ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

「HSBC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HSBC」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

マーケティング領域を超えて用途が拡大:
SimilarWebと「マーケットインテリジェンス」に関するモヤモヤしたことを幹部に聞く
Webサイトやアプリの競合分析ツールを提供するSimilarWeb。マーケティングにとどまらず応用範囲を拡大する「マーケットインテリジェンス」の現在について同社幹部に話を聞いた。(2019/5/13)

Jenkinsの生みの親、川口氏に聞いた:
CI/CDの世界を標準化? 新たに発足した組織「Continuous Delivery Foundation」とは
The Linux Foundationが2019年3月12日(米国時間)に発表した、CI/CD関連の新ファウンデーション、「Continuous Delivery Foundation」。具体的にはどのような活動をすることになるのか。このファウンデーションの設立に関わった、Jenkinsの生みの親でCloudBeesのCTOである川口耕介氏に聞いた。(2019/3/13)

天文学的な数字:
負債総額9700兆円 借金に苦しむ中国の若者たち
昨年7月12日付の本欄は中国国内の巨額負債問題を取り上げたが、今年1月、負債総額に関する驚くべき数字が中国の経済学者によって披露された。中国人民大学教授の向松祚氏は1月20日に上海で行った講演で、今、中国国内で各方面の抱える負債総額は「約600兆元(約9700兆円)に達していると語った。これは、日本の名目GDPの18倍に近い、天文学的な数字である。(2019/2/22)

マネーの達人:
「5G」をめぐる米中戦争 ファーウェイ排除とソフトバンクが抱えるリスク
米国を中心に、中国通信機器大手ファーウェイの製品を排除する動きが広がっています。米中貿易戦争の本質は「5G」時代のIT覇権争いです。ファーウェイの通信網を使うソフトバンクのリスクも浮き彫りになっており、日本企業も方針転換が迫られるでしょう。(2018/12/20)

「お買い得」:
怖さより安さ、住宅高騰の香港で人気呼ぶ「事故物件」
香港にあるマンションの一室で、その部屋の持ち主が、暗くて狭い寝室の窓を指さした。窓は小さく、塞ぐことも簡単で、彼に言わせれば一酸化炭素中毒になるには格好の部屋だという。(2018/7/4)

PR:ソフトバンクが GCP の「プレミアサービスパートナー」に認定 どんなメリットが生まれる?
(2017/9/5)

Weekly Memo:
企業向けクラウドへ本格攻勢、Googleの強みと課題とは
Googleが企業向けクラウド事業で本格攻勢をかけている。果たして、この分野で先行するAWSやMicrosoftを追撃することができるか。Googleの強みと課題とは――。(2017/4/3)

Google Cloud Next ’17:
[速報]米グーグル、クラウドイベントでVideo Intelligence APIなど「AIの民主化」に向けた数々の発表
米Googleは2017年3月8日(米国時間)、同社のクラウドサービスに特化したカンファレンス、Google Cloud Next ’17を開幕した。初日には、AI関連で発表が集中した他、HSBCやeBayなどのユーザーが登場、Google Cloud Platformの活用について話した。(2017/3/9)

全社員型(後編):
サントリーに学ぶ、タレマネ最前線
従業員の能力を生かすシステム「タレントマネジメント」を導入する企業が増えてきた。日本企業をみると「全社員型」を試みているところが多いが、具体的にどのようなことを行っているのか。前回の大和証券グループ本社に続き、今回はサントリーホールディングスの事例をご紹介する。(2016/12/2)

全社員参加型(前編):
大和証券に学ぶ、タレマネ最前線
従業員の能力を生かすシステム「タレントマネジメント」を導入する企業が増えてきた。日本企業をみると「全社員型」を試みているところが多いが、具体的にどのようなことを行っているのか。大和証券グループ本社の事例をみると……。(2016/12/1)

生体認証の導入が相次ぐ
ついに実現する「パスワードのない世界」、音声認証への期待と課題
Barclaysは、英国で銀行の個人顧客向けにパスワードの代わりに音声認証を利用するオプションを提供している。音声認証に使用する声紋は指紋と同じように個人によって異なる。(2016/9/6)

グラフ型データベース活用事例
1150万文書から関係性を洗い出せ――「パナマ文書」解析プロジェクトの舞台裏
1150万個のファイル(計2.6TB)からなる「パナマ文書」はどのように解析されたのか? 世界に衝撃をもたらした同文書解析の舞台裏を紹介する。(2016/5/30)

Computer Weekly:
1150万文書から関係性を洗い出せ――「パナマ文書」解析プロジェクト
1150万個のファイル(計2.6TB)からなる「パナマ文書」はどのように解析されたのか? 世界に衝撃をもたらした同文書解析の舞台裏を紹介する。(2016/5/25)

TSMCの“独壇場”ではなさそうだ:
Apple「A10」の製造は、TSMCとSamsungに分散?
複数のアナリストによると、Appleが14/16nmプロセス適用チップの調達先を分散する可能性があるという。Appleの次世代プロセッサ「A10(仮称)」の製造委託先は、TSMCとSamsung Electronicsに分散される可能性が高く、少なくともTSMCが独占的に製造するということは、なさそうだ。(2015/9/24)

ビジネスニュース 企業動向:
ファウンドリ市場で揺らぐTSMCの優位性、サムスンの追い上げ加速で
ファウンドリ市場で圧倒的優位に立っているTSMCだが、その地位を揺るがしかねない“懸念事項”が少しずつ表面化し始めている。14nm FinFETを早々に製造したSamsung Electronics(サムスン電子)の存在や、スマートフォン市場の鈍化などが、その筆頭として挙げられる。(2015/4/23)

Computer Weekly製品導入ガイド
ビジネスプロセス自動化がもたらす新しい世界
ビジネスプロセス自動化は、可能な限りの場面で人の存在を排除することにより、市場における変化のペースに対応する。(2014/9/26)

藤田正美の時事日想:
中国経済で“気になる”動き――他人事ではない、Xデーはいつ?
「危ない、危ない」と言われ続けている中国経済は、本当に大丈夫なのか。最近もある金融商品が危ないという噂が流れたが、“謎の買い手”が登場して、問題は収束。これまで大きな破たんはなかったが、今後は……。(2014/9/3)

非難し合うユーザーとサプライヤー
企業がクラウドを導入しても活用できない深刻な病巣
企業はいま、クラウドの実装に成功していない。適切なソリューションを提供しないプロバイダーの責任か? 業務部門を無視した企業のIT部門の責任か?(2014/4/24)

藤田正美の時事日想:
世界経済における中国の位置付けが変わりつつある
2013年4月の工作機械受注額は12カ月連続で前年割れで、特に中国向けが58%減という数字を示した。中国製造業の競争力は明らかに落ちており、「世界の工場」としてはピークを過ぎたのだ。(2013/5/29)

BI製品紹介:アクチュエイトジャパン
コマーシャルOSSのBI「ActuateOne」はリポート表現力で現場のデータ活用を支援
Eclipseファンデーションの中でトッププロジェクトの1つに位置付けられているリポーティングツールの「Eclipse BIRT」。その商用版である「ActuateOne」を紹介する。(2012/9/6)

ビジネスニュース:
中国で製造業が失速か?
急成長してきた中国の製造業にも、さすがに陰りが見えてきたのだろうか。2012年第2四半期における中国経済の成長率は、2009年以降最も低い値となる7.6%だった。(2012/8/6)

Apple、米環境基準EPEATの認定をMacBook Proなど39製品で取り下げ
Appleが、MacBook Proなどで取得していたリサイクルのしやすさなどを評価する米国の環境基準EPEATの認定を返上した。(2012/7/9)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
週末の手仕舞い売りもあってまちまちの展開
(2012/2/27)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
欧州金融不安が一服、好調な経済指標の発表を受けて大幅高
(2011/12/30)

藤田正美のまるごとオブザーバー:
統一通貨ユーロは前に進むのか、頓挫するのか
統一通貨ユーロに加盟している17カ国の首脳にとっては、眠れない夜が続いているかもしれない。(2011/11/25)

藤田正美の時事日想:
ドイツとフランスが対立、欧州危機は誰が救うべきか?
ギリシャの債務危機に端を発する欧州危機が収束する気配が見えない。その一因は、国債の買い入れをめぐって、ドイツとフランスの意見が対立していることにある。(2011/11/21)

IBM、リスク管理分析ソフトのAlgorithmicsを約4億ドルで買収
ビジネス分析ソリューションに注力するIBMが、金融企業向けリスク分析サービス企業を買収した。(2011/9/2)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
欧州財政不安の拡大懸念から金融不安が高まって大幅下落
(2011/8/11)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
GDPが予想を下回ったことから売られて軟調
(2011/8/1)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
好調な雇用統計や週末の買い戻しが入り堅調
(2011/5/9)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
中東情勢の緊迫化を受けて大幅下落
(2011/3/2)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
好調な経済指標や好決算に反応して堅調
(2011/2/28)

「就職したい企業ランキング」の世界首位はGoogle ソニーも健闘
Googleはビジネス系・IT系両方の求職者に最も人気があり、IT系ではMicrosoft、IBM、ソニーが続く。前回の調査で圏外だった米Appleが10位で登場した。(2010/9/30)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
強弱感の対立する経済指標の発表を受けてまちまちの展開
(2010/8/2)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
好調な経済指標にも関わらず、欧州財政懸念などから一気に信用収縮が進み大幅安
(2010/5/7)

最も革新的な企業ランキング、Appleが6年連続1位
2010年の革新的な企業ランキングでは、Appleのほか、Google、Microsoft、IBM、AmazonなどのIT企業が上位に入った。(2010/4/16)

せかにゅ:
TwitterのフィッシングDM、英国の閣僚も釣られる
TwitterのDMを使ったフィッシング攻撃で、英エネルギー・気候変動大臣や大手銀行、BBCのジャーナリストなどがTwitterアカウントを乗っ取られた。(2010/3/1)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
GDPの上方修正を受け、週末のヘッジ売りや手仕舞い売りをこなして堅調
(2010/3/1)

Google、世界ブランドランキングでCoca-Cola抜く
最新のブランド価値ランキングで、GoogleがWal-Martに次いで世界第2位となった。(2010/2/18)

ビジネスニュース 業界動向:
スマートフォン・メーカーに関する7つの予測、2010年は優勝劣敗が明確に
米Apple社や米Motorola社、フィンランドNokia社、米Palm社、韓国Samsung Electronics社などのメーカーが、続々と新しいスマートフォンを発売している。これらの新製品の2010年の売れ行きはどうなるのだろうか。(2009/12/8)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
「ドバイ・ショック」を受けて大幅下落となるも底堅さも見られる
(2009/11/30)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
大幅高の反動もあり上げ一服だが、低金利継続で底堅い
(2009/11/11)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
低金利継続を好感、リスク許容度の増加で大幅高
(2009/11/10)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
週末の手仕舞い売りもあって上値も限定的
(2009/8/3)

リッチ層の5人に2人は「今、金融資産を増やすチャンス」
(2009/3/2)

Lotusphere 2009 Orlando Report:
景気低迷期こそコスト削減と生産性向上、企業の期待が掛かるNotes/Domino
1月19日、フロリダ州オーランドで「Lotusphere 2009」が開幕した。経済危機にもかかわらず、コスト削減や生産性向上を模索する顧客らの参加はむしろ増えている。(2009/1/20)

地球温暖化が変える企業経営:
CO2本位体制が始まった
地球温暖化問題は今や、経済の問題、産業の問題、個人の生活の問題になっている。(2008/11/11)

Google、「30億人に安価なインターネット」目指す新興企業を支援
英O3b Networksは、海底ケーブルではなく衛星回線を使って、途上国に安価なブロードバンドを提供しようとしている。(2008/9/10)

内藤忍インタビュー(3):
なぜお金を殖やせないのか? 3つの失敗例と“正解”はない分散方法
投資のリターンを大きく左右する、といわれるアセットアロケーション(資産配分)。しかし「どのように配分すればいいのか分からない」という人も多いはず。そこでマネックス・ユニバーシティの内藤忍氏に、資産配分の具体的な方法を教えてもらった。(2008/9/10)

「世界で最も革新的な企業」はApple
BusinessWeek誌の「世界で最も革新的な50社」最新ランキングでは、AppleやGoogleが上位を占めたほか、任天堂が初めてトップ10入りした。(2008/4/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。