ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「EMC Celerra」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「EMC Celerra」に関する情報が集まったページです。

基幹DBも含めて社内システムを全面仮想化へ
【事例】NTTデータがSIerの威信をかけて構築した先進クラウド基盤
NTTデータは2013年5月に足がけ4年に及ぶ長期プロジェクトを完了させ、社内システムを全面的にプライベートクラウド上に移行する。SIerらしく顧客に向けたソリューションモデルともなる効率的な基盤だ。(2013/5/17)

カスペルスキー、ストレージ用ウイルス対策ソフトの最新版を発売
Kaspersky Anti-Virus 8 for Storageは、EMCジャパンの「Celerra」ファミリーの全ネットワークストレージ製品に対応する。(2011/12/5)

市場調査にも変化の兆しが
NAS――スケールアップか、スケールアウトか
スケールアップ型NASとスケールアウト型NAS。両者を比較検討する際は、性能の違いとその適用分野を考慮する必要がある。(2011/11/28)

統合ストレージシステム対決:NetApp FAS vs. EMC VNX(後)
アナリストが解説 EMCとNetAppそれぞれの優位点
統合ストレージ製品を提供するEMCとNetAppの共通点や技術的な違いをアナリストが解説。軍配が上がったのは一体どちらなのか?(2011/9/20)

統合ストレージシステム対決:NetApp FAS vs. EMC VNX(前)
EMCとNetAppが比較されやすい理由
統合ストレージ製品を提供するEMCとNetApp。両社以外にも提供ベンダーは多く存在するが、製品検証という点でこの2社がよく引き合いに出されるのはなぜだろうか?(2011/9/6)

ホワイトペーパー:
SAN/NAS統合も仮想化もシンプルにする「ユニファイドストレージ」の全て
仮想化環境におけるストレージの最適化は喫緊の課題。SANやNASを個別に運用していては、そのうち管理や拡張性、リソース最適化面で壁にぶつかってしまう。こうした問題を低価格で解決できるストレージソリューションが登場した(提供:EMCジャパン)。(2011/9/2)

農工大、情報システムをハイブリッドクラウド環境に移行
東京農工大学は、“VCE連合”のソリューションで構築したプライベートクラウド環境と、メールサービスのパブリッククラウド環境の両方を利用する。(2011/7/4)

SMB向けストレージ製品紹介:EMCジャパン
高性能とシンプルを追求したSMB向けストレージ「EMC VNXe」
EMCが2011年2月に発表したエントリー向けストレージ製品「EMC VNXe」シリーズ。エンタープライズ向けストレージ技術のアーキテクチャを継承し、SMBに必要な機能を厳選して活用できる。(2011/6/30)

薩摩川内市が仮想化によるサーバ統合 70台を4台に集約
EMCのストレージ2台と仮想化技術を活用し、薩摩川内市が乱立したサーバ群を統合した。(2011/5/30)

導入事例:
鳥取県下の自治体、VCE連合のクラウド基盤でエネルギー消費の90%削減を狙う
鳥取県情報センターが構築する鳥取県下の自治体向けクラウド基盤にVCE連合のプライベートクラウドパッケージ「Vblock」が採用された。2010年9月から稼働している。(2011/5/16)

SSDを2次キャッシュとして活用:
PR:“コスト低減”かつ“データ処理の高速化”を実証したCTCのストレージソリューション
伊藤忠テクノソリューションズは、データベースの性能向上を目的に、SSDをキャッシュとして利用できるEMCのユニファイド・ストレージを組み合わせたパフォーマンス検証を実施。その成果を発表するとともに、データ管理にまつわる顧客課題の解決策を提示していく。(2011/4/25)

Weekly Memo:
大塚商会とEMCの共同企画製品に見るITのPB戦略
大塚商会とEMCジャパンがこのほど、共同で企画した新製品を発表した。その提供形態には、ITのプライベートブランド(PB)戦略ともいえるアプローチが見て取れる。(2010/9/27)

EMC、ミッドレンジ製品「CLARiX」と「Celerra」に機能追加――ファイル/ブロックの透過管理ツールも
EMCはミッドレンジストレージの効率化を図る新機能を発表。既存ユーザーにも提供する。(2010/6/10)

ストレージ上のファイル管理者を特定する技術、シマンテックが製品化
シマンテックは、情報漏えい防止製品スイートの最新版を発表した。(2010/5/18)

教育機関の情報基盤:
福岡県教育センター、新情報基盤に統合ネットワークストレージを導入
福岡県教育センターは情報基盤の更新で、EMCの統合ネットワークストレージ「EMC Celerra NS-20」を採用し、順調な稼働を確認した。(2009/9/3)

大塚商会から導入費用を従来比で6割削減するファイルサーバパッケージ
大塚商会とEMCジャパンは、エンタープライズレベルの高可用性を備えた3Tバイトのファイルサーバを安価に提供するパッケージを発表した。保守サービスの月額払いなどにも対応する。(2009/5/21)

VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編(11):
VMware Infrastructure 3のストレージ機構[3]
連載「VMware Infrastructure 3徹底入門」では、VMware Infrastructure 3のコンセプトやアーキテクチャといった、いわば理論的な部分を紹介した。新連載の「VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編」では、実際の設計から導入、運用までを紹介する。今回はVI3環境におけるストレージ構成に関する3回にわたる解説の第3回として、NFSによるNASの利用や、各種ストレージ方式の使い分けについて解説する(2009/3/26)

Efficient ITを実現する情報インフラの全体最適化
コストを削減しながらビジネスに貢献する戦略的ITを実現する、情報を中心としたEfficient IT。それを実現するのが情報インフラストラクチャの全体最適化だ。企業は今、何をすべきか? そのヒントになるホワイトペーパーを集めた。(2009/3/11)

キーワードでひもとくバックアップ最新事情【第5回】
“De-duplication”(重複除外)でストレージの無駄遣いをなくす
「De-duplication」や「重複除外」といった機能をうたったバックアップ製品が増えてきた。これは具体的にはどういう機能で、どのようなメリットがあるものなのだろうか?(2009/3/3)

ディスクとテープの使い分け:
「重複排除」でストレージの無限増殖に歯止めをかける
大容量のデータをいかにして保管しておくか。これは多くの企業が抱える悩みである。これを解決するために、ストレージの容量を効率化する技術が登場している。同じ内容のデータを検出・削除するデデュプリケーション(重複排除)や圧縮だ。(2009/3/2)

ホワイトペーパー:
重複除外と圧縮機能をプライマリストレージ上で実現した「統合ネットワークストレージ」
ストレージ効率化のための重複除外機能や圧縮機能は、バックアップ製品だけのものだと思い込んでいないだろうか? プライマリストレージとして、性能を劣化させずにこれらの機能を搭載するストレージ製品がある(提供:EMCジャパン)。(2009/2/26)

Celerraの主要機種が一新:
EMCの新NAS製品は標準でデータ減量機能を搭載
(2009/2/25)

アナリストが斬るITトレンド:
iSCSIが牽引する中堅・中小向けストレージ――大手ベンダーの動向は
データの増大にともない、ストレージへのニーズも高まる中、各ベンダーからさまざまなストレージ製品が発売されている。今回は特に、中小・中堅企業向けストレージにおけるベンダーの動きを探ってみよう。(2009/2/20)

事務系、教育系データを1つの基盤に:
青山学院、EMC採用で統合ストレージインフラを構築
(2008/12/10)

次世代ネットワーク構築:
青山学院が明らかにした「学士力」向上の秘策
青山学院は教育機関では国内最大規模のシステム統合プロジェクトを進めている。その中で、同学院はEMCのソリューションを活用し、次世代ネットワークシステム基盤を構築した。2009年4月から稼働するという。(2008/12/10)

ホワイトペーパー:
VMware環境のバックアップおよびレプリケーションのベストプラクティス
VMware環境において、バックアップおよびレプリケーション操作を実行するための効率的な方法とは? EMCジャパンが提供する統合ストレージ「EMC Celerra」のテクノロジーについて説明する(提供:EMCジャパン)。(2008/11/17)

<Update>修正パッチは公開:
Trend Microのサーバセキュリティ製品に脆弱性
Trend Microの「ServerProtect」に脆弱性が報告された。修正パッチが公開されている。(2008/11/13)

200万円台のミッドレンジNASで攻勢へ:
EMCの新NAS製品は“Windowsファイルサーバの卒業生用”
(2008/10/1)

AdminIT Daily News:
EMC、200万円台で導入できる統合型ストレージを発表
EMCジャパンは10月1日より、NAS、iSCSI、ファイバチャネルに対応したストレージのエントリーモデルを提供する。ユーザー企業は200万円台でストレージ統合を図れるという。(2008/10/1)

東京・大阪間で復旧体制も構築:
大林組、EMC製品で工事事務所と協力会社間の情報インフラを構築
建設会社の大林組はEMCのデータ複製ソフトウェア「EMC RepliStor」を採用し、工事事務所と協力会社が共有できる情報インフラを構築した。(2008/9/2)

NEWS
建設会社大手の大林組、EMCのストレージで東京・大阪間の遠隔データ複製を実現
データレプリケーションソフト「RepliStor」を中核システムとして導入して、工事事務所と協力会社間の情報共有インフラを再構築。また、東京・大阪間にそれぞれEMCのストレージを導入し、データレプリケーション体制も構築している。(2008/9/2)

海外ダイジェスト(8月27日)
HTCのQWERTYキーボード付き新エレガント携帯発表、HPがEDSの買収を完了、など。(2008/8/27)

8万8000件のメールを処理:
弘前大学のファイルサーバ環境、EMC製品で5年間安定稼働
弘前大学は、教育用と研究用に分かれていたサーバを1つのファイルサーバに統合し、5年にわたる安定稼働を実現した。EMCのストレージ製品を導入している。(2008/8/26)

ミッドレンジ市場の開拓を:
EMCジャパン、大塚商会とパートナー契約を締結
EMCジャパンのNAS製品「EMC Celerra NS20」などを大塚商会が販売する。(2008/7/30)

運用管理面も改善:
「だいち」、EMCのストレージで2倍以上のデータ処理性能を実現
JAXAがEMCのストレージを導入した。陸域観測技術衛星「だいち」が集めた観測データを従来の2倍以上で処理できるようになった。(2008/6/17)

NEWS
JAXAがEMCのストレージ導入、衛星「だいち」の観測データ処理を高速化
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の地球観測研究センターが、高速/大容量ストレージソリューション「EMC CLARiX CX3-80」および「EMC Celerra NSX」を導入した。(2008/6/17)

ミッドレンジ製品を100台確保:
EMC、納期を1週間に短縮 成田に物流施設
(2008/5/28)

ディザスタリカバリ導入事例
ビジネスの継続性を考える上で、災害対策は必須の要件となりつつある。ここでは幾つかの導入事例を通して、災害対策で求められる適切な復旧目標時間やシステム性能とは何かを検証していく。(2008/3/3)

統合型NAS「EMC Celerra NS20」
中堅・中小企業向けNASの効果的な活用法を伝授
EMCジャパンの「Celerra NS20」は、ファイルサーバの集約に役立つ統合型NAS。SAN環境を混載できるほか、クラスタ機能も持つ。中堅・中小企業に最適な価格性能比の高いソリューションである。(2008/2/15)

松坂・岡島両投手の躍進を支えるEMC
松坂・岡島両投手の好成績はEMCのストレージ製品が支えている? EMCジャパンは、米EMCとパートナー関係にあるボストン・レッドソックスのITシステム運用を紹介した。(2008/1/23)

ディザスタリカバリ導入事例:EMC Celerra Replicator
東京大学 生研の回答「必要なのは保険としてのディザスタリカバリ」
2006年、東京大学生産技術研究所は災害対策ソリューションを導入した。金融機関などが求める高いサービスレベルは必要とせず、“保険”としての意味合いが強い。ここでは、一般企業にも手の届く災害対策事例をリポートする。(2008/1/18)

EMCとオラクルがコラボ、ILMを利用したDBの管理手法を確立
EMCジャパンと日本オラクルは、情報ライフサイクル管理を活用したデータベース管理の手法を確立した。データベースのアクセス頻度などに応じて自動的にデータをストレージに割り当てるものだ。(2007/10/25)

EMCジャパン、「人、環境、情報、フトコロにやさしい」ストレージ製品を発表
EMCジャパンは、ストレージシステムとストレージソフトウェアの新製品と新機能を発表した。(2007/8/7)

増設に次ぐ増設という常識を変える:
PR:プライマリNASのファイル容量を半分に――Storwizeが変えるストレージの新アプローチ
企業内に蓄積されるデータが膨大になり、データ管理コストに頭を悩ませる企業は少なくない。東京エレクトロン デバイスが販売するStorwizeは、そうした悩みを解決する新しい製品だ。アクセス頻度の高いプライマリNASのデータをリアルタイムに圧縮してデータ量を大幅削減する。(2007/7/24)

カスタマーサービスを「国産ベンダー並み」に――EMCジャパン
EMCジャパンは、ハイエンドストレージ「Symmetrix DMX-3」の廉価版などストレージ新製品を発表した。グローバル・テクニカル・サポートも日本に新設し、「国産ベンダー並み」のカスタマーサポートを可能にしていくという。(2006/11/9)

Column
中堅企業にはエンタープライズ製品がベストチョイスとは限らない
IBMやEMCなど、中堅企業向けに機能縮小版のソリューションを提供する大手ベンダーが増えてきた。こうした製品を導入するべきかどうかの判断は難しい。(2006/4/13)

Case Study
仮想テープライブラリ(VTL)の導入で時間の節約を
成長を続ける企業にとって、データのバックアップとリカバリは深刻な問題だ。特にバックアップウィンドウが長引くと、通常業務に支障を来すことになる。その解決に仮想テープライブラリを採用した3社の事例を紹介する。(2006/4/11)

EMCジャパン、iSCSI接続もできる統合型NASのローエンド版を発表
EMCジャパンは、統合型NASのローエンド製品「EMC Celerra NS350」を発表した。Celerra向け最新ソフトウェア機能、仮想プロビジョニングも搭載した。(2006/3/23)

EMCジャパン、NASを強化する仮想プロビジョニング機能を発表
EMCジャパンは3月23日、IPストレージシステムの容量割り当てをより効率的に行える新しい「仮想プロビジョニング機能」を発表した。(2006/3/23)

EMC増収減益
EMCの第4四半期決算は、ミッドレンジのストレージシステムが好調で、売上高が過去最高となった。(2006/1/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。