ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「INAX」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「INAX」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

研究開発の最前線:
LIXILの研究開発戦略は2×4ならぬ「3×4」!? 新規事業化にも踏み込む
LIXILは、研究開発を担うテクノロジー部門の取り組みや、“未来の生活価値”の実現に向けた研究開発戦略「3×4」などについて説明した。(2019/9/10)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(4):
新設「鈴鹿PAスマートIC」がキモ 今後数年は使える「新・鈴鹿サーキット渋滞回避テクニック」
さぁSUZUKAへ行きましょう〜。鈴鹿PAのトイレも「必聴」ですよ。(2019/5/23)

関連グッズも人気:
体験教室に20万人! 「泥だんご」が静かなブーム
公園の砂場で泥だんごをつくった経験のある人は少なくないだろう。今、泥だんごの関連グッズや体験イベントの人気が高まってきている。その背景には何があるのだろうか?(2018/5/11)

昔の日本には“歩いてはいけないトイレの履物”があった
なぜ作った……?(2018/5/7)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
LIXILが250個のセンサーを設置したIoTハウスで見据える、スマートホームの将来像
建築材料と住宅設備機器の国内最大手企業であるLIXILは、IoT活用によるスマートホームの実現に取り組んでいる。同社 Technology Research本部 システム技術研究所 所長の三原寛司氏に、住まいへのIoT活用の実証実験の場となる「U2-Home II」での取り組みや、スマートホームにおけるIoT活用の可能性などについて聞いた。(2018/1/25)

建築(家)のシンギュラリティ(2):
建築のアルゴリズムとは何か──「他者」を巡る設計方法論の発展史
建築学と情報工学の融合が進む昨今、これからの「建築家」という職能はどう変化していくのか――キーパーソンへのインタビューを通して、建築家の技術的条件を探る本連載。第2回は、慶應義塾大学SFC教授の松川昌平氏とともに、建築における「設計」技法の発展について考えます。(2017/12/22)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(13):
機械の稼働率より人の作業の効率化、優秀な人材は国外からもどんどん呼べ
東大阪市にある町工場で、ミャンマー、ベトナム、タイ、ネパールなど8カ国の外国人が働いている。1929年(昭和4年)に給湯器メーカーとして東大阪で創業した三共製作所だ。3代目社長の松本輝雅氏は、中量多品種の製造を効率よく行う独自の工夫と営業力で安定経営を続けている。今回は同社 松本社長の経営哲学を取材した。(2017/5/30)

「不具合で隣の個室と連動」コミュ力が試されると話題のウォシュレット、実はイタズラ 実際起き得るかメーカーに聞いた
5年前の画像が出回り、SNSで話題になっていました。(2017/4/18)

家の中に「LIXIL」ってロゴがあったらチャンス! 自宅でバーチャル宝探しができる抽選キャンペーン - PR
スマホでいますぐ参加可能です。(2016/10/11)

新連載・スピン経済の歩き方:
なぜ成田空港が「ウォシュレット押し」なのか
成田空港内のトイレで、TOTOのウォシュレット設置率がアップする予定だ。現在、第1・第2ターミナルでの設置率は3割ほどだが、今年の9月には100%にするとか。それにしても、なぜ成田空港が「ウォシュレット押し」なのか。その理由は……。(2015/4/7)

自然エネルギー:
3つの役割を持つ太陽光発電所、福島の建材工場に6MW
住宅設備大手のLIXILは、福島県に立地するLIXIL須賀川工場の敷地内に出力6.35MWの太陽光発電所を完成、2014年5月から運転を開始した。工場の敷地内にありながら、売電の他、教育とショールームの役割を担う。(2014/5/29)

客室に洗濯乾燥機やミニキッチン:
連泊出張の新提案、女子会にも?──東急ステイ展開「滞在型ホテル」とは
東急ステイが、東京・新橋の虎ノ門ヒルズへ通じる新道沿いに“滞在型ホテル”とうたう「東急ステイ新橋」をオープン。“滞在型”とは何か、よくあるビジネスホテルとは何が違うのか、オープン直前の店舗を取材した。(2014/5/22)

文化創造型マーケティング:
なぜエジソンはシャワートイレを作れなかったのか?
“発明王”トーマス・エジソンはなぜ、シャワートイレ(INAXの名称、TOTOはウォシュレット)を作れなかったのか? 19世紀の終わりから20世紀初頭のアメリカである。技術的には可能だったはず。この問いに対し、東海大学政治経済学部専任講師 三宅秀道氏はこんな回答を示す。「『問題の開発』に至らなかったからでしょう」。問題の開発?(2013/5/15)

売れるのには理由がある:
温水洗浄便座の代表的ブランド「ウォシュレット」普及の秘密を聞いた
温水洗浄便座の代表的ブランドとなっているTOTOの「ウォッシュレット」。しかし、実は温水洗浄便座が最初に製品化されたのは海外で、国産としても2番手だった。(2013/3/26)

統合マスター機能を活用
【事例】LIXILグループが子会社105社の会計システムを統合、決断の決め手は
トステム、INAXなどが統合して生まれたLIXILグループは子会社の会計システムを統合することで経営スピードの向上を図った。大プロジェクト決断の背景を探る。(2012/12/11)

ホワイトペーパー:
拠点間の知識ノウハウの共有を1か月でサービスイン、プロセスの標準化で、業務効率と品質の向上を実現
【事例紹介】株式会社INAXメンテナンス(2012/12/11)

SoftBank World 2012:
高さ4メートル分のカタログをiPadに、情報共有で営業力向上も――iPad 6000台導入のLIXIL
カタログの電子化と物件情報の共有による即時対応、日報システムによる営業の効率化、289講座のeラーニングによるスキルアップ――。LIXILが導入した6000台のiPadは、経営のスピード化や現場の対応力強化に大きく役立っているという。(2012/7/12)

ホワイトペーパーレビュー
ITを使った経営の「見える化」、そのノウハウが分かるホワイトペーパー
さまざまな分野で使われるようになった「見える化」という言葉。しかし、その実践は容易ではない。本稿では、見える化を効率的に行って経営に生かしている事例を説明するホワイトペーパーを取り上げる。(2012/4/3)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
“日本の便利”をもっと世界に!
「洗浄機能付き便座」や「洗い場付きお風呂」など、海外旅行に行くと日本の便利さを痛感することが多いというちきりんさん。そんな“日本の便利”をもっとアピールして、世界に普及させるべきだと主張します。(2011/8/22)

あなたの心ピタリと当てる!? 「アキネイター」活用したPRサイト「ヨクシル」
俳優の岸部一徳さんがユーザーの心を「ピタリと当てる」というキャンペーンサイトが登場。iPhoneアプリとしても人気のゲーム「Akinator」の仕組みを活用している。(2011/6/14)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
「リクシルって知ッテル?」って知っテル? 7本連続CMの舞台裏
トステム、INAX、サンウエーブ、新日軽、TOEXの5社が合併し、4月1日に誕生したLIXIL。その知名度を上げるため、7本のテレビCMを毎週放送するプロモーションを行っている。そのプロモーションの裏側を仕掛け人に尋ねてみた。(2011/6/3)

INAXがミラノサローネに初出展、喜多俊之デザイン
INAXが2011年4月のミラノサローネに出展する。テーマは「FURO DISCOVER YOUR NATURE」。プロダクトデザインを担当したのは、ミラノサローネでは日本の顔ともいえる喜多俊之氏。(2011/3/1)

マンショントレンドレポート:
真冬のあったかエコライフ
地球温暖化の原因である二酸化炭素の削減が叫ばれるなか、家の内側から環境に配慮し、省エネをサポートするシステムの研究・開発が進んでいます。マンション選びを“エコライフ”の視点から考えました。(2010/11/24)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
無言の妻におびえる夫――トステム、“機能”を売らない内窓CMの裏側
放送界のアカデミー賞とも言われるギャラクシー賞CM部門で入賞した、トステムの内窓「インプラス」のCM。内窓の機能をあえて訴えず、ただ窓に注目させることが狙いのこのCMはどのようにして生まれたのだろうか。(2010/7/29)

アノトペンなら「できる」:
PR:全世界で20万人が使っている「紙とペンだけ」の業務改善
この不況下にあって、コスト削減は最大の懸案だ。とはいえ、そんなに簡単に削減できないのも現実だ。トータルコストを削減し、投資対効果が明らかな対策――の1つであるデジタルペンソリューションを紹介しよう。(2010/5/10)

体や髪を洗う以外に、お風呂の中でどんなことをしている?
あなたは誰とお風呂に入りますか? 既婚者に聞いたところ「1人で入る」という人が、7割を超えた。また1人で入る理由を聞いたところ、「リラックスしたい」という人が目立った。INAX調べ。(2009/11/12)

嶋田淑之の「この人に逢いたい!」:
トイレとウォシュレットはどのように変化してきたのか?
1日当たり5回ほど“お世話”になっているトイレ――。しかし「トイレのことはあまり知らない」という人も多いのではないだろうか。そこでTOTOのウォシュレット開発担当者に、商品の開発秘話などを聞いた。(2009/8/1)

エコプロダクツ2008:
水が流れないトイレ、気になることは2つ――小便器編
水をまったく使わない小便器とは、どんなトイレなのだろうか。男性トイレといえば“臭い”というイメージがあるが、水を必要としない「無水小便器」を開発したINAXによると、「ほぼ臭わない」という。この究極ともいえる小便器をエコプロダクツ2008で見てきた。(2008/12/12)

お風呂は誰と入る? 夫と妻で考え方にズレ
「体をきれいにする」以外に、お風呂ではどのようなことをしているのだろうか? 10代の女性は「携帯で電話やメールをする」など、お風呂に入るときも携帯電話を手放せないようだ。INAX調べ。(2008/11/7)

「不衛生」「怖い」……温水洗浄便座への意識で男女に違い
内閣府の調査によると、一般家庭の3戸に2戸は設置している温水洗浄便座。普及率は拡大傾向にある温水洗浄便座だが、4人に1人は利用しないようだ。その理由は……? アイシェア調べ。(2008/8/19)

みんなで作る地球のあした、企業発“巻き込みエコ”最前線:
第7回 他人のエコアイデアを毎日実行する気になるサービス
洞爺湖サミットを控えてエコ関連のニュースは増えている。だが、筆者は冷ややかなだった。「CO2は削減したほうがいいに決まってるけど、どうやってCO2を減らしたらいいか分からないし、そもそも毎日続けられるのかなあ」――。(2008/6/23)

それゆけ! カナモリさん:
まるで書斎のようなトイレ、こだわりは「音」と「色」
INAXから発売された「REGIO(レジオ)」というトイレは、もはや便器と呼ぶのすら“はばかられる”。この究極に進化したトイレ――どんな人が購入するのだろうか? 「ターゲット」と「ポジショニング」の視点から分析してみた。(2008/5/20)

ホワイトペーパー:
製造(組立系)の現場で業務効率や生産性を向上した成功事例集
帳票基盤やBI・データ活用基盤を導入し、業務効率向上やコスト削減、セキュリティ強化などを実現した製造(組立系)企業7社の導入事例を紹介する。(2008/5/14)

日本企業のためのスマートフォン導入術:
INAXの製品たちを支える650台のhTc Z
INAXメンテナンスは、製品サービスの作業支援端末にスマートフォンをhTc Zを採用した。全国に650台配備し、作業の迅速化と効率化、通信コスト削減に成功した。(2008/3/17)

家で不満を感じている場所は?
リフォームで利用したいメーカーは「TOTO」「ナショナル」「INAX」がトップ3。いずれも技術力や信頼感のイメージが高い。C-NEWS編集部調べ。(2007/12/27)

ITトレンドの“眼”:
スマートフォンは日本企業に根付くのか? ――HTC Nipponに聞く(後編)
せっかく導入したスマートフォンを長く使い続けるものにするには、どのように利用したらよいのだろうか? 今回はそのヒントを探る。(2007/9/21)

ITトレンドの“眼”:
スマートフォンは日本企業に根付くのか? ――HTC Nipponに聞く(前編)
国内の携帯電話市場は海外に比べて閉鎖的だといわれるが、近年注目されるスマートフォンはその限りではないようだ。そのカギはスマートフォンをどのような存在としてとらえるかにある。(2007/9/18)

「サーバ連携がWindows Mobileの価値を生む」――MS樋口COO
マイクロソフトの樋口泰行COOは、MCPCのイベントで同社のモバイル事業の戦略について説明を行った。(2007/9/7)

組み込みRDBMSでスマートフォン移行時の開発工数が削減
INAXメンテナンスのスマートフォン導入にアイエニウェアの組み込みRDBMSが採用され、開発工数の削減や業務効率が向上したという。(2007/5/8)

INAX、収納一体型トイレ「Pita」にポケット収納を追加
INAXは、収納一体型トイレ「Pita」(ピタ)の2007年モデルを4月2日に発売する。高級家具調扉の「エグゼセレクション」には上品なブルーを追加。(2007/3/14)

“朝専用”の曲を奏でるトイレ、INAX「サティス」
INAXは、朝と夜に専用の曲が流れる全自動トイレ「サティス2007年モデル」「サティスアステオ2007年モデル」を4月2日に発売する。(2007/3/8)

100% DESIGN TOKYO:
デザイナーが本気になると“iPodスピーカー”はこうなる
10月31日から11月5日までの6日間、東京は“デザイン”に染まる。その中心は明治神宮外苑絵画館前広場。「100% DESIGN TOKYO」の展示会場から“デザイナーズiPodスピーカー”を中心にレポートしよう。(2006/11/1)

6リットルで大洗浄――INAXから“超節水トイレ”
INAXは1月26日、わずか6リットルの水で大洗浄が行えるサイホン式便器「eco6」(エコシックス)を発表した。4月1日から大々的に展開する予定で、「アメージュV」「サティス」「Pita」など同社の住宅用主力便器の約8割に適用する。(2006/1/26)

“ひんやり”しない浴室タイルが登場
INAXは、独自の断熱構造により、浴室に入ったときの“ひんやり感”を大幅に軽減した浴室用タイル「サーモタイル」を4月に発売する。(2005/3/28)

INAX、“電動”お掃除リフトアップ搭載便器を拡充
INAXは、「“電動”お掃除リフトアップ」機能を「SATIS ASTEO」の最上位モデルにも搭載すると発表した。リモコンのボタン一つで便座が持ち上がり、簡単に掃除ができる。(2005/3/3)

トイレでクラシックの生演奏――TOTOからもMP3再生トイレ
MP3形式の音楽を保存したSDカードを利用して、四季に合わせた曲を再生する「サウンドリモコン」を装備。季節にごとに異なる香りを出す機能も備えた。(2005/1/26)

LifeStyle Weekly Top10(2月1日〜7日)
自転車ダイエットはスゴイんです
余分な脂肪に悩む人なら、一度は実践してみようと考えたことがある自転車ダイエット。先週、「空気入れのいらない自転車」で自転車通勤の模様を詳細にレポートしたM編集長もそんな一人だ。(2004/2/9)

世界初、MP3再生対応トイレ INAX
SDメモリーカードに保存したMP3ファイルを自動再生するトイレが登場。(2004/2/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。