ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HTML」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

HyperText Markup Language

CAD:
3DCAD変換を3DHTMLに変換する「SmartExchange Desktop」、オフラインでも使用可
スマートスケープは、建設業向けに、3DCADデータを3DPDFや3DHTML、中間ファイルに出力する3DCAD変換ソフト「SmartExchange Desktop」を発売した。(2024/2/16)

TechTargetジャパンエンジニア読本集:
HTMLは結局プログラミング言語なのか、そうではないのか
Webページの外観を設計できる「HTML」。一部の開発者はHTMLをプログラミング言語だと考えているが、その主張は正しいのか。HTMLは開発者にとってどのような存在なのか。(2024/1/25)

Innovative Tech:
HTMLソースコードから個人情報が筒抜け? Chromeなどのブラウザ拡張機能の多くで脆弱性 米研究者らが発見
米ウィスコンシン大学マディソン校に所属する研究者らは、HTMLソースコードからのパスワード、クレジットカード情報などのユーザーデータを抽出可能なブラウザ拡張機能について、多数の人気Webサイトが脆弱であることを明らかにした研究報告を発表した。(2023/11/16)

Gmailの「簡易HTML形式」、2024年1月に終了へ
GoogleはWebアプリ版Gmailの「簡易HTML形式」を2024年1月に終了する。現在この形式で表示しているユーザーも1月には「標準HTML形式」に切り替わる。(2023/9/27)

変化するサイバー攻撃手法【第3回】
「HTML」「PDF」を悪用――調査で分かった2023年“人気”のサイバー攻撃
攻撃者は常に新しい攻撃手法に目を向けている。セキュリティベンダーの調査を基に、近年拡大する攻撃手法として、「HTML」や「PDF」を悪用する手法を解説する。(2023/7/5)

初心者がソフトウェアエンジニアになれる5つのステップ【第3回】
「HTMLとスクリプトなら書ける初心者エンジニア」が“次に学ぶこと”はこれだ
ソフトウェアエンジニアとしての成功を目指す初心者が“基礎固め“として学ぶべきなのが、Webサイト構築におけるさまざまな技術だ。「HTML」やスクリプトを書けるようになった初心者は、次に何を学べばよいのか。(2023/5/15)

初心者がソフトウェアエンジニアになれる5つのステップ【第2回】
PythonでもJavaでもなく「HTML」を初心者が最初に学ぶべき理由はこれだ
ソフトウェア開発の初心者がソフトウェアエンジニアとして就職することを目指すには、開発の基礎を学ぶ必要がある。プログラミングの基礎を知るのに適した、初心者向けの開発分野とは。(2023/5/8)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
HTMLは結局プログラミング言語なのか、そうではないのか
Webページの外観を設計できる「HTML」。一部の開発者はHTMLをプログラミング言語だと考えているが、その主張は正しいのか。HTMLは開発者にとってどのような存在なのか。(2023/4/20)

初心者が学ぶべきプログラミング言語【第3回】
GoでもPythonでもなく「HTML」をGoogle大物開発者が初心者に推奨する理由
「HTML」は厳密にはプログラミング言語ではなく、マークアップ言語だ。それにもかかわらず「プログラミング初心者は、最初にHTMLを学ぶべきだ」と考える専門家は少なくない。それはなぜなのか。(2023/3/19)

決算短信のHTML化進む PDFよりデータ活用しやすく 上場企業の6割が対応
上場企業の決算短信のHTML化が進展している。日本取引所グループが3月15日に明らかにしたデータによると、2023年2月末時点で、累計2400社超の上場会社が決算短信をHTML形式で公開するようになった。全上場企業の約6割にあたる。(2023/3/17)

ITワード365:
【クイズ】「HTMLメールなどに見えない画像などを配置することで、アクセス解析などを行う仕組み……」とは? 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/1/12)

パロアルトネットワークスが解説:
執拗にウクライナを狙うロシアの攻撃グループ 「シンプルだからこそ検知されにくい」その手口とは
パロアルトネットワークスは、執拗にウクライナを狙っている「Trident Ursa」の動向に関する情報を公開した。ウクライナのサイバーセキュリティリサーチャーに対する脅迫やHTMLファイルを使ったフィッシングの手口などが明らかになった。(2022/12/26)

往年のFlashゲー「艦砲射撃!」がまた遊べるようになったよ〜! HTML5対応版の登場に「一生できないと思ってた」「復活してくれて歓喜」
PC向けのGoogle Chromeでプレイできるとのこと。(2022/10/29)

ITmedia Security Week 2022 秋:
インターネットを安全にしたい――「セキュリティ人材の不足」という課題を深掘りすると見えることとは
2022年9月、「ITmedia Security Week 2022」で、セキュアスカイ・テクノロジーの取締役CTOであり、若手育成で大きな役割を担うセキュリティ・キャンプ協議会の代表理事に就任した長谷川陽介氏が、「インターネットを安全にしたいんだオレたちは!」と題して講演した。本講演では、これまで@ITでHTML5や各種Webブラウザの特徴的な挙動を追いかける連載を続けていた同氏が、なぜこれまで、そしてこれからも“インターネットを安全にしたい”と考えているのか、個人的な思いも含めた熱いトークが繰り広げられた。その熱量を伝えるべく、講演をレポートする。(2022/10/27)

日本語の指示からプログラム自動生成「AI programmer」登場 C++とHTMLで試してみた
ASRealとHashLabが、日本語で仕様を伝えるだけでコーディングするプログラミングAI「AI Programmer」(β版)を公開した。利用料は無料で、対応言語は14種類。(2022/10/4)

HTMLは何者か【第4回】
プログラミングを極めたい人こそ「HTML」を学ぶべき理由
「HTML」はプログラミング言語ではなくマークアップ言語だ。それでもプログラミング初心者にとって、HTMLを学ぶことには意味があると専門家は強調する。その理由とは。(2022/9/22)

HTMLは何者か【第3回】
「HTMLはプログラミング言語かどうか」に何の意味があるのか?
プログラミング言語の定義と照らし合わせて、「HTMLはプログラミング言語かどうか」を議論する人がいる。そもそも、そうした問いに答えを出すことに意義はあるのか。識者の考えを聞いた。(2022/9/16)

HTMLは何者か【第2回】
HTMLは「CSS」と一緒ならプログラミング言語になれるのか?
「HTML」はプログラミング言語ではない。だが「CSS」との組み合わせであれば、プログラミング言語と呼べるのだろうか。(2022/9/9)

HTMLは何者か【第1回】
HTMLが「プログラミング言語」になれない“端的な理由”
「HTML」はプログラミング言語ではない――。その根拠は何なのか。「Java」「Python」などのプログラミング言語とは何が違うのか。こうした疑問に答える。(2022/9/3)

サーバレスやコンテナ化で使われている:
利用者が増え続ける「WebAssembly」、ブラウザ実行できる4つ目の言語の魅力とは
ソフトウェアコンサルティング会社のScott Logicは、「WebAssembly」の使用状況に関する2回目の年次調査を実施、結果を発表した。WebAssemblyは「HTML」「CSS」「JavaScript」に続き、Webブラウザで実行可能なコードを作成できる4つ目の言語と位置付けられている。(2022/7/1)

WebAssembly、Emscripten、Pyodideによるブラウザスタックが基盤:
Anaconda、Pythonアプリをブラウザで実行できるOSSフレームワーク「PyScript」を発表
Anacondaは、Pythonと標準HTMLを組み合わせ、ブラウザで動作するリッチなPythonアプリを作成できるOSSフレームワーク「PyScript」を開発していることを明らかにした。(2022/5/19)

JavaScriptのようにPythonコードをHTML内に記述して実行できる「PyScript」 Anacondaがオープンソースで公開
米Anaconda社は、HTML文書の中にJavaScriptと同じようにPythonのコードを記述し、実行可能にする「PyScript」をオープンソースで公開した。(2022/5/9)

「MacやChromebookでも利用したい」という声に応える:
ブラウザさえあればアクセス可能に NTT東日本とIPAが「シン・テレワークシステム」のHTML5版を提供開始
NTT東日本とIPAは、「シン・テレワークシステム」のHTML5版を提供開始した。クライアント側にはソフトウェアをインストールする必要がなく、HTML5対応のWebブラウザがあればWindows PC以外の端末でも利用が可能だ。(2021/8/11)

NTT東とIPA「シン・テレワークシステム」にWeb版 無償で職場PCにリモートアクセス
NTT東日本と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は8月5日、自宅などのテレワーク環境から職場のPCにリモートアクセスできるサービス「シン・テレワークシステム」のHTML5版の提供を開始した。また、無償提供期間を2022年3月31日まで延長する。(2021/8/6)

MacやChromebookに対応 NTT東とIPAが「シン・テレワークシステム」のHTML5版を開始
NTT東日本とIPAは「シン・テレワークシステム」のHTML5版を提供開始した。HTML5対応のWebブラウザが稼働する機器であれば利用可能だ。併せて同サービスの実証実験期間の延長も発表された。(2021/8/6)

「シン・テレワークシステム」にWebブラウザ版登場 MacやChromebookでも利用可能に
NTT東日本と情報処理推進機構(IPA)が、シンクライアント型VPN「シン・テレワークシステム」のHTML5版を開発した。今後はMac OSやChromebookなどOSを問わずに、ブラウザ上で同システムを利用できるようになる。(2021/8/5)

ドコモをかたる詐欺メールに注意 見た目は正しいURL→リンクを踏むと偽サイトへ
テキストメールと見せかけたHTMLメール。正しいURLのテキストに、別のURLが埋め込んであります。(2021/7/27)

Windows 10/11を“クラウド”で 「Windows 365」が8月2日に始動
Microsoftが8月2日、クラウド上の仮想PCでWindows 10/11を利用できるビジネス向けサブスクリプションサービスの提供を開始する。HTML5に対応するWebブラウザから利用可能で、クライアント機器を問わず使えることが魅力だ。(2021/7/15)

山市良のうぃんどうず日記(204):
Windows Serverの管理がもっと楽になる「Windows Admin Center」のここがイイ!(その1)
Windows Server 2019に合わせて登場したHTML5ベースのサーバ管理アプリ「Windows Admin Center(WAC)」。登場から2年半がたち、最新バージョンは2021年3月リリースされたWAC 2103です。もし、まだインストールしていない、インストールしたけど使ったことがないという方は、これまで進化を遂げ、これからも進化し続けるであろうWACをお試しあれ。これさえあれば、Windows ServerはもうServer Coreインストールでいいと思うかもしれません。(2021/4/7)

セキュリティ対策に役立つコンピュータ言語5選【中編】
「HTML」「JavaScript」をセキュリティ担当者が学ぶべき納得の理由
「HTML」「JavaScript」の知識を身に付けておくことは、セキュリティ担当者にとって決して損ではないという。それはどういうことなのか。(2021/2/27)

「自宅時間を活用して学習する人が多かった」:
Web開発関連が人気 Progateがオンラインプログラミング学習のランキングを発表
Progateは、オンラインプログラミング学習サービス「Progate」で2020年に行われたレッスンのランキングを発表した。それによると、第1位はHTML&CSS、第2位はJavaScript、第3位はPythonだった。(2021/1/22)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(115):
Windows Admin Center バージョン2007(2020年7月)がリリース――Azure Stack HCI対応、クラスタ作成も容易に
HTML5ベースのWindows Server/Windows 10の管理ツール「Windows Admin Center」の最新バージョン、「Windows Admin Center バージョン2007」がリリースされました。(2020/8/5)

PR:コンピュータって意外とおバカ? 女子大生、「HTML」の仕組みを「桃太郎」で理解する
文系女子大生的にはそう感じるようです。(2020/3/24)

バンナム、HTML5ゲームの「enza」運営元を完全子会社化 ドリコム保有株買い取り
バンダイナムコエンターテインメントは、ドリコムと共同出資で2017年に設立したBXDを完全子会社化すると発表した。BXDは、HTML5を活用したゲームプラットフォーム「enza」の運営などを手掛けてきた。(2020/2/3)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(93):
Azure仮想マシンの新規作成や管理、新サービス「Azure Arc」にも対応した「Windows Admin Center 1910」がリリース
2019年11月4日(米国時間)、HTML5ベースのサーバ管理アプリの最新バージョン「Windows Admin Center 1910」が正式リリースされました。新バージョンでは、Azure仮想マシンの直接的な管理やハイブリッド構成が大幅に強化されています。(2019/11/11)

Python入門:
[Python入門]Beautiful Soup 4によるスクレイピングの基礎
Beautiful Soup 4を使って、urllib.request.urlopen関数などで取得したHTMLファイルから情報を抜き出す基本的な方法を見てみよう。(2019/10/18)

悪友ナイトレポート:
夜なべしてHTML、おばあちゃんにフォトショをおねだり…… 「キラキラ素材屋さん」管理人が当時を語る
「キラキラ素材」、覚えてますか?(2019/9/21)

結局は“一長一短”
仮想デスクトップの利用手段「Webブラウザ」と「VDI専用アプリ」の違いとは?
HTML5に準拠しているWebブラウザで、エンドユーザーが簡単に仮想デスクトップにアクセスできる方法がある。VDI専用クライアントアプリケーションとの違いやメリット、デメリットを考察する。(2019/8/27)

PDFから構造化テキスト抽出に成功 岩波新書をEPUB化 イースト
テキストPDFから、構造化されたマークダウン(簡易HTML)テキストを取り出すことにイーストが成功。PDFから簡単にEPUBを生成できるクラウドサービスとして、「EPUBpack」という名称で出版社向けに販売する。第一弾として岩波書店が、岩波新書のEPUB化を始めた。(2019/7/25)

HTML標準仕様の策定についてW3CとWHATWGが合意 今後はWHATWGのリビングスタンダードが唯一のHTML標準仕様に
W3CとWHATWGが、HTML標準仕様の策定について合意。これまで、HTML5と呼ばれるHTMLの最新仕様には、WHATWGが公開しているものとW3Cが公開しているものが併存。一部で異なる仕様があったために混乱を招いていた。今後はWHATWGが策定するリビングスタンダードがHTMLとDOMの唯一の標準となる。(2019/6/10)

開発者自らが語る
画面を閉じても止められないWebブラウザ攻撃手法「MarioNet」の危険性
「MarioNet」というWebブラウザベースの攻撃を研究者が作り出した。HTML5のAPIを悪用したこの手法は、Webブラウザのタブを閉じた後でも攻撃者が標的のシステムを悪用し、botネットを作成できる。(2019/5/20)

Windows 10 The Latest:
Chrome互換に生まれ変わる次期Microsoft Edge その実力は?
HTMLレンダリングエンジンをこれまでのEdgeHTMLから、Google ChromeのベースとなっているBlinkに変更することが明らかにされた「Microsoft Edge」。そのプレビュー版が公開された。本稿ではそのファーストインプレッションをお伝えする。(2019/5/16)

FAニュース:
HTML5対応の産業用HMI、ノートPCやスマホとの連携も実現
フエニックス・コンタクトは2019年5月7日、HTML5対応の産業用HMI「WP 4000」「BWP 2000」の2機種を発表した。2019年5月14日に日本国内で販売開始する。(2019/5/8)

HTML5ゲームポータル「楽天ゲームズ」終了 2年で幕
HTML5ゲームポータル「Rakuten Games」が終了へ。楽天ゲームズが2017年に開設したサイトだが、2年あまりで幕を閉じる。(2019/4/23)

JavaでQRコードの生成も可能:
PDF出力やバーコード生成機能を新装備、Java用のExcelファイル生成コンポーネントがバージョンアップ
アドバンスソフトウェアは「ExcelCreator for Java」をバージョンアップした。新たにPDFやHTML形式のファイルの出力機能と、バーコードを生成する機能を備えた。(2019/2/12)

HTMLエディター、分析ツールの新機能を追加:
メール配信システム「Cuenote FC」、HTMLメールのサイズを従来の約50%にまで削減
ユミルリンクは、メール配信システム「Cuenote FC」に、HTMLエディター、分析ツールの新機能を追加した最新版を提供開始した。(2019/1/31)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(41):
HTML5ベースのサーバ管理アプリ「Windows Admin Center」では何ができるのか
前回は、Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)で変更された「リモートサーバー管理ツール(RSAT)」の導入方法を説明しました。今回は、Windows 10 バージョン1709以降で利用可能な新しい管理ツール「Windows Admin Center」を紹介します。(2019/1/24)

ロボット開発ニュース:
Web上で学べる、初心者向けロボットプログラミング学習ツールを無償配布
ヴイストンは、Web上でロボットプログラミングが学べる無償の学習ツール「プログラムランド」をリリースした。HTML5に対応したブラウザであれば、PC、スマートフォン、タブレットなどさまざまなプラットフォームで利用できる。(2019/1/7)

製造ITニュース:
HTML5ベースで描画速度が向上、BIダッシュボードの最新版
ウイングアーク1stは、BI(ビシネスインテリジェンス)ダッシュボードの最新版「MotionBoard Ver.6.0」を、2018年12月6日に発売する。HTML5ベースで開発し、従来のFlashと比較して、描画パフォーマンスが向上した。(2018/11/27)

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeで対応するHTMLタグを確認/選択するには
Emmetのバランス機能を使うと、現在のカーソル位置を囲んでいるHTMLの開きタグと閉じタグの対応を「選択範囲」として簡単に確認できる。(2018/9/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。