ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ラリー・ペイジ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ラリー・ペイジ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

オートモーティブメルマガ 編集後記:
どうして自動運転や電動化に取り組んでいるんですか?
何があなたの原動力ですか。(2020/6/24)

Windowsフロントライン:
2020年代にMicrosoftとPCの世界はどう変化する?――オフデバイスやノーデバイスの世界
MicrosoftやWindowsの動向をウォッチする本連載だが、2020年代はどのような見通しになるのか。普段とは違った視点で、今後のMicrosoftを見ていこう。(2020/1/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
“世界で最も心地よい”スニーカーは、日本でも爆売れするか
「世界で最も心地よいシューズ」と評されたスニーカーブランド「オールバーズ」が日本初上陸した。環境への配慮や履き心地を追求したシューズが、なぜここまで評価されているのか。その背景には、明確なビジネス戦略があった。(2020/1/16)

政治に翻弄された1年に:
2019年のエレクトロニクス業界を記事で振り返る
2019年の主なニュースを、EE Times Japanに掲載された記事で振り返ります。(2019/12/27)

Pichai氏がAlphabetのCEOを兼任:
Google創設者のBrin氏とPage氏、46歳で退任
Googleの共同創設者であるSergey Brin(セルゲイ・ブリン)氏とLarry Page(ラリー・ペイジ)氏が、同社の親会社であるAlphabetの役員職を退任した。両氏は46歳で、退任は両氏にとって新たな人生の幕開けとなる。(2019/12/16)

Googleさん:
Google創業者コンビの引退は「逃げ」? 彼らはこれから何をやるのか
社内では労使問題、対外的にはプライバシーや独禁法問題が山積みのGoogleとその親会社Alphabetの手綱をスンダー・ピチャイさんに預けたペイジ&ブリンの2人はどこへ行くのでしょう。(2019/12/8)

Googleに解雇された4人の元従業員が政府機関にGoogleを不当労働慣行で訴え
Googleで従業員の組織化を進め、解雇された4人の元従業員が、これは不当な労働慣行だとして全米労働関係委員会(NLRB)にGoogleを訴えた。(2019/12/4)

Alphabetのラリー・ペイジCEOが辞任 後任はGoogleのスンダー・ピチャイCEO
Alphabetのラリー・ペイジCEOとサーゲイ・ブリン社長がそれぞれ辞任すると発表した。CEOの後任はGoogleのスンダー・ピチャイCEOが兼任し、社長職は廃止する。ペイジ氏とブリン氏は取締役に留まる。(2019/12/4)

Appleのプライバシー情報ページが一新:
Appleは何故、ここまで声高に「プライバシー」保護を叫ぶのか?
日ごろからプライバシーに関する取り組みをアピールしているAppleが、Webページのプライバシーコーナーを一新した。その意図に隠されたものは何なのだろうか。林信行氏が読み解く。(2019/11/7)

イノベーションは日本を救うのか(35):
ベンチャーエコシステムの活性化、大企業・政府・大学の役割とは
今回は、ベンチャー企業とベンチャーキャピタル以外のところを取り上げたい。具体的には、ベンチャー企業のエグジット、日本政府が果たせる役割、そして大学の役割だ。(2019/10/9)

「安心」を土台にデジタル技術の未来を再構築:
WWDCで鮮明になった「Apple=安心ブランド」という戦略
tvOS、watchOS、iOS、macOSに加え、第5のOSとしてiPadOSも発表されたAppleの開発者イベント「WWDC 2019」。5つのOSに共通する開発姿勢を見ると、今、世界で起きている新しいデジタルの潮流とピタリと符合をしていることが鮮明になってきた。Appleの今だけでなく、世界のテクノロジー業界全体が迎えている変化についても見ていこう。(2019/6/19)

Apple、Googleは6年でどう変わったか 最新組織図から分かること
2019年版The Official Boardで、AppleなどIT企業の組織図を見てみた。(2019/4/11)

Googleさん:
#GoogleWalkout が、Googleにもたらすもの
Googleの従業員の約2割に当たる2万人が11月1日、セクハラや不正行為への不適切な対応や不透明性に抗議する#GoogleWalkoutデモを実施。ピチャイCEOは改善を検討すると約束しました。(2018/11/4)

アンディ・ルービン氏のGoogle退社はセクハラ発覚後だったが高額退職金──New York Times
“Androidの父”として知られるアンディ・ルービン氏は2014年にGoogleを退社したが、その前に社内セクハラを報告されていたにもかかわらず、9000万ドルもの退職金を支給されたとNew York Timesが報じた。(2018/10/26)

TwitterのドーシーCEOとFacebookのサンドバーグCOO、議会公聴会で証言 Googleは欠席
米連邦議会委員会に招請されたTwitterのドーシーCEOとFacebookのサンドバーグCOOが公聴会でロシア介入問題やサービスの透明性についての質問に対応した。Googleも招請されたが出席せず、議員らは怒りを表明した。(2018/9/6)

開発中の「空飛ぶクルマ」まとめ Uber、ロールスロイス……参入相次ぐ
米Uber Technologiesや英Rolls Royceなどが、空飛ぶクルマを開発している。渋滞の緩和や、移動時間の短縮が期待できそうな各社の取り組みを紹介しよう。(2018/7/17)

米下院、AppleとAlphabetのCEOにプライバシー問題を問いただす書簡
米連邦議会下院エネルギーおよび商業対策委員会がAppleのティム・クックCEOとAlphabetのラリー・ペイジCEOに、ユーザーデータの保護についての質問書簡を送った。音声データやサードパーティ開発者によるデータ収集について質問している。(2018/7/10)

「デンソー、ITはじめるってよ。 #DENSOHACK」レポート:
「何だ、アンドンじゃないか」――ITの世界に戻ってきたアジャイル・スクラムという“日本の製造現場の強み”
デジタルトランスフォーメーションが進展し、製造業をはじめ多くの企業がITの力を使った価値創造に取り組み始めている。だが一方で、ITを「コスト」と捉え、ソフトウェアの戦いにうまく踏み出せずにいる企業が多いのも現実だ。では今、日本企業とエンジニアに必要なスタンスとは何か?――2018年2月、都内で実施されたデンソー主催のトークショー「デンソー、ITはじめるってよ。 #DENSOHACK」に探る。(2018/3/9)

Amazonのジェフ・ベゾスCEO、世界長者番付で初の首位に
Forbes恒例の世界長者番付で、米Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが初めて首位に立った。4年連続トップだったビル・ゲイツ氏は2位に落ちた。(2018/3/7)

Alphabet、エリック・シュミット会長の後任にスタンフォード大学の前学長
Alphabetのエリック・シュミット会長の後任に、Googleの2人の創業者の母校であるスタンフォード大学の前学長、ジョン・ヘネシー博士が就任した。(2018/2/2)

GoogleのCEOも務めたAlphabetのエリック・シュミット会長が退任へ
2001年にGoogleの会長に就任して以来17年間、共同創業者を支えてきたエリック・シュミット氏が、Alphabetの会長を2018年1月に退任する。退任後はテクニカルアドバイザーとして同社にかかわる。(2017/12/22)

Mostly Harmless:
GoogleはAIのアピールを急ぎすぎたのか
人々がAIの進化に恐れを抱くのは、AI関連企業がその未来や可能性についてのアピールを急ぎ過ぎたことが原因かもしれません。(2017/11/30)

Google創立19周年記念Doodleで新作ゲームなど19のお楽しみ
創立19周年を迎えたGoogleが、検索ページトップのロゴに19のお楽しみを仕込んだ。クリックして選ぶと、簡単なゲームやアニメ、実験的体験などを楽しめる。(2017/9/27)

Googleさん:
次に終了するのは「Google+」……ではなさそうです
役割を終えたと判断したサービスはさくっと終了させてきたGoogleさん。そろそろ「Google+」も? と思いきや、まだまだ生きながらえそうなヒントを見つけてしまいました。(2017/7/29)

GoogleのピチャイCEO、Alphabetの13人目の取締役に
Googleの持株会社Alphabetが、Googleのスンダー・ピチャイCEO(45)をAlphabetの取締役に指名した。(2017/7/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
Googleの生産性はなぜ高いのか
なぜ効率化するのか? 仕事を1時間早く終わらせることがゴールではない。(2017/7/20)

Googleさん:
Googleさんの動向を追う連載、はじめます
ITmedia NEWSの海外速報担当者による、Google周辺情報のゆるいコラムがスタートします。まずは、Google I/Oこぼればなしから。(2017/5/22)

ラリー・ペイジ氏が空飛ぶ車なら:
サーゲイ・ブリン氏、モフェットフィールドで飛行船を開発中か
Googleの共同創業者、サーゲイ・ブリン氏がキャンパスの隣のNASAの飛行場で巨大な飛行船を開発中であるとBloombergが報じた。(2017/4/26)

一人乗り“空飛ぶ車”「Kitty Hawk Flyer」、年内発売へ
元Googleの自動運転プロジェクトリーダーが創業した新興企業が、一人乗りの水上向け“空飛ぶ車”、「Kitty Hawk Flyer」の動画を公開した。年内に米国で発売する計画だ。(2017/4/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプの年収はなぜ1ドルなのか
米国の大統領に就任したドナルド・トランプは、どのくらいの報酬を手にするのか。仕事の対価として年間40万ドルの給料が支払われることになっているが、トランプは「年収1ドルだけ受け取る」と公言している。米国では「年収1ドル」の政治家は多く……。(2017/1/26)

イーロン・マスク氏、トランプ次期大統領の経済助言チームメンバーに
ドナルド・トランプ次期大統領のITトップ懇談会に出席したTeslaやSpaceXの創業者、イーロン・マスク氏と、出席しなかったUberのトラビス・カラニックCEOが、トランプ氏の「戦略・政策フォーラム」に参加する。懇談会に参加したメンバーも明らかになった。(2016/12/15)

トランプ次期大統領のITトップ懇談会、行くCEO行かないCEO
トランプ次期米大統領が12月14日にニューヨークのトランプタワーで開くITトップとの懇談会には、Appleのティム・クックCEO、Alphabetのラリー・ペイジCEOなどが出席すると、米Recodeが報じた。(2016/12/12)

高速ブロードバンドプロジェクト「Google Fiber」の拡張凍結
Alphabet傘下のGoogle Accessが、2012年にカンザスシティを皮切りに展開してきした高速ブロードバンド提供プロジェクト「Google Fiber」の提供都市の拡大を中止すると発表した。同社のクレイグ・バレットCEOは辞職し、ラリー・ペイジ氏のアドバイザーとしいてAlphabetに留まる。(2016/10/26)

ロボットの“PARC”「Willow Garage」が撒いた種
シリコンバレーのロボットベンチャー関係者で「Willow Garage」を知らない者はいない。ROSやTurtleBotの開発元としてはもちろん、輩出した人材は業界に大きな影響を与えており、PCにおけるベル研究所やパロアルト研究所とも呼ばれるWillow Garageの足跡を追う。(2016/7/22)

Googleのラリー・ペイジ氏、個人的に“空飛ぶ自動車”企業に1億ドル以上出資とのうわさ
Googleの共同創業者でAlphabet会長のラリー・ペイジ氏が、2社の飛行自動車企業に1億ドル以上つぎ込んでいるとBloombergが報じた。1社の社長はGoogleの自動運転車プロジェクトを立ち上げたセバスチャン・スラン氏という。(2016/6/10)

Nest LabsでCEO交代──“iPodの父”トニー・ファデル氏から元Motorola Mobility幹部へ
Nest Labsの共同創業者で“iPodの父”として知られるトニー・ファデル氏が、同社のCEOを退任する。後任はMotorola MbilityのGoogle傘下時代にIoT部門の責任者を務めたマルワン・ファワズ氏。(2016/6/4)

若さは2度と来ない:
Facebook、Google、孫正義「心に響く名言集」
IT偉人たちの言葉。若いときにどれだけ堂々と行動できるかが、共通点といえそうです。(2016/6/4)

GoogleのピチャイCEO、「時代はモバイル第一からAI(人工知能)第一へ」
Googleのスンダー・ピチャイCEOが同社恒例の「創業者からの手紙」を初めて担当し、「世界の情報を整理し、誰もが活用できる価値あるものにする」というGoogle創業以来のミッションを果たすため、機械学習とAI(人工知能)に重点を置くと説明した。(2016/4/30)

FacebookのザッカーバーグCEO、米IT企業CEOランキングで1位に 2位はAppleのクックCEO
世論調査会社Morning Consultが米IT大手8社のCEOについての好感度を調査したところ、1位はFacebookのマーク・ザッカーバーグCEO、2位はAppleのティム・クックCEOという結果になった。知名度でもザッカーバーグ氏が抜きん出ている。(2016/2/29)

週末アップルPickUp!:
2015年「世界で最も影響力のある人物」ランキング、IT界の有名人は何位?
気になるティム・クックCEOの順位は……(2015/11/6)

誰が、次のイーロン・マスクになれるのか
世の中には、先天的にきわめて高い能力を持っている天才児がいる。そんな子どもが、物理学と経営学を学び、1週間100時間のハードワークをこなし、「人類を救う」強い意志を持っていたら、どうなるか。イーロン・マスクになる。(2015/10/15)

Sidewalk:
Googleが街を再構築する〜街のIoT化がもたらすもの〜
「都市生活の改善」を掲げるGoogleが立ち上げた「Sidewalk Labs」だが、詳細は明かされていない。しかし、「LinkNYC」などさまざまな取り組みを重ね合わせるとその狙いが透けて見える。(2015/8/27)

シリコンバレー初の“財閥”に?:
広がり続ける“Google帝国”、Alphabet設立で
Googleを傘下にする新会社Alphabetを設立すると発表したGoogle。“Google帝国”はさらに広がる見込みだが、一方で今回の発表には透明性には欠けている。(2015/8/13)

Googleが子会社化 新会社「Alphabet」設立! 複数の企業を傘下に
Googleのラリー・ペイジCEOが大規模改革を発表した。(2015/8/11)

ラリー・ペイジCEO、Alphabet発表文に小さないたずら(架空企業へのリンク)
Googleのラリー・ペイジCEOは持株会社Alphabetの立ち上げとGoogleの子会社化についての発表文の中に、HBOのシリコンバレーを題材にしたドラマ「Sillicon Valley」に登場する架空の企業「Hooli」の公式サイトへのリンクを潜ませた。(2015/8/11)

Google、新持株会社Alphabetの傘下に入り、スンダー・ピチャイ氏がCEOに
Googleのラリー・ペイジCEOが、新たな持株会社Alphabetを設立してそのCEOに就任し、Googleを傘下の事業会社にすると発表した。GoogleのCEOには例年のGoogle I/Oを統括してきたスンダー・ピチャイ氏が就任する。(2015/8/11)

スマートシティ:
グーグルやダッソーがスマートシティに参入、街を丸ごと仮想化する時代に
“街丸ごと”を仮想空間上で再現し、コンピュータの力で最適な分析を行い、制御を行う「スマートシティ」への取り組みが本格化しつつある。米グーグルが新たに新会社設立を発表した他、フランスのダッソーシステムズもシンガポールで共同開発を始めることを発表した。(2015/6/19)

企業動向:
Googleの次の狙いはスマートシティ、「Sidewalk Labs」を設立
Googleの次なるプロジェクトは「スマートシティ」のようだ。同社は、センサーや無線技術などを使って都市生活をより便利にすべく、Sidewalk Labsという新企業を設立した。(2015/6/19)

Google、都市生活改善に取り組む新企業Sidewalk Labs立ち上げ
自動運転カーや遺伝子研究を手掛けるGoogleが、今度は都市生活における諸問題の解決手段を開発・提供する企業Sidewalk Labsを立ち上げた。CEOには米同時多発テロ後のグラウンドゼロ復興に尽力した元ニューヨーク市副市長が就任する。(2015/6/11)

マダム・タッソー館にウォズニアック氏追加決定(ジョブズ氏、ザッカーバーグ氏に続き)
スティーブ・ウォズニアック氏本人の“選挙活動”も奏効し、サンフランシスコのマダム・タッソー館にウォズニアック氏の蝋人形が今秋から展示されることになった。「ジョブズの隣に立つ僕を見るのが楽しみ」と本人も喜んでいる。(2015/5/28)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。