ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「使い捨て」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「使い捨て」に関する情報が集まったページです。

さらに徹底:
WILLERが新たな感染予防策を発表 夜行便の運行も再開
WILLER EXPRESSが新たな感染予防策を発表した。予約時に混雑状況を確認しながら指定できるようにする。隣り合う2席の間の仕切りも乗客の顔の高さまでアップさせる。(2020/7/8)

工場ニュース:
1日使い捨てコンタクトレンズ製造工場を増床、最大15ラインの増設が可能に
メニコンは、1日使い捨てコンタクトレンズの製造工場である、メニコン各務原工場(岐阜県各務原市)の増床工事が完了したと発表した。今回の増床により、最大15ラインまでの増設に対応する。(2020/7/8)

パンデミックで変わるコミュニケーションツール市場
新型コロナでZoomなどの「Web会議」の成長と“脱PSTN”が加速する?
新型コロナウイルス感染症のパンデミックを機に、コミュニケーションツールを見直す動きが広がっている。「Zoom」などのWeb会議ツール好調の裏で、何が起こっているのか。市場の動きをまとめた。(2020/7/7)

2層基板対応のWLCSPで供給:
Nordic、Bluetooth 5.2対応の無線通信用SoC発売
Nordic Semiconductorは、Bluetooth 5.2に対応した小型の無線通信用SoC「nRF52805」を発売すると発表した。2層基板による設計に最適化したWLCSPで供給されるため、部材コストの節減が可能となる。(2020/7/6)

国内縫製工場で生産:
カインズがEDWINとコラボした「洗えるマスク」を発売 デザイン性と機能性を両立
ホームセンター大手のカインズがマスクを発売する。ジーンズメーカーのエドウインとコラボした。国内の縫製工場で生産している。(2020/7/2)

アイリスオーヤマのマスクにも対応:
エアリズムマスクの在庫が復活したらメールで通知 「在庫速報.com」が新機能を追加
通販サイトの在庫からマスクや除菌ジェルの最安値を探せる「在庫速報.com」が、ユニクロやアイリスオーヤマで販売しているマスクの在庫状況をメールで知らせる機能を追加した。(2020/7/1)

BIMで建設業界に革命を!10兆円企業を目指す大和ハウス工業のメソッドに学ぶ(6):
【第6回】「迷走する設備BIMの後れを取り戻せ!」(前編)
日本での設備BIMがなかなか進んでゆかない。これは大和ハウス工業も例外ではない。しかし、日本の設備業務は、意匠・構造とは異なる“特殊性”があり、これがBIMに移行しにくい原因とされている。しかし、BIMに移行するためには、設備のBIM化を避けて通ることはできない。どう乗り越えてゆくかが重要な鍵になる。そこで、設備BIMが置かれている現状の課題を分析した上で、設備BIMのあるべき姿を示し、設備がBIMに移行するために何をしなければならないかを、同社技術本部 建設デジタル推進部 次長・伊藤久晴氏が前後編の2回にわたり詳説する。(2020/7/1)

「セキュリティパッチが適切に更新されない」傾向も:
受信者をだまして攻撃に加担させる「スピアフィッシングメール」に注意 IPAがJ-CRATの活動を報告
J-CRATの2019年度下半期の活動報告によると、ネットワーク機器の脆弱性やソフトウェアの更新機能を悪用した攻撃などネットワークに侵入する手口が多様化しているという。(2020/6/25)

マイボトル推奨で量り売り、テイクアウト専門のコーヒー店をサーモスが展開
魔法びん製造大手のサーモスが、マイボトル持ち込み型のテイクアウト専門コーヒーショップ「THERMOS COFFEE TO GO」を東京の西新橋と大手町にオープンする。量り売りやサブスクリプションサービスも導入する。(2020/6/23)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(3)量子コンピュータ(3):
量子ビットを初期化する 〜さあ、0猫と1猫を動かそう
今回のテーマはとにかく難しく、調査と勉強に明け暮れ、不眠に悩み、ついにはブロッホ球が夢に出てくるというありさまです。ですが、とにかく、量子コンピュータの計算を理解するための1歩を踏み出してみましょう。まずは、どんな計算をするにも避けて通れない、「量子ビットの初期化」を見ていきましょう。(2020/6/23)

ポスト・メイカームーブメント(5):
医療現場を救え! Maker製フェイスシールドによる支援の輪はどのように広がったのか
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、医療現場では深刻な物資不足が発生。こうした事態に対し、飛沫感染を防ぐフェイスシールドを製造し、無償で医療機関に届ける活動が日本各地で展開されている。必要とする人と、作る人をつなぐ技術と個々の思いを取材した。(2020/6/23)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「ごはんおかわりロボ」「八百屋併設」 コロナ対策に知恵を絞る外食チェーンの取り組み続々
大手外食チェーンが本格的に営業を再開した。一方で、新型コロナの対策にも知恵を絞っている。各社はどんな取り組みをしているのか。(2020/6/16)

ユニクロ、「エアリズム マスク」6月19日発売  「防御性能」「つけ心地」などにこだわったハイブリッドマスク
オールシーズン用。【追記】(2020/6/15)

3Dプリンタニュース:
2万ダウンロードを記録した「3Dマスク」を製品化、夏に向けた新製品も企画
イグアスは、ポリプロピレン製で何度も洗って繰り返し利用可能な「イグアス3Dアウターマスク」の販売開始を発表した。販売価格(税別)は1セット800円で、アウターマスク(1枚)、インナー用不織布(50枚:25回分)、ゴムひも(2本)、取扱説明書が含まれる。(2020/6/9)

ミズノ、グンゼ、無印のマスクが人気、ユニクロは?
新型コロナウイルスの感染拡大で需要が急増したマスク。不足が深刻だった使い捨ての不織布マスクは市場に出回り始めた一方、洗って繰り返し使える布マスクはスポーツ用品メーカーや肌着メーカーなど異業種が相次いで参入し注目が集まっている。(2020/6/4)

日本産へのこだわり医療用ガウン15万着、ANAも協力
新型コロナウイルスの感染拡大で医療物資が逼迫(ひっぱく)する中、奈良県上牧町の縫製会社「ヴァレイ」が国の要請を受け、不織布の医療用ガウン10万枚を急ピッチで生産している。(2020/6/2)

短縮営業は継続:
スタバが店内利用を再開、1都3県と北海道でも 緊急事態宣言の解除で
スターバックスコーヒージャパンは5月27日から、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、北海道の店舗で客席利用を再開する。緊急事態宣言が全国で解除になったことから。(2020/5/26)

SNSで実行役を勧誘、犯罪グループは特殊詐欺やめ強盗に
2020年1月、民家に男らが侵入し、高齢女性を脅して現金やキャッシュカードを奪う強盗事件が発生した。その後の捜査で、実行犯はSNS経由で強盗に誘われていたことが分かった。同様の手口は特殊詐欺で見られる。警察は、犯罪グループが成功率の低い特殊詐欺から強盗に移行しているとの見方を示している。(2020/5/26)

医療機器ニュース:
ウイルス除去効果があり再使用可能な3Dプリントマスクの開発を開始
名古屋大学、三井化学、フレンドマイクローブは、ウイルス除去効果のある不織布製の使い捨てフィルターと、3Dプリンタを活用した新規マスクの開発を開始した。(2020/5/26)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(2)量子コンピュータ(2):
量子コンピュータよ、もっと私に“ワクワク”を
この連載のために量子コンピュータについて勉強し続けていますが、今一つワクワクしません。ハードがないのにアルゴリズムの研究が何十年も行われているのは素直にすごいと思いますが、ことアプリケーションの話になると、どうも“ショボい”気がするのです。そうは言っても、連載を続けないといけませんので、「私の、私による、私が楽しむためだけの記事」として筆を進めることと致します。(2020/5/25)

ねこ用オムツを付けるコツは? ユニ・チャームがねこ用マナーウェアの装着動画を公開
きょとんとしているうちに付けちゃいます。(2020/5/21)

宣言解除地域では店内利用も再開:
スタバが営業再開 8都道府県はテークアウトのみ
スターバックスコーヒージャパンは5月19日、臨時休業していた13都道府県の店舗の営業を再開した。緊急事態宣言が継続している東京都など8都道府県についてはテークアウトのみで対応。それ以外の39県では客席利用も可能となる。(2020/5/19)

セキュリティの課題は残るが:
パンデミック克服ではIoTが主導的役割を果たす
新型コロナウイルス(COVID-19)などの感染症を打ち負かす上で重要な役割を担っている技術の中でも、特にIoT(モノのインターネット)は、人類の“技術兵器”の重要な一部だといえる。例えば、コスト削減や、自動や遠隔での介護や診断、新たに利用可能になった患者データなどは、IoTがヘルスケア分野にもたらしたさまざまな変革の中のほんの数例として挙げられる。(2020/5/11)

これは真似したい! プラレールで自宅に「回転寿司」を再現 「和んだ」「楽しそう」と好評
家で手軽に回転寿司ごっこ!(2020/5/8)

ルフトハンザ、全乗客のマスク着用を義務化 グループ各社各便で8月末まで適用予定
「搭乗する全ての客を守るための追加策」として導入を決定。(2020/5/7)

新型コロナ禍で増えた“悪質出品者”が、Amazonからいなくならない理由
マスクや体温計など新型コロナウイルスの影響で需要が急増している商品に狙いを絞り、相場よりも高い値段で販売したり、商品を送らないといった悪質な販売業者が目立つようになった。中でもトラブルが多く報告されているのがAmazon.co.jp。きっかけは海外出品者の登録基準を緩和したことだった。(2020/5/1)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
量販店からコンビニまで 店頭に在庫が並ぶタイミングは?
大型量販店や小規模なショップ、さらにはコンビニなど、世の中にはさまざまな業態の販売店があるが、メーカーから出荷された製品が店頭に並ぶタイミングは、その業態ごとに大きく異なる。これらの傾向について、業態ごとの違いの他、曜日や時間帯ごとの傾向をまとめて紹介する。(2020/5/1)

製造ITニュース:
NTTコムが製造業のスマート化支援に本腰、中核は3つのアプローチ
NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、企業のデータ利活用に必要な全ての機能をワンストップで利用できる「Smart Data Platform」を活用し、2020年度から製造業に特化した業界協調型デジタルプラットフォームやDXソリューションの展開を始める。(2020/4/24)

矢田亜希子、手荒れ防止で年中手袋 どんどん出てくる手袋レパートリーが本気すぎる
もはや体の一部。(2020/4/23)

セキュリティ・アディッショナルタイム(42):
DNS技術の“悪意によらない変化”で多くのものが失われる理由――AVAR 2019 基調講演
20年という時間がたてば、インターネットの環境も、サイバーセキュリティの動向も様変わりする。AVARはその間ずっと、セキュリティコミュニティーのナレッジ共有の場として機能してきた。(2020/4/20)

臨床現場への展開も開始済み:
新型コロナのPCR検査を約1時間で、英新興企業が開発
英国の新興企業であるDnaNudgeは、COVID-19のPCR検査が1時間で行える、Lab-on-a-Chipの小型キットを開発した。できるだけ早く認可を取得したい考えだ。(2020/4/20)

消費者庁、新型コロナに便乗した送りつけ詐欺に注意喚起 身に覚えのないマスク等は購入しないで!
もし売買契約をしてしまった場合でも、書面を受け取ってから8日以内ならクーリング・オフできます。(2020/4/16)

「柔らか立体マスク」販売 “1万枚で68万円”の大容量セットも
ECサイト「GLOTURE.JP」を運営するGlotureは、同サイトにて「柔らか立体マスク」の予約販売を開始した。(2020/4/16)

随時更新中:
エレクトロニクス関連企業の新型コロナ対策や取り組み
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大は、エレクトロニクス業界の企業活動にも、さまざまな影響を与えている。ここでは業界の関連企業や団体が発表した事業の対策や感染拡大防止に向けた取り組みなどをまとめていく。(随時更新、既報の内容含む)(2020/4/16)

【新型コロナの困りごと、聞かせてください】「飲食店などの営業自粛で“現場→現場の空き時間”に居場所がない」 訪問介護で働くAさん
「事情としては分かるんですが、少しは(お店が)開いていてほしい」(2020/4/20)

高機能マスク、中小・ベンチャーが相次ぎ開発
 新型コロナウイルス感染拡大の長期化で紙マスクの入手困難が続く中、中小・ベンチャー企業が、洗って繰り返し使える高機能素材などを使ったマスクの開発を加速している。抗菌や通気性などの機能を強化したものなど、各社のものづくりの強みを生かしたマスクが、感染拡大防止に一役買っている。(2020/4/13)

魚の醤油入れがおしゃれなライトに 醤油鯛がモチーフの照明「Light Soy」
ユーモアに隠れた環境問題への意識。(2020/4/12)

口の動きが見える透明マスク、21歳大学生が聴覚障害者のため開発し無料配布
口の動きが見えるとコミュニケーションが取りやすくなります。(2020/4/10)

データドリブンなデジタル広告はどこへ行くのか【前編】:
Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデータ活用の規制が進もうとしている。現状の課題を整理し、企業がこれから取るべき行動についてエキスパートがまとめた。(2020/4/10)

コンビニオーナー“大反乱”の真相:
緊急事態宣言でも休めないコンビニ加盟店、新型コロナと「命がけの戦い」ルポ
新型コロナによる緊急事態でも休めないコンビニ。「社会インフラ」として加盟店は不安を抱えつつ営業を続ける。本部に先んじて独自の対策を打ち出した現場の迫真ルポ。(2020/4/10)

メーカー5社に聞いた:
【緊急調査】新型コロナ対策支援における3Dプリンタ活用
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行に伴い、重症患者の治療に必要とされる人工呼吸器、さらには診察・治療のための検査キットや医療用マスク、防護具などが不足している。こうした状況を受け、今積極的に支援活動を展開し、その輪を広げようと、さまざまな施策を打ち出しているのが3Dプリンタメーカーだ。(2020/4/9)

「政府より早く配るぞ!」 町工場を生かした「墨田区マスクプロジェクト」
世界的にマスクが品薄となる中、古くからメリヤス業が盛んな東京・墨田区である試みが始まった。地元企業の支援を兼ね、町会が布マスクをまとめて発注、各世帯に配布するという。(2020/4/8)

「緊急事態宣言」目前でスーパー店員の悲鳴! 罵声浴びせる客も
長期戦の様相となってきた新型コロナウイルス問題。緊急事態宣言の発令が目前に迫った今、スーパーマーケットやドラッグストアでの買いだめ騒動が再燃しかねない状況だ。(2020/4/6)

今日のリサーチ:
新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定する新たな「デジタル消費者のショッピングバスケット」を活用して測定した初の指標を公開しました。(2020/4/3)

台湾の天才IT大臣、医療用マスクを家庭で消毒する方法を日本向けに紹介
台湾のデジタル担当政務委員であるオードリー・タン氏が、使い捨ての医療用サージカルマスクを家庭で消毒する方法を紹介した動画を公開し、日本のネットユーザーの間で話題に。(2020/4/2)

なぜ政府は「布マスク2枚」を配るのか
政府は4月1日、国内の全世帯(約5000万世帯)に布マスク2枚を配布する方針を示した。なぜ布マスクなのか。(2020/4/2)

再開後は時短営業:
スタバ、東京・神奈川・埼玉の店舗を2日間休業 外出自粛要請で
スターバックスコーヒージャパンは3月28〜29日の2日間、東京都、神奈川県、埼玉県内の店舗を休業する。新型コロナウイルス感染拡大による週末の外出自粛要請に対応する。(2020/3/27)

どんな対策をしたのか:
新型コロナの影響で休止していた「サラダバー」再開 ハンバーグレストランの「ビッグボーイ」
ハンバーグレストラン「ビッグボーイ」がサラダバーを再開する。新型コロナの影響で一時提供を中止していた。全国的にバイキング形式での提供を中止する動きが広まっていた。(2020/3/24)

使い捨てプラスチック削減の実験も:
スタバが新宿御苑に出店、民間企業として初 国産木材で包まれた空間に
スターバックスコーヒージャパンは3月20日、国民公園「新宿御苑」に新店舗を出店する。民間企業としては初めて。自然との調和を目指す店舗となる。(2020/3/18)

大半が手作業――PCR検査の実態 感染リスク高く
新型コロナウイルスの感染拡大で、検査を行う現場の負担が増している。連日持ち込まれる検体の検査は休日返上で行われるうえ、安全な検査には相応の技術が必要なため、人員増強にも時間がかかる。(2020/3/18)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。