ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ハーフXGA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハーフXGA」に関する情報が集まったページです。

ハーフXGA×2画面表示に対応 シャープ、モバイル機器向け液晶コントロールIC
業界で初めて480×1024ピクセル(ハーフXGA)の2画面同時表示に対応した液晶コントロールICをシャープが開発。(2010/7/2)

「941SH」「940SC」発売――実質負担額は5万2000円台、4万2000円台から
ソフトバンクモバイルのハイエンドモデル「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」と「OMNIA VISION 940SC」が発売された。実質負担額は941SHが5万2000円台、940SCが4万2000円台と案内されていた。(2009/12/2)

ふぉーんなハナシ:
AIが実現する新たなUI「スピンぐるメニュー」とは
「なんか面白い機能ないかな」――そんなゆるい気持ちで使えるのが、ソフトバンクモバイルのシャープ製端末に新たに搭載された「スピンぐるメニュー」だ。(2009/11/30)

ソフトバンクモバイル、「941SH」「940SC」「931N」を11月27日に発売
ソフトバンクモバイルの「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」と「OMNIA VISION 940SC」「931N」が11月27日から販売される。(2009/11/25)

「931SH」から何が変わった?:
写真で解説する「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」
ハーフXGA(480×1024ピクセル)サイズの4インチ液晶を備える「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」は、ソフトバンクモバイルの“全部入り”モデルだ。1年前に発売された「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」との違いを中心に、見どころをリポートしよう。(2009/11/11)

孫社長「Wi-Fiが答えだ」 山田社長「Wi-Fiより3G」 ソフトバンクモバイルとドコモが新サービス
ソフトバンクモバイルとドコモの新サービスは、両社の考え方の違いを浮き彫りに。ソフトバンクは「ケータイWi-Fi」で3Gより高速なWi-Fiをプッシュする一方、ドコモはフェムトセルによる自宅専用エリア構築サービスで3Gの快適さを向上させる。(2009/11/10)

Wi-Fi対応端末を8機種展開――ソフトバンクモバイルの2009年冬・2010年春モデル22機種
ソフトバンクモバイルが2009年冬モデル11機種、2010年春モデル11機種の計22機種75色を発表した。スマートフォン3機種を含む、Wi-Fi対応モデル8機種をラインアップし、無線LANを利用したケータイ活用を提案する。(2009/11/10)

4インチハーフXGA液晶搭載の無線LANケータイ――「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」
ソフトバンクモバイルの“AQUOSケータイ FULLTOUCH”が1年ぶりに登場。「941SH」は携帯電話では世界初となる、ハーフXGA(480×1024ピクセル)表示対応の4.0インチ液晶や、800万画素CCDを搭載。無線LAN環境で大容量コンテンツをダウンロードできる「ケータイWi-Fi」にも対応している。(2009/11/10)

ふぉーんなハナシ:
富士通の新技術発表会にも覆面端末
富士通が、携帯電話に搭載された各種センサーを活用し、ゴルフのスイングをチェックしてくれるiアプリ「ETGAスウィングレッスン」を発表した会場では、“謎の端末”でデモが行われた。(2009/9/28)

一撃デザインの種明かし(6):
いまからでも遅くない! ケータイデザインの基礎固め
普段はPCサイトを作っているけど、ケータイサイトに興味が出始めた人向けの、初めてケータイのデザインハウツーです。日々変化するケータイデザインの基礎の基礎をご紹介(2009/9/2)

写真で解説する「AQUOS SHOT 933SH」(ソフトウェア編)
「AQUOS SHOT 933SH」のソフトウェアの見どころは“カメラ”と“タッチパネル”。カメラは1000万画素CCDに進化しただけでなく、快適に操作できるタッチUIや、補正、撮り直し機能も強化。タッチパネルはフルワイドVGAサイズで使いやすくなるよう、最適化が図られている。(2009/5/21)

「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」ロードテスト:
第1回 かゆいところに手が届く――「デスクトップショートカット」を試す
ソフトバンクモバイルのハイエンドモデル「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」は、タッチパネルを搭載したことで、操作性が大きく向上した。ロードテストの第1回では、待受画面からさまざまな機能やデータを呼び出せる「デスクトップショートカット」の使い勝手を検証する。(2009/1/12)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(ライター小山編):
高機能かシンプルか――ケータイ新時代の扉が開いた年
何かと暗い話題の多かった2008年のケータイ業界。そんな中でも、明るい話題を提供してくれた端末がいくつか登場した。iPhone 3Gはもちろん、独自路線を行くシャープや2台目端末として定着したシンプルケータイなどが新時代を切り開いてくれるのだろう。(2008/12/29)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(編集部岩城編):
何か、基本的に“全部”全部入りになっちゃいましたのでね
ライフスタイル別に──といったように、2008年もたくさんの新機種が登場したが、筆者の“全部入り好き”で“ちょっとヘンなものも好き”な傾向は変わらない。(2008/12/29)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(編集部田中編):
使って楽しい、飽きないケータイが増えた
「機能が成熟した」といわれる中で、2008年もケータイは確実に進化を遂げた。そして進化とは違ったアプローチで“変化球”を投げた機種も多かった。また、ケータイの購入方法に“2年縛り”が加わったことで、キャリアやメーカーが「長く使うこと」を意識した機種も目立った。(2008/12/26)

開発陣に聞く「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」:
タッチだからこそ“親指文化”にもこだわった――「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」誕生秘話
ハーフXGAサイズの3.8インチのタッチパネルディスプレイ、モーションセンサーといった先進的なデバイスを搭載した「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」は、現行ケータイではトップクラスのスペックを誇る。大型ディスプレイを搭載した理由、タッチパネルに盛り込んだ工夫とは――シャープの開発陣に話を聞いた。(2008/12/20)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
大画面のタッチパネルと快適操作、撮ることそのものが“超楽しい”カメラ──「FULLTOUCH 931SH」
携帯最大クラスのハーフXGA 3.8インチタッチパネル液晶が特徴の「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」。カメラは5.2MのCMOSとハイエンドの他機種より少し劣るが、タッチパネルのメリットを存分に生かした操作性が秀逸。「撮るという作業そのものがとにかく楽しい」と思えたケータイカメラだった。(2008/12/11)

「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」の“ここ”が知りたい:
第1回 16GバイトのmicroSDHCは使える?――「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」
3.8インチのハーフXGA液晶やタッチパネルを備え、ソフトバンクモバイルの冬モデルの中でもハイスペックな「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」。“ここ”が知りたい第1回は、外部メモリの対応状況や着信LEDなどの基本事項をチェックした。(2008/12/3)

「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」発売――新規の実質負担額は5万円台前半
ソフトバンクモバイルの「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」と「Nokia N82」が発売された。都内量販店では、新スーパーボーナス加入時の新規価格がAQUOSケータイ FULLTOUCH 931SHは月々2180円、Nokia N82は月々680円と案内されていた。(2008/11/28)

ソフトバンク、「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」「Nokia N82」を11月28日に発売
ソフトバンクモバイルが、全面タッチパネル採用のハイエンドモデル「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」と、カールツァイスレンズの5Mカメラを採用した「Nokia N82」を11月28日から販売すると発表した。(2008/11/26)

2008年冬モデル、続々JATE通過──931SH、P-02A、WX330Jなど
先日、各キャリアから発表された2008年冬モデルが今回も多数JATEを通過。ドコモ向け「P-02A」「P-03A」「SH-02A」「F-02A」、ソフトバンクモバイル向け「930SH」「931SH」などが認定を受けた。(2008/11/25)

Weekly Access Top10:
Windowsケータイに付属する「Outlook」は試用版というワナ
購入検討の「Touch Diamond」「Touch Pro」を横目でにらみつつ、“母艦”にするつもりで「Eee PC」を購入した。もちろんOfficeが入っていないので、端末の同期にはOutlookが別途必要となるのだが。(2008/11/13)

ソフトバンクモバイル2008年冬モデルの“ここ”が知りたい──読者の質問、募集します
ソフトバンクモバイルが10月30日に発表した2008年冬モデルは全16機種。3.8インチHXGA液晶搭載のフルタッチスライド「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」、OMNIA日本モデル「930SC OMNIA」、8M CCDカメラ搭載搭載の「930SH」から、HTCのTouchシリーズ、Nokia端末など多彩な機種が登場。このソフトバンク冬モデルの“ここが知りたい”を募集します。(2008/11/11)

Weekly ITmedia +D Top10:
悲恋にささぐ防水携帯
秋も深まる今日このごろ、各キャリアでは秋冬モデル発表会ラッシュ! 登場した記事のうち9記事が新端末に関するニュースです。(2008/11/6)

写真で解説する「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」
3.8インチのハーフXGA液晶を搭載する「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」は、すべての操作がディスプレイのタッチでできるフルタッチ機構を採用したのが大きな特徴だ。タッチパネルの使い勝手を中心に各種機能をチェックした。(2008/11/4)

携帯販売ランキング(10月20日〜10月26日):
そろそろ“枯れ”期も終了、携帯新機種発表ラッシュ始まる
各キャリアが携帯冬商戦向けモデルを発表。これに応じて、もうすぐ“旧機種”になる現行機種の値下げ傾向がさらに加速した。「1円/0円」「緊急大幅値下げ」「週末だけ特価」といったPOPを掲げる店舗も多くみかけ、急浮上した機種もいくつかあった。(2008/10/31)

Touch ProやNokia E71などスマートフォンも4機種登場:
ソフトバンクモバイル、2008年冬モデル16機種発表――3.8インチスライドAQUOSや8M CCDカメラ搭載、日本版「OMNIA」、初のカシオ端末など
ソフトバンクモバイルが2008年冬モデルを発表。3.8インチのハーフXGA液晶を搭載したスライドボディの「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」や、800万画素CCDカメラ搭載の「930SH」、Samsung電子製のタッチパネルケータイ「930SC OMNIA」など計16機種を用意する。(2008/10/30)

世界初、3.8インチハーフXGA液晶搭載の“FULLTOUCH”ケータイ―― 「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」
「3.8インチ大画面」+「FULLTOUCH」で多彩な機能を快適に使いこなす――シャープ製の「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」は、最先端のデバイスと高機能が凝縮された、秋冬モデルの“全部入り”ケータイだ。(2008/10/30)

ソフトバンクモバイル、冬モデルでタッチパネルケータイ4機種投入
ソフトバンクモバイルが、冬モデルでタッチ操作対応端末4機種を投入すると発表した。シャープの「AQUOSケータイ 931SH」、Samsung電子の「OMNIA」、HTCの「TOUCH PRO」「TOUCH DIAMOND」を投入する。(2008/10/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。