ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「分散コンピューティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「分散コンピューティング」に関する情報が集まったページです。

イノベーションの大きな駆動力に?:
クラウドネイティブ開発の文脈で人気の「eBPF」調査レポートを公開 Meta、Google、Netflixが活用
eBPF FoundationとLinux Foundation ResearchはeBPFの調査レポートを公開した。クラウドネイティブ開発の文脈で、eBPFが人気を集めているという。(2024/2/20)

YugabyteDBを検証した7社の参加者とディスカッションも:
データベース移行をどう支援する? 今後のロードマップは? Yugabyte創業者がラウンドテーブルで語ったこと
「クラウドネイティブ」という言葉がなじんだ今、市場に登場した新たなデータベースやデータベースを支えるプラットフォームにまつわる情報を紹介していきます。今回は、Yugabyteの共同創業者で製品開発を担当しているKannan Muthukkaruppan氏に話を伺いました。(2024/2/8)

NaaSの本質と誤解【第4回】
「結局、NaaSとは何?」に答えを出す“セルフサービス機能”とは
企業がNaaSを利用するとネットワークインフラの所有者はNaaSベンダーになる。そのため、自身ではネットワークを変更できないという懸念がある。だがこれは誤解だ。(2024/2/5)

「自由に使って壊せる環境」が日本のITを救う?:
PR:SoftEtherの登 大遊氏が語る、「日本のITエンジニアに迫る危機」とは
SoftEtherの開発や中国の「グレートウォール」のハッキングで知られる登 大遊氏は、ゲットイット主催のWebセミナーで、日本のITエンジニアに求められる「トライ&エラーの思考法」について語った。(2024/2/2)

セキュリティニュースアラート:
アカマイ、2024年のクラウドとセキュリティの最新トレンドを公開
アカマイはクラウドおよびセキュリティについて2024年のトレンドを発表した。ハイブリッド/マルチクラウドの普及やAIを活用したランサムウェアの出現などが予測されている。(2024/1/17)

選定に影響を及ぼす4つの要素とは:
「Elixir」と「Clojure」はどう使い分ける? 両言語の歴史から選定のポイントまで解説
TechTargetは、「ElixirとClojureの違い」に関する記事を公開した。JavaScriptやPythonほどではないが、大規模関数型プログラミングの世界ではよく知られているElixirとClojureの特徴を紹介する。(2024/1/10)

車載ソフトウェア:
BlackBerryはQNXでSDVをつなぐ、非自動車分野の展開も強化
BlackBerry Japanは、組み込みシステム向けソフトウェアプラットフォーム「BlackBerry QNX」のプライベートイベント「BlackBerry QNX/TECHForum JAPAN 2023」を東京都内で開催。QNXの事業進捗や「BlackBerry IVY」の採用状況などについて説明した。(2023/11/8)

他の言語にも適用できるヒントも:
Pythonのパフォーマンスを向上する9つのヒント
Pythonのパフォーマンスは、Javaなどの言語と比べて評価が低い。本稿では、Pythonコードの問題点を見つけて解決し、パフォーマンスを高めるヒントを紹介する。(2023/11/2)

CIO Dive:
AWSが初心者向けプログラムを提供開始 「最短1年」でクラウド技術者を育成
クラウド技術者の不足は企業の重要課題の一つとなっており、モダナイゼーションが進まない要因の一つでもある。AWSが提供を開始する新しいトレーニングプログラムは人手不足を解消する一手となるだろうか。(2023/11/1)

人工知能ニュース:
次世代スマートBEMSなどのエッジAIカメラソリューションに向けて協業
ザインエレクトロニクスは、同社のエッジAIソリューション「EdgeAI-Link」とディジタルメディアプロフェッショナルのAI技術活用ソフトウェアを組み合わせ、エッジAIカメラソリューションにおいて協業する。(2023/10/30)

API管理ツールのメリットは? 何ができる?:
API管理ツール「Postman」と「Insomnia」を比較、どちらが適しているのか
あなたの組織にはPostmanのようなフル装備のプラットフォームが必要なのか、それともInsomniaのような軽装備のプラットフォームが必要なのか。2つのAPI管理ツールのポイントをまとめる。(2023/9/13)

ビシェイ R3T2FPHM3:
標準ダイオードとTVSを統合した車載向け製品
ビシェイ・インターテクノロジーは、標準ダイオードとTVSを統合した車載向け製品「R3T2FPHM3」を発表した。2種のチップを備えたことで、PCBへの実装面積の縮小や設計の簡素化などに寄与する。(2023/9/5)

脱メインフレームの難しさ、どう解決?【後編】
クラウドネイティブ全盛でも「メインフレーム」は結局なくならないのか?
レガシーと認識されつつも、一部の企業では根強く残っているメインフレーム。今後、メインフレームはどうなるのか。専門家の見解を基に紹介する。(2023/8/1)

脱メインフレームの難しさ、どう解決?【中編】
「COBOL」のスキルは要らない メインフレーム統合ができる“魔法”の正体
メインフレームを巡って、プログラミング言語「COBOL」といったスキルの不足が問題になっている。COBOLができなくてもメインフレームのシステム連携を成功に導く方法とは。(2023/7/26)

脱メインフレームの難しさ、どう解決?【前編】
「メインフレーム」を捨てられない“企業の本音”とは 何が問題なのか?
金融系の組織を中心に、脱メインフレームの動きがあるが、その取り組みは必ずしもうまくいっていないと専門家は指摘する。脱メインフレームの障壁や、反対にメインフレームを使い続ける理由とは。(2023/7/18)

「ヨタバイト時代」も見据え:
次世代データセンターで期待される光電融合技術
データ消費量が増加の一途をたどるデータセンターでは、次世代の技術として、光電融合技術への注目度が高まっている。(2023/6/26)

リーダー論と組織論:
ChatGPT創業者が慶大生に明かした「ブレイクスルーの起こし方」
ChatGPT開発企業の米OpenAIのCEOが来日し、慶應義塾大学の学生達と対話した。いま世界に革命をもたらしているアルトマンCEOであっても、かつては昼まで寝て、あとはビデオゲームにいそしむ生活をしていた時期もあったという。そこから得た気付きが、ビジネスをする上での原動力にもなっていることとは?(2023/6/16)

構成変更によるフェイルオーバー、データベースクラッシュなど:
GitHub、2023年5月に発生した3つの障害の原因を明らかに 分散型なのになぜ?
GitHubは、2023年5月9日〜11日にGitHubで発生した3つの障害の原因と対策を公式ブログで明らかにした。(2023/6/7)

90%のコスト削減とスケールアップを実現:
「Amazon Prime Video」が監視ツールをマイクロサービスからモノリスに移行 “やむにやまれぬ”理由とは?
Amazon.comは、同社が提供する「Amazon Prime Video」の監視ツールをマイクロサービスアーキテクチャからモノリシックなアーキテクチャに移行したと明らかにした。(2023/5/20)

携帯値下げの衝撃から2年、収益回復への秘策は? ソフトバンク決算で語られたこと
ソフトバンクは5月10日、2022年度通期決算と新中期経営計画を発表した。決算説明会では宮川潤一社長が登壇し、展望を紹介した。質疑応答では「副回線のワンナンバー化」にも言及した。(2023/5/11)

リアルタイムOS列伝(34):
異色の分散システム向けRTOS「Virtuoso」の30年にわたる系譜
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第34回は、分散システム向けRTOSとして約30年展開されてきた「Virtuoso」「OpenComRTOS」「VirtuosoNext」を紹介する。(2023/5/8)

実務者コミュニティーの構築、発展も後押し:
モデリング言語「TLA+」の開発、普及を促進する非営利団体を設立:Linux Foundation
Linux Foundationは、非営利団体「TLA+ Foundation」の設立を発表した。TLA+ Foundationは、モデリング言語「TLA+」の開発と普及や、TLA+を利用する実務者コミュニティーの構築と発展を促進することを目的としている。(2023/4/27)

「増加し続ける負荷に対応する大規模企業が最も恩恵を受ける」:
ビッグデータの保存、処理に特化したプラットフォーム「YTsaurus」がOSS化
Yandexは、ビッグデータを保存、処理するためのプラットフォーム「YTsaurus」のオープンソースソフトウェア(OSS)化を発表し、ソースコードを公開した。(2023/4/5)

Azure Well-Architected Frameworkをベースに構築:
Microsoftのクラウド移行ベストプラクティス集「reliable web app pattern」(RWA)で推奨されるアプリのコード変更とは?
Microsoftは既存アプリケーションのクラウド移行を始めるためのベストプラクティス集、「reliable web app pattern」(RWA)を発表した。(2023/3/30)

Innovative Tech:
赤、青、黄、“白”の4色信号機、米国の研究者が提案 交差点に自動運転車が多いと点灯 その意味は?
米ノースカロライナ州立大学に所属する研究者らは、交差点内に多くの自動運転車が入ってくると白色が点灯する新しいコンセプトの信号機システムを提案した研究報告を発表した。(2023/2/21)

Cloud Nativeチートシート(24):
「OpenTelemetry」とは――「Observability」(可観測性:オブザーバビリティ)とテレメトリーの基礎知識
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、ObservabilityとOpenTelemetryについて、概要や使い方を簡単に紹介する。(2023/2/6)

PR:隈なく世界中に届く分散技術がクラウドの新たな領域を開く――アカマイ 日隈社長
アカマイは、世界中にネットワークとコンピューティングリソースを分散配備し、トラフィック渋滞という課題を解決するコンテンツデリバリーネットワーク(CDN)や、情報漏洩やDDoS攻撃などのサイバー攻撃から組織を守るクラウド型セキュリティなど、独自のサービスを展開してきたが、近年は、「分散クラウドコンピューティング」という新しい領域を切り開こうとしている。この技術とサービスが企業のデジタル戦略にどのようなメリットをもたらすのか。アカマイ・テクノロジーズ 職務執行者社長の日隈寛和氏に話を聞いた。(2023/1/6)

MONOist 2023年展望:
製造業DXは「ビジネス参加の条件」に、2023年以降は弾かれる企業が出る可能性も
2022年も大きな注目を集めた製造業DXだが、DXによるデジタル技術を基盤とした“信頼できるデータ”によるビジネスの枠組み作りが進もうとしている。2023年はその枠組みから外れた企業がビジネスに参加する権利を失う場面が生まれる可能性も出てくる。(2023/1/5)

わずか4年でSiCの採用分野は激変:
WBGパワーデバイス事業を加速するInfineon
Infineon Technologies(以下、Infineon)にとって、パワーデバイスは長年、注力事業の一つである。特に近年は、カーボンニュートラルをはじめ、グリーン化社会の実現に向けて省エネが強く求められる中、SiC/GaNなどのWBG(ワイドバンドギャップ)パワーデバイス事業を強化している。(2022/12/23)

政府に資金提供を要請:
英国で高まる6G研究の機運
英国のKing's College(キングスカレッジ)とUniversity of Bristol(ブリストル大学)、University of Strathclyde(ストラスクライド大学)が1年以上前に設立した研究/教育/イノベーションセンターである6G Futuresは、英国のデジタルメディア文化省と英国研究評議会からの資金提供を正式に求めている。(2022/12/1)

エネルギー管理:
急増する再エネ・EVなどの「分散型リソース」、電力系統での有効活用に向けた国内外の動向
小規模な再エネ電源やEVなど、いわゆる「分散型リソース(DER)」の電力系統への接続が加速するなか、DERをうまく活用した電力システム運用方法が求められ始めている。そこで政府では「次世代の分散型電力システムに関する検討会」を新たに設置し、DERの活用による電力システムの効率化・強靭化に向けた検討を開始した。(2022/11/18)

“マルチブレーン”サーバ構想、ルートオブトラスト測定の「Caliptra」など:
ムーアの法則減速で「システム設計は新時代に突入」、Googleが考える次のインフラハードウェアとは
Googleは「Open Compute Project(OCP)」のイベント「2022 OCP Global Summit」で、OCPの活動における同社の新しい重要な貢献や、オープンハードウェアエコシステムへのサポートを紹介した。(2022/10/21)

5G・ローカル5Gの通信インフラを構築する
「インフラシェアリング」が企業にもたらす“新たな事業機会”とは
5G通信のためのインフラ整備に有効な方法の一つが、通信インフラを複数の通信事業者で共有する「インフラシェアリング」だ。インフラシェアリングは通信事業者以外の企業にとっても“無縁な話”ではない。それはなぜか。(2022/10/14)

暗号資産の“電力問題”を解決? イーサリアム最大のアップデート「The Merge」を徹底解説
ビットコインに次いで世界2位の時価総額を持つ暗号資産「イーサリアム」に、大型アップデート「The Merge」が実装された。ブロックチェーン業界にどういう影響をもたらすのか。Gincoの森下真敬CTOが解説する。(2022/9/30)

ジョージア工科大学、プレイリービューA&M大学、滋賀大学が協力:
教員機関なら無償で利用できる「データサイエンス教育キット」を提供開始 NVIDIA
NVIDIAは、「DLIデータサイエンス教育キット」の日本語版を提供開始した。滋賀大学と協力して翻訳した。教育機関に所属する教員は無償でダウンロードし、データサイエンス教育に活用できる。(2022/9/9)

データサイエンス教育用の講義資料1000ページ、教員向けに無償公開 NVIDIAと滋賀大が連携
NVIDIAと滋賀大学は、データサイエンス教育用の講義資料「DLI データサイエンス教育キット」の日本語版の提供を始めた。NVIDIAが開発した講義資料で、滋賀大学が日本語に翻訳したもの。教育機関の教員向けに提供するという。(2022/9/8)

M2搭載新モデルをチェック:
新型MacBook Airの魅力をデザインと性能で読み解く
Apple M2を搭載した新型MacBook Airが、ついに発売となる。実機に触れた林信行氏が新モデルを読み解いた。(2022/7/14)

日本が取り組むべきHW開発戦略とは:
産総研、次世代コンピューティング基盤戦略を策定
産業技術総合研究所(産総研)エレクトロニクス・製造領域およびTIA推進センターは、次世代コンピューティングのハードウェア開発において、日本が取り組むべき戦略を策定し、その概要を公開した。(2022/6/21)

「可観測性」を成功させる4つのポイント【後編】
平均応答時間より重要? システムトラブル防止に不可欠な“あの要素”
企業はさまざまな可観測性データを集めて活用するために、それらのデータを視覚化する必要がある。その際に重視すべきは何か。データ視覚化のポイントを解説する。(2022/6/14)

パーソルキャリアが分析:
エンジニアの開発言語別の平均年収 3位「Perl」、2位「R」、1位は?
パーソルキャリアが運営するHR forecasterは、ITエンジニアの職種やスキルに応じた平均年収に関するデータを発表した。開発言語別の平均年収を見ると、1位はSAP製品の開発言語である「ABAP」で、661万円となった。2位はデータアナリスティクスや統計解析で活用されている「R」(656万円)、3位は大規模配信システムなどで活用されている(630万円)だった。(2022/6/9)

製造マネジメントニュース:
NTT、ドコモとベンダー3社が6G実証実験で協力、2030年ごろの実用化目標に
NECは2022年6月6日、6Gに関する実証実験において、NTTとNTTドコモと協力することに合意したことを発表した。6Gを活用した次世代の通信技術、サービス開発につなげる狙いだ。(2022/6/8)

「学びたい言語」と「平均年収が高い言語」は異なる:
年収が最も高い組み合わせは「コンサルとグリッドコンピューティング」 パーソルキャリアがITエンジニアの年収マップを公開
パーソルキャリアは、職種とスキルの組み合わせごとに平均年収をまとめた「保存版ハンドブック スキル年収マップ」の「ITエンジニア編」を公開した。(2022/6/7)

「可観測性」を成功させる4つのポイント【中編】
“システム突然死”防止にSplunkなどの「イベントログ記録ツール」を生かす方法
システムの障害や過負荷を予測するには、イベントログ記録が有効だ。ただしイベントログ記録ツールはパフォーマンス低下を招く恐れがある。どうすればいいのか。(2022/6/7)

「可観測性」を成功させる4つのポイント【前編】
「システムが急に止まった」の阻止には“4つのゴールデンシグナル”を見るべし
分散化によってシステムが複雑になれば、システムの「中」を見える化する透明性が重要になる。そのための有効な方法が、「可観測性」の追求だ。具体的に何をすればいいのか。(2022/5/31)

BroadcomがVMwareを買収した理由 実は双方にメリットあり
半導体メーカーの動向に詳しい大原雄介さんに、BroadcomがVMwareを買収した背景について解説してもらった。(2022/5/30)

ITワード365:
【ITワード365】エッジコンピューティング/インシュアテック/Markdown/クラウドソーシング/WBS/電子帳簿保存法/負荷分散
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/5/26)

海外医療技術トレンド(83):
EUで加速する保健データ越境利用の共通ルールづくり
本連載70回で、欧州のデータ駆動型次世代健康戦略を取り上げたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関わる制限が緩和される中、社会実装に向けた制度的仕組みづくりが本格化している。(2022/5/20)

“集中型のようで分散型”を実現する注目の蓄電池:
PR:日本のエネルギー市場の鍵となる“蓄電池”、ファーウェイが2つの新製品を日本市場へ
再エネ普及やその自家消費など、今後のエネルギー市場のトレンドにおいて大きな鍵となるアイテムとして注目が高まっている「蓄電池」。こうしたニーズに向けて、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)がいよいよ産業用の蓄電システムを日本市場に投入する。(2022/5/9)

Azureがストリームデータ処理基盤を強化 Confluentと戦略的パートナーシップ締結
MicrosoftとConfluentは、新たな戦略的パートナーシップ契約を締結した。両社はAzureにおけるデータストリーム管理の運用負荷軽減と、クラウドにおけるリアルタイムアプリケーション開発の迅速化を目指す。(2022/4/8)

リクルートのプロダクト開発例に学ぶ、マイクロサービス活用の勘所(1):
新規プロダクトにマイクロサービスを選ぶ理由、注意しておきたいポイント
リクルートの新規事業におけるマイクロサービスアーキテクチャの活用を全3回にわたって紹介する本連載。初回は、現場目線でどのようなメリットがあると考えマイクロサービスを採用し、どのような構成になっているのか紹介します。(2022/3/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。