ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ジョージ・オーウェル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ジョージ・オーウェル」に関する情報が集まったページです。

10月もKindleストアで『まんがで読破』から10作品が11円に 『カラマーゾフの兄弟』『1984年』『破戒』など
漫画を読んでから、原作・原典を読むとさらにヨシ!(2020/10/5)

Weekly Memo:
顔認証技術の最前線と可能性、マイナンバーとの連携を進めよ
デジタル社会では多くのケースで本人確認が求められるようになる。その技術として顔認証が注目されている。この分野をリードするNECの話をもとに、その最前線と可能性について考察したい。(2020/9/28)

本田雅一の時事想々:
本当にAppleは“悪者”なのか 「フォートナイト」開発元の”宣戦布告”に覚える違和感
Epic GamesとAppleの争いは、「AppleがUnreal EngineごとEpic Gamesを自社プラットフォームから排除しようとしている」という話が出るほど、拗れてきた。問題の本質は……?(2020/8/19)

スマホ版「フォートナイト」が相次ぎストアから削除に 背景にはApple/Googleによる“独占体制”への抗議
プラットフォーマーとゲーム会社が正面から対立する形に。(2020/8/14)

「攻殻機動隊 SAC_2045」とは何なのか 神山×荒牧両監督へのインタビューから浮かび上がった“攻殻機動隊”
保守派のハードファンである記者が数々の疑問を聞いたスペシャルインタビューです。(2020/4/23)

プライバシー問題との狭間で:
コロナ感染者をスマホで追跡、悩む欧米
英国の政府が、通信事業者との間で、契約者の位置データにアクセスできるようにすることを検討し始めているという。狙いは、ソーシャルディスタンシング(社会的距離)戦略に関するガイドラインを確実に実施し、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の拡大を阻止することだ。(2020/4/2)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AI-OCR、医療、監視――広がる画像認識の可能性
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「画像認識」について。(2019/8/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
高度化する“監視”の目 「顔認証」が叩かれるワケ
どんどん進歩する「顔認証」技術。犯罪捜査などで役立っている一方、人権侵害や乱用の懸念も広がっている。今、世界でどんな議論が起きているのか。そして、私たちは顔認証技術の拡散をどう捉えていくべきか。(2019/7/11)

「AIが犯罪を予測する世界」が危険なワケ
AIで犯罪を予測・予防するシステムが登場するテレビドラマや映画がいくつも登場している。実際、AIを使って犯罪を防ぐことは可能なのか。(2018/8/21)

Over the AI ―― AIの向こう側に(19):
未来を占う人工知能 〜人類が生み出した至宝の測定ツール
今回は、統計処理技術についてお話します。え? 統計? それってAIなの?――そう思われた読者の方、確かにAI技術とは言えません。ですが、統計処理技術はAIの根底を成すものであり、これを知らないままでは、「英単語を知らずに英語を話そうとする」ようなものなのです。(2018/1/31)

ITはみ出しコラム:
MicrosoftのナデラCEOが開発者に語る 「ディストピア阻止は私たちの責任」
昔は「悪の帝国」などと呼ばれることもあったMicrosoftですが、サティア・ナデラCEOが率いる現在の姿にそのようなイメージは全くありません。(2017/5/14)

スピン経済の歩き方:
「事実はひとつ」という人が、実はヤバイ理由
TBSの『サンデーモーニング』で、著名な女性評論家が「事実はひとつがいいですよ」と発言した。トランプ政権を支持するネットメディアが「フェイクニュース」を拡散する……という問題を受けての発言だが、この放送を見た窪田氏は怖さを感じたという。なぜかというと……。(2017/2/14)

GarageBandオンザラン:
iPhoneのGarageBandでケロってみた
セカオワやきゃりーぱみゅぱみゅみたいにケロケロできる。そう、iPhoneならね。(2017/1/30)

立ちどまるよふりむくよ:
ボブ・ディランからスティーブ・ジョブズは何を学んだのか(プレイリストつき)
ジョブズのロールモデルはディラン。Appleはディランのようにやっている。How does it feel?(2016/10/15)

筆者が考える真の疑問は……
次は「Windows 10」? それでもMicrosoft製品を買ってしまう本当の理由
Microsoftの製品は、なぜ多くの企業に受け入れられるのだろうか。同社のソフトウェアは高価だし、近年の事業戦略は他社の後追いばかりである。同社の競争優位性について考察する。(2015/1/27)

妄想ウェアラブルの午後:
「Google Glass」――それはビッグブラザーか、ドラえもんか
スマートフォンでできることをハンズフリーで、声だけで行うことができるメガネ型ウェアラブルの代名詞「Google Glass」。もしGoogle Glassがスマホに置き換わったとき、社会はどのように変わってしまうのだろう?(2015/1/5)

電子書籍が紙の書籍を超えるには?
電子書籍はあと数年で紙の書籍を超えると多くのアナリストが主張している。そのためには実現すべきことが幾つかありそうだが、どんなことが必要だろう?(2014/12/1)

タップ or クリック!!:
VICTOR STUDIO HD-Musicの最新ハイレゾ・ランキングはこれだ!!
音楽配信サイト「VICTOR STUDIO HD-Music」の最新ランキングを調べてみた。第1位は、ジョージ・オーウェル作「動物農場」からユニット名を拝借したユニットのアルバムだった。(2014/10/17)

本を愛する人に向けたロンドンのパブリックアート
あなたならどのベンチに座りたい?(2014/7/11)

本屋探訪記:大阪心斎橋「スタンダードブックストア心斎橋」は最高の本屋さんだ
BOOKSHOP LOVER=本屋好きがお届けする詳細な本屋レポ。本屋が好きならここに行け! 第2回目は大阪は心斎橋にある新刊書店「スタンダードブックストア」を紹介する。(2013/11/20)

大量データ時代の分析インフラ構築法【前編】
ビッグデータ分析、Hadoop活用の意外な落とし穴
ビッグデータプロジェクトに取り組むIT担当者は、分析基盤の構築・運用では、仮想環境の一般的な運用管理アプローチが全く通用しないことを思い知らされることになるだろう。(2013/6/3)

iPadとは違う設計思想:
それは紙の再発明――「enchantMOON」製品説明会
UEIが手書きに特化した8型タブレット「enchantMOON」の説明会を開催。設計・開発に携わった哲学者の東氏、映画監督の樋口氏、イラストレーターの安倍氏を交え、同製品のコンセプトなどが語られた。(2013/4/23)

世界にagainstしたい:
「反逆」の手書きハイパーテキストタブレット、「enchantMOON」の内覧会に行ってきた
ユビキタスエンターテイメント(UEI)が開発を進めてきた、独自OS搭載のタブレット「enchantMOON」がついに予約受け付け開始に。ハックスリーの『すばらしい新世界』やジャック・デリダのエクリチュール論まで飛び出した内覧会の模様をお伝えする。(2013/4/23)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/8/15)

早川書房、「ハヤカワSF・ミステリebookセレクション」配信へ
早川書房は同社の代名詞ともいうべきSF・ミステリーの名作群を「ハヤカワSF・ミステリebookセレクション」として電子書籍で配信開始する。(2012/8/3)

ディルバート(277):
敬愛すべき“偉大な兄弟”「ビッグデータ」
(2012/7/27)

中国だけの話じゃない!? 監視社会へようこそ
「テロとの戦い」という名のもとで、監視社会に向けてさまざまな技術が導入されている。それは国民の安全、国家の安全のためと言われるが、実際は誰が、何を監視するためなのだろう。(2012/6/5)

EDN/EE Times編集部が展望する:
2012年期待のエレクトロニクス技術(省エネ編)
2012年はエレクトロニクス技術にどのような進展が訪れるのであろうか。米国EDN/EE Timesの編集部による、2011年の最新技術やトレンドを基にした2012年の展望を3回に分けて紹介する。第1回は、3人の編集者が選んだ省エネルギーに関するテーマを取り上げる。(2012/1/24)

企業にとってのソーシャルメディア――取り扱いは慎重に
顧客とのコミュニケーションや顧客ニーズの掘り起こしにソーシャルメディアは有用だが、扱い方を慎重に検討する必要がある。(2011/2/22)

「Googleによるデータ保有が人々の個性を奪う」――セキュリティ研究者シュナイアー氏
シュミットCEOのプライバシー問題に関する「他人に知られたくないようなことは、そもそもすべきではない」という発言を受け、著名なセキュリティ研究者が反論した。(2009/12/15)

発売前からベストセラー:
ミニバイヤーズガイド「1Q84」
村上春樹7年ぶりの長編「1Q84」が、小説内に登場するアイテムまで含めて大ヒット中だ。(2009/7/21)

ガンダムは作品ではなく“コンセプト”――富野由悠季氏、アニメを語る(後編)
『機動戦士ガンダム』の監督として知られる富野由悠季氏が7月7日、東京・有楽町の日本外国特派員協会に登場、自らの半生や映画哲学などについての講演と質疑応答を行った。後編では質疑応答の内容を詳しくお伝えする。(2009/7/8)

ネットは国家の情報統制に対抗する力をもたらすか:
『1984年』の監視社会から読み解く情報発信の自由度
インターネットの利用を制限し、小説さながらの監視社会を作り出している国家がある。その実態はどのようなものなのか。(2007/11/23)

IT変革力【第27回】
なぜ社員は社内ブログやSNSの流行を受け入れるのか?
近頃、企業で浸透し始めた社内ブログや社内SNSは、社員同士のコミュニケーションに変化をもたらしています。では一体、どのような点がこれまでの情報共有の形と違っているのでしょうか。そして、今後この社内ブログや社内SNSはどのように活用していけばよいのでしょうか。(2006/11/28)

「著作権保護期間の延長、議論を尽くせ」――クリエイターや弁護士が団体発足
「著作権保護期間の延長にメリットはあるのか」――クリエイターや弁護士など64人を発起人とした団体が発足し、保護期間延長を議論なしで決定しないよう文化庁に要望書を提出した。Webサイトなどで意見交換を促し、望ましい著作権のあり方を考える。(2006/11/8)

Case Study
無線アクセス完全禁止は可能か?
無線ネットワークのセキュリティ確保は難しい。それほど必要ないのであれば、利用禁止にするのも一考だ――だがそのポリシーを徹底するには、24時間の監視が必要だ。(2006/9/14)

Technophilia:
Google Desktopでファイルを共有する(しない)方法
プライバシー侵害の恐れがあるとして恐れられている、Google Desktopのファイル共有機能。使うべきか、避けるべきか?(Lifehacker)(2006/8/9)

Wal-Mart、プライバシーめぐる「RFID規制は不要」
RFIDを推進するWal-Mart Storesは、製品のケースやパレットにRFIDを取り付ける計画を継続する一方、個々の製品へのタグ付けは10年先のことになると説明した。企業側でRFID技術の検証作業を進めているため、国家による法規制は必要ないと訴えている。(IDG)(2004/7/15)

RFIDは“ビッグブラザー”を実現する?
バーコードに代わる商品管理用インフラとして注目が集まる「RFID」。CeBIT 2004で、ドイツの市民団体と技術ベンダーがRFID技術についての議論を交わした。(2004/3/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。