ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LIXIL」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「LIXIL」に関する情報が集まったページです。

担当者に聞いた:
22万円以上もするのに、なぜ? LIXILの「ボディハグシャワー」が前年比2倍の理由
LIXILが2022年6月に発売した「ボディハグシャワー」が、売れている。商品の特徴は? ヒットの理由は? 同社の担当者に聞いたところ……。(2024/5/27)

スマート化:
玄関ドアのハンドルに顔認証システムが一体化、LIXILが新モデル開発
LIXILは、認証部とハンドルが一体型の顔認証システムを搭載した戸建て用玄関ドア「ジエスタ2」の新モデルを、6月3日に販売開始する。参考価格は56万9000円から。(2024/5/9)

知らないと損!?業界最前線:
“自分で掃除するトイレ”まもなく登場 その仕組みと気になるランニングコストをLIXILに聞いた
自動洗浄機能を搭載するトイレは複数メーカーから登場しているが、6月発売予定のLIXIL「SATIS X」は、自動洗浄機能を組み合わせ、目に見えない汚れも落とすという。さらに便器の構造から再設計したこのトイレについて、構造や自動洗浄の仕組みを製品担当者に聞いた。(2024/3/30)

新建材:
「ゼロカーボンビル」実現へ、大成建設が7割リサイクルのアルミ形材を採用
大成建設は、「大成建設グループ次世代技術研究所」の研究管理棟に、LIXILが開発した循環型低炭素アルミ形材「PremiAL R70」を採用する。(2024/3/29)

材料技術:
LIXILが自宅の蛇口から“ミネラルinウォータ”を飲めるサービスを発売
LIXILは、東京都内で記者会見を開き、これまでの水栓事業で培ってきた浄水技術と、サントリー食品インターナショナルが開発した植物ミネラルエキスを組み合わせることで、住居の蛇口から冷たいミネラル入りの浄水を提供するサービス「Greentap」を発売すると発表した。(2024/3/29)

イノベーションのレシピ:
LIXIL“100周年”の新型トイレは「極みトリプル水流」で便器内側を隅々まで洗う
LIXILが新型タンクレストイレ「SATIS X」を発表。水流によって便器内側を洗浄する仕組みを抜本的に見直した「極みトリプル水流」を採用するなどして、日常生活におけるトイレ掃除の負荷を大幅に削減できることを最大の特徴とする。(2024/3/8)

人が寝ている間に自分で掃除するトイレ、LIXILが発売
LIXILは6日、自動洗浄機能を搭載したタンクレストイレ「SATIS X」を発表した。寝ている間に洗剤を使い、3時間かけて掃除するという。(2024/3/6)

電子ブックレット(製造マネジメント):
いつ芽吹くか、2023年に発表された「イノベーションの芽」たち
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、新しい製品ジャンルや市場に挑戦した「2023年に発表された『イノベーションの芽』たち」をお送りします。(2024/2/8)

トイレ掃除「便座の外し方」が参考になる あれって外していいんだ
普段はやらない便座の裏もピカピカに!(2023/12/26)

多くのCTOとパーソルホールディングス、三菱UFJ銀行、LIXILの知見を集約:
現場とベンダーのゴールの違いを最小限に抑える「デジタル活用の手引書」 日本CTO協会が公開
日本CTO協会は「大手事業会社向け DX Criteria」を公開した。企業のデジタル化推進において経営視点と技術視点のギャップを埋め、「統一された目標に向かうための方向性を提供する」としている。(2023/12/20)

初音ミク、「日本ネーミング大賞」最優秀賞を受賞 「ネーミングが世界観を拡げた好例」
クリプトン・フューチャー・メディアの歌声合成ソフト「初音ミク」が、日本ネーミング協会が主催する「日本ネーミング大賞2023」で「最優秀賞」を受賞した。(2023/12/4)

CEATEC 2023:
だめぇ〜このままじゃ溢れ……ない! LIXILのトイレがDXで進化する
LIXILは、「CEATEC 2023」において、トイレ管理ソリューション「LIXIL Toilet Cloud」やトイレ空間を自動設計するクラウドサービス「A-SPEC」などを紹介した。(2023/10/23)

CEATEC 2023開幕:
CEATEC AWARD 2023 大臣賞は、東芝、エレファンテック、ザクティ
デジタルイノベーションの総合展示会「CEATEC 2023」(幕張メッセ/主催=JEITA)が2023年10月17日に開幕した。出展は684社/団体で、そのうちスタートアップおよび大学が153社/団体が出展する。会期は、2023年10月20日まで。(2023/10/17)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
未来を考える“SF思考” 初心者こそやってほしいワケ 「意思決定者を度外視」がポイントに?
20年先、50年先、100年先――本気で「未来」を考える企業が増えています。注目が集まるのが、「SF」の力を借りてビジネスの将来像を考える手法「SFプロトタイピング」です。その取り組み方を取材しました。(2023/10/3)

リサイクルニュース:
リサイクルアルミを100%使用した低炭素型アルミ形材の受注開始
LIXILはリサイクルアルミを100%使用した低炭素型アルミ形材「PremiAL R100」の受注を開始すると発表した。リサイクル材の安定調達と製造技術の構築により、6063材ビレットの量産化に成功している。(2023/9/22)

製造ITニュース:
製造業のAI活用をよりポップに、クリック操作でデータ分析が行えるプラットフォーム
企業によるデータ活用のためのAI(人工知能)プラットフォームを提供するDataiku Japanは2023年9月5日、同社のサービスや経営戦略に関する説明会をオンラインで開催した。(2023/9/6)

メカ設計 イベントレポート:
設計領域がカギを握る! 海外事例で学ぶサステナブルな製品開発アプローチ
PTCジャパンはWebセミナー「設計から始まるサステナビリティ 〜世界に学べ! 3D CADの最新事例〜」を開催し、設計開発領域におけるサステナビリティの取り組みや具体的なアプローチについて、海外の最新事例を交えて説明した。(2023/8/3)

竹中平蔵氏とLIXIL、旭化成、日揮が語る「企業間連携DX」の現在地
DXは企業間で連携することによってさらに大きな効果を生み出す。企業間あるいは国や自治体も含めた連携は現在、どのように進んでいるか。また、今後さらに推進するためには何が必要か。LIXILと旭化成、日揮の事例から解き明かす。(2023/6/21)

既婚女性555人に聞く:
他人の家で気になる臭い 「タバコ」を抑えた1位は?
LIXIL住宅研究所(東京都品川区)は、住まいの臭いに関する調査を実施した。他人の家に行った際、何らかの臭いが気になった人は70.5%だった。(2023/5/10)

小売・流通アナリストの視点:
来たる大手ホームセンター再編、カギを握るのはコーナン商事──そのワケは?
ホームセンター各社の業績を見ると、巣ごもり需要が過ぎ去り苦戦する様子がうかがえる。厳しい状況の中、各社はどのような戦略で新たな需要をつかもうとしているのか? また、いずれ必ず来ると言われる大手ホームセンター再編で、命運を握るのはコーナン商事だと筆者が推察する理由とは?(2023/5/9)

リサイクルニュース:
リサイクルアルミ使用比率100%のビレット量産化に成功、製品化に前進
LIXILは、同社の小矢部工場で、リサイクルアルミ使用比率100%のビレットの量産に成功した。新地金からアルミリサイクル材に転換することで、CO2排出量を97%削減できる。(2023/5/10)

555人に聞く:
既婚女性の約6割「家事の時短に取り組む」 最も実践していることは?
LIXIL住宅研究所(東京都品川区)は、既婚女性555人を対象に時短家事に関する調査を実施した。時短家事に取り組んでいる家庭は60.6%と半数以上を占め、年齢別では20代(67.0%)と30代(60.7%)の子育て世代が平均より高かった。(2023/4/26)

BIM:
“長谷工版BIM”とサッシメーカー4社が連携、情報化生産でサッシ製造のフローを短縮
長谷工コーポレーションは、サッシメーカー4社とともに、“長谷工版BIM”で、サッシ製作図の作成から図面承諾までを一気通貫で行える情報化生産のシステムを開発した。システム導入により、作図時間の短縮や長谷工とメーカーとのヒューマンエラーが防げる。(2023/4/25)

「レッドガス」時代の羅針盤【終章】攻めのデカップリング型グローバル経営モデルに向けて
これまで4回にわたり、「レッドガス」時代における製造業・エネルギー企業の変革の必要性について論じてきた。しかしながら、これらの変革への対応を従来型の事業・マネジメント構造で実現することはほぼ不可能と考えたほうがよい。(2023/4/25)

オフィス探訪:
大規模オフィスを10分の1に縮小したLIXIL 「1周400メートル」に込めた思いとは
東京・品川の住友不動産大崎ガーデンタワーに本社を移転したLIXIL。大規模だった旧オフィスから一転、新拠点では敷地面積を約10分の1に縮小し、オフィスを「コラボレーションを促進する空間」と再定義した。オフィスの移転理由から新オフィスに込めた思いまで、総務部部長の林崇志氏に話を聞いた。(2023/3/29)

LIXIL若手社員×SF作家・人間六度さん/柞刈湯葉さん:
SF小説を使った議論は“脳を刺激”した――LIXILが「SFプロトタイピング」で見つけたアイデアと希望
SFをビジネスに活用する「SFプロトタイピング」を実施したLIXILの若手社員を取材。新規事業の開発に携わる社員は、SF小説を使った議論が“脳を刺激”したと話します。(2023/3/13)

LIXILが400人に調査:
働く女性の7割がパートナーに不満 「トイレットペーパーの芯を放置」「家事の手伝いで礼を求めてくる」 他には?
働く女性は、働く男性よりも家事・育児への負担が大きく、自分のための時間の優先順位を大きく下げている――。そんな結果が、住宅設備大手LIXILの調査で分かった。働く女性の約7割がパートナーに不満を抱えており、男性との差は2倍以上になった。(2023/3/7)

イノベーションのレシピ:
LIXILが玄関ドアの構造を再発明、子扉に全てのデバイスを集約した「XE」を発表
LIXILが次世代玄関ドア「XE」を発表。錠やラッチ、電気錠などあらゆるデバイスを袖部の機能ユニット(子扉)に納める新たな構造を採用しており「玄関ドアの常識を一新する、構造の再発明」(同社)とする。(2023/2/22)

LIXIL×SFプロトタイピング【後編】:
想像力という武器を手軽に使える――LIXILが挑んだ「SFプロトタイピング」 企業にとっての意義とは?
LIXILが取り組んだSFプロトタイピング。企業がSFを使って得られる価値は何でしょうか。企画者は「誰でも手軽に想像力という武器を使える」と語ります。(2023/2/16)

LIXIL×SFプロトタイピング【前編】:
LIXILがSF小説を公開 「今の未来予想を白紙にしたその先を見たい」 イノベーションに挑む事業部を追う
LIXILが、イノベーション推進プロジェクトの中でSF小説を公開しました。SFをビジネスに活用する「SFプロトタイピング」を取り入れたものです。その背景を取材しました。(2023/2/15)

材料技術:
水素燃焼によるアルミ形材のエージング処理を前橋工場の生産設備で成功
LIXILと東京ガスは、水素燃焼を利用してアルミ形材をエージング処理する実証実験に成功した。国内工場の生産設備を使用した検証において、水素燃焼が製品品質への影響がないことを確かめた。(2023/2/7)

偽物の「浄水カートリッジ」が流通 Amazonや楽天でも 消費者庁が注意喚起
消費者庁はLIXILなどの浄水カートリッジの模倣品が大手ECサイトなどで販売されているとして注意喚起を行った。LIXILは消費者が正規品を確実に購入できるよう4月から直販サイトに販路を限定する。(2023/2/2)

「石狩鍋・スープカレーが作れるカート」:
買うべき材料、全部入れときました! 小田急系スーパーの奇抜すぎる「商品カート」が話題
Odakyu OX 祖師谷店の、料理に必要な材料を商品カートにあらかじめ入れた状態で店頭に用意する取り組みが話題。石狩鍋やスープカレーが作れるカートを用意し、Twitter上では「何も決めずにスーパー行く時は助かります」などと好評だ。提供のきっかけを同店に聞いた。(2023/1/27)

数値解析技術で広がる設計手法:
PR:建材開発を加速させるアルテアのDXソリューション LIXILはどう活用しているのか?
LIXILは、高い機能と意匠性に優れた製品とサービスを手掛けることで知られる日本有数の住宅設備・建材メーカー。同社では、高品質の製品を作るため、アルテアエンジニアリングの解析ソリューションを採用。さらに、クラウド上で各種のソフトウェアを効率的に利用するための環境を整備している。そこで注目されたのが、「Altair PBS Professional」と「Altair Access」といったサーバ関連のソリューションだった。LIXILがどのような目標を掲げ、PBS ProfessionalとAccessを導入したのか?その理由と導入効果をLIXILで研究部門に携わる担当者に聞いた。(2023/1/19)

BIM:
LIXIL「パブリックトイレ空間BIMモデル」に新プラン追加
LIXILは、パーテンションメーカーのコマニー社と共同開発した「パブリックトイレ空間BIMモデル」に、国土交通省が令和3年に改正した建築設計標準対応の新規プランを追加することを発表した。(2022/12/22)

現場管理:
LIXILが取説をデジタル化、読みやすさ追求「WEB取扱説明書」
LIXILは、同社調べで建材業界初となる、スマホやタブレットにも対応し読みやすさを追求した「WEB取扱説明書」を制作し、建材製品77件から順次公開している。また、「取扱説明書検索サイト」も併せて開設した。(2022/12/1)

ZEH:
ZEH対応の投資用アパート普及拡大へ オリックス銀行が個人投資家に貸付金利0.05%優遇
オリックス銀行は、年間の一次消費エネルギー収支量をゼロ以下にした集合住宅「ZEH-M」の普及に向け、市場の活性化を後押しする。現状では、ほとんどZEH-M化が進んでいない投資用物件に着目し、開発事業者との連携を強化していく姿勢を打ち出した。(2022/10/24)

製造業IoT:
LIXILが新たなIoT実験住宅を公開、スマートホームの進化をさらに加速
LIXILが“住まいの未来”をコンセプトにしたIoT実験住宅「みらいえらぼ」(埼玉県越谷市)を開設した。2021年7月から展開しているIoTホームリンク「Life Assist2」を強化するためのオープンイノベーションの場であるとともに、住宅建築関連のプロユーザーに向けた最先端のスマートホームのショーケースとしても活用していきたい考えだ。(2022/10/13)

キッチンもスマホで買う時代!? クックパッド、キッチン販売事業に参入
クックパッドは、キッチンをWebからプランニングして購入・リフォームできるECサービス「たのしいキッチン」の提供を始めた。(2022/10/6)

採用コスト削減に:
社外への人材流出を防ぐ「社内求人」 導入3カ月で見えてきた効果とは
コロナ禍を受け、採用難の状況が続いている。そんな状況下で重要なのは「社員にいかに長く自社で働いてもらうか」だと言える。「社内求人」という手法を社内で3カ月試してみた結果を紹介する。(2022/8/30)

西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
そろそろスポーツカーライフについて語ろうか(その1) クルマの美観を保つためのボディーカバー選び
GT-R nismo Special Editionを購入した西川善司さんの連載。今回はスポーツカーオーナーに贈る、美しく保つための方法について。(2022/8/19)

太陽光:
屋根リフォームと初期費用0円の太陽光をセット販売、東電EPが住宅向けに
東京電力エナジーパートナーは2022年8月18日、既設の戸建住宅向けに、劣化した屋根のリフォームと初期費用無料で導入できる太陽光発電設備のPPAサービスをセット販売すると発表した。同月22日から販売する。(2022/8/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道貨物の諸問題解決が急務、運送業界「2024年問題」に備えよ
「日本の列車はダイヤに正確」は、旅客列車に限った話だ。貨物列車は、全国ネットワークで長距離を走るから、障害が起きれば遅延は全国に波及。JR貨物の公式サイトには、貨物列車の運休や遅延の関する「お詫び」が毎日のように掲載されている。(2022/8/19)

太陽光:
窓で太陽光発電を可能にし断熱性能も向上、LIXILがビル向けの新型ブラインド
LIXILが太陽光発電の機能を備えるビル向けのブラインドを開発。発電できるだけでなく、遮光性や断熱性も両立しており、既築ビルの高性能化・脱炭素化に活用できるという。(2022/7/22)

環デザインとリープサイクル(1):
メイカームーブメントからの10年
「メイカームーブメント」から10年。3Dプリンタをはじめとする「デジタル工作機械」の黎明期から、新たな設計技術、創造性、価値創出の実践を積み重ねてきたデザイン工学者が、蓄積してきたその方法論を、次に「循環型社会の実現」へと接続する、大きな構想とその道筋を紹介する。「環デザイン」と名付けられた新概念は果たして、欧米がけん引する「サーキュラーデザイン」の単なる輸入を超える、日本発の新たな概念になり得るか――。連載第1回では「メイカームーブメントからの10年」の歩みを振り返る。(2022/7/21)

LIXIL住宅研究所調べ:
自宅でやりたい節電対策 2位「冷房温度を高めに」、1位は?
LIXIL住宅研究所は、今夏の家庭での節電に関する調査を実施した。84.7%が電気料金の高騰は、自宅の家計費に影響があると思っていることが分かった。今夏、自宅で取り組もうと思っている節電対策1位は、「扇風機を使用する」(55.1%)だった。以下、「冷房の設定温度を高めに設定する」(49.8%)、「すだれやよしずを置く」(34.6%)と続く。(2022/7/8)

イノベーションのレシピ:
LIXILがノーコード開発で目指す「デジタルの民主化」、9カ月で680のアプリが稼働
グーグル・クラウド・ジャパンがノーコード開発環境「AppSheet」の事業展開について説明。会見にはLIXIL 常務役員 デジタル部門 システム開発運用統括部 リーダーの岩崎磨氏が登壇し、2021年10月に社内導入を始めてから1年弱での成果を紹介した。(2022/6/28)

アプリ乱立の収束も割り切って進める:
「まず経営幹部が作った」、ノーコード開発で1万7000のアプリを生み出したLIXILは、アプリ開発の民主化をどう進めてきたか
LIXILは「全従業員が開発者」を目指し、ノーコードアプリ開発ツールの全社展開を進めている。2021年10月に始まったこのプロジェクトで、既に約4000人の従業員が約1万7000のアプリケーションを開発した。(2022/6/27)

「SNSの話題は調理場のしゃもじがデカい程度の話で十分」 和菓子屋が同業者へ送ったアドバイスが真理
Twitterは特にね。(2022/6/15)

新建材:
LIXIL、樹脂素材と新技術で熱さを感じにくい人工木デッキ「デッキDC」
LIXILは、熱伝導率の低い樹脂素材と独自の新技術「独立気泡構造」を取り入れ、夏場の炎天下でも熱さを感じにくい人工木デッキ「デッキDC」を全国で販売開始した。基材部には木粉や再生プラスチックのリサイクル材を100%使用し、資源の循環利用も促進する。(2022/5/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。