ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「e-Day」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「e-Day」に関する情報が集まったページです。

e-Day:
Sun統合の向こうに「うまい」「はやい」「やすい」はあるのか?
Oracleは「Hardware.Software.Complete.」をテーマに掲げたイベントを行い、Sunの買収完了を祝った。エリソンCEOは、統合された「ビジネスシステム」の提供とMySQLの投資継続を約束する。(2010/1/28)

e-Day:
間もなく師走、「仮想化元年」を振り返る
年の初めに「今年こそ○○元年」と謳うのがメディアの常だが、その予想の当たりハズレは問わないこととして、結果からすれば、2009年は「仮想化元年」となったのは間違いない。(2009/11/25)

e-Day:
クラウド狂想曲の陰で忘れられているクライアントPC管理
Windows 7への期待がじわりと高まってきているが、途方もない台数をバージョンアップする企業の情報システム部門にとっては、これほど厄介なものはないだろう。(2009/9/18)

e-Day:
Oracle Exadataの第2弾は初のOLTPアプライアンス
1年前のOracle OpenWorld San Franciscoで鮮烈なデビューを果たしたExadataは、買収合意しているSunの技術をフルに活用し、データウェアハウスだけでなく、トランザクション処理も飛躍的に高速化するアプライアンスとしてパワーアップされた。(2009/9/16)

e-Day:
少し忘れられていたLotus Foundations ── 簡単Notesはニッポンの中小企業を変えるのか
Notesのコラボレーション機能などをパッケージ化したオールインワン型のソフトウェア製品群である「Lotus Foundations」が東京のカンファレンスで発表された。クラウド人気の陰で少し忘れられていたNotesアプライアンスはニッポンの中小企業を変えるのか。(2009/9/9)

e-Day:
変わるLotus Notes、変わろうとしている日本企業
いま日本企業は、生き残りを賭け、これまでにないほど迅速な製品やサービスの市場投入に躍起だ。かつてライバルらから死刑宣告を受けたLotus Notesだが、階層的な組織や働き方を変えたいと考えている企業の経営層にはどのように映るのだろうか。(2009/9/4)

e-Day:
悪くないOracleによるSun買収
OracleによるSunの買収は悪くない。かつての盟友同士だし、意外なことに、Oracleは買収した製品や技術を上手く生かしてきたベンダーの1社なのだ。(2009/4/21)

e-Day:
Xeonボックスのパレードを締めくくった日本HP
一連のNehalem搭載サーバの発表を締めくくる格好で日本HPが自慢のProLiantサーバを投入した。市場のリードするProLiantは、経済が厳しい中でもその強みを十分発揮するだろうが、優れた管理ソフトウェアスイートの紹介がなかったのは残念だ。(2009/4/10)

e-Day:
Microsoft Online Servicesの価格は高いか、安いか
マイクロソフトが企業向けオンラインサービスの価格を発表した。スイートの価格はやけに刻んだ1567円。これは高いのか、安いのか。(2009/4/7)

e-Day:
デルの発表で触れられなかったこと
デルの第11世代サーバを話題に取り上げたが、米国では発表されながら、東京の記者発表会では触れられなかったものがある。米Egeneraの仮想化ソフトウェア「PAN Manager」のバンドルだ。(2009/4/2)

e-Day:
デルのDNAが組み込まれた第11世代サーバ
デルが先陣を切ってNehalem EP(Xeon 5500番台)搭載サーバを発売したが、組み込まれたのはインテルの新しいプロセッサだけではない。「11G」サーバには、徹底した「標準化」というDNAがしっかりと組み込まれている。(2009/4/1)

e-Day:
今さら人に聞けない「e-ビジネス・オンデマンド」
ゴールデンウイーク中の朝刊が、中国株への投資熱が高まっていることを伝えた。筆者が3月、中国に出掛けたのも、五輪に向けて情報化投資が急ピッチで進む北京で、米IBMが「IBM Forum 2004」を開催したからだ。(2004/5/10)

e-Day:
IT市場は宝の山、目を輝かせるマイケル・デル
5日間で5カ国を回るという恐ろしいアジアツアーで東京に立ち寄った彼は、都内のホテルで来日記者会見を行った。600億ドル企業を達成するうえでリーダーシップに課題があるとしたが、IT市場は宝の山、まだまだ成長できると目を輝かせた。(2004/3/26)

e-Day:
うな重が好物というDellの新CEO
わずか3週間前、テキサス州オースチン郊外のDell本社を訪ねたばかりというのに、デル会長がCEO職をロリンズ社長兼COOに譲るというニュースが飛び込んできた。取材メモを引っ張り出し、今回の交代劇の「真相」に迫ってみよう。(2004/3/9)

e-Day:
クライアントPCもデータセンターに押し込め
テキサス州オースチンのClearCubeは、注意深く市場のニーズを洗い出すことから始め、設立から4年後の2000年、最初の製品を出荷した。それがクライアントPCの運用コストを節約できるユニークな「ブレードPC」だった。(2004/3/3)

e-Day:
「標準化のS字曲線」はDellの金太郎飴
2月中旬、テキサス州オースチンの本社キャンパスを訪れ、Dell創業者のマイケル・デルをはじめ、多くの同社幹部に話を聞いたが、一貫していたのは、気持ちいいほどの「割り切り」だ。(2004/2/24)

e-Day:
寒波も蹴散らすDell
絶好調のFY04第4四半期決算を発表したDell。寒波やAロッドの移籍もおかまいなしだ。製品出荷、売上高、営業利益および純利益、そして1株当たりの利益でも記録を塗り替えている。(2004/2/17)

e-Day:
同じアドビのPDF技術でも結構違う
国税庁のWebサイトでほかの利用者のデータが漏洩する不具合があった。アドビのPDF技術が使われているのだが、彼らの提供している技術を幾つか組み合わせれば、もっと手続きは簡単に済み、コスト削減にもつながるはずなのに……。(2004/2/10)

e-day:
大学がCRMだって?
バスは10分ほどフリーウェイを走ったあと、小さな丘を登った。出迎えてくれたのは聖母マリア像。そう、そこはスパコンで知られるカリフォルニア大学サンディエゴ校ではなく、私立のカトリック系一般教養大学のサンディエゴ大学だったのだ。(2004/2/4)

e-Day:
ベビーブーマーの定年とJ2EEの関係
ベビーブーマーがあと数年で60歳を迎え、IT分野でも多くの技術者が第一線から退く。いわゆる「2007年問題」だ。メインフレームのリホストが加速するとみられているが、その受け皿は準備されているのだろうか。(2004/1/27)

e-Day:
「スマート」にこだわるビル・ゲイツ
マイクロソフト日本法人がこの1月から「スマートクライアント アドバンテージ」プログラムを開始した。ここ数年、ビル・ゲイツは「スマート」にこだわり続けている。彼は意外としつこい。(2004/1/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。