ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「衝動買い」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「うんまっ」「これやな!」 よゐこ濱口、バイクでまったり「ラーツー」出発 めっちゃうまそうにラーメン食う
バイクツーリングとラーメンの組み合わせ、最高です。(2021/10/15)

BNPL利用者の7割がクレカも保有 なぜ後払いを使う?
3人に1人まで利用経験の増えてきたBNPL(後払いサービス)。しかし、意外なことにBNPL利用者のうち70%がクレジットカードも保有していることが、メルペイが行った調査で分かった。「クレカの与信がおりないから後払いを使っているわけではない」(世代・トレンド評論家の牛窪恵氏)わけだ。(2021/10/11)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 リテール×マーケ【前編】:
元西友のプロマーケターがうなる、オーケーストアの差別化戦略
西友、ドミノ・ピザジャパンなどでCMOを務めた“プロマーケター”の富永朋信氏と、東急ハンズ・メルカリなどでCIOを務めた長谷川秀樹氏が対談。富永氏が語る、オーケーストアを研究すべき理由と、小売りに求められる「差別化戦略」とは──?(2021/10/11)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
ユニファイドコマースで結局何ができるのか? 成功企業に学ぶ“顧客体験の劇的な改善”
小売りのEC化が進む中、あらゆる情報を一元化し、顧客体験を高める「ユニファイドコマース」が注目されている。ユニファイドコマースは、どのような成功事例があるのか? 結局何ができるのか? 解説する。(2021/10/8)

環境性能を向上させた新エンジン搭載 ホンダ、新型「スーパーカブ C125」を発売 カラバリ2種を用意
令和2年の排気ガス規制に対応したモデル。(2021/9/17)

「渡部が乗っていてね。スポーツバイク憧れてたの」 アンジャッシュ児嶋、ガチなモンスターバイク「ハヤブサ」に興味津々、衝動買い?
実は児島さん、大型二輪免許所持者! 相方・渡部さんの話も登場し……!(2021/9/13)

「洗車してるだけで絵になる」 岩城滉一、愛車ミニを洗車 青空とブルーのボディーが映えまくりで気分アゲアゲ
洗車するだけで絵になってしまうカッコよさよ……。「ミニ欲しくなっちゃった人」続出です。(2021/9/8)

よゐこ濱口、妻・アッキーナに内緒でいろいろイジった「改造ハンターカブ」恐る恐る披露 許しは得られるか……?
「いいね! すてきじゃん!」 褒められてニッコリ。ホント仲いいな。(2021/9/7)

「セコロジスト」足澤氏が語るAIクレジットのAWS活用【前編】
クレカ40枚所有の「セコロジスト」が語る、AWSで動くお得アプリ「AIクレジット」の中身とは?
消費者に最もお得な支払い方法を提案するサービス「AIクレジット」を手掛けるAIクレジット社。同社CTO兼COOの足澤 憲氏にサービスの仕組みと、インフラとしてどのようなAWSサービスを利用しているのかを聞いた。(2021/9/28)

「音がいいねぇ〜」 よゐこ濱口、愛車に名門「ヨシムラ」マフラーを装着して「ブンブンブブブン」ご満悦
いい音だな〜♪(2021/8/16)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
有機ELか、液晶か ―― 五輪直前に迷いに迷ったテレビの買い替え
持っている情報だけではなく、実物を見て判断することが大切だと思い知らされた。(2021/8/11)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「あなたはこれを食べたがっています」とAIが教えてくれる未来
AIとの距離感を探りたい(2021/8/10)

磯部孝のアパレル最前線:
コロナ禍でも改革断行で黒字転換のアダストリア 多ブランド展開で進める“差別化”と“課題”
グローバルワーク、ニコアンド、ローリーズファームなどを展開するカジュアル衣料大手アダストリアの22年2月期第1四半期(21年3〜5月)の決算が好調だ。(2021/8/3)

よゐこ濱口、キャンプ用品求めてまた爆買いか 夢見た初の「キャンプギア」、買ったのは……
濱口キャンプにはソーセージ必須。(2021/7/27)

活用法:
B2Bビジネスの現場に「行動経済学」をどう生かすか
行動経済学が注目されているとはいえ、B2Bビジネスの現場、セールスの場面においては、どのように活用すればいいのだろうか。(2021/7/24)

「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
「E.YAZAWA」とベンツ、似合いすぎです。(2021/7/22)

また奥様にナイショで買っちゃった…… 止まらないよゐこ濱口の爆買い欲、今度は高級自転車を2台まとめてお買い上げ
こんどは2台、もう1台はどなた用……?(2021/7/21)

「昭和のデザインで今の機能性が欲しかった!」 レトロな花柄を復刻した象印の魔法瓶が話題に 復刻の経緯を聞いた
1カ月の販売予定本数がたった1日で出るほど好評とのこと。(2021/7/14)

「いい先輩だ……!」 中尾明慶、後輩のバイク「GB350」購入をやさしく背中押し、ツーリング仲間が増えて大喜び
バイク乗りがまた1人誕生。(2021/7/9)

おぉぉ、あの「とび太くん」じゃないですかぁぁ! バイク誌「モトチャンプ8月号」付録でも交通安全願う
愛車につけて交通安全。(2021/7/8)

「俺のサイズ感っぽいやろ?」 濱口優、妻・南明奈にないしょで350万円の“軽キャンピングカー”を衝動買い
軽キャンピングカーがさらに人気出そう。(2021/6/28)

ハンバーグ師匠、ハーレー新車に一目惚れ 呪われた(?)愛車「SLピンクのハーレー」はどうなる?
SLピンクから「デッドウッドグリーン」に乗り換えか?(2021/6/22)

「お父さん、オレの奨学金を使い込んでくれてありがとう。」 息子からの“父の日”駅広告が衝撃的な内容で話題
キャッチコピーは「お父さん、オレの奨学金を使い込んでくれてありがとう」。(2021/6/20)

「変わるでぇ これは」 よゐこ濱口、バイク趣味沼にズブズブ沈む 愛車「ハンターカブ」カスタムパーツ爆買いが止まらない
それにしても濱口さん楽しそうだなー!(2021/6/15)

「あ〜気持ちいい」「いい天気だ」 チュート徳井、激シブな愛車トライアンフで「バイク日和」に走る
バイクも天気もいい気持ち。いいな〜。(2021/6/3)

デンジャラス・ノッチ、自宅ガレージで愛車ベスパを整備 すごい(?)裏技を披露
すぐ交換できるんですか? 「イエス アイ キャン」だそうです。(2021/6/2)

「うわぁ!やっば」「タンクビッカビカやで」 とろサーモン村田、ボロボロだった「Z550FX」旧車レストアいよいよ最終章 でも思わぬ重大事件発生……
「納車前」のじらしよりキツそう。(2021/5/31)

よゐこ・濱口、念願のホンダ「ハンターカブ」納車を報告 「いいじゃない!」と妻アッキーナもノリノリ
特にハンドルが気に入ったそうです。(2021/5/25)

わぁぁこれいい感じ!! 「クロスカブ110」に新色「プコブルー」登場 2000台限定、7月22日発売
この色いいな〜!(2021/5/17)

アメリカンなのにカワイイやつ はじめしゃちょー、スズキ「GZ125HS」を購入 愛車の魅力を語りながら乗り回す
マジで楽しそう!(2021/5/9)

「ハンターカブ 買ったどぉ!」 よゐこ・濱口優、CT125ハンターカブを衝動買い
奥様にナイショで買っちゃった。(2021/5/7)

「美しすぎて使えない」宮沢賢治のマスキングテープが話題に 『銀河鉄道の夜』や『やまなし』……名作がきらきら光る美しいテープにうっとり
いつまでも眺めてしまいそう。(2021/2/15)

Gartner Insights Pickup(194):
優れたデジタルリーダーの7つの特性
デジタルビジネストランスフォーメーションを成功に導くには、リーダー自らも変わらなければならない。成功するデジタルリーダーに顕著な7つの特性を踏まえ、目指すリーダー像を明確にしよう。(2021/2/12)

「あのワンピースほしいなぁ」→砂を袋に詰め込み衝動買いする気を失せさせる 彼女の奇行に納得したりしなかったりする漫画「ぼくの彼女、ヤバにゃん」
物理的に自分を縛るしかない(2020/12/26)

早くも「OneMix 4」の情報が飛び出したTiger Lake搭載の超小型PC「OneGx1 Pro」発表会
超小型のゲーミングPCで話題を集めた「OneGx1」に、ついにTiger Lake搭載の上位モデル「OneGX1 Pro」が加わった。1月31日の発売に先駆けて開かれた、製品発表会の模様をお届けする。(2020/12/16)

夫が衝動買いした不要品発表会〜! 楽しい“あるある”談義が急に狂う漫画「ママ友座談会」がうっすら怖い
確かに、お父さんって急に謎の器具買ってくることありますけどね……。(2020/12/8)

超小型PCの道:
実は一番日本語入力をしやすい? ゲーミング超小型PC「OneGx1」で文字入力をしてみよう
ゲーミングに焦点を当てた超小型PC「OneGx1」だが、特徴的なゲームコントローラーを取り外すと、よりコンパクトな超小型PCとしても使えなくもない。キーボードでの文字入力がどんなものか、試してみようと思う。(2020/11/10)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
コロナ対策? トヨタが非対面中古車ビジネス
トヨタがオンラインの中古車販売サイトを立ち上げた。実績のある安い中古車を入り口に、徐々に高価格な中古車へ広げていくとトヨタはいうが、筆者は中古車だけのはずはないと思っている。新車だって対象にしない理由はないし、実質的に新車に近いは新古車などはすぐに対象に入ってくるはずだからだ。(2020/9/14)

超小型PCの道:
ゲーマー視点で超小型PC「OneGx1」をいじってみた
One-Netbook Technologyの7型ゲーミングミニノートPC「OneGx1」が、8月22日から量販店で発売される。発売前のプロトタイプ機をゲーマー視点でチェックした。(2020/8/21)

あなたの今週の運勢は? ねとらぼ12星座占い【8月17日〜8月23日】
(2020/8/17)

超小型PCへの道:
「OneMix3 Proプラチナエディション」は、何が“プラチナ”なのか 「OneMix3S+」もチェックした
人気の超小型PC「OneMix」シリーズに、新しく「OneMix3 Proプラチナエディション」と「OneMix3S+」が登場した。CPUがグレードアップした上位版と、求めやすい廉価版の2モデルとなるが、その使い勝手はどうなのかを見ていこう。(2020/7/7)

超小型PCの道:
“イチキュッパ”の実力は? ドン・キホーテの激安超小型PC「NANOTE」のいい所を探してみよう
税別1万9800円という破格値で話題を呼んだ、ドン・キホーテの超小型ノートPC(UMPC)「NANOTE」。主に性能面で酷評も見受けられるが、本当にメリットはないのだろうか。実際に使ってみて、いい所を探ってみよう。(2020/6/10)

1カ月2万1000円の“こづかい制”でやりくりする作者の悲哀描いた『こづかい万歳』が共感集める 作者に聞いた「小さな幸せ」を見つけるコツ
単行本は7月20日発売予定。せつなくも面白い「こづかい制夫」の姿にSNSで共感が集まっています。(2020/6/25)

“おうち駄菓子屋さん”で子どもの勉強やお手伝いが捗った 実体験漫画が参考になる
駄菓子屋さん、夢があるよね……。(2020/5/21)

あなたの今週の運勢は? ねとらぼ12星座占い【4月13日〜4月19日】
(2020/4/13)

キーボードを“ねちっこく”検証:
超小型PC「GPD P2 Max」とシウマイ弁当は共存できるかをやってみた
フルモデルチェンジにより、大型化したShenzhen GPD Technology超小型PC「GPD P2 Max」。従来モデルの「GPD Pocket2」との違い、特にキーボード回りを細かくチェックした。(2020/3/3)

むしろ荷物は増えた予感:
モバイルできるディスプレイとキーボードでメインPCに!? 「GPD P2 Max」使い込んでみた
筆者が自腹購入した「GPD P2 Max」のCore mモデルが故障。それを聞いたPC USER編集部が「GPD P2 Max」のCeleronモデルをレビューする機会を与えてくれた。がっつりと使ってみるのである。(2020/2/27)

夫の心の声が聞こえる妻、思わぬ「本音」が聞こえてきて……? かわいい夫婦の漫画にほっこり
かわいい連呼はずるい。(2020/2/27)

上位モデルと下位モデル、気になる性能差は?:
「CPUは同じだけどMaxとはこれいかに」なGPD P2 Maxを検証する
「GPD P2 Max」は、Shenzhen GPD Technologyが投入した超小型PCだ。8.9型の液晶ディスプレイに大型化し、性能を高めた上位モデルと下位モデルの性能や発熱、騒音などを細かくチェックした。(2020/2/26)

持ち歩きたくなる8.9型の超小型PC:
思わず衝動買いをした「GPD P2 Max」の出会いと別れ
Shenzhen GPD Technologyが投入した8.9型の液晶ディスプレイ搭載超小型PC「GPD P2 Max」。従来モデルに比べ、大型化しキーボードにも手が加えられた新モデルの出来栄えはどうなのだろうか。(2020/2/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。