、NFTはGreater fool theoryに基づいていると語った。形あるものを生産する組織に投資することを好み、暗号通貨やNFTには関心がないという。「サルの高価なデジタル画像は世界を大きく発展させるだろうが」とも。(2022/6/16)

導入事例:
盛土材料の品質を簡易に確認できる新装置、西松建設
西松建設は、西華デジタルイメージと共同で、一般土工事などに使用される土砂の品質を対象に、現場で効率的に管理できる画像解析技術を用いた品質確認装置を開発した。今回の品質確認装置を開発したことで、盛土や埋め戻しなどに使用する土砂の品質を適切に管理し、一般土工事の品質向上につながる。同社は、既に現場で品質確認装置の実証試験を行っており、今後は各現場に応じた測定方法を確立し、装置の実用化を進めていく予定だ。(2022/5/31)

BIM:
建築確認で用いたBIMデータなどを生かしたリモート中間検査システムを開発、清水建設
清水建設は、建築確認で利用したBIMデータやAR技術、リアルタイム映像伝送技術を生かしたリモート中間検査システムを、積木製作の協力を得て開発した。システム開発では、日本建築センターと推進している、BIMデータを活用した建築確認申請業務の効率化を目指すとともに、建築基準法で定められている現場での目視検査や工事監理状況といった書類検査の効率化と確実化を目標に掲げた。(2022/4/26)

無線技術を活用したリアルタイム位置情報システム(後編):
資産追跡に適したワイヤレス技術とは?
今回の記事では、資産追跡に最適なワイヤレス技術を、複数の技術を比較しながら探っていきます。(2022/4/27)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
50年ぶりの「OM-1」は王道進化を遂げたOM-Dだった
1972年の初代「OM-1」(当初はM-1)から50年という節目に登場した21世紀の「OM-1」。発表時にほんのちょっとだけ触る機会を得たのでそのリポートをお届けしたい。(2022/2/17)

新国立劇場が「Google Arts&Culture」で資料公開 劇場の参加は初
新国立劇場は、米Googleが運営する「Google Arts&Culture」で舞台衣裳や新国立劇場にまつわるデジタル資料のオンライン公開を始めた。劇場の参加は新国立劇場が初めて。(2022/1/19)

アプライド マテリアルズ ブログ:
第4のコンピューティング時代に求められるのは先端ロジック・メモリチップだけではない
米国の大手半導体製造装置メーカーであるアプライド マテリアルズ(Applied Materials)のブログの抄訳を紹介する本連載。今回は、同社のMaster Classイベントで発表されたヘテロジニアスデザインと先進のパッケージング技術についてさらに掘り下げる。(2021/11/19)

異色の日本人社長が見た米国モノづくり最前線(1):
“製造強国”を目指して動き出す世界、日本のモノづくり復興のカギはどこに?
オランダに育ち、日本ではソニーやフィリップスを経て、現在はデジタル加工サービスを提供する米プロトラブズの日本法人社長を務める今井歩氏。本連載では、同氏が見た米国のモノづくりに焦点を当てながら、日本のモノづくり復興のカギとは何か、日本の製造業の未来について考えていきます。(2021/10/13)

コンデジ並みのカメラを搭載するスマホ、シャープが発売 1型センサーに「ズミクロン」レンズ
シャープは、コンパクトデジタルカメラ並みの1型センサーを搭載したAndroidスマートフォン「AQUOS R6」を発表した。(2021/5/17)

シャープが「AQUOS R6」発表 ライカ印の1型センサーカメラやPro IGZO OLEDを搭載
シャープがスマートフォンAQUOSの新機種「AQUOS R6」を発表した。ライカとカメラ共同開発し、1型の大型センサーを採用している。ディスプレイには、IGZOの特徴を持った有機ELを採用。1Hz〜240Hzの駆動速度を自動で切り替えられる。(2021/5/17)

なぜデジタル画像に何十億円もの値がつくのか? 熱狂するNFT市場
ゲーム内の土地がトークン化され数億円で売買されたり、デジタルアートが75億円もの値段で取引されたりと、全世界的にNFTと呼ばれるトークンが盛り上がっています。国内でNFTのマーケットプレイスを開始したコインチェックの天羽健介執行役員による、NFTに関する寄稿。(2021/4/7)

司書みさきの同人誌レビューノート:
なぜ沖縄県立図書館は同人誌即売会に参加したのか 「薄い本」を自作して無料頒布、費用は印刷製本費のみ
大学時代にサークル参加経験があるという担当者にお話を聞きました。(2021/2/7)

MITの研究チームが開発:
皮膚に貼り付け表情を検知、ALS患者用の薄型センサー
米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、表情の変化を確実に解読し、顔の動きを予測できる薄型のウェアラブル圧電センサーを開発した。同チームは、筋萎縮性側索硬化症(ALS、運動ニューロン疾患またはMNDとしても知られている)の患者を対象にテストを実施している。(2020/11/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
リニアリティって何だ?
おそらく2020年は日本の自動車のビンテージイヤーになると思う。20年のクルマたちは、もっと総合的な能力で世界トップといえる実力を持っている。その総合力とは何かといわれると、それはおそらくリニアリティの圧倒的な向上だ。(2020/11/30)

中村勝史氏:
ADI日本法人の新社長、「今後はスピード感を重視」
米Analog Devices(ADI)の日本法人であるアナログ・デバイセズは2020年11月13日、11月1日付で新社長に就任した中村勝史氏の就任記者会見を開催した。(2020/11/16)

データ隠蔽技術で検知をすり抜け、製造業を狙うスパイ活動「MontysThree」が横行か――カスペルスキーが警鐘
カスペルスキーは、製造業を標的に高度なサイバー攻撃を仕掛ける産業スパイ活動「MontysThree」を発見した。データ隠蔽(いんぺい)技術の「ステガノグラフィー」を用いて検知を回避しながら高度なサイバー攻撃を仕掛ける。(2020/10/16)

組み込み開発ニュース:
100万画素のSPADイメージセンサーを開発、高解像度かつ高速の撮影が可能
キヤノンは、100万画素の撮像が可能なSPADイメージセンサーを開発した。SPADイメージセンサーは、入射した光子1つを増倍し、1つの大きな電気パルス信号を出力できるダイオードを画素ごとに並べた構造を有する。(2020/7/10)

3Dカメラなどへの応用を提案:
キヤノン、100万画素SPADイメージセンサーを開発
キヤノンは、100万画素の撮像を可能にしたSPADイメージセンサーを開発した。奥行き情報が必要な3Dカメラなどへの応用を提案していく。(2020/6/30)

PR:テレワーク環境は「表示が遅い」? せっかく導入したVDI環境、苦情をはねのけて生産性を上げる秘策とは
職種や分野を問わず、さまざまな企業にテレワークをはじめとする多様な働き方が求められる中、VDIの導入が広がりをみせている。しかし、せっかくVDIを導入したにもかかわらず「遅い」「動かない」といった問題を抱え、従業員の生産性が上がらないケースも目立つ。こうした事態を防ぎ、スムーズな業務を実現するコツとは。(2020/5/18)

医療機器ニュース:
X線シンチレーターパネルの輝度を向上する新技術を開発
東レは、蛍光体による波長変換技術を活用し、X線シンチレーターパネルの輝度を約30%向上させる新技術を開発した。同技術を医療用X線撮影装置のX線検出器に用いることで、従来品よりも明瞭な患部の観察や被ばく量の低減が可能になる。(2020/5/12)

石野純也のMobile Eye:
ソニーモバイルとシャープの5G戦略を読み解く スマホは共通点が多いが、法人向けに違い
ソニーモバイルやシャープが、相次いで5G対応スマートフォンやルーターを発表した。どちらもスマートフォンは、従来以上に写真や動画といったビジュアルコミュニケーションを強化したのが特徴だ。一方で、ミリ波対応の法人端末は方向性が分かれた。(2020/2/29)

デジタルオシロスコープの基礎知識(1):
デジタルオシロスコープの歴史や種類
電子回路技術者にとって日々使う道具である「オシロスコープ」。原型は19世紀末に登場しており、その後のエレクトロニクス技術の進化によって高性能化や高機能化が進んだ。現在では、単なる現象の変化を波形として目視で観測するための測定器から、取り込んだ波形データを加工してさまざまな測定値を得ることができる複合測定器となってきている。今回の連載では、オシロスコープとプローブについて歴史、製品の種類、機種選定のポイント、製品の内部構造、製品仕様、トリガ機能、演算機能、プローブ、校正についての基礎知識を紹介していく。(2019/12/4)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
実はとっても相性がいい、美術とAIの“深イイ”関係
日本人は、世界で最も美術展に足を運ぶんだそうですよ。(2019/11/11)

AI・機械学習の独学リソース:
機械学習/統計学/データサイエンスの無償gacco動画、全まとめ【2022年秋版】
2022年3月末の最新状況に合わせて改訂。はじめてのAIから、機械学習、深層学習、自然言語処理、統計学、社会人のためのデータサイエンス(実用知識)、大学生のためのデータサイエンス(理論知識)まで、全28個の講義内容を紹介。本稿独自に考察した、学習者対象やお勧めの学習方法についても示す。(2022/10/13)

これが未来か ラグビー「自由視点映像」の没入感が話題に キヤノンにすごさを聞いてみた
キヤノンの技術は世界一ぃぃぃ!(2019/10/26)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
iPhone 11 Proのカメラのすごさはここにあった
iPhone 11 Proのカメラ機能は、デジタルカメラとは別の進化を始めた。3つのカメラを搭載したことの他、適当に撮っても良い写真ができる「スマートHDR」や「ナイトモード」の搭載。物理的な制約で上げられない性能をデジタル技術で補っている。(2019/10/8)

実店舗に行かなくても試着や内見が可能に
「VR」「AR」はもはや“おもちゃ”ではない 仕事で使えるこれだけの用途
かつてはゲームでの利用が目立った仮想現実(VR)/拡張現実(AR)技術を、ビジネスの場で利用する動きが広がっている。具体的な用途を紹介する。(2019/9/13)

数奇な運命の末に京都に戻ってきた「酒呑童子絵巻」 修復プロジェクトがクラウドファンディングで寄付を呼びかけ
修復後はオンライン上に公開され、自由に鑑賞できるようになるそうです。(2019/9/4)

医療機器ニュース:
AI技術により、高精度かつ迅速な骨密度測定が可能なX線TVシステム
島津製作所は、AI技術を用いた画像処理により骨密度測定でのX線画像を高精度かつ迅速に提供する機能と、同機能を導入できるX線TVシステム「SONIALVISION G4 LX edition」を発表した。被ばく量を半減するデジタル画像処理技術を標準搭載する。(2019/8/23)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
AI撮影のデキがよく、高感度に強くなった「HUAWEI P30」 超広角カメラだけ異質?
「HUAWEI P30」は、超広角+広角+望遠のトリプルカメラを搭載。従来のPシリーズのカメラに超広角が付いたことで、より画角が広くなったわけだ。一方、この超広角カメラだけ異質で気になったところもあった。(2019/7/26)

用語とともに解説 最新スマホのカメラトレンド(2019年春)
どんどん進化するスマートフォンのカメラ。従来のカメラ用語では表現しきれない機能があったり、カメラ用語とは異なる文脈で機能を説明したりすることが増えてきた。改めて整理つつ解説しようと思うのである。(2019/3/31)

異例の機種「Df」はなぜ生まれたか:
カメラ開発40年「ミスター・ニコン」に聞く 楽しみ抜いた“名機”開発の裏側
40年以上カメラ開発の現場を歩んできた、ニコンの後藤哲朗さん。2013年発売の「Df」には、後藤さんのカメラへの熱い思いが込められている。「便利で使いやすい」とは違うDfの価値とは? 楽しむことを忘れずに取り組んできた開発の経験について聞いた。(2019/3/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。