ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Gnutella」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Gnutella」に関する情報が集まったページです。

違法ファイル公開ユーザーへの削除要請メール送信、BitTorrentとGnutellaも対象に
CCIFは、違法ファイル公開ユーザーへの削除依頼メール送付対象に4月から、BitTorrentユーザーとGnutellaユーザーを加えた。(2014/4/3)

音楽ファイルを無断公開していた25名の情報開示を求める――日本レコード協会が発表
日本レコード協会の会員レコード会社がインターネットプロバイダ16社に対し、Gnutella(グヌーテラ)ネットワークで音楽ファイルを無断公開していた25名の氏名などの開示を求める請求を行った。(2013/7/18)

レコード会社7社、「LimeWire」「Cabos」で音楽不正アップロード10人の情報開示請求
レコ協会員7社が、LimeWireやCabosを使って音楽ファイルを不正に公開していた10人の氏名などの情報開示をISPに請求した。(2010/10/27)

2008年にオープンソースプロジェクトは約1万7000件、47%がCベース
Black Duck Softwareは、2008年に立ち上がった1万7000件を超えるオープンソースプロジェクトの中から、トップ10を発表した。(2009/1/27)

年末年始のWinnyノード数は2割減、Shareは1割増 ネットエージェント調査
ネットエージェントによると、年末年始のWinnyのノード数は前年と比べて20%減ったが、Shareは10%増加していた。(2009/1/7)

ファイル共有ソフトの「現在利用者」、1割超える──ACCSなど調査
ACCSなどが毎年実施しているファイル共有ソフトの利用実態調査で、過去1年間に使ったことがあるという「現在利用者」の割合が初めて1割を超えた。(2008/12/12)

ネットの逆流(4):
ファイル共有ソフトの利用で犯罪者になる可能性も
なぜWinnyなどのファイル共有ソフトから情報が流出してしまうのか。安易に利用すると逮捕されかねない危険なツールの仕組みを紹介する。(2008/11/30)

Comcast、P2P技術企業に出資
「ネットの中立性を侵害」と批判されていたComcastが、BitTorrentとの協力に続き、P2P動画配信サービスの提供企業との提携を発表した。(2008/5/20)

ファイアウォールではなくポート80:
P2Pのデータセキュリティリスクを理解する
従業員がピアツーピアネットワークを利用することで、企業には予期せぬデータ流出リスクに直面する恐れがある。(2008/4/30)

帯域規制騒動の当事者、ComcastとBitTorrentが「協力」
P2Pトラフィックを規制するなど「ネットの中立性を侵害している」と批判されてきたComcastが、P2PサービスのBitTorrentと共同で課題に対処すると発表した。(2008/3/28)

米大手ISP、P2Pトラフィック規制で訴えられる
Comcastが一部トラフィックを遅延させている行為が契約違反に当たるとして、加入者が訴訟を起こした。ネットワーク中立性の観点からも苦情が訴えられている。(2007/11/19)

P2Pダウンロード高速化システム、米大学が開発
Similarity-Enhanced Transfer(SET)システムは、共有するファイルと同一のファイルだけでなく、類似のファイルも使ってP2Pダウンロードを高速化する。(2007/4/11)

Magi's View:
eDonkey2000の閉鎖に見るコミュニティー中心コンピューティングにおけるオープンソースの問題点
完全な分散型ネットワークモデルの先駆者だったeDonkey2000が失敗に終わった原因は何だろうか。クローズネットワークとオープンソースの比較も交えて考えてみたい。(2006/10/24)

I2Pが実現するスケーラブルな匿名接続
I2Pは、標準TCP/IPネットワークインフラストラクチャに内在する脅威――通信の端点を容易に特定し追跡できること――の解消を目的としている。いずれプライバシーとセキュリティーに最も配慮したアプリケーションとなり、その上、最も安全なものになるだろう。いち早くそのI2Pを解説する。(2006/9/21)

Winnyウイルスから機密情報を守れ!【第3回】
WinnyユーザーのPCがゾンビPCに変わる日
Winnyウイルスは次々と亜種が発生しており、感染した際の被害範囲も大きくなってきている。さらにWinny本体にもセキュリティホールが発見されたことで、さらに強力なウイルスが登場する危険性が出てきた。(2006/5/31)

Winny経由の情報漏えい、二次被害も深刻に――CMUカンファレンス
カーネギーメロン大学日本校は5月15日、Winny経由の情報漏えい対策を巡るオープン・カンファレンスを開催した。(2006/5/16)

レコード業界、P2Pユーザーに対し2000件の訴訟
Gnutella、eDonkey、BitTorrent、WinMXなどのユーザーを相手取り、国際レコード産業連盟が損害賠償を求める訴訟を起こした。(2006/4/4)

フォーティネットのUTMがバージョンアップ、Winnyに「完全対応」
フォーティネットジャパンは、「FortiGate」のファームウェアをバージョンアップした「FortiOS 3.0」を発表。日本固有のWinnyのトラフィックをコントロールできるようになったほか、IM経由のウイルス対策に対応した。(2006/2/7)

P2Pの違法音楽交換摘発、計16カ国に拡大
違法音楽交換撲滅キャンペーンを進めている業界団体が、新たに5カ国・地域でP2Pユーザー訴追に乗り出した。(2005/11/16)

iMesh、合法P2Pサービスのβ版立ち上げ
iMesh 6.0ではレーベルから許可を受けた楽曲を提供し、「P2Pのメリット」と「著作権保有者への対価」を両立させている。(2005/10/25)

Cabos――新たな利用法を見つける
P2P型のソフトウェアとして、かつて存在したGnutella。今回はGnutella型のファイル共有ソフトウェアを紹介しよう。(2005/10/10)

ITソリューションフロンティア:技術
システム構築におけるP2P通信の活用
数年前、NapsterやGnutellaなどのファイル共有アプリケーションが登場したとき、そのP2P(Peer to Peer:ピア・ツー・ピア)モデルという考え方は大いに注目されたが、今日ひと頃の勢いはない。しかし、その通信面に着目すれば、サーバー処理負荷の軽減や、運用コストの削減などを可能にするものとして大いに期待できそうである。(2004/11/19)

音楽業界、欧州で新たに459件の個人訴追
IFPIは、欧州6カ国で音楽のファイル交換ユーザーを相手取り、計459件の法的措置を起こした。(2004/10/8)

ファイル検索機能強化の「Morpheus 4.5」リリース
「合法」をうたうP2PソフトのMorpheus新版がリリースされた。NEOnet検索技術が組み込まれている。(2004/10/7)

Mac OS X狙う新ウイルス、P2Pで感染拡大
Mac OS Xを狙ったトロイの木馬「AS.MW2004.Trojan」はP2Pネットワーク「Gnutella」を介して感染する。アイコンをダブルクリックすると、感染PCのホームフォルダ内のファイルが消去されてしまう。(2004/5/13)

@米国IT事情(10):
「無料」サービスの生き残る道は? 〜 ドットコム・バブル崩壊後、有料化へと進む 米国ネット市場 〜
(2001/1/17)

IT Business フロントライン(18):
三浦選!2000年を彩るニュース(2)〜 びっくり重大ニュース 〜
(2000/12/26)

@米国IT事情(3):
音楽業界を震撼させるNapsterの可能性ユーザーと直接つながることが可能に
 全米で大きな物議を醸しているMP3音楽ファイルの交換ソフト「Napster」は、音楽業界のみならず、ポータルサイトを含んだネットビジネスモデルを大きく変革するものとして注目を集めている。著作権を侵害するとして複数の相手から提訴されているNapsterは、現在ベータ版にもかかわらず口コミだけで数百万人のユーザーを抱えている。(2000/6/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。