ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「阪神タイガース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「阪神タイガース」に関する情報が集まったページです。

水曜インタビュー劇場(阪神・広島公演):
市場は縮小しているのに、なぜトラとコイの国語辞典は好調なのか
三省堂の国語辞典が売れていることをご存じだろうか。昨年「タイガース仕様」を発売したところ売れて、今年「カープ仕様」を発売したらまた売れて。「辞書」といえば「カタイ」イメージがあるが、なぜ同社は球団愛に満ち溢れた辞書をつくったのか。(2019/5/15)

「春の大山 打つんだ」 小学生の詠んだ春の詩がタイガース愛いっぱいでなごむ
書き出しからして「あったかいし6時だ。サンテレビを見よう」……いい!(2019/5/14)

ガンダムと阪神タイガースのコラボナイターが5月17日開催 “赤い”広島戦をアムロのアナウンスが盛り上げる
1番センター、近本行きまーす! とかだったらいいのにな。(2019/4/29)

戦力外になった後輩に経験伝えたい:
高卒でプロ野球を戦力外 16年後に「公認会計士」になった男の逆転人生
阪神タイガースから戦力外通告を受けたものの、その後公認会計士になった元投手、奥村武博さん(39)。引退した選手が第二の人生で成功できずにトラブルを起こすケースが多い中、いかにして成功できたのか。かつての挫折と、そこから這い上がった経験を聞いた。(2018/11/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
阪神・金本監督を辞任に追い込み、チームも崩壊させた背景
阪神タイガースの金本知憲監督が今季限りでの辞任を表明した。虎党からは「ホンマかいな」と驚いたかもしれないが、成績不振の責任を取り、指揮官は身を引くことに。それにしても、なぜ金本監督は結果を残すことができなかったのだろうか。原因を探っていくと……。(2018/10/12)

「自分には競技しかない」は本当か:
元阪神タイガース投手の公認会計士が「アスリートの人生設計」を本気で手伝う理由
アスリートデュアルキャリア推進機構(ADCPA)の奥村武博代表理事が、9月20日に会見を開催し、今後の戦略を発表した。同機構はスポーツ選手のキャリア形成を支援している。これからどのようなことに取り組んでいくのだろうか。(2018/9/21)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
阪神タイガースが低迷している“元凶”は誰か
今季もまた阪神タイガースがリーグ優勝を逃そうとしている。リーグ優勝は2005年を最後に今季も含めて、もう13シーズンも縁がない。弱い虎にイライラを募らせているファンは多いだろうが、チームの低迷を招いている元凶は誰か。(2018/8/30)

虎ファンの新スポット誕生 なんばに球団公式の「阪神タイガース酒場」オープン
選手にちなんだメニューもあります。(2018/6/19)

タイガース戦の速報届く腕時計型端末 シャープ「funband」タイガースモデル発売
阪神タイガースの試合速報などが届く腕時計型ウェアラブル端末「funband」の阪神タイガースモデルが登場。(2018/1/30)

帯には「六甲おろし」:
ファンの愛で誕生 「阪神タイガース」仕様の国語辞典
三省堂が「阪神タイガース」仕様の国語辞典を発表。インパクトの強い装丁に仕上げた。作った狙いは?(2018/1/19)

阪神タイガース仕様の「三省堂国語辞典」 ケースは縦縞、表紙は黄色、一部用例も球団仕様に変更する力の入れよう
帯には「六甲おろし」の歌詞が入っています。(2018/1/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
阪神タイガースの「超変革」がなかなか進まない、なぜ?
阪神タイガースがいまひとつパッとしない。下位とのゲーム差を考えれば2位の座は大丈夫だと思うが、広島や巨人に勝てない。昨季「超変革」のスローガンを掲げているのに、なぜチーム内で変革が進まないのか。(2017/9/22)

野球のDeNA-阪神戦、緊迫の場面にニャンと助っ人が乱入 同じネコ科のタイガースにエールを送る
グラウンドを疾走する謎の影が……!?(2017/4/13)

Spigen、阪神タイガースコラボのスマホリングを関西地区の「Smart Labo」で販売
Spigenが阪神タイガースとコラボした「スタイルリング」のスペシャルモデルが、関西地区の「Smart Labo」4店舗で購入できるようになった。Web通販での取り扱いも拡大している。(2016/12/7)

ファン必見:
Spigenの「スタイルリング」に阪神タイガース公認モデルが登場 1000個限定販売
Spigenのスマートフォンリング「スタイルリング」に、阪神タイガース公認の限定モデルが登場。同社の公式ストアとAmazonストアで、1000個限定で販売している。(2016/10/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
広島カープ独走Vの裏で、四面楚歌になりつつある阪神・金本監督の苦悩
広島カープがリーグ優勝した。25年ぶり7回目の優勝に、球場もインターネットも大盛り上がりしたが、その一方でカープファンからブーイングを浴びた球団がある。阪神タイガースである。今季の阪神といったら……。(2016/9/15)

リーグ優勝どころか世紀末覇者になりそう 阪神タイガースと「北斗の拳」がコラボ、金本監督がケンシロウ風に
百発百中の猛虎あらわる。(2016/8/23)

メガホンやねこみみタオルなども新登場 ねこあつめと阪神タイガースのコラボグッズが全国販売へ 
8月2日から!(2016/7/6)

あの歌姫が甲子園に 水樹奈々が阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」を歌う
西川アニキのバージョンもあるよ!(2016/7/2)

タイガースファン歓喜 猛虎魂あふれるタイガース仕様の婚姻届が発売、かわいいピンクもあるよ
4月22日(良い夫婦の日)の発売。(2016/4/22)

たてじまさんの夢がかなった! 阪神タイガース×ねこあつめのコラボグッズが発売決定
なんでや! 阪神関係……あったわ!(2016/4/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
阪神の救世主となるか 新監督「鉄人」の知られざる努力と忍耐
阪神タイガースの新監督に、金本知憲氏が就任した。かつてチームの精神的支柱としてその名を轟かせたが、球団側は新指揮官として、いったいどんな役割を期待しているのか。(2015/10/22)

タイガースとマリーンズの選手がビックリマンに!? セ・パ交流戦でビックリマンコラボグッズ販売
マリーンズゼウスにタイガースデビル……!(2015/6/2)

トラトラトラやで:
阪神タイガース創設80周年 『ビッグコミックオリジナル』増刊号は虎一色に
高橋留美子さん描き下ろしのラムちゃんポスターが付属するほか、元・阪神タイガースの川藤幸三さんのインタビューも読める。虎ファン必読の一冊。(2015/5/28)

タイガース投手の剛速球を体感できる「投球体感映像」 甲子園歴史館がオープン
藤浪、能見、呉昇桓投手のピッチングをキャッチャー目線で味わえる!(2015/3/17)

新連載・赤坂8丁目発 スポーツ246:
それでも「メジャー」に挑戦する――阪神・鳥谷の人間性
阪神タイガースの鳥谷敬内野手が今オフにFA権を行使して、大リーグに挑戦する意向を示した。“虎の生え抜き”としてチームの屋台骨を支え続けてきたが、打者として個人タイトルは手にしてない。そんな彼が、なぜ海を渡ろうとしているのか。(2014/11/13)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
「下克上寸前」まで上り詰めた、阪神・和田監督に潜むチカラ
阪神タイガースが日本一の座を逃した。就任3年目の和田監督は口数が少ないので、メディアで取り上げられる機会は少ない。どんな人物なの? と思っている人が多いかもしれないが、虎の指揮官は類まれな“図太い神経”の持ち主なのだ。(2014/10/31)

なんでや! タネを植えると若虎や猛虎たちが生えてくるアプリ「阪神タイガース にょきにょき」が登場
球場から選手や監督が生えてくる放置系ゲーム。(2014/7/14)

オウ、オウ、オウオウ:
iPhone 5に阪神のユニフォームを──「id America-Cushi」猛虎バージョン
F.K.SOLUTIONSは、ファストスブレッドと共同で“阪神タイガース”デザインのiPhone 5向けクッションシールとバンパーのセットを販売する。(2013/7/10)

全身3Dスキャンでアニキを再現 元阪神・金本選手の名シーンがフィギュアに
元阪神タイガース、金本知憲選手の「思い出に残る一打」が限定生産フィギュアとして発売される。(2013/4/8)

阪神タイガース承認 黄色と黒の「猛虎うどん」
「猛虎うどん」はウコンと黒ごまや黒米を使い、1本の麺が2色の2層構造になっている。(2012/7/9)

Pocket WiFi(GP02)無料のキャンペーンも:
イー・モバイル回線を用いたデータ通信サービス「Tigers-net.com」
阪神タイガース公認インターネットプロバイダー「Tigers-net.com」にて、イー・モバイル回線を用いたデータ通信サービスが開始される。(2011/12/1)

種類が選べる「阪神タイガース iPhone 4用シール」
アクト・ツーは、プロ野球球団阪神タイガースの正式ライセンスによる「阪神タイガース iPhone 4用シール」3デザインの販売を開始した。(2011/7/8)

実況風音声も:
六甲おろしボタン搭載の“阪神タイガースナビ”、RWCから
アール・ダブリュー・シーは、「阪神タイガース」をモチーフとしたポータブルナビゲーション「CN-700THT」を発売する。カーナビ本体にはTHや阪神タイガースのロゴマークをプリント。また、案内音声のオプションボイスには掛布氏を起用している。(2011/6/27)

Tigersケータイに12.2Mカメラ搭載の防水モデル「TK-T004」が登場
阪神タイガースファン向けの「Tigersケータイ」に、新製品として、12.2Mカメラと新CPUを搭載した東芝製防水ケータイ「TK-T004」が追加された。(2010/9/2)

世界初、プロ野球を3D生中継 阪神対ヤクルト戦を「ひかりTV」で
7月8日に行われる阪神タイガース対ヤクルトスワローズの試合が3D映像で生中継される。「ひかりTV」加入者なら無料。(2010/7/1)

「ひかりTV」、阪神タイガース戦を3Dライブ配信
「ひかりTV」は、7月8日に甲子園球場で開催される「阪神対ヤクルト」戦を試合開始から終了まで、3Dライブ配信する。(2010/7/1)

エネルギー技術 太陽電池:
ホンダのCIGS太陽電池が甲子園球場に採用、ナイター電力をカバー
阪神タイガースが1年間に阪神甲子園球場で開くナイトゲームで利用するナイター照明の使用電力量に相当する電力を発電できる。(2009/10/1)

出版&新聞ビジネスの明日を考える:
今、明らかにしよう! 星野監督“勇退スクープ”の裏側
2003年、阪神タイガースの星野監督が「健康上の都合」を理由に“勇退”したのを覚えているだろうか? 日本中に激震が走ったスクープを取ったのは、写真週刊誌『F』だった。その裏側を……5年以上の歳月を経て、いま明らかにする。(2009/3/11)

景気探検:
7月末発表の米国GDPに注目――シリアスドラマ高視聴率と景況感
ここまでの発表数値を見ると米国の個人消費はしっかりしている。国内では過度な悲観論が修正されていく可能性もある。阪神タイガースの快進撃が景気下支え要因となるかも注目だ。(2008/7/11)

阪神タイガースファンのためのDS――「阪神タイガースDS」
スパイクは、阪神タイガースの歴史と今シーズンの選手名鑑を搭載した、ファン必携のDSソフト「阪神タイガースDS」を2008年夏に発売する。(2008/3/28)

ホークスだけじゃない:
fanfun. 815Tベースの“タイガースケータイ”がモバイルファクトリーから登場
モバイルファクトリーが、阪神タイガースとコラボレートし、「fanfun. 815T」ベースの阪神タイガースケータイの先行申し込みを受け付けている。(2008/3/5)

スカパーJSATの社長が阪神タイガースを応援する理由
2011年のアナログ放送終了を控え、メディアの経営環境は大きく変化している。競争が激化するなか、スカパーJSATの生き残り策は何か。(2007/5/11)

「P902iS」用カスジャケに阪神タイガースモデル
P902iS用にタイガースモデルのカスタムジャケットが2種類登場する。トラキチは要チェックだ。(2006/7/25)

「P902i」用カスタムジャケットに阪神タイガースモデル
「P902i」用カスタムジャケットの阪神タイガースモデルが登場。6種がラインアップされる。(2006/3/29)

コレガ、タイガース仕様の“猛虎”無線LANルータ
コレガは、阪神タイガース創立70周年を記念した“猛虎”仕様の無線LANルータ、および10メディア対応メモリカードリーダーの2製品を限定販売する。(2005/8/23)

TVキャプチャーユニット
使用PCを選ばないLAN接続型TVキャプチャーユニット発表──カノープス
カノープスは、LAN接続タイプの外付けTVキャプチャーユニット「DNT-888L」、タイガース仕様でライターサイズとなる超小型キャプチャーユニット「豆ちゅータイガース」などTVキャプチャー製品3モデルを発表した。(2005/8/10)

“アニキ”のジャケットも──“P”のカスジャケに阪神タイガース版
虎ファンにはたまらない阪神タイガースバージョンのカスタムジャケットが登場。アニキと慕われる“あの選手”のモデルも。(2005/8/1)

阪神タイガース70周年記念モデルノートPC登場
上新電機およびターボリナックスはソーテックとの共同企画による阪神タイガース70周年記念モデルノートPCを発売する。価格は13万9800円。(2005/3/10)

Tigers-net.comがJUGEMベースの会員向けBlogサービス「T-Blog」をスタート
阪神タイガース公認プロバイダ「Tigers-net.com」は、paperboy&co.提供のBlogサービス「JUGEM」ベースの会員向けBlogサービス「T-Blog」を11月10日にスタートすると発表した。(2004/11/5)

赤星も書く虎ファン専用Blogスタート
タイガースのテンプレートを利用できるJUGEMベースのBlogがオープン。(2004/11/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。