ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「Fusion Drive」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Fusion Drive」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

High SierraやSierraにもセキュリティ更新:
「macOS Mojave 10.14.6」公開 再起動中にフリーズする不具合などを修正
Appleが「macOS Mojave」の最新アップデートを公開。再起動中にフリーズすることがある不具合など幾つかの問題点を修正した他、セキュリティ更新も行われる。セキュリティ更新は「macOS High Sierra」「macOS Sierra」にも適用される。(2019/7/23)

ITはみ出しコラム:
「Mac mini」の買い替えに「iMac」を選んだ理由 新マシンで迎える令和
待ち望んでいた「Mac mini」の新モデルが2018年に出ましたが、スペックも価格も高くなったので、これなら「iMac」でいいかも……と思い切って買っちゃいました。(2019/5/5)

iMac Proは256GBメモリも搭載可能に:
iMacが最大8コアのIntel第9世代Core+Vegaに刷新 21.5型4Kモデルは15万4224円から
Appleが新型iPad AirとiPad miniに続き、iMacお新モデルを発表した。CPUに最大8コアのIntel第9世代Coreを選べるようになるなど、性能強化が図られている。(2019/3/20)

Apple、プロセッサを刷新したiMac発表
Appleは、第8世代/第9世代Intel Coreプロセッサを搭載した「iMac (Retina 5K, 27-inch, 2019)」「iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2019)」を発表した。(2019/3/19)

CloseBox:
「散財ではなかった」 そう思えた10製品
「2018年に買って良かったもの」をまとめてみた。(2018/12/31)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Apple新モデルで「MacBook」と「21.5インチiMac」を推す理由
米Appleの開発者会議「WWDC 2017」で発表された多数のMac新モデル。個人的に気になったのは、全くの新シリーズではなく……。(2017/6/10)

Mac新時代を切り開く 使い心地の新iMacと先進性の新MacBook Pro
WWDC 2017で発表された新しいiMacとMacBook Proは、秋に登場するmacOS High SierraとともにMacの復権を示すものかもしれない。林信行氏によるファーストインプレッション。(2017/6/8)

大きいiMacとすごく大きいiMac:
4K/5Kの新型iMacはどのくらい速くなった?
21.5インチiMac 4K Retinaと27インチiMac 5K Retinaを並べて評価。第1回はOS X環境下で簡単なベンチマークテストを実行し、システムパフォーマンスを見ていく。(2015/11/6)

iMacの新型発表! 21.5インチにRetina 4Kモデルが登場、27インチはすべてRetina 5Kに
新型のマウスとキーボードが付属。(2015/10/14)

Apple、21.5インチ4K「iMac」やMagicシリーズの新キーボード、マウス、トラックパッドを発表
AppleがiMacのラインアップを刷新し、新しいBluetooth接続の周辺機器も発表した。すべて同日発売だ。キーボードがMagicシリーズに仲間入りし、すべて乾電池式から充電式になった。(2015/10/14)

キーボード、マウス、トラックパッドも新型に:
21.5インチiMacに4K対応のRetinaディスプレイモデルが登場
4096×2304ピクセルの4K表示に対応した21.5インチiMacなど、液晶一体型Macのラインアップをモデルチェンジ。ワイヤレスアクセサリ群も刷新され、「Magic Trackpad 2」は感圧タッチをサポートした。(2015/10/14)

手が届きやすくなった?:
「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」に23万8800円の下位モデル
アップルの「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」に、スペックを抑えて低価格化した下位モデルが加わった。(2015/5/19)

Mac miniをiFixitが解剖 メモリはハンダ付けでユーザーによる増設は無理
iFixitが16日に発売されたAppleの「1.4GHz Mac mini」を解剖したところ、RAMがロジックボードにハンダ付けされており、購入後のメモリ増設はできないことが明らかになった。(2014/10/21)

「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」登場 5120×2880ピクセルの27インチ液晶
27インチ/5120×2880ピクセルの液晶ディスプレイを搭載する「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」をAppleが発売。(2014/10/17)

待たせたね:
Apple、新「Mac mini」発表──5万2800円から
Appleが「Mac mini」の2012年10月以来の新モデルを発表した。「90%高速化」し、3モデルの最下位モデルは5万2800円(税別)から。(2014/10/17)

安くなりました:
iMacに10万8800円のエントリーモデル追加
新しいiMacが登場。21.5型モデルが10万円台で購入できる!!(2014/6/18)

ロジテック、MacBook Proのストレージを高速/大容量の「WD Black2」に換装するサービス
ロジテックがMac専用の「WD Black2換装サービス」を開始。MacBook ProやMacBookのストレージを「WD Black2」に換装して、性能と速度を両立できるのがポイント。(2014/5/29)

注目PCレビュー:
「21.5インチiMac」――グラフィックス強化で「新生FF14」も楽しめるオールインワンPC
アップルの液晶一体型PC「iMac」は“とりあえず何でもこなせてしまう”のがウリ。入門機に最適のモデルだ。(2014/1/16)

13万8800円から:
アップル、Haswell世代の新型「iMac」を発表
第4世代Coreを搭載した新型Macが登場した。IEEE802.11ac対応無線LANを内蔵したほか、PCIe接続の高速なSSDをオプションで選択可能になっている。(2013/9/24)

PC販売ランキング(2012年12月24日〜12月30日):
発売から約2カ月、「Mac mini」がじわじわ浮上(2012年12月第4週版)
今回は12月第4週の集計。年末のランキングは、Mac miniを中心にアップル製品が好調でした。(2013/1/7)

PC USER 週間ベスト10:
年末に気を吐く、薄型・軽量・防水のWindows 8タブレット(2012年12月24日〜12月30日)
先週のアクセスランキングでは、防水のWindows 8タブレット、薄型軽量でハイスペックな11.6型Ultrabook、Windowsの今後を占うコラムなどが上位にランクインしました。(2012/12/31)

広田稔のMacでいこまい(13):
Fusion Driveは効果大! 新旧「21.5インチiMac」を徹底比較
前回のインプレッションに続き、CTOで入手したFusion Drive搭載モデルを新旧で比較。OS XとWindowsの両環境でベンチマークを実施した。(2012/12/27)

27型でもエッジは5ミリ:
やっぱりのぞき込む薄さ!! 最新「27インチiMac」が銀座に入荷
アップル直営店のアップルストア銀座で新型「27インチiMac」の販売が始まった。画面でかっ! そんで薄っ!(2012/12/13)

広田稔のMacでいくぽ(12):
新iMacを買う前にチェックしておきたい10の疑問
Mac連載第12回目は、いよいよ販売が始まった新iMacのファーストインプレッションをお届けする。で、ほんとに薄いの?(2012/12/5)

Apple Special Eventリポート:
MacとiPadで積極攻勢――新時代の幕を開けたApple
10月23日(現地時間)に米国で開催されたAppleのSpecial Eventで、先に発売されたiPhoneやiPod、そしてMacBook Airを除くほぼすべての製品ラインアップが刷新された。ポストPC時代を推進し、IT業界のトレンドを牽引するAppleは、どこまで飛躍するのかを考える。(2012/10/24)

米Appleイベントまとめ:
ジョブズ不在を乗り越えた過去最強のラインアップ――「iPad mini」「13インチMacBook Pro Retina」「薄型iMac」に見るアップルらしさ
米国で行われたAppleのメディア向けイベントで、Retinaディスプレイを搭載した13型MacBook Proや、極薄ボディに生まれ変わったiMac、7.9型のiPad miniなど、年末を飾る新製品が一挙に公開された。林信行氏が現地からリポート。(2012/10/24)

10万8800円から、11月出荷:
エッジ5ミリの超薄型「iMac」が登場
Ivy Bridge世代のクアッドコアCPUを搭載した最新「iMac」は、液晶ディスプレイのエッジの厚さがわずか5ミリしかない超薄型ボディを実現した。(2012/10/24)

13インチMac Book ProにRetinaモデル登場 iMac、Mac miniも刷新
2560×1600ピクセルのRetinaディスプレイ搭載13インチMac Book Proが登場。エッジ部が5ミリというiMac、高速化したMac miniも。(2012/10/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。