ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「周波数オークション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「周波数オークション」に関する情報が集まったページです。

5G競争、新サービス必須「プラチナバンド」 楽天が再配分要望
 携帯電話会社に総務省が割り当てた周波数を再編する議論が活発化している。中でも注目されているのが、新規参入者の楽天モバイルが再配分を強く求める「プラチナバンド」と呼ばれる周波数帯だ。つながりやすい特長を持つこの周波数帯について楽天は、サービスの安定に欠かせないと主張する。だが、大手3社は、楽天という新興勢力が自分たちと同じ土俵に立つことへの警戒に加え、自社の通信品質低下や設備改修負担につながるとして難色を示している。(2021/6/22)

「プラチナバンド」 楽天、周波数再編で獲得熱望 大手3社の本音は
携帯会社に総務省が割り当てた周波数を再編する議論が活発化している。注目されているのが、新規参入者の楽天モバイルが再配分を強く求める「プラチナバンド」と呼ばれる周波数帯だ。だが大手3社は、楽天が自分たちと同じ土俵に立つことへの警戒に加え、自社の通信品質低下や設備改修負担につながると難色を示している。(2021/6/18)

GSMAがレポートを公開:
5Gでは「ミッドバンド+ミリ波」のコスト効率が高い
通信事業者の業界団体であるGSMA(GSM Association)のインテリジェンス部門は2021年1月、研究レポートを発表し、「ミリ波(mmWave)帯は、特にミッドバンドと組み合わせて導入した場合に、さまざまな5Gユースケース向けにコスト効率を高められる可能性がある」と主張した。(2021/1/26)

NHK再編の狼煙、「Eテレ売却」は妥当か、素人考えか
小寺信良さんが、NHK再編問題に切り込む。(2020/12/10)

Verizonが最多、AT&Tは不参加:
米が3.5GHz帯オークションを開催、落札総額は45億ドル
米連邦通信委員会(FCC:Federal Communications Commission)が開催した最新の周波数帯オークション「Auction 105」では、Verizonが最も多くのライセンスを取得した。今回、オークションにかけられたのは、5G(第5世代移動通信)の展開に向けて非常に切望されているミッドバンド(3.5GHz帯)である。落札総額は45億9000万米ドルに上り、そのうち19億米ドルをVerizonが投じた形だ。(2020/9/10)

「電波オークション」政府が検討
電波の周波数の一定期間の利用権を競争入札で割り当てる「電波オークション」を政府が検討している。(2017/9/14)

ビジネスニュース 業界動向:
5Gに向けた取り組み、欧州ではまだ足並みがそろわず
欧州委員会(EC)は「MWC 2015」で、欧州における5G(第5世代移動通信)の現状について説明した。欧米の通信事業者は2020〜2025年に5Gの実用化を目指しているが、現時点では、まだ欧州連合(EU)諸国の足並みがそろっておらず、無線通信市場が“細分化”している状態だという。(2015/3/11)

MWC 2015:
5Gサービス、サブギガヘルツ帯が鍵に
「Mobile World Congress(MWC)2015」では、5G通信についてパネルディスカッションが行われた。5Gで最も重要なのは、誰もがどこででも通信できる「ユビキタス性の実現」で、500MHz〜1000MHzのサブギガヘルツ帯をどう使うかが鍵になりそうだ。(2015/3/6)

業界動向:
中国とインド、携帯電話インフラ市場の成長を促進
2014年の携帯電話インフラ市場は、中国とインドがけん引した。インドは、市場規模はまだ大きくなく、2015年も爆発的に成長するわけではないものの、実は多くのキャリア(通信事業者)が投資をしている。(2014/12/26)

ソフトバンク、T-Mobileの買収を断念か──Wall Street Journal報道
ソフトバンク傘下のSprintが検討してきたT-Mobileの買収を断念したとWall Street JournalやBloombergが伝えた。当局による承認を得るのが非常に困難だという判断という。(2014/8/6)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
2013年後半に相次いで開始予定の「100Mbps超」新サービスをおさらい
2013年7月〜8月上旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。今回は「2.5GHz帯追加割当」「ドコモの150Mbpsサービス」「ソフトバンク+イー・モバイルのハイブリッド機器」などを解説する。(2013/8/23)

無線通信技術:
米の大学、ホワイトスペースを利用する“スーパーWi-Fi”を試験導入
ホワイトスペースを利用する無線ブロードバンド技術である“スーパーWi-Fi”を、米国の大学が試験的に導入した。賛否両論が巻き起こっているスーパーWi-Fiが普及するきっかけとなるのだろうか。(2013/7/12)

ホワイトペーパー:
4G通信の未来〜Computer Weekly日本語版 4月17日版
40年以上の歴史を持つイギリスのITプロフェッショナル向けメディア「Computer Weekly」の日本語版をPDFで提供する。(2013/5/27)

英国4G事情
英情報通信庁の4G周波数帯競売、その勝者と敗者
待望の4G周波数帯の割当が決定。しかし、モバイル通信事業者の前途はいかに? 期待よりも不安が上?(2013/5/9)

業務部門にとってIT部門はどうあるべきか?
佳境に入った大規模IT刷新プロジェクトを率いるリーダーの心得とは?
英公益信託団体のWellcome Trustは2013年、コアインフラストラクチャを全面的に入れ替える。同団体のIT部門を統括するマーク・ブラムウェル氏にプロジェクトについて話を聞いた。(2013/5/8)

ただし、リスクを高める可能性も
セキュリティの未来はビッグデータ対応にあり
インテリジェンス駆動型セキュリティへの高い期待が示された「RSA Conference 2013」。基調講演では、従来のセキュリティモデルの問題点を指摘しつつ、今、何をすべきかが語られた。(2013/4/25)

クラウドでコストは上がる? 下がる?
クラウドの“本当のお値段”
クラウドの売りの1つは、コスト削減を期待できることだ。Forrester Researchのアナリスト ジェームズ・スタテン氏に、クラウドへの投資で結果を出すための秘訣を聞いた。(2013/4/24)

ゲームサイトのビッグデータ事例
MySQL→Hadoop移行でビッグデータの威力を引き出すゲームサイトKing.com
オンラインゲーム会社のKing.comは、ビッグデータに対応するためMySQLデータベースをClouderaのHadoopディストリビューションに置き換えた。(2013/4/23)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!:
デジタル教育ならではの教材ってどんなもの?
世の中には学校現場にデジタル教材を導入することに対して、「ぼんやりとした不安」を持つ人も多い。それを払拭するには、デジタルならではの教材を開発してみせるしかない。(2012/6/1)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(13):
デジタル教育ならではの教材ってどんなもの?
教育のデジタル化への「ぼんやりとした不安」を払拭するには、デジタルならではの教材を開発してみせるしかない(2012/5/28)

通信増は「4年で100倍」の勢い:
ドコモの障害は「笑えない」 通信ひっ迫に「ネチケットが必要」と孫社長
「ドコモの状況を笑える状態ではない」――ソフトバンクの孫社長が、スマートフォンによる通信量増大の現状を説明。OSやアプリの開発者への理解を求めるとともに、周波数割り当ての根本的な見直しが必要だとした。(2012/2/2)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!:
デジタルの波は2つのタブーを消した……で、残りは
2011年、融合法制と地デジが達成された。いずれも20年前はタブーだったが、デジタルの波がこの2つを実現させたと言っていいだろう。では、タブーはもう残っていないのだろうか。実はまだ3つばかり残っているのだ。(2011/11/11)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(3):
2つのタブーと3つのタブー
今年、融合法制と地デジが達成された。が、周波数オークション、NTT完全民営化、NHK民営化のタブーは依然として残る(2011/11/9)

業界が「一方向に倒れていく」懸念――周波数オークションに対する通信キャリアの反応
「周波数オークションに関する懇談会」の第3回会合では、NTTドコモをはじめとする通信事業者6社の公開ヒアリングが行なわれた。各社からは、落札額の高騰や資金力のある企業による“電波の買い占め”などへの懸念が示された。(2011/5/30)

電波競売は「産業成長加速させる」 目安は「60MHzあたり1兆円」と鬼木氏
総務省で行われた「周波数オークションに関する懇談会」第2回会合で、経済学者の鬼木甫氏が見解を発表。電波競売制を有効性を訴え、導入の実現に向けて諸外国の実施結果を収集する機関の設立などを提案した。(2011/5/25)

周波数オークション、業界の反応さまざま
電波の帯域を競売によって事業者に割り当てる「周波数オークション」。総務省は導入検討のためにパブリックコメントを募集し、結果を紹介した。オークションの対象帯域に関して業界の意見はさまざまだ。(2011/5/11)

ビジネスニュース 業界動向:
英国が4G向け周波数帯の入札計画を発表、2012年第一四半期に実施へ
英国の通信規制機関であるOfcom(Office of Communications)は、英国内における第4世代(4G)移動体通信向けの周波数帯をオークションにかける予定だと発表した。(2011/3/28)

オバマ大統領、米国の無線ブロードバンド利用を2倍にする覚書に署名
「全米ブロードバンド計画」の一環として、500MHz分の周波数帯をモバイルおよび固定の無線ブロードバンド向けに競売にかけ、向こう10年間で無線で利用できる周波数帯を2倍に拡大する。(2010/6/29)

VoIPでの音声通話も:
Verizon、LTEの実証実験に成功――2010年商用化へ
Verizon Wirelessは競売で落札した700MHz帯を使い、VoIP電話やビデオストリーミングなどの実験に成功した。(2009/8/17)

ソフトバンクのMVNO参入は「通信事業者としての責務放棄」――MVNO協議会
MVNO協議会は、ソフトバンクモバイルがイー・モバイルのHSDPA網を使った定額データ通信サービスにMVNO参入することを受け、「MNOとしての責務放棄であり認められない」という意見を表明した。(2009/2/5)

デジタル革命の原動力となる7つの「破壊的トレンド」
Webサービスを変革させる注目技術はどんなものだろうか。次を制するのはGoogleかMicrosoftか、それともSalesforce.comか。(2008/10/24)

米携帯電話業界団体、無料ブロードバンド義務付け案に反対
無線周波数帯の競売で無償ブロードバンドサービスの提供を義務付けるとしたFCCの提案に、CTIAが反発した。(2008/6/9)

FCC、700MHz帯競売の売れ残り「Dブロック」の再競売で広く意見求める
FCCが売れ残った無線周波数帯Dブロックの再競売について、広く意見を求める「Notice」を発表した。(2008/5/16)

Verizon、落札した700MHz帯のプラン発表
Verizonは2010年までに、落札した700MHzでスーパー3Gによるネットワークを構築する計画という。(2008/4/5)

Google、700MHz帯競売と今後のワイヤレス計画を語る
700MHzを落札できなかったGoogleだが、積極的な入札で目的を達成できたと自身を評価。今後も当局への働きかけを続けていく計画だ。(2008/4/4)

Youkuは“第2のYouTube”か
中国の動画共有サイト「Youku」が人気だ。ひろゆき氏は「テレビ番組をアップする人は、ニコニコ動画ではなくYoukuに行ってほしい」などと話していた。(2008/3/31)

ロサンゼルスMBA留学日記:
700MHz帯オークションでVerizonに破れたGoogleは「幸福な敗者」なのか
米国で700MHz帯を巡る競売が行われた。移動体通信事業者にとって非常に重要なこの帯域、しかし勝ったベライゾンが不幸そうなのに比べ、敗者Googleは余裕綽々。「一般の消費者たちの勝利だ」というGoogleのコメントの真意は……?(2008/3/24)

700MHz帯競売、Cブロック落札者はVerizon
Googleも参加した「Cブロック」の落札者はVerizon Wireless。同社には、オープンアクセスの提供が義務付けられる。(2008/3/21)

Googleの出方は? 700MHz無線周波数帯の競売がいよいよ開始
FCCによる700MHz無線周波数帯の競売には、従来からの無線通信事業者と新参組のモバイルインターネット事業者とがともに入札を予定しており、その結果次第では、市場のシフトが促されることになるかもしれない。(2008/1/24)

700MHz帯周波数競売、214社が参加へ
米連邦通信委員会が、24日から開催する周波数競売の参加者リストを公開した。条件をクリアした214社が競売に参加する。(2008/1/16)

Comcast、700MHz帯競売には参加せず
Googleが入札参加を表明した700MHz帯競売だが、CATV大手のComcastは不参加の決断を下した。(2007/12/4)

Google、周波数競売への単独参加を表明
Googleが、来年1月に行われる無線周波数(700MHz帯)競売への参加を正式に表明。提出期限の12月3日に参加申請書を提出する。(2007/12/1)

Googleフォンは本当に実現する?
モバイル関連会社の買収、700MHz帯の競売への入札と、Googleがモバイル市場に重点を置いている状況証拠は数あるが、はたしてうわさ通り携帯電話を出すのだろうか?(2007/10/11)

AT&T、700MHz帯周波数ライセンスを買収
2008年に予定されているFCCの競売を待たずに、Alohaから25億ドルで買い取る。(2007/10/11)

Googleのワイヤレス市場参入――可能性に色めくネットワーク機器プロバイダー各社
Googleがワイヤレスネットワーキング分野に進出する動きを見せていることで、機器プロバイダー各社は全米規模の新しいネットワークが構築される可能性に期待を寄せている。(2007/9/28)

Google、無線ネットワークの構築コストは約170億ドル?
「それだけのコストを掛けてまで無線ブロードバンド事業者になりたいかどうかは、今のところ、まだ定かではない」とGoogle幹部は語った。(2007/9/27)

携帯電話のLinuxをめぐるトレンド
iPhoneの登場は、業界に最大級の旋風を巻き起こした。この市場はまさしく、自らの手でルールを変えられればゲームに勝てる、というものだ。そしてオープンソースもこの携帯電話市場の表舞台に押し出されている。(2007/9/21)

モバイル検索広告をめぐりGoogle対MSの戦いが過熱
トップを走るGoogleと地盤強化に必死なMicrosoft、伏兵Yahoo!と、モバイル検索広告の市場争いは混戦状態だ。(2007/9/13)

関係者による事前調整済み!?:
WiMAX免許、ドコモ、KDDI落選のシナリオ
「WiMAXフォーラム」日本オフィス主催で開かれた記者会見で、日本総合研究所の新保豊氏が、この秋予定されている国内での2.5GHz帯のブロードバンド無線通信(BWA)の免許交付についての見通しについて、予想されるシナリオを展開してみせた。(2007/9/4)

700MHz帯の競売ルール、オープン化を「一部」実現――Googleの入札参加は微妙
米連邦通信委員会が、無線周波数競売のルールを決定。Googleが求めていた条件のうち、「オープン卸売り」条項は織り込まれなかった。(2007/8/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。