ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「らくらくホン ベーシック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「らくらくホン ベーシック」に関する情報が集まったページです。

「見やすさ、聞きやすさ、使いやすさ」の三拍子そろった防水/防じんケータイ「らくらくホン ベーシック4」
2011年以来となるらくらくホンベーシックの新モデル「らくらくホン ベーシック4」が発表された。通話機能の充実はもちろん、使いやすさを重視した設計が施されている。【写真追加】(2014/9/30)

ドコモの「らくらくホン ベーシック3」に新色ベールピンク 12月6日発売
「らくらくホン ベーシック3」に新色ベールピンクが登場。12月6日に発売する。(2013/12/2)

ドコモ、「らくらくホン ベーシック3」の新色ホワイトを2月17日に発売
「らくらくホン ベーシック3」に新色のホワイトが登場する。2月17日に発売予定で、2月13日から事前予約を受け付ける。(2012/2/13)

「らくらくホン ベーシック3」のソフト更新開始 つながりほっとサポート関連の不具合を改善
ドコモが「らくらくホン ベーシック3」のソフトウェアアップデートを開始した。専用サービスの「つながりほっとサポート」に端末の利用記録が送信できない不具合を改善する。(2011/8/26)

「つながりほっとサポート」も提供:
ドコモ、「使い方」ボタン搭載の「らくらくホン ベーシック3」を4月22日発売
ドコモが、ワンタッチで専門のアドバイザーに無料でケータイについて相談ができる「使い方」ボタンを搭載した「らくらくホン ベーシック3」を発表。4月22日から販売する。(2011/4/15)

「らくらくホン ベーシックII」に“海外で通信できてしまう”不具合――ソフトウェア更新で対応
NTTドコモの「らくらくホン ベーシックII」に、本来国際ローミング非対応機でありながら海外で通信ができてしまう不具合が発生。ソフトウェアアップデートで対応する。(2009/7/21)

携帯販売ランキング(4月20日〜4月26日):
「INFOBAR 2」は“急ブレーキ”だった――「G9」はどうなる?
ドコモのランキングでは首位の「らくらくホン ベーシックII」をはじめ、大きな動きは見られない。動きが鈍いのはソフトバンクも同様。そんな中で注目なのはauの「G9」の順位だ。かつての「INFOBAR 2」のように一気に下降してしまうのか、それとも……。(2009/5/1)

携帯販売ランキング(4月6日〜4月12日):
“格安”よりも“シンプル”さが求められるのか?
各キャリアのランキング上位の動きが停滞する中で、ドコモの「らくらくホン ベーシックII」が初登場で3位を獲得。auはハイスペックモデル「Woooケータイ H001」が大きく順位を上げた。(2009/4/17)

ドコモ「らくらくホン ベーシックII」、バリューコース一括で3万5000円台
ドコモの「らくらくホン ベーシックII」が4月9日に発売された。都内量販店での価格は、新規、機種変更に関わらずバリューコースの一括払いで3万5000円台だった。(2009/4/13)

“おまかせカメラ”搭載で拡大鏡としても使える「らくらくホン ベーシックII」、4月9日発売
NTTドコモは、富士通製の「らくらくホン ベーシックII」を4月9日に発売する。カメラを向けるだけで自動的にピントが合うオートフォーカスや手ブレ補正に対応したカメラ機能を搭載した。(2009/3/30)

“かんたんおまかせカメラ”搭載の「らくらくホン ベーシックII」、2009年4月発売
ドコモは、“らくらくホン”シリーズの新機種「らくらくホン ベーシックII」を2009年4月に発売する。被写体にレンズを向けるだけで自動でピントを合わせる“おまかせカメラ”など、しんせつ・かんたん・見やすい・あんしんの各種機能を進化させた。(2009/3/19)

バリューコースに対応した「らくらくホン ベーシックS」、5月22日発売
ドコモは、原研哉氏デザインの富士通製端末「らくらくホン ベーシックS」を5月22日に発売する。らくらくホン ベーシックの使いやすさはそのままに、カラーバリエーションを追加し、インタフェースも改善した。(2008/5/19)

原研哉氏デザインのらくらくホンにもバリューコース対応モデル──「らくらくホン ベーシックS」
原研哉氏デザインの「らくらくホン ベーシック」も、新たにバリューコース対応モデルとしてリニューアルされ「らくらくホン ベーシックS」として登場する。リニューアルにあたりグラフィックデザインなどをさらに洗練させた。(2008/3/17)

「らくらくホンベーシック」ホワイト、ゴールドの発売日が再決定
NTTドコモは、発売延期していた「らくらくホン ベーシック」の一部カラーを4月25日から順次発売する。(2007/4/20)

「らくらくホン ベーシック」、新規は1万円前後
基本機能の使いやすさを追求した「らくらくホン ベーシック」が店頭に並んだ。都内量販店の新規価格は1万円前後。(2007/4/13)

イメージは“石けん”──「らくらくホン ベーシック」、4月13日発売
“より使いやすく、よりやさしいケータイ”をテーマに展開する「らくらくホン」シリーズの最新モデル「らくらくホン ベーシック」が4月13日に発売される。(2007/4/9)

目指したフォルムは「手の中に溶け出す“石けん”」――らくらくホン ベーシック
ドコモ、富士通、そしてグラフィックデザイナーの原研哉氏がコラボーレートした「らくらくホン ベーシック」。目指したフォルムは、“一週間くらい使った石けん”だった。(2007/3/6)

写真で解説する「らくらくホン ベーシック」
“やさしさ”の基本形──携帯の基本機能の使いやすさを改めて原点に戻って徹底追求した簡単ケータイ、それが「らくらくホン ベーシック」だ。従来機のらくらくホンIIIから継承した機能や使い勝手に加え、持つ人に“やさしさ”を与えるデザインや新たな親切機能を備えて登場する。(2007/3/6)

原研哉氏デザイン――“やさしさ”追求モデル「らくらくホン ベーシック」
「らくらくホン」シリーズの最新モデル「らくらくホン ベーシック」が登場。無印良品のアートディレクションなどを手がけるグラフィックデザイナーの原研哉氏を起用するなど、使いやすさだけでなくデザインにもこだわりを見せる。(2007/3/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。