ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「使い方」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「使い方」に関する情報が集まったページです。

「最高の日の出やー!」 濱口&アッキーナ夫婦、衝動買いキャンピングカーで見た初日の出ドライブに感動
何てぜいたくなキャンピングカーの使い方なんだ〜!(2022/1/24)

Cloud Nativeチートシート(12):
不正アクセス、盗聴を防ぐ――マイクロサービスのセキュリティを向上させる4つのIstio機能
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、Istioのセキュリティ機能に焦点を当て、通信の暗号化、認証/認可の機能を紹介する。(2022/1/21)

ドコモ、「kikitoデバイスガイド」を提供 購入先や売却先、取説などが分かる
NTTドコモは、無料アプリ「kikitoデバイスガイド」を提供開始。30万以上のデバイスの取扱説明書をはじめ、便利な使い方、対応デバイスや関連サービス、不要になったデバイスの売却先などを確認できる。(2022/1/17)

Supply Chain Dive:
サプライチェーンを事故や災害から守るには? MSが展開する“デジタルツイン”の使い方
コロナ禍で多くの企業が調達不足や工場の操業停止といった問題に見舞われる中、MSがデジタルツインを使ったサプライチェーン向けクラウドソリューションを発表した。クラウドやデジタルツインを駆使し、突発的な事故や災害の際にもリスクを最小限に抑えるという、その中身は。(2022/1/14)

オンラインとオフラインの境界をなくす技術
テレワークでの“ぼっち感”や“いらいら”を解消する3つの「AI」活用例
テレワークとオフィス勤務の従業員の間で起きるコミュニケーションの問題を改善する、人工知能(AI)技術の有効な活用例を紹介する。テレワークの生産性と協調性を高める使い方とは。(2022/1/14)

YouTube広告からの商品購入でトラブルに…… 親のネットの使い方にどう向き合うか
コロナ禍でなかなか帰省も難しくなっている今、せっかく帰省したときには実家のIT環境を見直しておきたい。本稿では、母親が遭遇したネット広告のプチトラブルについて紹介する。(2022/1/13)

「お金の使い方」を知っていますか? 教育事業参入のマネックス松本社長に聞く
マネックスグループは2021年11月26日に、STEAM教育に取り組むスタートアップ「ヴィリング」を買収した。これは、マネックスが教育事業に新規参入するということを意味する。その背景には何があるのか。松本大社長に聞いた。(2022/1/14)

データを一緒に見るところから始める
中堅企業のAI活用のリアル 「何をどうすればいいの」を解消する方法
ビジネスにデータを活用したくても、AIのプロやデータサイエンティストの採用は難しい。そんな企業でも、自社データを生かす方法がある。「使い方」さえ分かれば「最新AI活用企業」になることも不可能ではないという、その方法とは。(2022/1/24)

子犬「楽しいな〜」赤ちゃん「私のなんだけど……」 英に暮らす子犬、赤ちゃんのゆりかごで遊ぶ姿がかわいい
使い方は間違っていない。(2022/1/4)

初めて使うオシロスコープ(2):
「電圧軸」「時間軸」「トリガー」の基本的な設定
本連載は初めてオシロスコープを使う人を対象にその基本的な使い方や使用上の注意点を解説していく。今回は、「電圧軸」「時間軸」「トリガー」の基本的な設定について説明する。(2022/1/17)

iPhoneをルーペ代わりに iOS 15で標準アプリになった「拡大鏡」の使い方
これまで「設定」の「アクセシビリティ」に格納されていたが、iOS 15で標準アプリとなった「拡大鏡」を使ってみる。カメラと似た使用感だが、見たいものを即座に確認したり、色調を補正できたりする点で便利なアプリだ。(2021/12/23)

シャープが適切な使い方教えてくれる冷蔵庫発表
シャープは21日、独自の空気浄化技術「プラズマクラスター」を搭載した冷蔵庫の新製品5機種を発表した。モノとインターネットがつながるIoT機能を強化。人工知能(AI)が冷蔵庫の使用状況や季節に応じた適切な使い方をアドバイスしてくれる。来年2月から順次発売する。(2021/12/22)

シャープ、AIが適切な使い方教えてくれる冷蔵庫発表
シャープがプラズマクラスター搭載の新型冷蔵庫5機種を発表した。IoT機能を強化。AIが冷蔵庫の使用状況や季節に応じた適切な使い方をアドバイスしてくれる。(2021/12/22)

Cloud Nativeチートシート(11):
Istioのトラフィック制御ならブルーグリーンデプロイメント、カナリアリリース、フォールトインジェクション、サーキットブレーカーは簡単にできる
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、Istioのトラフィック制御機能によってブルーグリーンデプロイメント、カナリアリリース、フォールトインジェクション、サーキットブレーカーを簡単に実現する方法を解説する。(2021/12/21)

マルチクラウドに潜む4つの落とし穴【後編】
ずさんな「マルチクラウド管理」が生む“無駄コスト”の正体と、その解消法
用途に合わせて利用するクラウドサービスを変えるなど、「マルチクラウド」を取り入れる企業がある。ただし使い方によっては利便性が高まる一方で、逆効果を生むこともある。企業が陥りがちなわなとは。(2022/1/14)

Twitterが“安全な使い方ガイド”公開 攻撃された際に使うべき機能、ミュート・ブロックの基準など紹介
Twitter Japanが、Twitterを安心して使うための機能を紹介する「デジタルセーフティープレーブック」の日本語版を公開した。(2021/12/16)

【共感しかない】Twitterのリプライは「“コメント欄”だと思っている人がいる」 使い方の差を捉えた意見が話題に
あの人たちはコメント欄だと思っていたのか……。(2021/12/16)

テルえもんの3Dモノづくり相談所(6):
3D CADのサーフェスモデリングの用途がイマイチ分からない……
連載「テルえもんの3Dモノづくり相談所」では、3Dモノづくりを実践する上で直面する“よくある課題”にフォーカスし、その解決策や必要な考え方などについて、筆者の経験や知見を基に詳しく解説する。第6回のテーマは「3D CADのサーフェスモデリングの基本的な使い方やその用途」だ。(2021/12/15)

「トムとジェリー」の“顔ステッカー”の天才的な使い方が話題に 「トムがベースになってる!」「こんな回ありそう」
クリアステッカーはこう使うのが正解だったか……!(2021/12/12)

Computer Weeklyリバイバル
RPAの正しい使い方
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2021/12/12)

初めて使うオシロスコープ(1):
オシロスコープが届いたら最初にすること
今回の連載記事は、オシロスコープの世界的なトップメーカーであるテクトロニクスの協力を得て、初めてオシロスコープを使う人を対象にエントリーモデルの「TBS2000B(2chモデル)」を事例にして基本的な使い方や使用上の注意点を解説していく。(2021/12/7)

税込み2万2000円のWindowsタブ「mouse E10」を使って分かったこと【後編】
従来モデルから大幅に値下げしたことにより、税込み2万2000円でWindows 11も使える2in1 PCとなったマウスコンピューターの「mouse E10」について、CPUの異なる2モデルをテスト。Windows 11へのアップグレードや便利な使い方も紹介しよう。(2021/11/25)

産業動向:
「見て触って理解する」デジタル計測の学び舎を都内に開設、トプコン
トプコンは、都内で、墨出し(位置出し)や検査といった建築プロセスの各工程における3D計測ソリューションの使い方を学べる施設「TOPCON“BuildTech” トプコン建築施工ソリューションセンター」を開設した。(2021/11/15)

ZoomのAPAC市場戦略【前編】
「Zoom」を“ただのWeb会議ツール”だと思い込んでいないか?
「Zoom」はWeb会議ツールとしての用途だけでなく、さまざまな業界で顧客接点を作り出すためのツールとして変化しつつある。Zoom Video Communicationsが自社イベントで示した「Zoomのクリエイティブな使い方」とは。(2021/11/11)

ヘルプデスクツールの汎用事例
4社の事例で学ぶ、問い合わせ対応を効率化させるツールの使い方
膨大な数の問い合わせ内容を可視化、管理することで、対応業務を大幅に効率化できるツールがある。あらゆる業種や職種で活用できるというが、一体どのようなツールなのか。4つの導入事例とともに紹介する。(2021/11/11)

遠隔医療の普及を阻むデジタルデバイド【後編】
患者の本音「遠隔医療は受けたいがアプリの使い方が分からない」にどう向き合う?
米国患者を対象にした調査によれば「遠隔医療システムの使いにくさ」が普及を阻む一因になっている。医療機関と医療ITベンダーは「オンライン診療受診者への技術サポート」にどう向き合うべきか。(2021/11/10)

解決!Python:
[解決!Python]日付や時刻をYYMMDDhhmmssなどの形式に書式化するには
datetimeモジュールとtimeモジュールには、それらが提供する日付/時刻のデータを書式化するために使えるstrftime関数/メソッドがある。それらの使い方を紹介する。(2021/11/9)

「習うより慣れろ」が肝心
ZoomやTeamsで使える「ホワイトボード」機能とは? 使いこなすヒントは
「Zoom」や「Microsoft Teams」に標準搭載されているホワイトボード機能の基本的な使い方を解説する。難しい描画ツールではないので、慣れておくことが肝心だ。(2021/11/9)

PR:在宅も出社も効率アップ! モバイルディスプレイを使った「Hybrid デュアルディスプレイ」をお勧めする理由
テレワークとオフィスワークを組み合わせた働き方が普及する中、どこで作業しても高いパフォーマンスを維持したいが、現状はなかなか難しいという悩みを抱える人が増えている。その悩みを解決するには、ノートPCと一緒に「モバイルディスプレイ」を持ち歩く使い方をお勧めしたい。この記事では、特にイチオシのデル・テクノロジーズの14型モバイルディスプレイ「C1422H」の魅力を紹介する。――重要なキーワードは「軽量約590g」「奥行き約9.33cm」「本体のみで自立可能」だ――。(2021/11/12)

Cloud Nativeチートシート(10):
Istioのインストール、サイドカープロキシ(Envoy)の挿入、マイクロサービスの可視化
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、Istioの環境構築と実践ポイントを説明します。(2021/11/5)

「メインフレームまみれ」からデータドリブンな組織へ:
「データドリブン従業員」はどう作る? 入社2年目若手が分析をリードするLIXILのデータの使い方
LIXILはDX推進の施策を「デジタルの民主化」と呼び、システム開発と組織全体でのデータ利活用を進めている。データ活用基盤となるLIXIL Data Platform(LDP)の整備状況と、データ活用人材のすそ野拡大の状況はどうなっているだろうか。(2021/11/4)

知っトクWindowsツール:
プレゼンで差をつける無料のチャート(図表)作成ツール「draw.io」 はじめの一歩
プレゼンテーションや企画書などに使う図を描くのが苦手、という人も多いのではないだろうか。そんな人にお勧めなのが、無料のオンラインサービス「draw.io」だ。draw.ioに用意されているパーツをドラッグ&ドロップすることで簡単に作図できる。その使い方を簡単に紹介しよう。(2021/11/1)

AIのエネルギー消費問題【後編】
“万能なAI”は環境に優しくない? 「用途特化AI」で十分な理由
AI技術の種類や使い方によって、環境に与える影響は変化する。企業が環境に配慮するには、何を念頭に置いてAI技術を活用すればよいのか。(2021/10/19)

医療機関で進む「データ活用」【後編】
病院が「データ」活用時に見落としやすい“あの落とし穴”とは
ツールの進化により、専門知識がないユーザーでもデータを活用しやすくなった。ただし使い方によっては、期待した効果が得られない可能性がある。医療機関がデータを活用する際の注意点を説明する。(2021/10/19)

「これまでハイエースの使い方間違ってました」 谷口信輝、愛車ハイエースを「寝室」に
ハイエースは寝室なのですね。(2021/10/17)

母「ギタースタンドくれ」→ 思わぬ便利な使い方が発見され話題に 「天才」「この手があったか!」
マジで使えるアイデア……!(2021/10/16)

Cloud Nativeチートシート(9):
サービスメッシュ、Istioがマイクロサービスのトラフィック制御、セキュリティ、可観測性に欠かせない理由
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、近年注目を集める「サービスメッシュ」と、そのツールとして人気の高い「Istio」について解説します。(2021/10/15)

大学が企業向けIT製品を教える訳【後編】
大学の「RPA」「BI」講義に学生からは高評価 その納得の理由
大学やベンダーが業務自動化ツールやデータ分析ツールなどの使い方を教える講義を開講し始めている。実際に講義を受けた学生の評価は。(2021/10/13)

ヤギが“猫のおもちゃ”で遊んでみたら…… ナナメ上の使い方と絶妙な表情に爆笑してしまう
扇風機の前で“あ〜”って言うやつみたい。(2021/10/12)

Weekly Memo:
リアルタイムのデータ処理で必須に? DXに効くエッジコンピューティングの使い方
エッジコンピューティングをDXにどう生かしていくのか。その実践に向けてIIJがユニークな取り組みを始めた。同社によるDXとエッジの話を基に、今後のコンピューティングについて考察したい。(2021/10/11)

ドコモから京セラ製の「あんしんスマホ」 ケータイ風のボタン配置、ワンタッチで画面メモ撮影
NTTドコモは6日、京セラ製の「あんしんスマホ KY-51B」を発表した。これからスマホデビューするシニア層を対象とした製品で、通話キーやメールキーを装備。スマホならではの使い方を紹介するコンテンツも提供する。【更新】(2021/10/6)

大学が企業向けIT製品を教える訳【前編】
UiPath、Power BI、Tableauを講義で勉強――大学が「RPA」「BI」を教える理由
カリフォルニア州立大学フラトン校が、会計学の講義の一つとして「RPA」ツールや「BI」ツールを扱う講義を開講した。これらのツールの使い方を実践的に教える講義は、大学や学生にどのような効果をもたらすのか。(2021/10/6)

お水に届かないハムスターに台を用意したのに…… 斜め上の使い方をする姿に“あるある”共感の嵐
そんなところもかわいいんだ。(2021/10/3)

走り出した赤ちゃん猫、後ろ足の使い方に混乱して…… ウサギみたいにピョンピョンはねる姿がもん絶かわいい
走っているうちによく分かんなくなっちゃった?(2021/10/1)

二酸化炭素排出量の削減に「AWS」を生かす【後編】
ビル資産価値を約4億円アップ 省エネ企業は「AWS」「データ」をどう生かしたか
Carbon Lighthouseは建物にセンサーを取り付けて空調や電源の利用状況を分析し、それらの使い方を最適化することで光熱費削減につなげている。どのような仕組みなのか。同社の取り組みを説明する。(2021/9/29)

マウスのいらないコマンドプロンプトの世界:
甘くも危険なワイルドカードを使いこなす
同じようなファイル名で一部が違っているような場合、これらのファイルを一度に操作したいことはないだろうか。実は、ワイルドカード文字を使うと一度に処理できることがある。ただ、使い方を間違えると大変なことになることも……。(2021/9/24)

サンワサプライ、手首に優しい左手用エルゴマウスを発売 「左手はマウス&右手にポテチ」の使い方も可能に
キーボードを打つ際に、手の移動距離が短くて済む利点も。(2021/9/22)

「povo2.0」はどんな人にオススメ? データ容量20GBと3GB、維持費0円の場合を検証
KDDIが9月下旬から提供を始める「povo2.0」は、基本料金月額0円でオプションを選択して利用する新プランだ。あまりに自由すぎるがゆえに、どのようにトッピングを選べば安いのか、やや分かりにくいのが難点だ。そこで、毎月のデータ容量20GBと3GB、維持費0円での使い方を紹介する。(2021/10/4)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 13」「13 Pro」を試して分かったこだわりの違い コンピュテーショナルフォトグラフィーはここまで進化した
これまでiPhoneのファーストインプレッションでは、SoCとその使い方といった視点でコラムを書くことも多かったが、今回の「iPhone 13」世代ばかりはカメラにかなりフォーカスした記事にせざるを得ない。評価用端末を使い始めてすぐにそう感じた。(2021/9/22)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(83):
解決!Python:リスト(配列)編
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第83弾では「解決!Python」で紹介したリスト(配列)の使い方をeBook化。「リストの〇〇って〜」とど忘れしちゃう人にオススメ!(2021/9/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。