ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「ITスキル標準」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

製造ITニュース:
FAや鉄道の知見とITスキルを組み合わせて提供、DX推進の技術人財サービス開始
オムロン ソフトウェアは2021年8月4日、オムロングループが持つFAや鉄道などの業界知見とITスキルを活用した「技術人財サービス」の本格展開を開始すると発表した。さまざまな業界でDX(デジタルトランスフォーメーション)推進が求められる中、業界知識とITスキルの両面を提供することで、さまざまな業務の効率化や生産性向上に貢献する。(2021/8/5)

受け身でいては幸せになれない:
SI系企業で働くエンジニアが年収を上げるためにすべきこと
複雑怪奇なIT“業界”を解説する本連載。今回のテーマも年収です。構造的に、人をリスクと捉え、育てる環境がないIT業界。では、その中でエンジニアはどうやってキャリアを切り開いていけばいいのでしょうか。(2021/7/29)

セキュリティは「情報管理」と「人材育成」で決まる:
PR:ポストパンデミック時代に向け振り返る、ニューノーマルが残したもの
予測不能な変化が起こり続ける時代を企業が生き抜くためには、柔軟なビジネス環境の実現と変化に対応できるセキュリティモデルを考えることが重要だ。「ITmedia Security Week 2021夏」の「New Normalとは何だったのか」ゾーンでは、企業が今後目指す方向性についての講演があった。(2021/7/12)

うわっ……エンジニアの年収、低過ぎ……?:
Web系企業で年収1000万円エンジニアになる方法
複雑怪奇なIT“業界”を解説する本連載。今回のテーマは年収です。大手SIer、外資ITコンサルでは珍しくない年収1000万円をWeb系企業のエンジニアは目指せるのか、そのために必要なスキルは? 行動は? を徹底解剖します。(2021/7/5)

注目のSREやSASEのニーズに対応する:
PR:戦力になるDX人材確保の早道とは? 実践的な資格取得による人材育成アプローチ
クラウドを始めとするデジタル技術は企業のDX推進を加速させる可能性を持っている。しかしDXを推進する人材を確保できているだろうか。SREやSASEという注目キーワードから理想的なDX人材育成計画の在り方を検討する。(2020/11/25)

防衛省、サイバーセキュリティ担当の防衛技官を募集
防衛省が、サイバーセキュリティに従事する防衛技官を募集している。自衛隊のシステムをサイバー攻撃などから防御したり、隊員の能力を向上させたりする、係長級の人材を、「若干名」募っている。民間企業や官公庁などで通算13年以上勤務した人が対象。(2020/10/13)

変わる「ソフトウェア品質」再考(3):
JNLA電磁的記録分野の技術的適用文書の概要と「利用時品質」の再考
「ソフトウェア品質」は時代とともに変化している。本連載では、「品質」というものをもっと分かりやすく理解してもらうために、あらためて「品質」について再考していく。今回はJNLA電磁的記録分野の技術的適用文書の概要について説明した後、「利用時品質」を再考する。(2020/2/14)

就活のトリセツ(7):
資格がないと就職できないって本当?――いまさら過ぎて誰にも聞けない、IT業界就活の「超キホン」
IT系の資格は何を持っていたらいいの? SPIは対策はいらないって本当?――IT業界に就職したい、エンジニアになりたい、そんな就活生の素朴な疑問にお答えします。(2016/4/28)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(10):
PR:アンドロイド(人型の)開発から、アンドロイド(人型の)による開発へ!
ボク、梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業でアンドロイド(ただし人型の)を開発しています。「退職したい」と会社に言い続けていたら、なぜか昇進しちゃいました。(2016/4/1)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
ANAグループやJPCERT/CCが説くインシデントレスポンスの要諦
サイバー攻撃などの脅威を防ぎ切れない今、企業や組織に求められるのはインシデント(事故)の発生を前提とする対応(レスポンス)への取り組みだ。ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは第一線の専門家がインシデントレスポンスにおける“要諦”を解説した。(2016/3/28)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(9):
PR:せんぱい! わたしがゴールじゃダメなんですか!
ボク、梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業でアンドロイド(ただし人型の)を開発しています。職場が激務で退職したいのに、美人上司と可愛い過ぎる後輩の引き留めにあって、正直ツラいんです。(2016/2/1)

今すぐできるエンジニア向けメンタルヘルス対策まとめ:
今年のストレス、今年のうちに
「エンジニアは、高いストレスを感じている」ことが調査結果によりあらためて分かりました。あなた一人じゃありません。@ITの過去記事を参考に、「おかしいなと思ったら、すぐ対処」しましょう。(2015/12/11)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(8):
PR:彼女が浴衣に着替えたら……ぼく、困っちゃう!!
梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業で働くITエンジニア。転職を決意するも、美人上司と可愛い過ぎる後輩にあの手この手で阻止されて、今日もアンドロイド開発(ただし人型の)にいそしんでいます。(2015/12/1)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(7):
PR:せんぱい! せまーい密室で二人きりになりませんか?
梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業で働くITエンジニア。転職を決意するも、美人上司と可愛い過ぎる後輩にあの手この手で阻止されて、今日もアンドロイド開発にいそしんでいます。(2015/10/1)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(6):
PR:右手に椎子、左手にリナ。僕、ほんとはしあわせなんじゃ……
僕、梧籐 剛(ごとう ごう)。美人上司と可愛い過ぎる後輩と7次請けIT企業で働くITエンジニア。トラブルシューティングざんまいの日々に嫌気がさして転職したいのだけれど、なぜかずーーーーっと退職できないんだ。(2015/7/31)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(5):
PR:「false」を返すと「null」で上書きする、そんな上司と働いています
美人上司と可愛い過ぎる後輩と7次請けIT企業に勤務するITエンジニア、梧籐 剛(ごとう ごう)。日々の努力が認められ、念願の基本設計に携わることになったような、なってないような……。(2015/6/1)

モデルベース開発奮戦ちう(11):
モデルベース開発って、どう教えればいいの?
全社のモデルベース開発におけるライセンス管理やデータマネジメント、そして教育を目的とした基盤強化チームに選ばれた京子。まずは、最大の課題と感じていた、モデルベース開発を知ってもらうための教育カリキュラム作りに取り組むことになった。(2015/4/9)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(4):
PR:ハートに火を付けて! 燃えさかる案件の中心で辞意を叫ぶ
僕、梧籐 剛(ごとう ごう)。年齢27歳、職業ITエンジニア。美人上司と可愛い過ぎる後輩に囲まれてアンドロイド開発にいそしむバラ色の日々……?(2015/4/1)

特集:Biz.REVO〜開発現場よ、ビジネス視点を取り戻せ〜(5):
ロジカルシンキングは必須。変化に強い技術者になるには
ビジネス視点を持った開発者像に少しでも近づくには具体的に何をすればいいのか? SI企業の育成施策の事例を聞いた。(2015/3/30)

2015年問題の本質を探る(5):
人材不足は“量”ではなく“質”が深刻――ITスキル標準はどこへ行く
2015年問題はIT人材の量的不足ばかりが注目されているが、IT業界にとって深刻なのは、むしろ質的人材不足である。これを解消するために、ITスキル標準を活用した人材育成体系や仕組み作りが大手IT企業を中心に進んでいるが、そのITスキル標準自体の行く末に不安が出てきた。各IT企業はどうすればよいのだろうか。(2014/12/10)

2015年問題の本質を探る:
Webビジネス企業の台頭による人材不足にどう対処するか
これまで2015年問題の原因としてユーザー企業側の原因を取り上げてきたが、今回は“Webビジネス企業の出現”が及ぼす影響について考えてみる。(2014/10/2)

【新連載】岡目IT八目:
顧客視点が欠如した日本のITベンダー
日本企業の経営者の多くはITの投資効果が分かりづらいと感じている。さらには、ベンダーに従うままにITシステムを導入した結果、無駄な投資に終わり、不信を募らせている企業もあるという。(2014/7/29)

徹底解説! ITアーキテクトとは何か?(1):
あらためて見直す、ITアーキテクトの役割
テクノロジ活用の在り方がビジネスに与える影響が増している今、ITアーキテクトの重要性もより一層高まっている。ではITアーキテクトとは何か? 大手SIer、TISのITアーキテクト、熊谷宏樹氏がその役割とポイントを現場視点で徹底解剖する。(2014/3/13)

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(最終回):
「PG→SE→PM」という出世魚的キャリアパスを捨てよ
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/7/30)

ガートナーイベントリポート
これがIT部門を強くする――富士フイルムグループの組織変革を見る
強いIT部門を作るにはどうすればいいか。事業のグローバル化が急速に進む中で富士フイルムグループはこの難問に挑んでいる。ガートナーのイベントで語られた講演からIT部門変革のヒントを探る。(2012/5/17)

過去から今より、今から将来を:
災害対策と開発フレームワークの意外な関係?
震災・津波、そして電力需給の逼迫といった状況の変化を背景に、企業のIT構築手法が変わってきているという。ポイントはフレームワークの活用だ。(2011/7/25)

これからのITアーキテクト像(1):
IT技術者よ、自らの“価値”に目覚めよ!
朝から晩まで働いても、評価されない、報われない……IT技術者にとって辛い状況が続いているが、そもそもIT技術者としての“価値”とはどこにあるのだろうか? いま注目を集めている“ITアーキテクトという存在”を掘り下げると、その答えが明確に見えてくる――日本IBMのシニアITアーキテクト、黒田茂生氏が、その豊かな経験から“未来のITアーキテクト像”を具体的にひも解く(2011/3/9)

ベトナム法人と共同でITスキル標準を展開――IPA
IPAは、ベトナムソフトウェア協会(VINASA)とITスキル標準の展開に関する相互協力協定を締結した。(2010/9/28)

情マネ流マーフィーの法則(29):
IT技術者、どう評価する?
IT業界においてエンジニアの能力やスキルを評価する方法は難しい。今回は、IT技術者にまつわる法則を取り上げる。(2010/8/18)

情報マネジメント用語辞典:
人材ポートフォリオ(じんざいぽーとふぇりお)
human resource portfolio(2010/5/12)

TechTargetジャパン読者座談会 【前編】
プロジェクトマネジャーに必要なスキルとは何か?
TechTargetジャパンは2010年3月、プロジェクトの管理業務に携わる会員を対象とした座談会を実施。プロジェクトにおける生産性向上のために必要なことを語ってもらった。(2010/4/6)

間違いだらけのIT人材育成(2):
ユーザー企業はUISSで人材育成できるのか
UISSはユーザー企業における情報システム人材の育成を目指した標準だ。しかし、導入企業はまだ少なく、ユーザー企業のIT人材育成に効果を発揮しているとはいえない状態だ。今回はUISSの現状を確認したうえで、導入が進んでいない原因を追究し、解決の道を検討する。(2010/3/16)

間違いだらけのIT人材育成(1):
IT企業はITSSで人材育成できるのか
さまざまな調査結果から、IT人材のスキル不足が指摘されている。では、日本のIT人材育成法に、大きな問題があるのではないだろうか? 本連載ではIT人材育成の抱える問題点をさまざまな視点から分析し、解決への道を検討してみる。(2010/2/4)

特集:IT資格動向ウォッチ(3):
秋の情報処理技術者試験を振り返る
今年、制度改訂後初の情報処理技術者試験が行われた。前編では、秋試験(高度試験、ネットワークスペシャリスト(NW)、ITストラテジスト(ST)、システムアーキテクト(SA)、ITサービスマネージャ(SM))を振り返る。(2009/11/26)

ビジネスマンの不死身力:
「正しい肩書き」が作る未来のあなた
自分のキャリアにつながるセルフイメージをどう設定するかによって、あなたの可能性は大きく変わる。「肩書きを付けること」は、世間一般のキャリアプランにまどわされない働き方を実現する1つの方法だ。(2009/8/1)

IT企業のための人事制度導入ノウハウ(9):
報酬制度の設計・構築方法
IT企業の人事担当者に読んでほしい、人事制度導入ノウハウ。導入プロジェクト開始の準備から設計、導入、実際の運用まで、ステップごとに詳細に解説する。(2009/7/27)

ビジネスマンの不死身力:
知らぬ間に築いていた「セルフイメージ」を疑おう
エンジニアとしてのキャリアアップを不安に感じる人が少なくない。これは誤った「セルフイメージ」の理解から生じるものだ。思い込みに左右されない働き方を目指そう。(2009/7/25)

日本のIT人材不足、「量」より「質」に課題あり
企業競争力を高めるためにIT基盤の強化は不可欠だ。ところが日本企業では、昨今ITに携わる人材の不足が叫ばれており喫緊の課題となっている。企業の現状を聞いた。(2009/6/22)

情マネ流マーフィーの法則(16):
羊頭狗肉のIT用語、誇大表示を告発する
CSO、アーキテクト、SaaS、クラウドコンピューティング……。IT用語は大部分が英語や英略語が基本になっているので、「見慣れているけれども、何なのかよく分からない言葉」というものが多いのではないだろうか。今回は、IT用語にまつわる法則を取り上げる。(2009/6/16)

SOAアーキテクト塾(2):
SOAの効果を出すためのサービス粒度・体制・人材
SOAの普及でアジアの中でも最下位とされる日本。なぜ、SOAが進まないのか? SOAによって効果的なシステム構築・運用を実現するにはどうすべきなのか? 「SOAアーキテクト塾」のパネルディスカッションをレポートする。(2009/4/30)

SOAアーキテクト塾(1):
SOA普及を困難にしている要因を探る
「サイロ化したシステム群を統合しよう」という掛け声はよく聞かれるが、実際にそれを推進しようとするとさまざまな問題に直面する。システム統合プロジェクトに求められる情報システム部門の役割やスキルから考えてみよう。(2009/4/22)

IT企業のための人事制度導入ノウハウ(5):
「自発的に学ぶ社員」を「公平に評価」する等級制度
IT企業の人事担当者に読んでほしい、人事制度導入ノウハウ。導入プロジェクト開始の準備から設計、導入、実際の運用まで、ステップごとに詳細に解説する。(2009/3/19)

IT企業のための人事制度導入ノウハウ(4):
「こんな人材が欲しい」から始まる人事制度
IT企業の人事担当者に読んでほしい、人事制度導入ノウハウ。導入プロジェクト開始の準備から設計、導入、実際の運用まで、ステップごとに詳細に解説する。(2009/2/17)

新・情報処理技術者試験はこう変わる(2):
新 情報処理技術者試験、全試験科目をまとめて解説
1969年に開始して以来、40年ぶりの大改訂を迎える情報処理技術者試験。本連載では2回にわたり、制度改定の背景、情報処理技術者試験の目指す方向、新試験制度の出題分野などについて解説する(2008/12/19)

新・情報処理技術者試験はこう変わる(1):
情報処理技術者試験、新制度の全貌が明らかに
1969年に開始して以来、40年ぶりの大改訂を迎える情報処理技術者試験。本連載では2回にわたり、制度改定の背景、情報処理技術者試験の目指す方向、新試験制度の出題分野などについて解説する(2008/11/14)

戦う現場に贈る分散システム構築−情報部門編(2):
システムを統合するために必要な事前知識――必須となる技術要素の整理と整合性について
SI会社からあるユーザー企業に転職した豆成くんは、入社早々点在する複数のシステムを統合する大役を押し付けられてしまった。これまで経験したのは独立したシステム開発だけで、業務知識もシステム統合技術も持たない豆成くんは、無事成功できるのだろうか?(2008/11/7)

情報マネジメント用語辞典:
共通キャリア・スキルフレームワーク(きょうつうきゃりあ・すきるふれーむわーく)
common career skills framework(2008/10/28)

ITSSはなぜ生かされないのか(4):
なぜ、人材育成に必要なツールが作れないのか
前回は、人材育成の仕組みが構築できていない3つの原因を挙げ、その解決の方向性を示した。今回は、ITSSがIT人材育成に生かされていない原因の3つ目である「人材育成の仕組みに必要なツールが作られていない」ことの原因を追究し、解決の方向性を検討してみる。(2008/10/15)

特別企画 超常識シリーズ(3):
あどみちゃんのITマネジメント超常識
ITマネジメント――すなわち、経営や業務に役立つようにITを使いこなすことは、情報システム部門の人たちにとって非常に重要な仕事です。しかし、高度化・複雑化するITを適切にマネジメントすることは簡単ではありません。今回は、ITマネジメントに関する5つの常識をあどみちゃんと一緒に見ていきましょう。(2008/9/26)

ITSSはなぜ生かされないのか(3):
なぜ人材育成の仕組みが構築できないのか
前回は、求められる人材ポートフォリオが作られていない原因に、IT企業の多くが明確な戦略を持っていないことと、ITSSに自社の戦略実行に必要な人材像が存在しないケースがあることを挙げた。今回は、ITSSがIT人材育成に生かされていない原因の2つ目である「人材育成の仕組みが構築されていないこと」の原因を追究し、解決の方向性を検討してみる。(2008/9/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。