ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Hyperion」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Hyperion」に関する情報が集まったページです。

クラウド移行を共同でサポート:
MicrosoftとOracle、AzureとOracle Cloudを相互接続
MicrosoftとOracleは2019年6月5日(米国時間)、Microsoft AzureとOracle Cloudの相互接続などで提携したと発表した。同日付けで、Oracle Cloudのバージニア州アッシュバーン・データセンターと、Azure US Eastが、直接の相互接続を開始したという。他の地域においても、今後同様の相互接続を進める。(2019/6/6)

アミ・トンプソンはいかにして20代でディズニー「シュガー・ラッシュ:オンライン」のアート・ディレクターとなったのか
リッチ・ムーア監督が「間違いなくスーパースター」と絶賛する才能の塊に聞きました。(2018/12/20)

機械学習、予測分析、行動解析を組み込む
Airbnb、技術が可能にするユーザーとホストの間での信頼構築
ユーザーとホストの間で宿泊施設の仲介をするAirbnbにとってそれぞれの信頼関係をどう構築するかがビジネスの基本となる。シェアリングエコノミーを実現するための技術活用とは?(2018/4/16)

252件の脆弱性を修正:
米Oracleの四半期パッチ公開、Javaなどの脆弱性に対処
今回のパッチでは計252件の脆弱性を修正した。中でもSiebel CRMやFusion Middlewareなどには極めて深刻な脆弱性が存在する。(2017/10/19)

顧客体験をシングルビューで可視化する:
「Oracle Analytics Cloud」がプライベートDMP構築で活用される理由
日本オラクルは「Oracle Analytics Cloud」の拡充を発表した。プライベートDMP構築にも活用される同社のクラウド型アナリティクスサービスの展開について、担当者に話を聞いた。(2017/9/20)

ニッチ市場の暗号通貨(前編)
それでも暗号通貨がニッチであり続ける理由
ビットコインをはじめとする暗号通貨の話題が新聞やWebメディアに掲載されない日はないほど、メジャーになってきた。それでもニッチなニーズを満たす存在であり続けるという理由は?(2017/9/14)

「ファイアボール」6年ぶり新シリーズ「ファイアボール ユーモラス」降臨 過去作全26話も期間限定で無料配信
太っ腹!(2017/8/21)

「ダークWeb市場」掃討に挑む世界の法執行機関
匿名通信「Tor」ユーザーの身元は“ほぼ確実”にばれる――専門家が忠告
違法商品の売買のためにインターネットで闇取引をしたとみられる利用者が、世界各地の法執行機関によって逮捕され、取り調べを受けている。その背景には何があるのか。(2016/12/5)

ツートップ新体制でさらなる成長へ:
日本マイクロソフトの平野新社長は「グローバルな“道産子”」
7月1日付の新経営体制について、日本マイクロソフトが記者会見を実施。新会長となる樋口泰行氏、新社長となる平野拓也氏が、新体制の狙いやそれぞれの思いを語った。(2015/3/2)

MSがトップ人事、樋口氏が会長 平野氏が社長に
日本マイクロソフトは7月1日付で樋口泰行氏が代表執行役 会長に、平野拓也氏が代表執行役 社長に就任すること人事を発表した。(2015/3/2)

トップ人事:
日本マイクロソフト新社長に平野氏
2015年7月1日付で、日本マイクロソフトの樋口泰行社長が会長職に。新社長には平野拓也氏が就任する。(2015/3/2)

スミダコーポレーション、グローバル連結会計システムを半年で構築
「Oracle Hyperion Financial Management」の短期導入ソリューションを利用して6カ月での短期導入を実現した。(2014/8/26)

製造ITニュース:
紛争発生時の生産移転コスト、すぐ見えますか――オラクルが経営管理クラウド提供
日本オラクルは同社が展開する予算管理ソリューション「Oracle Hyperion Planning」のクラウド型サービス「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を発表した。従来は大企業の導入が大半だったが、クラウド化の効果により、中堅製造業などでも、複雑な経営情報を可視化し迅速な経営判断を下せる効果を享受できるという。(2014/8/25)

Oracleが定例アップデートを公開、Java最新版に更新を
Java最新版のJava SE 8 Update 11とJava SE 7 Update 65では極めて深刻な脆弱性が修正された。(2014/7/16)

Oracleが定例アップデートを公開、Javaの極めて深刻な脆弱性を修正
Java SEについては37件の脆弱性を修正した。このうち4件は危険度が最大値の「10.0」だ。(2014/4/16)

インターネットのネコ人気、「ネットの父」には予想外だった
ネットの父ことティム・バーナーズ=リー氏は、犬の写真をネットに投稿したことはあるそうです。(2014/3/13)

Weekly Memo:
ソフトウェア保守サービスは“民主化”に向かうか
グローバル市場でERPなどのソフトウェア保守サービスをベンダーの半額で手掛ける米国企業がこのほど、日本市場に本格参入した。この分野の“民主化”を進めたい考えだ。(2014/3/10)

導入事例:
東京理科大、グローバル化に向けた経営管理システムを構築へ
少子高齢化やグローバル化などの経営環境の変化に対応することを目的として、東京理科大学がOracle製アプリケーションを導入することになった。(2014/1/8)

Computer Weekly製品導入ガイド
課題はビッグデータ管理のためのプラットフォーム選定
無数のソースから得た多様な形態のデータ分析を目指すビッグデータでは、思考と技術の両方の切り替えが要求される。(2013/10/28)

導入事例:
予算管理アプリで事業計画編成の効率化を実現、中外製薬
中外製薬はオラクルの予算管理アプリケーションを導入し、製品別損益構造と製品ライフサイクル全般における収益とコスト構造の可視化を実現した。(2013/10/17)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/10/7)

導入事例:
収益性体質の強化を目指して予算管理アプリを活用、浜松ホトニクス
浜松ホトニクスは、日本オラクルの予算管理アプリケーション「Oracle Hyperion Planning」を採用した。(2013/9/30)

コニカミノルタ、次期管理会計システムにパッケージソフトを採用へ
コニカミノルタは情報機器事業の次期管理会計システムに、日本オラクルの経営管理製品「Oracle Hyperion Planning」を採用した。(2013/7/24)

Oracle、データベースなどの定例アップデートを公開
データベースなどJava以外の製品を対象とする定例アップデート公開。計89件の脆弱性に対処した。(2013/7/18)

グローバル管理会計を強化 カルソニックカンセイが「Hyperion」を導入
カルソニックカンセイは、オラクルの財務データ統合アプリケーション「Oracle Hyperion Data Relationship Management」を導入した。(2013/6/24)

連結決算ソリューション製品紹介
グループ経営に欠かせない連結決算ソリューション。さまざまな特色を持つ製品が利用されている。各製品の強みは何なのか。主要な製品を紹介する。(2013/3/1)

今すぐ使えるスマホレシピ:
第14回 スマホで効率よくスケジュール&タスク管理――オススメアプリはこれ!
スマホを使い始めたはいいが、もっと便利に使えることを知らないまま何となく使っている人は多い。そんなユーザーに向けて、使い方の基礎から一歩進んだ活用法を取り上げる本コーナー。第14回ではスマホでのスケジュール及びタスク管理を快適に行う方法を紹介しよう。(2013/1/23)

連結決算ソリューション製品紹介【第7回】
監査の目線で操作性を向上、「BTrex」は連結決算をどう効率化する?
老舗の連結パッケージ製品「連結大王」が「BTrex」に生まれ変わった。操作性やIFRS対応などを強化。会計士が中心となり、監査の目線で開発した連結パッケージは連結決算業務をどう効率化するのか。機能を紹介する。(2013/1/17)

単一ベンダー製品でシステムを統合
混在環境はもうリセット、Electronic Artsが取り組む「標準化ゲーム」とは
業務にマッチしなくなったERPをリセットするため、ゲーム会社のElectronic Artsがアプリケーションやミドルウェアなどの環境を単一ベンダーの製品に統合した。それはどのようなゲームだったのだろうか?(2012/11/5)

NEWS
Oracle Hyperionをプライベートクラウド提供、TIS
連結会計パッケージ「Oracle Hyperion」をプライベートクラウド上で利用できるサービスをTISが開始した。海外へ展開する中堅の製造業を支援するのが狙いだ。(2012/11/2)

Oracle Days Tokyo 2012レポート:
リアルタイムDB連携、非構造データ分析、シナリオシミュレーションに対応――Oracle Exalytics
Exalyticsに対応するアプリケーションが続々登場。リアルタイムでの基幹情報分析やソーシャルストリーム分析など、いずれもハードウェア性能を生かす内容だ(2012/10/31)

インメモリBIマシン「Oracle Exalytics」がバージョンアップ、他製品との連携を強化
日本オラクルは、インメモリ型データ分析マシン「Oracle Exalytics In-Memory Machine」のソフトウェアの最新版を公開した。同社が提供する複数の分析ソフトとの連携を強化したほか、ライセンス体系も見直した。(2012/10/30)

ITRアナリスト 浅利氏が解説
【技術動向】ERP製品選択で注目したい7つのテクノロジー
ERPを選ぶ上では技術的要素の確認も重要だ。技術はERPの使い勝手やコストに直結する。講演を基に製品選択で参考となる2015年までのERPの技術トレンドを紹介する。(2012/6/5)

連結決算ソリューション製品紹介【第5回】
IFRS任意適用企業が評価する「SUPER COMPACT Pathfinder」の強みとは
幅広い企業規模で利用できることが特徴の「SUPER COMPACT Pathfinder」は富士通経理部門のノウハウが投入されている。IFRS任意適用企業も使っている連結ソリューションの強みとは。(2012/5/9)

ERP利用でIT統制上のリスクも
サポート切れ業務アプリ、「取りあえず使用」の問題は
「取りあえず」という意識で使い続けてしまうこともあるサポート切れのソフトウェア。しかし、セキュリティや業務効率の低下のリスクがある。加えて考えたいのはIT統制に対する問題だ。(2012/4/10)

Oracle、経営管理アプリケーションの最新版をリリース
「Oracle EPM System」の新版ではプロジェクトベースによる財務管理機能や公共セクター向けの新機能が搭載された。(2012/4/4)

NEWS:
モノづくり企業のシステムを全部まとめて提供する「BELINDA」
日立ソリューションズが、製造業・流通業に特化したITシステムを包括的に提供する体制を発表。財務システムからPLM、SCMなどを含む広範な業務システムを「ワンストップ」で提供できるのが強み。(2012/3/30)

連結決算ソリューション製品紹介【第4回】
真の制管一致を追求する「Oracle Hyperion」の本当の価値
長い歴史を持つ「Oracle Hyperion」が目指すのは単なる制度連結ではない。高度な分析や予測機能、データ基盤を使ったグローバルで利用できる経営管理ソリューションの提供だ。(2012/3/28)

製造・流通向けに業務別ソリューションスイートを提供 日立ソリューションズ
グループで取り扱う70種類の製品をスイート化し、ユーザーが最適なものを選定できるようにしたという。(2012/3/27)

Facebook連携アプリでソーシャルをさらに楽しむ
日本でも随分と利用者が増えたFacebook。仕事の関係者とFacebookでつながって、連絡や情報共有をしているユーザーも多いだろう。今回はそうしたユーザーも活用できそうなFacebook連携アプリを4つ紹介しよう。(2012/3/16)

2011年ERP&IFRS記事ランキング【後編】
他社はERPをどう選んでいる? 記事ベスト10から分かる傾向とは
グローバル対応やクラウドコンピューティング対応、スマートフォン対応などERPを取り巻く環境は急速に変化している。2011年のERP&IFRS記事ベスト10からは企業の製品選択の傾向が伝わってくる。(2012/1/5)

インメモリBIマシンの先行ユーザー事例を紹介 日本オラクル
日本オラクルは、ビジネス分析システム「Oracle Exalytics in Memory Machine」に関する説明会を開催した。(2011/11/29)

三越伊勢丹HDS、管理会計基盤にオラクルのアプリケーションを採用
管理会計システムの構築に伴い、三越伊勢丹ホールディングスが「Oracle Hyperion Planning」を導入した。(2011/11/24)

ERP Now!【第10回】
次世代ERP「Oracle Fusion Apps」から探るERP製品選択の未来
「高くて使いにくい」から「安くて使いやすい」へ――米オラクルが発表した新ERP「Oracle Fusion Applications 11g」はERPのイメージ刷新を狙っている。同ERPの機能を紹介し、次世代ERPを選ぶ上でのポイントを探る。(2011/10/18)

日本オラクル、日本の制度連結対応を支援する最新ツールを発表
資本連結や固定資産の未実現消去などの対応を強化した連結アプリケーションツールを日本オラクルが発表した。(2011/10/13)

Oracle OpenWorld San Francisco 2011:
顧客に幅広い選択肢を 「Oracle Fusion Applications」を提供開始
昨年の「Oracle OpenWorld」で発表があったモジュラー型アプリケーションスイート製品「Oracle Fusion Applications」がついに一般リリースとなる。(2011/10/11)

ERP担当のためのIFRS Watch【第1回】
IFRS強制適用延期で幸せになるIT部門、不幸せになるIT部門
金融庁の自見大臣がIFRSの強制適用を延期する方針を示した。強制適用は最短でも2017年となる。プロジェクトに余裕ができたIT部門はこの時間をどう生かすべきだろうか。IFRSを巡る最新情報をお伝えする。(2011/9/8)

「Oracle EPM&BI Summit 2011」リポート【後編】
「三越」「伊勢丹」統合に貢献した管理会計のパワー
国内最大手の百貨店グループ、三越伊勢丹ホールディングス誕生の背景には伊勢丹が構築していた管理会計システムの貢献があった。担当者がこれまでのシステム、今後のシステムを語った。(2011/8/29)

BIのモバイル対応は単なるトレンドか?【後編】
オラクルとSAPのモバイルBIが実現する「真のリアルタイム」、それぞれの意味
BIのスマートデバイス対応は単なるトレンドなのか? 日本オラクル、SAPジャパンが言う「真のリアルタイム」をひも解くと、それがもたらすユーザーメリットが見えてくる。(2011/8/18)

BI製品紹介:日本オラクル
Oracle BIが実現する「3つのリアルタイム」と「BI標準化」とは
2011年6月に新バージョンの出荷が開始された「Oracle BI」。モバイル対応や基幹システム連携、導入早期化のための仕組みを実装・強化することで、「BI標準化の実現」を訴求する。(2011/8/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。