ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「星野源」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「星野源」に関する情報が集まったページです。

「おげんさんといっしょ」第3弾放送決定 過去最長の90分生放送
あらたな「おげんさんファミリー」も登場。(2019/10/7)

「逃げて! 木原さん!」 星野源、新作イラスト「そらジロー」が子どもに見せられないホラー感
歯が……歯が……!(2019/9/26)

「夢の共演!」「3度見しました!」 「B’z」松本孝弘、木梨憲武の“職業なりきり写真”シリーズにまさかの降臨
もう誰が来ても驚かない。(2019/9/19)

「おばたのお兄さんじゃないですよね!?」 小栗旬、木梨憲武の“職業なりきり写真”シリーズ降臨で大反響
きーなしっ。(2019/9/15)

鳥獣戯画図かな? 星野源が描いた『ドラえもん』イラストに反響 画伯の前衛的な芸術に置き去りにされる人が続出してしまう
芸術は爆発だ!!(2019/9/9)

90年代邦楽で初の快挙! スピッツの代表曲「ロビンソン」がYouTubeで1億回再生を突破
ルララ〜♪(2019/9/3)

星野源、“仮面ノリダー”に変身し木梨憲武との2ショット公開 童心に帰った瞬間の顔に注目集まる
小学生の源さんが見たら大喜びだな。(2019/8/31)

Apple Music、星野源のラジオ番組「Pop Virus Radio」を配信開始
星野源全曲ストリーミング配信に合わせ、自身のラジオ番組も提供。(2019/8/30)

星野源、木梨憲武の“職業なりきり写真”シリーズにさらっと登場 “タピる”姿に「げ、源さん!?」「凄いコラボ」と反響
二度見した。(2019/8/24)

『逃げるは恥だが役に立つ』が朗読劇として舞台化決定 梶裕貴、生駒里奈らが日替わりで登場
計16人のキャストが日替わりで4人の登場人物を演じる。(2019/6/27)

現代社会に必要な“肯定”はここにある 「世話やきキツネの仙狐さん」が楽園(エデン)すぎる
今からロスが怖い。(2019/4/25)

猫のミュージシャン「むぎ(猫)」がメジャーデビュー アルバム「君に会いに」が発売&配信開始
天国から現世へ帰り、そして「君に会いに」。3月27日まで新宿でポップアップイベントも開催中。(2019/3/20)

今日のリサーチ:
第69回紅白歌合戦、最高視聴質はDA PUMP「U.S.A.」――TVISION INSIGHTS調べ
平成最後のNHK紅白歌合戦、最も注視されたのは誰のどの場面だったのでしょうか。(2019/1/18)

デザイン専門誌『MdN』が3月に休刊へ 創刊から29年 今後はWebメディアとして展開
特集で「制服」「神社」「乃木坂46」「おそ松さん」「ポプテピピック」など、クリエイター業界向けにとどまらない企画性で話題を生んでいました。(2019/1/10)

会社の忘年会、行きたくない人が4割 「上司の話を聞くのが面倒くさい」「会社の人より友達と飲みたい」
忘年会を原因とした、恋人・結婚相手との喧嘩も5人に1人が経験あるようです。(2018/12/19)

これはまぼろし……? 吉岡里帆演じる“どんぎつね”の写真集公開、平成最後の年末に恋人気分を味わえるぞ!
写真集のタイトルは「ぼくのそばにきみがいる」(=ぼくの蕎麦に黄身がいる)。(2018/12/19)

漫画『逃げるは恥だが役に立つ』が連載再開! 歓喜に沸くファン、ドラマの続編を期待する声も
うれしい!(2018/11/24)

平成で一番歌われたアニソンは? DAMの「平成カラオケランキング」発表
全体1位は一青窈さんのあの曲でした。(2018/11/21)

18年の1位は米津玄師「Lemon」:
平成のカラオケで最も歌われた楽曲は? 歌手1位は「浜崎あゆみ」
平成で最も歌われた楽曲は? 通信カラオケ「DAM」などを展開する第一興商がまとめた結果、1位は……(2018/11/21)

ライブ配信「LINE LIVE」にカラオケ機能 オーディションも開催
LINE LIVEにカラオケ機能が追加。「JOYSOUND」のエクシングと提携し、星野源さんの「恋」、DA PUMPの「U.S.A.」などの人気曲をそろえる。(2018/11/9)

また孤独な男の幻が! 「どん兵衛」新CMに金髪美女の“どんフォックス”、星野源のよからぬ妄想が捗る
男は金髪美女が好き、そう、星野源もね。(2018/11/2)

PR:美味しんぼ1巻が○500円に!? 価格の自動入力機能で戦う「メルカリ・バーコードバトル」をいい大人が真面目にやってみた
本当に便利な機能です。(2018/9/20)

星野源「おげんさんといっしょ」第2弾が8月20日に放送決定! 新たな“おげんさんファミリー”登場も
よっしゃきたー!(2018/8/7)

星野源の「おげんさんといっしょ」再び! 初の再放送に「第2弾を期待して良いですか?」など期待高まる
帰ってきたおげんさん。(2018/7/31)

見よ、これがイエスとブッダだ 実写版「聖☆おにいさん」のビジュアルが期待を裏切らない神々しさ
関係者一同が「これはどこからか、お叱りをうけるのではないか!」と戦々恐々するほどの完成度に。(2018/6/20)

「鰻よ、カッコ良すぎるやろ!」 銀シャリ鰻の“綾野剛ものまね”が2度見必至のハイクオリティー
芸人界の綾野剛が決まった。(2018/5/12)

細田守最新作「未来のミライ」が7月20日に公開決定! 主人公の4歳男児は声優初挑戦の上白石萌歌に
ミライちゃんは細田作品3作目となる黒木華さん。(2018/4/11)

視力が落ちた時期は……:
大人の視力、平均値は「0.5」 「メガネ男子・女子」好きは3割超
大人の裸眼視力、平均は「0.5」──調査会社のマクロミルが20〜69歳の男女を対象にアンケート調査した結果、こんな結果が出た。(2018/4/5)

実写「聖☆おにいさん」に松山ケンイチ&染谷将太! 製作総指揮の山田孝之「失禁しそう(少し出てますが)」
新たに立ち上がる動画配信サービスで配信予定とのこと。(2018/2/20)

寄稿・福井健策弁護士:
「森のくまさん」騒動からJASRAC問題まで……著作権10大ニュースで考える、情報社会の明日はどっちだ?
著作権まわりでもさまざまなニュースがあった2017年。この1年の「10大ニュース」を、弁護士の福井健策さんが振り返る。(2017/12/26)

広瀬すず、菅田将暉、星野源…… 2017年にTwitterで話題になった役者たち
新垣結衣さんやブルゾンちえみさんらも。(2017/12/5)

「『逃げ恥』にみる結婚の経済学」:
大ヒット「逃げ恥」から学ぶ、「日本の結婚」の夢と現実
2016年に大ヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。「逃げ恥」が浮かび上がらせた日本の結婚の夢と現実とは? 本当に「専業主婦はブラック」なのか?(2017/11/10)

「逃げ恥」の再放送が決定! 11月12日と26日に全話一挙放送
TBSチャンネル1にて。(2017/11/8)

元SMAP3人が72曲メドレーを生披露 「前前前世」に「ultra soul」、恋ダンスも【楽曲一覧あり】
声を枯らして熱唱しました。(2017/11/5)

作品愛足りてんよ 「ピンポン」ペコになりきる吉岡里帆が一等賞なクオリティー
星野源さんも共演してほしい。(2017/11/1)

「叫んでしまう可愛さ」「かわいいの嵐」 星野源、キツネ耳の“げんぎつね”姿でファンの心をかき乱す
げん、お前だったのか。(2017/10/27)

吉岡里帆、きつね耳をピクピクさせて「コンコンコンコーン」 キュン死するファンが続出
「コンコンコンコーン」の破壊力よ。(2017/10/10)

「かわいくてたまらない!」 綾野剛&星野源のほんわか2ショットが癒しの極み
ドラマ楽しみだな。(2017/9/29)

アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」、オタワ国際アニメーション映画祭グランプリ
オタワ国際アニメーション映画祭長編部門で日本作品、日本人監督がグランプリを受賞するのは初。(2017/9/24)

おげんさんカムバック! NHK「SONGSスペシャル 星野源」で復活でございまーす!
番組も復活を!(2017/9/22)

「けものフレンズ」のMステ再出演でネット上が大騒ぎ! オーイシおにいさん「涙で前が見えねぇえぇ!!!」
9月18日放送の「MUSIC STATION ウルトラFES 2017」に出演しました。(2017/9/18)

「かしゆかです、あ〜ちゃんです、のっちです、ほしゆかです」 4人目のPerfume、星野源の女装姿がなじみすぎ
3年ぶりに降臨。(2017/9/15)

恋ダンス“踊ってみた動画”削除依頼へ 星野源さんの所属レーベルが表明
一定の条件で投稿を認めていた“恋ダンス”の“踊ってみた動画”について、9月から削除依頼を始めると、星野源さんのレーベルが告知した。(2017/9/1)

「“恋ダンス”動画削除を」 星野源が所属するレコード会社が要請、9月以降は削除手続き
まじかよ……。(2017/9/1)

LINE、電子チケットで新会社 「LINE ID」で不正転売防ぐ
LINE、アミューズなどが新会社「LINE TICKET」を設立。チケット購入者の「LINE ID」をチケット情報とひも付け、不正転売を防ぐサービスを提供する。(2017/9/1)

深田恭子、ピンクの着ぐるみ姿の“デートなう”写真に「使えるわけないですね……」→需要めっちゃある!
「デートなうに使っ……」「あいわかった」(即答)。(2017/8/10)

夢でいいから会いたい! 深田恭子、浴衣デート風ショットで夏の女神になる
深キョンとのデートならエンドレスエイトに突入してもいい。(2017/8/8)

星野源、「Family Song」MVで再び“おげんさん”に! 高畑充希、藤井隆もダンスで魅せる
おげんさんやないか!(2017/8/1)

最もリーチしたのは「君の名は。」:
エンタメ市場で最も支出を生み出したのは「嵐」 2年連続1位
「コンテンツビジネスラボ」がコンテンツファン消費行動調査2017年版の結果を発表。最も人々にリーチしたのは「君の名は。」、最も支出を生み出したのは「嵐」だった。(2017/7/5)

「逃げ恥」の那須田P、アニメ「ミイラの飼い方」のプロデューサーに
これは何か仕掛けてくるはず……!(2017/6/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。