ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ドキュメンタリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドキュメンタリー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Apple TV+に3本の新作 Apple、SXSW 2020で初公開
大規模イベントSXSWで、Apple TV+新作が初披露される。(2020/1/17)

元ドライバーの女性ジャーナリストが斬る:
モーターショーに女性コンパニオンは本当に必要か――「男性目線マーケティング」で露呈した矛盾
きらびやかな女性コンパニオンが目立った東京モーターショー。「男性に絞った」イメージ戦略は今なお有効なのか? 元ドライバーでもある女性ジャーナリストの筆者が斬る。(2020/1/6)

2020年展望:
テレビ局、4K化で存在感薄く 8K制作も視野に入れた“黒船”
テレビ売り場は4Kテレビが主役になったが、この状況を主導したのはテレビ放送ではない。映像ストリーミング配信などの有料サービスだった。(2020/1/4)

“AI美空ひばり”きょうの紅白歌合戦に登場 新曲「あれから」披露
NHK総合で放送された番組で話題になった「AI美空ひばり」が、12月31日放送の紅白歌合戦に登場。新曲「あれから」を披露する。(2019/12/31)

吉本興業、動画配信サービス「iflix」にコンテンツ提供 アジア市場を開拓
吉本興業が制作するテレビ番組や映画などが、動画配信サービス「iflix」で配信スタート。アジア市場の開拓を狙う。(2019/12/26)

江端さんのDIY奮闘記 介護地獄に安らぎを与える“自力救済的IT”の作り方(3):
見張れ! ラズパイ 〜実家の親を熱中症から救え
IT介護(見守り)に対する考え方は、主に2つあります。「ITを使ってまで見守る必要はない」というものと、「あらゆる手段を使って見守る必要がある」というものです。今回は後者の考えを持つ方のために、「DIYの実家見守りシステムをラズパイで作る方法」をご紹介したいと思います。(2019/12/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界の有能人材が「日本を避ける」未来 元TBS記者の性暴行事件が及ぼす深刻な影響
ジャーナリストの伊藤詩織氏が元TBS記者の山口敬之氏に性的暴行を受けたと訴えた裁判で判決が言い渡された。この事件は海外でも多く報じられており、「男尊女卑」「独裁」という日本のイメージが強まっている。日本への不信感で有能な人材を遠ざけることになるかもしれない。(2019/12/26)

「警察24時みたい」「ネズミのガチ感」 ドリフト暴走車両をパトカーがツインドリで猛追!? ラジコンカーを使った大人の遊びが本気すぎて笑える
パトカーの再現度すごい。(2019/12/23)

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」が“全く別の新しい映画”になった理由 花澤香菜の声の催涙効果を見よ
全く別の映画に生まれ変わった「この世界の片隅に」。(2019/12/21)

映画「童貞。をプロデュース」の“性行為強要”問題で監督と配給会社が謝罪 「撮影を強引に進めてしまった」
監督と配給会社代表が謝罪しました。(2019/12/14)

Netflix、嵐のドキュメンタリー独占配信 Twitterで「月額800円」などトレンドに
Netflixが人気アイドルグループ「嵐」のオリジナルドキュメンタリー番組を全世界で独占配信する。Twitterでは「ネトフリ」「ドキュメンタリー」「月額800円」など関連する単語がトレンド入りした。(2019/12/13)

大戸屋のドキュメンタリーが、かなりの深手になるかもしれない件
テレビ東京「ガイアの夜明け」が定食チェーン大戸屋を取り上げた。経済や企業を深掘りする番組なので、抜群のPR効果になると思いきや……。(2019/12/13)

「嘘偽りのない僕らがそこに映っています」 嵐がNetflixでドキュメンタリー配信決定、活動休止までの約1年間毎月更新
なんて豪華な。【訂正】(2019/12/13)

専門家のイロメガネ:
大戸屋の赤字転落、原因は「安すぎるから」?
定食チェーンを運営する大戸屋HD(以下、大戸屋)が赤字に転落した。2019年9月期の中間決算では、上場来初の営業赤字として大きく話題に。特に値上げによる客数の減少が赤字の原因と指摘されている。しかし赤字転落の本当の原因は、値上げが足りない事にある。つまり高いからではなく「安いから」赤字になっているということだ。(2019/12/11)

動画の世紀:
アポロ計画は失敗していた? 脅威を増すディープフェイク・ビデオ
ディープ・フェイクは次の段階に入ったようで、企業が被害を受けるケースも出ている。(2019/11/29)

「侍ジャパン」密着ドキュメンタリーが映画に 「侍の名のもとに〜野球日本代表 侍ジャパンの800日〜」劇場公開決定
あの感動をもう一度。(2019/11/26)

病欠連絡で盛大な誤爆メール テレビリポーターが約200局に全社メールして全米からお見舞いの言葉が殺到
病欠の連絡をしただけなのに……?(2019/11/26)

クルマと人とのコミュニケーション:
東京モーターショーに出現、「おしゃべりトラック」は運転の世界をどう変えるか
東京モーターショーに「しゃべるトラック」がお目見えした。音声だけでなく光る文字でコミュニケーションが可能。運転や道路の世界をどう変えるか。(2019/11/22)

“AI美空ひばり”の新曲「あれから」がCD化 12月発売
AI技術を用いて歌手の故・美空ひばりさんの歌声を再現する企画から生まれた新曲「あれから」のCD化が決定。12月18日に発売する。(2019/11/18)

米中貿易戦争の真実:
トランプが「ファーウェイ禁輸緩和」に傾いた真相 中国との“チキンレース”の内幕
6月の大阪G20サミットで行われた米中首脳会談。トランプは意外にも「ファーウェイ禁輸緩和」を発言した。裏側にある米中の熾烈な“チキンレース”の内幕を暴露する。(2019/11/14)

紅白歌合戦に「AI美空ひばり」出場 「VOCALOID:AI」で歌声を再現
NHKは紅白歌合戦で、ディープラーニング技術を活用して再現した故・美空ひばりさんのステージを放送すると発表した。(2019/11/14)

草なぎ剛×ユースケ・サンタマリアの新番組「なぎスケ!」配信決定 1年9カ月ぶりにあの2人が帰ってくる
待ってた!(2019/11/13)

「アベンジャーズ/エンドゲーム」より長い2019年の傑作映画4選 “見るマラソン”を制してこその感動があった!
「『アベンジャーズ/エンドゲーム』の3時間2分は短い! と思わせてくれる傑作映画たち。(2019/11/9)

『ドラえもん』23年ぶり新刊 幻の第1話を収録した“0巻”発売
伝説の予告ページも収録します。(2019/11/8)

下請け構造、給与に根深い問題:
「台風19号でもトラックの中止連絡無かった」――走り続けた零細物流が陥る“負の業界構造”とは
台風19号では多くの業界がサービスや営業を停止した。しかし筆者は「中小運輸では走っていたトラックも少なくない」と指摘。運輸業界特有の構造的問題に迫る。(2019/11/8)

小顔が際立ちすぎぃ! 北川景子、映画「ファーストラヴ」で30センチ以上カットした大胆イメチェンが変わらぬ美しさ
北川さん「別人になれた気がします」。(2019/11/7)

Appleのプライバシー情報ページが一新:
Appleは何故、ここまで声高に「プライバシー」保護を叫ぶのか?
日ごろからプライバシーに関する取り組みをアピールしているAppleが、Webページのプライバシーコーナーを一新した。その意図に隠されたものは何なのだろうか。林信行氏が読み解く。(2019/11/7)

ミクシィ「モンスト」のキーマンを直撃【前編】:
賞金総額1億円! 14万人超が決勝を“観戦”した「モンストグランプリ」運営責任者が明かす「eスポーツの隆盛」に欠かせないもの
全世界で5000万人以上が遊ぶeスポーツ「モンスターストライク」――。日本では法律の壁などもあり、高額賞金が難しいとされる中、「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」は、国内初の賞金総額1億円の大会となった。今後、日本のeスポーツがより盛り上がりを見せていくためにはどうすべきなのか。大会の運営責任者であるミクシィの田村征也執行役員にその戦略やビジョンを聞いた。(2019/11/7)

浜田寿人の肖像【前編】:
ホリエモンプロデュースの「WAGYUMAFIA」 代表・浜田寿人が語る急成長の舞台裏――知られざる挫折、転落、苦悩
“和牛輸出王”浜田寿人の生き様を通して、最高級の和牛ブランドを世界に広めているWAGYUMAFIAのビジネスモデルに迫る――。設立からわずか3年で急成長を続けるWAGYUMAFIAは、国内では堀江の事業というイメージが強いかもしれない。だが、実質的にトータルプロデュースと海外戦略を担当しているのは浜田だ。前編ではWAGYUMAFIAの現状と、ソニー本社に最年少で入社後、映画会社を立ち上げるなど若くして起業家として活躍してきた浜田の“挫折”について聞いた。(2020/1/8)

Appleの動画配信サービス「Apple TV+」いよいよ開始! 全作品オリジナルで月額600円
9月10日以降にApple製品を購入で利用料無料に。(2019/11/2)

オリジナルの映像配信サービス「Apple TV+」開始 月額600円、端末購入で1年間無料
Appleは11月1日、月額600円の映像サブスクリプションサービス「Apple TV+」を開始した。オリジナルのテレビ番組や映画などが配信される。9月11日以降にiPhone、iPad、Apple TV、Mac、iPod touchを購入したユーザーは1年間無料でサービスを利用できる。(2019/11/1)

Amazon Prime Videoで「おいすー!」 「8時だョ!全員集合」が11月から見放題作品に
「内村さまぁ〜ず SECOND」はシーズン5に突入。アニメでは「銀魂.」も。(2019/10/24)

【連載】池田園子の「マーケ目線」 第7回:
格闘家・青木真也氏と「ONE」がAbemaTVを武器に挑む「熱量の高いファン」の作り方
人気格闘家の青木真也氏がインターネットテレビ局「AbemaTV」とタッグを組み、シンガポール発の総合格闘技団体「ONE」への関心度を高める取り組みを追った。(2019/10/9)

前澤友作、“YouTube進出”に向けて動画内容のリクエスト募集 「経営学を語って」「彼女とのデート配信」など意見殺到
面白いものが見れそう。(2019/10/3)

「AI美空ひばり」を支えた技術 「七色の声」どう再現? ヤマハ技術者に詳しく聞いた
AIの技術を活用して、故・美空ひばりさんの歌声を再現したヤマハの技術者に、技術の仕組みや開発の苦労を詳しく聞いた。(2019/10/2)

「本当にすごい」「感動した」──AIの美空ひばりが新曲披露、ネットで話題に
AIで故・美空ひばりさんの歌声を再現するドキュメンタリー番組が放送され、ネットでは絶賛する声が上がった。(2019/9/30)

進む高齢化、超過酷な労働環境:
京急踏切事故で垣間見えたトラックドライバー業界の「構造的な闇」とは
電車の乗客ら35人が負傷、トラック運転手1人が死亡した京急踏切事故。その背景に筆者が垣間見たのは極端に高齢化が進むトラック業界の闇だった。データや現場取材、自身のドライバー経験を踏まえ迫る。(2019/9/25)

今日のリサーチ:
アジアで人気の日本のコンテンツ、マンガとアニメ以外では?――Fun Japan Communications調べ
アジア各国でも広く視聴されている日本のコンテンツ、どんなものが人気なのでしょうか。(2019/9/17)

滝川英治、“死を覚悟した絶望の日”からの2年間を述懐 ドラマ撮影中の事故で脊髄損傷の大けが
あの日から、もう2年なんですね……。(2019/9/16)

仲里依紗&中尾明慶、夫婦初共演の「キリンビール」CMがついに公開! 夫婦円満の秘訣を語るインタビューも
このプライベート感いい。(2019/9/13)

Apple TV+、11月1日から開始へ Appleのオリジナル番組配信サービス 月額4.99ドル
世界100カ国以上でスタート。(2019/9/11)

ディスカバリーが独自の動画配信サービス「Dplay」開始 男性が好む番組を無料で
ディスカバリー・ジャパンが独自の動画配信サービス「Dplay」(ディープレイ)を開始した。視聴は無料。(2019/9/9)

Amazon Prime Video、9月の見放題作品に「はたらく細胞」など人気アニメ続々追加 「Fate」シリーズも!
アニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」や「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」も。(2019/8/29)

Netflixはなぜ「全裸監督」を作れたのか
「外資だから予算が多い」という考えは思考停止だ。ではなぜNetflixは「全裸監督」を制作できたのかを分析してみよう。(2019/8/23)

予想外の驚き求めて NHK「ドキュメント72時間」、テレ東「家ついて行ってイイですか」の舞台裏
成り行き任せの進行による予想外の結末や感動、驚きに人気が集まっている。NHKのドキュメンタリー「ドキュメント72時間」、テレビ東京のバラエティー「家、ついて行ってイイですか?」はそんな番組の代表格だ。共通しているのは「リアルな日常を撮りたい」という強い思い。舞台裏をうかがった。(2019/8/20)

「バチェラー・ジャパン」シーズン3、9月13日から配信決定 特報予告からすでに波乱の予感
「バチェラー史上最強のモンスターぞろい」とうたうシーズン3。バチェラーがビンタされている特報予告も。(2019/8/20)

ジャニーズは努力が9割【前編】:
ジャニーズという「努力の天才たち」から学んだ仕事哲学
日本の芸能史を変えてきた男たちに学ぶ仕事術と人材育成術を前・中・後編の3回に分けてお届けする。今回は前編――。(2019/8/16)

「選手目線をVRで」──KDDI、日本サッカーミュージアムにVR視聴システム提供
サッカー日本代表のドキュメンタリー映像をKDDIのVRシステムで視聴できる。(2019/8/14)

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」レビュー ゲームを、フィクションを、人生をここまで愚弄する作品を私は他に知らない
ネタバレレビューです。(2019/8/10)

「物語の命の火を消さないでいたい」ージョン・ファヴロー監督、「ライオン・キング」に吹き込んだ新たな“魂”
監督が「ライオン・キング」を語り直す理由。(2019/8/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。