ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Ventures」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Ventures」に関する情報が集まったページです。

アンディ・ルービン氏の「Essential」知財、謎の新企業Nothingが購入
中国スマートフォン大手のOnePlusを昨秋退社した共同創業者、カール・ペイ氏の新興企業Nothingが、“Androidの父”アンディ・ルービン氏が創業し、ハイエンド端末1モデルを発売しただけで閉鎖したEssential Productsの知財を買収していたことが分かった。(2021/2/16)

セクハラ調査対象だったGoogle親会社の最高法務責任者が退社 退職金はゼロ
Googleの最高法務責任者(CLO)を長年務め、現在は親会社AlphabetのCLOであるデビッド・ドラモンド氏が1月末付で退社する。同氏はAlphabetの取締役会が昨年11月に開始した幹部のセクハラ調査の対処になっていた。退職金はゼロだ。(2020/1/11)

Cohesity CEOのモヒット・アロン氏に聞いた:
単なる「セカンダリストレージベンダー」に、有力ベンチャーキャピタルが投資する理由
なぜ、単なる「セカンダリストレージ」のベンダーが、今どきSequoia Capital、Battery Ventures、SoftBank Vision Fundなどからの投資を受けられるのか。Cohesityの創業者でCEOのモヒット・アロン氏に聞いた。(2018/11/5)

UberやAlphabet、電動スクーターシェアリングのLimeに出資、UberアプリでLime利用可能に
ライムカラーの自転車や電動スクーターのシェアリングサービスで世界に進出中の米Limeが、3億ドル以上の増資を発表した。Uberが出資だけでなく、戦略的パートナーとして協力していく。UberアプリでLimeの電動スクーターを利用可能にする計画だ。(2018/7/10)

配車サービスのLyft、Alphabet主導で10億ドル増資
配車サービスのLyftがGoogleの親会社Alphabet主導の増資ラウンドで10億ドル調達したと発表した。LyftはAlphabet傘下の自動運転技術企業Waymoと提携している。(2017/10/20)

ネスレ、ブルーボトルコーヒーを買収 独立子会社として運営へ
食品大手で「ネスカフェ」や「ネスプレッソ」を擁するNestleが、いわゆる米国の「サードウェーブコーヒー」の旗手、Blue Bottle Coffeeを買収した。Blue Bottleは独立子会社として存続する。(2017/9/15)

Googleの親会社Alphabet、売上高は好調もFiberなどへの投資がかさみ純利益は予想を下回る
Alphabetの1〜3月期の決算は、売上高は17%増の202億2570万ドル、純利益は20%増の42億700万ドルの増収増益だった。モバイル広告が好調だった。(2016/4/22)

Alphabet(Googleの持ち株会社)、“その他”事業の営業損失が36億ドルでも増収増益
Googleを傘下に持つAlphabetの10〜12月期の売上高は18%増の約214億ドル、純利益は5%増の約49億ドルだった。同四半期からGoogleと“その他”の内訳が発表されており、自動運転車などを含むその他の営業損失が約36億ドルであることが明らかになった。(2016/2/2)

シリコンバレー初の“財閥”に?:
広がり続ける“Google帝国”、Alphabet設立で
Googleを傘下にする新会社Alphabetを設立すると発表したGoogle。“Google帝国”はさらに広がる見込みだが、一方で今回の発表には透明性には欠けている。(2015/8/13)

コンテナの標準仕様は広がるか:
「米グーグル、KubernetesでDockerのライバルをサポート」の文脈
米グーグルは2015年5月4日(米国時間)、同社が主導するコンテナオーケストレーションのオープンソースプロジェクト「Kubernetes」で、米CoreOSの提唱するコンテナの標準仕様、「App Container spec(appc)」をサポートすることを明らかにした。その文脈をお伝えする。(2015/5/5)

企業のアプリケーションコンテナー利用障壁を解消できるか?:
KubernetesとCoreOSを組み合わせた商用プラットフォーム「Tectonic」
グーグルの各種サービスを支えるOSSベースのデータセンターインフラ技術を一般に提供するとして、CoreOSがエンタープライズレベルで利用できるコンテナー管理機能を持つ「Tectonic」を発表した。(2015/4/8)

知らないうちにお金が貯まるオンラインサービス「Digit」
なかなか貯金が増えない人向けに、銀行口座をバーチャルな貯金箱と連係させるだけで、自動的に、無理のない範囲で貯金できるサービス「Digit」が米国で公開された。(2015/2/20)

Apple、ラジオ推奨サービスのSwellを買収か
Appleが、電子書籍推奨サービスBookLampに続けて“ラジオコンテンツ向けPandora”と呼ばれるラジオ推奨サービスのSwellを買収するとRe/codeが報じた。(2014/7/28)

Twitter、モバイルネイティブ広告のNamo Mediaを買収
モバイル広告に注力するTwitterが、昨年のMoPub買収に続けてアプリ内にネイティブ広告を表示するサービスを手掛ける新興企業Namo Mediaを買収した。(2014/6/6)

「GoogleのVCは寄生者」──サンフランシスコ市民が格差助長抗議のビラ配り
Google Venturesが出資する新興企業の金持ちな起業家が押し寄せたことで家賃や物価が高騰したとして、サンフランシスコ市民が同社パートナー、ケビン・ローズ氏の自宅周辺で抗議デモを行った。(2014/4/7)

Google、オンライン教育サービスに出資
Googleの株式ファンドGoogle Capitalが、クラウドベースのオンライン教育サービス企業Renaissance Learningに4000万ドル出資した。(2014/2/20)

「デジタル化」の意味:
「Google Car」が勝つかどうかにかかわらず、自動車産業は変質する
グーグルが完全な自律走行車の実用化を目指して、開発・検証、ロビー活動を進めているのは周知の事実だ。グーグルといえども既存の自動車メーカーに、従来の意味合いで容易に「勝つ」とは想定しにくい。それでも、既存の自動車メーカーには、「グーグル対策」を自社の将来と重ね合わせて考えなければならない理由がある。(2013/11/29)

Google VenturesにTechCrunchブロガーのMG・シーグラー氏がパートナーとして参加
VineやMailboxへの投資を手掛けてきたCrunchFundパートナーでTechCrunchライターでもあるMG・シーグラー氏がGoogleのベンチャーキャピタルにジェネラルパートナーとして参加した。(2013/5/7)

Googleの電脳メガネ向けファンド「Glass Collective」立ち上げ TwitterやEvernoteも開発中
「Glass Collective」はGoogle VenturesとVC大手のAndreessen HorowitzおよびKPCBが立ち上げたProject Glassの開発者を支援するファンド。KPCBのジョン・ドーア氏によると、既にTwitterやEvernoteがGlass関連サービスを開発中だ。(2013/4/11)

Facebook向け“ランダム”ビデオチャットサービス「Airtime」登場
Napsterの創業者コンビがステルスモードで開発してきた「Airtime」が公開された。Facebookの友達や、趣味の合いそうな見知らぬユーザーとビデオチャットできる。(2012/6/6)

Googleのエンタープライズ部門担当社長のジロード氏が退社
GoogleでGmailやGoogle Appsを担当する社長のデイブ・ジロード氏が、自身の新企業立ち上げのために同社を辞める。新企業にはGoogleも投資する。(2012/3/19)

スマートグリッド:
Googleが太陽光発電普及の革新的ビジネスモデルを採用、7500万ドルを投資
太陽光発電システムの普及を加速するには、初期導入コストを低くすればよい。住宅オーナーが太陽光発電の売電で導入コストを支払うモデルが良いとGoogleは主張する。同社はまず7500万米ドルを投資し、将来は1万戸以上を対象にする見込みだ。(2011/9/28)

Google、新興企業を支援するベンチャーファンド設立
Google Venturesはインターネット、ソフト、環境、バイオなどさまざまな分野の有望なテクノロジー企業の支援を目指す。(2009/3/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。