ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「Freestyle Hybrid PC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Freestyle Hybrid PC」に関する情報が集まったページです。

完全分解×開発秘話(後編):
「VAIO Duo 11」を“徹底解剖”して語り尽くす
独自のスライド機構を採用した11.6型モバイルノートPC「VAIO Duo 11」には、ソニー初の挑戦が凝縮されていた。後編も開発者が自ら実機を分解し、その秘密を明らかにしていく。(2012/12/21)

完全分解×開発秘話(前編):
「VAIO Duo 11」の“上質なスライドボディ”を丸裸にする
Windows 8とともにソニーが投入した新スタイルのモバイルPC「VAIO Duo 11」。開発者が自ら実機を分解し、こだわり抜いた複雑な変形機構の秘密を明らかにする。(2012/12/19)

こいつ……描けるぞ!:
「VAIO Duo 11」を“お絵かきマシン”として使ってみる
“お絵かき”を趣味や仕事にする人にとって、筆圧対応ペンが付属するWindows 8モバイルPC「VAIO Duo 11」は実に興味深い。ソフトの制限はあるが、持ち歩けるお絵かきマシンとしての可能性をビンビン感じるのだ。(2012/11/14)

いよいよエントリー販売開始:
「VAIO Duo 11」徹底検証(後編)――変形ボディに秘められた真の実力とは?
直販モデルのエントリー販売が始まり、一般先行予約の販売開始を明日に控えた「VAIO Duo 11」。独特のスライド式ボディに注目が集まるが、やはりUltrabookとしての基礎体力も気になるところ。レビュー後編は各種テストでその実体に迫る。(2012/10/18)

Windows 8 “+α”の魅力に迫る:
「VAIO Duo 11」徹底検証(中編)――11.6型フルHDのIPS液晶と筆圧検知ペンを味わう
Windows 8タブレットでもあり、Ultrabookでもあるハイブリッド型のモバイルPC「VAIO Duo 11」は、筆圧検知に対応したペン入力までこなす。レビューの中編は、高品位な液晶ディスプレイと柔軟な入力環境に注目する。(2012/10/11)

Windows 8×タブレット×Ultrabook×デジタイザペン:
「VAIO Duo 11」徹底検証(前編)――“スライダーハイブリッドPC”は新時代を告げる
操作画面が大きく変わるWindows 8。その登場に合わせて、VAIOのフラッグシップノートPCも大きくカタチを変えてきた。ついに国内でも正式発表された「VAIO Duo 11」に秘められた未知の可能性を追う。(2012/10/2)

ねっと知ったかぶり β版(4/25〜4/28)
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はトラブルに関するニュースが多めでした。(2011/4/28)

これからの時代を象徴する製品:
Sony Tabletは“ヒーロー”でなければならない
iPad 2の発売を前に、ソニーが発表したタブレット端末「Sony Tablet」。本製品の開発に携わってきた鈴木国正氏に話を聞いた。(2011/4/28)

Tegra 2+Android 3.0+α:
これがソニー流――Android 3.0を搭載した“Sony Tablet”がついに登場
ソニーがタブレット端末を公開した。9.4型ディスプレイを搭載する「S1」と、5.5型ディスプレイを2面搭載する「S2」を2011年秋に投入する。動画でリポートしていこう。(2011/4/26)

Androidタブレットだけじゃない:
ソニー、VAIOの次期モデル「Ultimate Mobile PC」と「Freestyle Hybrid PC」を予告
ソニーはAndroidタブレット「Sony Tablet」の発表会にて、VAIOブランドの次期製品2モデルの投入を予告した。いずれもモバイルノートPCだ。(2011/4/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。