ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「Facebook Ads」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Facebook Ads」に関する情報が集まったページです。

コンテンツ収集から利用許諾、広告配信までワンストップで:
ユーザーが作成したコンテンツをFacebook広告へ利用可能に、シャトルロックジャパンが支援サービスを提供
シャトルロックジャパンは、ユーザーコンテンツの収集から活用までワンストップで提供するシステム「Shuttlerock」に新サービス「Shuttlerock for Facebook Ads」を提供開始すると発表した。(2016/7/28)

年末年始商戦へ一手:
Facebook、効果的なモバイルアプリ広告運用を実現する新機能を発表
Facebookは12月3日、年末年始商戦に向けて、効果的なモバイルアプリ広告を実現するための新機能を発表した。大きな追加機能は次の3点となる。(2014/12/3)

8つのポイント:
まずは100ドルで、Facebook広告を賢く検証する
「本当に投資に見合う効果が得られるのか」「具体的にどのように運用していけばいいか」と思い悩むマーケターに最低限の予算でFacebook広告を賢く検証するコツを紹介する。(2014/1/24)

サイバーエージェント、Facebookマーケティング事業部を新設
サイバーエージェントが「Facebookマーケティング事業部」を新設。Facebookマーケティングで年末までに100社との取引を目指している。(2011/4/15)

Facebook、決済システムにPayPalを採用
Facebook Adsへの広告出稿や仮想通貨での買い物にPayPalのシステムを利用できるようになる。(2010/2/19)

これ、俺ならこう使う(1):
話題の「ライフストリーム」、ここが面白い
日々生み出されるネットサービスやテクノロジーに詳しい著者による、こんなふうにサービスに取り込んだら面白いのではないか、という提案。技術的な応用面にフォーカスしていく(編集部)(2008/7/7)

「Facebook」日本語版公開 “実名交流”でmixi追撃
MySpaceに次ぐ世界第2位のSNS「Facebook」の日本語版が公開された。翻訳にはユーザーも参加。実名によるコミュニケーションとユーザーが開発した豊富なアプリを強みに、ユーザー数を拡大する。(2008/5/19)

海外記事で振り返る2007年の携帯、SNS、音楽配信
2007年に最も注目を浴びた分野を、海外記事で総括する。(2007/12/26)

ソーシャルメディア セカンドステージ:
レコメンデーションの虚実(14)〜ソーシャルスパムの時代がまもなくやってくる
ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。強力なお勧めシステムになる可能性を持つソーシャルレコメンデーションですが、見方を変えればスパマーのターゲットとしても魅力的です。mixiやブログの悪質アフィリエイトを例に考察します。(2007/12/17)

ソーシャルメディア セカンドステージ:
レコメンデーションの虚実(13)〜ソーシャルレコメンドは友人関係を壊しかねない
ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。お勧めの個別最適化という強みを持つソーシャルレコメンデーションですが、いまのところ無視できない問題点も抱えています。(2007/12/10)

Facebook Beaconのプライバシー騒動で逃げ出す広告パートナーも
Facebookがその参加を大々的にアピールした広告パートナーのCoca-Colaは、Beaconの実装計画を棚上げにしてしまった。(2007/12/4)

ソーシャルメディア セカンドステージ:
レコメンデーションの虚実(12)〜Facebookの灯台はすべてを明るく照らし出す
ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。前回に続き、米国の巨大SNS「Facebook」に注目し、Facebookが進めているソーシャルメディアのライフログ化の具体例を解説します。(2007/12/3)

Facebook AdsはGoogle AdWordsになれるか
Facebookが打ち出した広告戦略はネット広告に風穴を開けるのか、それとも恥をかくだけで終わるのか。(2007/11/9)

Facebook、新しい広告システム「Facebook Ads」立ち上げ
新システムでは、Facebookユーザー同様、広告主も「自分のページ」を持ち、ソーシャルネットワークを通じて宣伝を行う。(2007/11/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。