ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「分散コンピューティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「分散コンピューティング」に関する情報が集まったページです。

ガートナー ジャパンが発表:
日本企業が注目すべきクラウドコンピューティングのトレンドとは
ガートナー ジャパンは2022年に向けて日本企業が注目すべきクラウドコンピューティングのトレンドを発表した。「次世代サービス・ファクトリー」「人・組織」「ビジネス/主権」の3つをテーマとして挙げた。(2021/11/19)

アプライド マテリアルズ ブログ:
第4のコンピューティング時代に求められるのは先端ロジック・メモリチップだけではない
米国の大手半導体製造装置メーカーであるアプライド マテリアルズ(Applied Materials)のブログの抄訳を紹介する本連載。今回は、同社のMaster Classイベントで発表されたヘテロジニアスデザインと先進のパッケージング技術についてさらに掘り下げる。(2021/11/19)

パブリッククラウドとオンプレミスを一元管理:
PR:ハイブリッドクラウド型インフラ運用を推奨する2つの理由
DXによるビジネスモデル変革がうたわれる昨今、注目される「クラウドネイティブ」。クラウドネイティブを構成する5つの技術要素を理解し、それをどのように自社のビジネスやアーキテクチャに当てはめていけばよいのか考えていこう。(2021/11/19)

Snowflakeで何ができる? 基礎情報解説(3):
Snowflakeのアーキテクチャはどうなっているか 圧倒的なスケーラビリティを実現するクラウドネイティブ設計思想
過去2回の記事でSnowflakeとは何か、何ができるかを見てきました。今回はSnowflakeの特長を裏付ける実装とクラウドネイティブな設計思想を見ていきます。(2021/11/25)

人工知能ニュース:
イメージセンサーを活用したエッジAIセンシングプラットフォームをソニーが提供
ソニーセミコンダクタソリューションズは、AIカメラを活用したセンシングソリューションの効率的な開発と導入を可能にする、エッジAIセンシングプラットフォーム「AITRIOS」のサービス提供を開始する。(2021/10/22)

クラウドネイティブ時代のデータベース(終):
クラウドネイティブで変わる「NewSQL」の意味――地球規模でデータ分散を可能にする合意プロトコルの仕組みと課題
クラウドネイティブ時代に求められるデータベースの3要件を満たすべく開発が進められているNewSQLの基本概念と、データの可用性を高める仕組みを解説する。(2021/8/12)

カスタマーエッジを軸に素早く、安全にアプリケーションを届けるVolterra:
PR:F5のエッジ・クラウド戦略、Volterra統合で加速する分散アプリケーション基盤を包括的にカバー
エッジにアプリケーションを分散配置するなど、アプリケーション実行基盤が複雑化し、安全な実行はもちろん、可視化や分析の難易度は増すばかりだ。F5 NetworksはVolterraを買収することで、このような現状を解決するソリューションを幅広く展開するという。(2021/7/13)

「見えないものは管理できない、だから失敗する」:
PR:なぜクラウドシフトは失敗する? “オブザーバビリティ=可観測性”を獲得せよ
クラウドやエッジアプリケーションなど、多様な技術を組み合わせて活用することが当たり前になりつつある今、企業はオンプレミスとクラウドに分散した環境をどのように管理すればいいのか。(2021/7/7)

カオスエンジニアリングに役立つ:
AWS、障害注入試験に向くフルマネージドサービス「AWS Fault Injection Simulator」を正式リリース
AWSはシステムに意図的に障害を発生させる障害注入試験に向いたフルマネージドサービス「AWS Fault Injection Simulator」の一般提供を開始した。CPUやメモリの使用量の急増といった破壊的なイベントを発生させてアプリケーションに負荷をかけ、システムの反応を監視して、改善できる。(2021/3/18)

ビデオ会議映像のわずかなヒントからキーボードの入力文字は推測できる、研究者ら指摘
ビデオ会議の映像に映るのが上半身だけだからといって、手元でパスワードの入力などをしていると相手にバレてしまう――。研究者らが、ビデオ会議の映像からキーストロークを推測する方法を発見した。(2021/2/26)

Bloombergが報じる:
NVIDIAのArm買収、大手3社が反対を表明か
2021年2月12日夜遅く(米国時間)に報じられたところによると、NVIDIAによるArmへの400億米ドルでの買収提案に対し、大手技術メーカー3社が反対を表明したという。この買収は、過去最大規模となる極めて重要な技術取引の1つであり、クラウドからエッジに至るまで幅広い影響を及ぼすとされている。(2021/2/22)

トヨタ自動車の技術者が語る、つながるクルマ技術の「手の内化」とは
クルマが動くサーバになり、多数のデータを受発信し出すとき、通信網や経路制御の技術はどう変わるだろうか。自動車メーカーの研究者が10年後の新しい社会インフラの作り方を語った。(2021/2/4)

ROSを使ってロスなくロボット開発(前編):
ロボット開発プラットフォーム「ROS」はどのように進化してきたのか
ロボットの開発に広く利用されるようになっているロボット開発プラットフォーム「ROS(Robot Operating System)」の活用について解説する本連載。今回は、ROSがオープンソースソフトウェアとしてどのように進化してきたのについて紹介する。(2021/1/28)

ニューノーマル時代の企業存続を左右する4つのテクノロジートレンドとは
アトラシアンの予測によると、2021年以降、コロナ禍によって拡大したテレワークなどの新しい働き方が本格化するとともに、ニューノーマル時代を勝ち抜く企業づくりに向け、「自動化」「エコシステム」「データ管理」の重要性が増大するという。(2021/1/15)

「NewSQL」とは何か【後編】
「Cloud Spanner」「CockroachDB」「NuoDB」「VoltDB」とは NewSQLの4大製品
RDBMSとNoSQLのメリットを一つのDBMSに備える目的で登場したのが「NewSQL」だ。NewSQLの主要製品「Cloud Spanner」「CockroachDB」「NuoDB」「VoltDB」を取り上げる。(2020/12/23)

イレージャーコーディングの正しい使い方【後編】:
イレージャーコーディングの限界
多くのメリットがあるイレージャーコーディングだが、あらゆる課題を解決できるわけではない。イレージャーコーディングの適用が不適切なケースを紹介する。(2020/12/2)

Weekly Memo:
やっとクラウド化したのに“柔軟性のないシステム”を作ってしまう企業に足りない視点とは――ガートナー
10年後を見据えた情報システムはどうあるべきか。多くの企業が頭を悩ませるこの問題に対し、ガートナーのアナリスト亦賀忠明氏が、クラウドをテーマにした講演の中で「新築」に取り掛かれ、と提言した。今回はこの話について考察したい。(2020/11/24)

製造業IoT:
5Gの本格普及を加速、「日本初」のE2Eインフラ環境を提供する5Gオープンラボ
シスコシステムズは2020年11月12日、E2Eで構築された「完全な」5G通信ネットワークアーキテクチャを利用できるオープンラボ「5Gショーケース」をオープンした。利用者は、通信事業者とサービスプロバイダーの模擬システムで構成された5Gリファレンスアーキテクチャを利用して、5Gサービスやソリューション開発が行える。(2020/11/20)

ガートナー 「未来のテクノロジー」を使いこなすための重要戦略トップ10を発表
ガートナー ジャパンは、2021年以降に向けたテクノロジーとビジネスに関する重要な戦略的展望を発表。今後10年間は、従来とは異なるテクノロジーへのアプローチが主流になるという。(2020/11/10)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(7)ブロックチェーン(1):
ビットコインの正体 〜電力と計算資源を消費するだけの“旗取りゲーム”
今回から新しいシリーズとして「ブロックチェーン」を取り上げます。さて、このブロックチェーンを理解するために、まずは「ビットコイン」のお話から始めましょう。なぜビットコインか、というのは本文を読んでいただくとして、あらためてビットコインを調べ始めた私がまず発見したものは――「人間を支配するアルゴリズム」でした。(2020/10/30)

CEATEC2020:
テレワーク環境を変革した“夢のシステム”は、なぜ2週間で完成したのか 天才プログラマーが語る理由
自宅のパソコンからオフィスのパソコンを簡単・安全に使える、無償のシンクライアント型VPN「シン・テレワークシステム」。NTT東日本の登大遊さんは、このシステムをわずか2週間で開発した。テレワークの導入を検討している経営者やIT部門にとって夢のようなシステムを2週間で開発した背景について、「CEATEC 2020」の講演で語った。(2020/10/22)

Kubernetes上でわざと障害発生、復旧のテストができる「Chaos Mesh」がバージョン1.0に
「Chaos Mesh」がバージョン1.0に到達。Kubernetes上のシステムに対してわざと障害を発生させることで、システムの耐障害性のテストを行うためのソフトウェア。実際に障害が発生したとしても、エンジニアが問題なく対処できるようにする。(2020/10/13)

VMworld 2020に見るVMwareの大きな変化(2):
Kubernetes創始者の1人、ジョー・ベダ氏に聞いた「Kubernetesとエンタープライズビジネスの関係」
Kubernetesプロジェクトの創始者の1人として知られるジョー・ベダ氏は今、オープンソースプロジェクトと企業向けビジネスの関係をどう考えているのか。また、Kubernetes製品としての差別化を、どう進めているのか。同氏に直接聞いた。(2020/10/12)

小規模な異常を実システムに与える:
Kubernetes向けカオスエンジニアリングプラットフォーム「Chaos Mesh 1.0」が公開
Kubernetes環境に対応したオープンソースのクラウドネイティブなカオスエンジニアリングプラットフォーム「Chaos Mesh 1.0」の一般提供が始まった。小規模な異常を実システムに与え、複雑なシステムの脆弱(ぜいじゃく)性や弱点を発見する手助けになる。(2020/10/9)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(6)量子コンピュータ(6):
ひねくれボッチのエンジニアも感動で震えた「量子コンピュータ至高の技術」
いよいよ最終回を迎えた「量子コンピュータ」シリーズ。フィナーレを飾るテーマは「量子テレポーテーション」「量子暗号」、そして、ひねくれボッチのエンジニアの私さえも感動で震えた「2次元クラスター状態の量子もつれ」です。量子コンピュータを調べるほどに「この技術の未来は暗いのではないか」と憂うようになっていた私にとって、2次元クラスター状態の量子もつれは、一筋の光明をもたらすものでもありました。(2020/9/29)

PR:分譲ソーラーの雄、WWBはなぜファーウェイ製パワコンを採用するのか?
太陽光発電所の開発・分譲、発電システム構築のワンストップソリューションで躍進するWWB。同社は、導入するパワーコンディショナにファーウェイ製の採用を決めた。その理由はどこにあったのか──WWB代表取締役社長の増田裕一郎氏に聞いた。(2020/10/6)

「クラウドだからお手上げ」とは言っていられない:
プロが教える、クラウドインフラのトラブルシューティング「4つの原則」とは
クラウドインフラはオンプレミス環境と比べて複雑になりがちで、トラブルの原因特定に時間がかかることが多い。では、どういった点に注意してトラブルに対応していけばいいのか。(2020/9/17)

モノタロウ、新設物流センターに日立の自動搬送ロボット400台を導入、3倍超の業務効率化へ
工業用間接資材通販大手のMonotaRO(モノタロウ)は、兵庫県に新設する同社最大規模の物流倉庫に、日立製作所の小型無人搬送ロボット「Racrew」などの設備一式と倉庫制御システムを導入する。人手によるピッキング業務に比べて3倍超の作業効率向上を見込む。(2020/8/26)

Googleサービスでの8月20日の大規模障害について、Googleが原因と対策を説明
Gmailで添付ファイルが送れないなど、8月20日に数時間にわたってグローバルに発生したGoogleのサービス障害について、Googleが説明した。主な原因はGoogle内部で使っているBLOBの内部分散システムでの過負荷としている。(2020/8/25)

組み込み開発ニュース:
多次元のセンサーデータに対応した時系列データベースを発表
MODEは、「MODE Core Platform」においてセンサーデータ収集に特化した「時系列データベース」の新版をリリースした。多次元データに対応し、信頼性とスケーラビリティを向上している。(2020/8/6)

セキュリティの課題は残るが:
パンデミック克服ではIoTが主導的役割を果たす
新型コロナウイルス(COVID-19)などの感染症を打ち負かす上で重要な役割を担っている技術の中でも、特にIoT(モノのインターネット)は、人類の“技術兵器”の重要な一部だといえる。例えば、コスト削減や、自動や遠隔での介護や診断、新たに利用可能になった患者データなどは、IoTがヘルスケア分野にもたらしたさまざまな変革の中のほんの数例として挙げられる。(2020/5/11)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第19回):
ラズパイで新型コロナウイルス解析に参加する 〜Ubuntu Serverの構築編〜
小さなマイクロコンピュータ「Raspberry Pi」(通称ラズパイ)で作る、自分だけのガジェット。今回はラズパイで。(2020/5/9)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
Folding@Homeに多数のユーザーが集まった理由
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2020年3月の業界動向の振り返りとして、相次いで発表されたサーバ向けArm SoCの話題と、新型コロナウイルス関連で注目を集めるFolding@Homeについてお届けする。(2020/4/13)

AWSのエンジニアが問う:
そのモノリス、本当にマイクロサービス化が必要? サービスメッシュも?
2020年2月13〜14日に開催された「Developers Summit 2020」のセッションに、アマゾンウェブサービスジャパンのHara Tori氏が登壇。サービスメッシュの必要性や、採用する際に考慮すべきポイントを解説した。(2020/4/2)

医療研究プロジェクト「Folding@home」、新型コロナウイルス解析への協力呼びかけ PCの処理能力を提供して協力できる
専用ソフトが治療のためにウイルス解析を行います。(2020/3/17)

スマートファクトリー最前線:
変種変量生産で効率50%向上、“世界的先進工場”は何を行っているのか
2020年1月にWEFによる「第4次産業革命を主導する世界的先進工場(ライトハウス)」に選ばれた日立製作所の大みか事業所。世界の中でも先進的な取り組みを進めるスマートファクトリーとして評価された工場となったわけだが、具体的にはどういう取り組みを行っているのだろうか。同工場の取り組みを紹介する。(2020/3/17)

新型コロナウイルスの解析、分散コンピューティングで誰でも参加できるように 「Folding@home」が対応
分散コンピューティング技術を使った医療研究プロジェクト「Folding@home」で、新型コロナウイルスの解析が行えるようになった。(2020/3/15)

Intelの予測モデルより高精度:
「コードの実行速度」が分かるMLツールを開発、MIT研究チーム
マサチューセッツ工科大学の研究チームは、プロセッサ上でのアプリケーションコードの実行速度を予測する機械学習(ML)ツールを開発した。Intelのツールよりも誤差が少なく、Googleの「Tensor Processing Unit」のような新しいプロセッサにも適用できる。(2020/1/9)

KubeCon+CloudNativeCon North America 2019報告(3):
「マイクロサービスアプリ構築を容易にする」、Microsoftが始めたOSSプロジェクト「Dapr」について、生みの親に聞いた
Microsoftは2019年10月、マイクロサービスアプリケーションの開発を容易にするオープンソースソフトウェアのプロジェクト、「Dapr(Distributed Application Runtime)」を開始した。その「生みの親」であるルーク・キム(Luke Kim)氏とヤーロン・シュナイダー(Yaron Schneider)氏に、2019年11月開催のKubeCon+CloudNativeCon North America 2019で聞いた。(2019/12/19)

分散コンピューティング環境の開発期間を短縮
増え続ける非構造化データに対応する超高速データ分析プラットフォームとは?
IoT機器やセンサーの情報を収集、分析し、次の戦略に生かす「データ主導」の動きが広がっている。これに対応するため、認証とサイバーセキュリティ対策を両立させる仕組みが必要となる。柔軟性と拡張性を併せ持つ仕組みはあるのか?(2019/11/22)

特集:マイクロサービス入門(2):
マイクロサービスが注目される理由 導入検討に向けて気を付けるべきポイント
特集「マイクロサービス入門」第2回目は、マイクロサービスが注目される背景と、企業がこれからマイクロサービスの導入を検討するに当たって、考えておくべきポイントをオイシックス・ラ・大地で技術顧問を務める寺田佳央氏が解説します。(2019/10/18)

海外医療技術トレンド(51):
デンマークの医療サイバーセキュリティ戦略とEU域内標準化
データドリブン・アプローチの国として知られるデンマーク。医療サイバーセキュリティ戦略ではどのような方針で進めているのだろうか。(2019/10/11)

vSphereとKubernetesのAPI統合を指向:
VMware、vSphereにKubernetesを埋め込む「Project Pacific」のテクノロジープレビューを発表
 VMwareは2019年8月26日(米国時間)、年次イベント「VMworld 2019」で、仮想化基盤であるVMware vSphereを「Kubernetesネイティブなプラットフォーム」にする技術「Project Pacific」のテクノロジープレビューを提供開始したと発表した。(2019/8/27)

車載ソフトウェア:
オーバスのAUTOSAR Adaptive Platform準拠ソフトがルネサスの「R-Car」に対応
オーバスが提供する「AUTOSAR Adaptive Platform」仕様準拠のソフトウェアプラットフォーム「AUBIST Adaptive Platform」が、ルネサス エレクトロニクスの車載システム用SoC「R-Car」に対応した。(2019/7/30)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「日本の経営者はだめだ」はもう聞き飽きた
今0.00001%でも変化していない限り、1週間後も1年後も変化しません。(2019/7/4)

IoTのイノベーションは問題解決から(11):
IoTによる問題解決、求められるのは想像する力【前編】
今回は、前回IoT活用の可否を検討した「個別の状況に合わせた天気予報にするには」のソリューションについて、近未来についての想像力を働かせながら再度検討を行います。(2019/6/13)

ESEC2019&IoT/M2M展 特別レポート:
PR:IoT時代の安全と安心を確保する、ワンストップの組み込みプラットフォームとは
「第8回 IoT/M2M展 春」に出展した、組み込みソフトウェア大手ベンダーのイーソル。6つのゾーンで展開した同社の展示の中から、「Platform & Security」ゾーンを中心に紹介する。(2019/5/14)

Windowsにも対応:
ブロックチェーン対応アプリ開発環境「Hyperledger」公開、モバイル機器向け
Linux Foundation傘下のHyperledgerは、「Hyperledger Iroha 1.0」の一般提供を開始した。ブロックチェーン基盤Hyperledgerに対応したモバイル機器向けアプリケーションを開発できる。(2019/5/10)

IoTのイノベーションは問題解決から(10):
その問題に効果的なソリューションは本当にIoT?
今回は、「応用型演繹法」で導き出した「個別の状況に合わせた天気予報にするには」のソリューションについて、IoT活用の可否を検討していきます。(2019/5/9)

クラウドとの親和性も追い風に
「ブロックチェーンストレージ」とは何か? 5つの質問で基礎を知る
ブロックチェーンストレージに対する関心が高まっている。この新しい技術を検討するに当たり、よくある5つの疑問とそれに対する回答を紹介する。(2019/4/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。