ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Novell eDirectory」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Novell eDirectory」に関する情報が集まったページです。

レガシーな情報システムと決別するために
ワイヤレスネットワークが後押しする医療機関のIT刷新
ある長期ケア企業がワイヤレスネットワークテクノロジーと「Microsoft Active Directory」に注目している。ITモダナイゼーション計画を立ち上げ、自社の成長を促すためだ。(2018/6/19)

SSO製品紹介【第4回】ノベル編
SSL VPN機能も付いたSSO製品「Novell Access Manager」
大鵬薬品工業などが利用するノベルのシングルサインオン(SSO)製品「Novell Access Manager」。社内外のWebアプリのSSOが単体で可能といった特徴を持つ。製品の詳細を解説する。(2012/11/30)

デスクトップ仮想化製品紹介:Ericom
費用は従来の2分の1以下、イスラエル発のハイブリッド型デスクトップ仮想化製品
デスクトップ仮想化製品の導入には“初期費用”という壁があった。ところが、従来製品の約2分の1から4分の1で導入できる製品があるという。Ericom Softwareの「PowerTerm WebConnect」を紹介する。(2012/8/15)

「Identity Manager」「eDirectory」導入事例
Lotus Notesから移行し統合ID管理環境を構築、山九の狙いは
山九はLotus Notesのサポート期間の終了に合わせて11カ国で利用するグローバル情報プラットフォームを構築。ユーザーIDやパスワード、アクセス権限などの効果的な管理が可能になった。注目事例を紹介する。(2012/5/17)

導入事例:
山九、約1万人のユーザアカウントを一元管理化
ノベルのID管理製品によって、100種類以上ある業務システムのアカウント情報の統合や一元管理化を図った。(2012/1/24)

今こそ見直すID管理の効用
ID管理はコンプライアンス対策度の試金石
ID管理はセキュリティやコンプライアンスの観点で対策が必要視されているものの、導入する企業は大企業が中心。そこで多くの企業が得られるID管理の真のメリットを理解するとともに導入ポイントについて解説する。(2009/4/24)

Novell、アイデンティティ主導型のストレージ管理ソフト「Storage Manager 2.5」をリリース
Novellは、ディレクトリサービスと連携したストレージ運用管理の自動化を可能にする「Novell Storage Manager 2.5」を発表した。(2009/1/30)

Novell、eDirectoryの修正パッチ公開
脆弱性が悪用された場合、攻撃者がサービスをクラッシュさせたり、任意のコードを実行できるたりする可能性があるという。(2008/10/7)

NovellのeDirectoryに複数の脆弱性
任意のコード実行やDoSを誘発する可能性がある脆弱性が発見された。(2008/9/2)

Novell、eDirectoryの修正パッチ公開
eDirectory 8.7.3.10と8.8に任意のコードを実行される脆弱性が存在する。(2008/7/7)

Novell、eDirectoryのセキュリティパッチ公開
Novellのディレクトリ製品「eDirectory」のWindows、Solaris、Linux版の各バージョンに脆弱性が存在する。(2008/3/27)

MSとNovell、技術提携のロードマップを発表
仮想化、Webサービスベースのサーバ管理など、2007年に取り組む4つの重要分野における戦略を発表した。(2007/2/14)

NovellのeDirectoryに脆弱性
NovellのeDirectoryに深刻な脆弱性が存在し、リモートで任意のコマンドを実行したり、サービス妨害(DoS)を誘発できてしまう。(2006/10/24)

ネクサンティス、仏Bull製ディレクトリベースSSOをリリース
ネクサンティスは8月8日より、多数のアプリケーションに対応するシングルサインオン(SSO)ソフト「WiseGuard 4.5」の販売を開始する。(2006/8/7)

エンタープライズLinuxの実力:
第3回:エンタープライズに必要なミドルウェア提供の状況を探る
Linuxディストリビュータは、ソフトウェアベンダーでもある。Linuxカーネルをはじめ、ディストリビューションに含まれているアプリケーションパッケージのほとんどはオープンソースだが、Linuxディストリビューションを補完するためのさまざまな製品を用意している。今回は、エンタープライズ用途に必要なこれらのアプリケーションに関して、各ディストリビューションがどのように取り組んでいるのかを見ていこう。(2006/7/25)

今、見直されるアイデンティティ管理:
統合ディレクトリで3カ月に1度の人事異動に対応――リクルートエージェント
リクルートエージェントは、統合ID基盤の構築に向け、3カ年計画で社内環境を整備中だ。従業員情報を一元管理するため、メタディレクトリを構築、LDAP対応の各種サブシステムとの連携を検証中だという。(2006/6/30)

今、見直されるアイデンティティ管理:
主要ベンダーのIDM、セキュリティや監査を含む包括型が主流に
ID管理の大手ソフトウェアベンダーは、基本機能だけにとどまらず、内部統制やセキュリティコントロールまでを含む包括的なソリューションを提供し始めた。一方で、ネットワーク層のIDを専門に管理する新しいコンセプトのアプライアンス製品も登場している。現在、市場に出回る主なID管理製品を紹介する。(2006/6/29)

今、見直されるアイデンティティ管理:
ソニー生命のWebポータルを支えるID管理基盤、J-SOX対応も視野に
ソニー生命保険では、日常業務を支えるプラットフォームとして新しいWebポータルを構築した。このシステムを裏で支えるのがID管理システム。厳密なアクセス制御とタイムリーなアカウント同期を実現している。(2006/6/23)

ID Engines、ID管理/ネットワーク認証を統合するアプライアンスを国内投入
図研ネットウエイブは、米Identity Enginesの統合ID管理/認証製品「Ignition(イグニション)3000E」を国内で販売開始した。ディレクトリと連動したユーザーポリシーベースのアクセス管理をハードウェアで行うのが特徴だ。(2006/6/1)

Novell BrainShare 2006:2日目リポート
BrainShareで私が見た限りでは、技術上の問題点はほとんどクリアされているか、その寸前にまで来ており、後はNovellのマーケティングとセールスの人間が実際に売り込めるかにすべてがかかっている。(2006/3/29)

ノベル、大規模環境向けの機能を強化した「eDirectory」最新版
ノベルは、大規模環境での運用性やセキュリティを強化したディレクトリ製品の最新バージョン「Novell eDirectory 8.8」を発表した。(2005/12/6)

Fedora Directory Serverの意味するもの
Red Hatが発表したディレクトリ・サーバ製品は、発表した段階こそその反応は控えめだったが、ed HatやLinuxユーザー、そしてオープンソース・ソフトウェアにとって、その意味するところは大きい。(2005/7/6)

個人情報保護法施行で今年もにぎわう、セキュリティパビリオン
「Interop Tokyo 2005」の展示会場では今年もセキュリティ製品がにぎわっている。(2005/6/9)

ノベル、NetWareの思想を受け継いだSUSE LINUXベースのパッケージ製品を発表
ノベルは、NetWareで提供されていたネットワークサービスをLinux上で動作させるパッケージ製品「Novell SUSE Open Enterprise Server」を5月23日から出荷開始する。(2005/4/14)

Novellが小規模事業者向けのLinuxスイート発表、MSのSBSに対抗?
NovellがBrainShareで「Novell Linux Small Business Suite 9」を発表した。サーバからデスクトップに至るまでLinuxソリューションで固めたのが特徴だ。最大100ユーザーまでサポートするという。(2005/3/22)

BrainShareでNovellがLinuxとアイデンティティーへの注力を明確に、JBossとの提携も強化
ソルトレイクでBrainShareが開幕した。オープニングに登場したメスマン会長は、Linuxとアイデンティティーのフォーカスする戦略を明確に打ち出した。基盤を整備すべく、JBossとの提携強化も明らかにした。(2005/3/22)

「both source」で攻勢に転ずるノベル
Linux市場で勢いを増しているノベルは、プロプライエタリなコードとオープンソースのコード、つまり「both source」を武器にかつての輝きを取り戻しつつある。(2005/3/10)

Novell、eDirectory APIをオープンソース化
Novellは、セキュリティ関連のeDirectory APIを活用するために必要なコードをオープンソース化した。(2005/2/15)

Infobloxの認証アプライアンス、Active Direcrotyなどとの統合も可能に
Infobloxは、認証アプライアンスの新バージョン「RADIUSone バージョン1.2」を発表した。複数のディレクトリサービスとの統合を可能にする新機能が搭載されている。(2005/2/9)

基礎から学ぶExchange Server 2003運用管理:
第2回 Exchange Server 2003のインストール
Active Directoryとの統合など事前準備は必要だが、ポイントさえ押さえれば、Exchangeのインストールはそれほど難しくない。(2005/1/14)

NovellのOESにNetWareユーザーから賛否両論
NovellがNetWareからの移行パスとして用意する「Open Enterprise Server(OES)」に対しては、賛否両論がある。NetWareカーネルはもう死んでしまったのだろうか。(2004/11/9)

休眠アカウント問題を解消、サンが「Identity Manager」投入
サンは、組織全体でアイデンティティを一元的に管理するためのソフトウェア「Sun Java System Identity Manager」をリリースした。(2004/9/21)

exteNd 5.2で相互運用性を高めたノベル
SUSEで話題のノベルは、JavaアプリケーションサーバexteNdの新版で完全日本語化を行い、国内でもSOAをキーワードとする。ビジュアル化をいっそう高めた開発環境、Linux対応がトピックだ。(2004/8/4)

ZENworks 6.5でLinux戦略をさらに推進するノベル
ノベルがリリースしたシステム管理スイート、「Novell ZENworks 6.5 Suite」には、Linuxのサポートをはじめとする新機能が加わっている。(2004/7/30)

ノベル、Linux向け統合ネットワーク環境を販売開始
ノベルは、Linux向けネットワーク環境「Novell Nterprise Linux Services 1.0」を販売開始する。(2004/7/8)

ノベル、Webアクセスコントロールを実現する「iChain」新バージョンを発売
ノベルは、Webアクセス時のユーザー認証とシングルサインオンといった機能を提供するWebセキュリティ管理製品「Novell iChain 2.3」の販売を開始する。(2004/6/22)

ディレクトリ統合(4):
シングル・サインオンはメタディレクトリからXMLへ
(2003/3/13)

ディレクトリ統合(2):
「シングル・サインオン」へのファーストステップ
(2003/1/21)

Windows Q&A:
Active Directory
Windows標準のディレクトリサービス「Active Directory」。でも、そもそも「ディレクトリサービス」って何? メリット/デメリットは? NTドメインとの関係は? 基礎から注意点までQ&A形式で整理して解説する。(2006/6/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。