ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「農業協同組合」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「農業協同組合」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ブロッコリーの「出荷予測モデル」を構築 正確な出荷見込みで確実で有利な販売へ――NTTデータとJA香川県ら、開発・実証を開始
NTTデータとJSOLは、香川県農業協同組合(JA香川県)らと共同で、「農作物の出荷予測モデル」の構築に取り組む。出荷量を予測することで、生育調査などの時間を削減するとともに、経験の浅いJA担当者でも事前に出荷見込みを正確に把握できるようになる。(2019/6/10)

アフリカビジネス協議会が初会合、ヘルスケアなど官民で開拓
8月末に横浜市で開かれるアフリカ開発会議に向け、官民でアフリカ市場開拓を探る「アフリカビジネス協議会」が発足し、6日、経団連で第1回会合が開催された。(2019/6/7)

色は3色、品数は2品程度 頑張りすぎないお弁当「地味弁」が、映えないけれどしみじみおいしそう
これなら毎日作れるかも。(2019/5/18)

マンホールをIoT計測しAIで異常検知など、下水道新技術9件を国交省が研究対象に採択
国土交通省は、2019年度のB-DASHプロジェクトと下水道応用技術研究の対象として計9件の新技術を採択した。B-DASHプロジェクトとは、新技術の研究開発および実用化を加速することで、下水道事業における低炭素/循環型社会の構築やライフサイクルコスト縮減、浸水の対策、老朽化対策などを実現し、企業による水ビジネスの海外展開を支援することを目的に、2011年度よりスタートした下水道革新的技術実証事業を指す。(2019/5/17)

“衛星×ドローン×AI”で水稲の育成診断と病害虫予測――NTT、JAふくしま未来らが実証実験
NTTグループ、ふくしま未来農業協同組合らは、準天頂衛星「みちびき」の測位情報を利用するドローンと画像解析AIを活用し、水稲の育成状況診断や病害虫の早期発見・予防を実現する「スマート農業」の実証実験を開始。収量量の最大30%増と品種向上を目指す。(2019/4/22)

農協で午後8時にPCを強制シャットダウン――JAいなば、長時間労働抑止と職員の意識改革へ
JAいなばは、長時間労働の抑止に向け、富士通エフサスの「TIME CREATOR」を導入。PCの利用状況を管理して、勤務時間外の利用を抑止するとともに、職員の時間意識の改革による生産性向上を推進する。(2019/4/16)

JA向けの受注業務RPAソリューション、農業生産資材の受注入力を自動化 NTTドコモから
NTTドコモは、全国の農業協同組合(JA)を対象に、農家からの農業生産資材の受注業務を効率化するRPAソリューションの提供を開始する。手書きの注文書を読み取るOCRとNTTグループのRPA「WinActor」を組み合わせた。実証実験では、作業時間を約80%削減できたという。(2019/3/18)

ソーラーシェアリング入門(12):
ソーラーシェアリング関係者は必見! 農水省の最新資料とデータを読み解く
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は農林水産省が公開した最新の資料・データを読み解きながら、近年のソーラーシェアリングの動向と今後の見通しについて解説します。(2019/3/13)

洗濯もOK、ファミマの新店舗 ジム・コインランドリーと3業態一体、2月28日開業
コンビニ単独では把握しきれない幅広いニーズに応えることで、前年割れが目立つ来店客数の確保を進めたい考えだ。(2019/3/1)

初の100億円台に:
沖縄企業の利益ランキング 1位は4年連続であの会社
東京商工リサーチが2017年度の沖縄県内企業利益ランキングを発表。対象となる当期純利益2000万円以上の企業は、前年度から10.3%増の995社となり、9年連続で最多を更新した。(2019/1/8)

自然エネルギー:
捨てるナガイモで再エネ創出、青森に食品廃棄物を活用するバイオガス発電所
青森県東北町で廃棄するナガイモの食品残渣を利用するバイオガス発電所が稼働。ナガイモの残渣で作ったメタンガスを利用し、年間36世帯分に相当する発電量を見込む。(2018/12/10)

AIで農作物の生産量を予測する「高知県園芸品生産予測システム」 安定的な生産と取引を支援――高知県、富士通らが共同実証
高知県、富士通、Nextremerは、農作物の生育や出荷に関わるデータを一元管理し、AIで生産量を予測する「高知県園芸品生産予測システム」の実証実験を開始する。生産性と品質向上に向けた営農指導や、安定的な農作物の生産と取引の実現に向け、2019年3月の本運用を目指す。(2018/12/4)

折り込みチラシなし! ポイントカードなし!:
午後7時閉店でも店長年収1000万円超え! 愛知県「地元密着スーパー」絶好調の秘密
愛知県東三河地方だけに5店舗しか展開していない「絶好調」のスーパーがある。「社員第一主義」を掲げ午後7時には閉店しているのに、店長の年収は1000万円を超える。その秘密に迫った。(2018/11/20)

自然エネルギー:
石油火力をバイオマス発電に転換、2023年稼働へ改造がスタート
関西電力が兵庫県相生市で運営する火力発電所で、一部の設備を改修して燃料をバイオマスに転換するプロジェクトがスタート。営業運転開始は2023年を予定している。(2018/11/8)

ソーラーシェアリング入門(5):
ソーラーシェアリングの成功に欠かせない、農作物の選定と設備設計のポイント
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングの成功に欠かせない、農作物の選定と設備設計のポイントについて解説する。(2018/11/5)

偶然を計画的に設計:
朝ドラ『半分、青い。』の主人公には、5つの習慣があった
9月末で終了したNHKの朝ドラ『半分、青い。』。いろいろな意味で賛否両論ありましたが、ヒロイン鈴愛の職業の変化を見ると、これはキャリアドラフトではないかと思いました。 どういうことかというと……。(2018/10/26)

「まるで農家のヴィーナス」 のん、岩手県産米CMで今度は“金髪ロングの女神”と化す
麗しい……。(2018/10/14)

“負け組”だからこその戦略:
ピンチをチャンスに変えてきた――旭酒造・桜井会長が振り返る「獺祭」と歩んだ日々
日本酒「獺祭」を製造する旭酒造の桜井博志会長が、東京工科大学(東京都八王子市)で行われた特別講義に登壇。「獺祭」を世界的なブランドに育てる上で味わった苦労や、酒づくりに対するこだわりなどを語った。(2018/9/13)

現場管理:
G7サミットにも導入された報告書作成と位置情報把握の“フィールド業務”支援システム
Google Cloud Platformパートナーのマルティスープは、工事・保守・点検・調査といったフィールド業務をサポートする「iField(アイ・フィールド)」のサービスを展開している。iFieldは、Google Mapsを活用したフィールド業務向けの現場報告システムで、マルティスープの強みであるカスタマイズ提供によって、インフラ点検をはじめ、不動産管理、大規模農業の管理、G7伊勢志摩サミットでの警備活動など、多岐にわたる用途で活用されている。(2018/8/24)

三顧の礼で生産者を説得:
ほうじ茶ブーム生んだマーケッター 秘訣は「お茶との恋愛」!?
ほうじ茶ブームを仕掛けたペットボトル商品「加賀 棒ほうじ茶」。誕生の背景には地域に埋もれていた素材を掘り起こし地元企業を説得したマーケッターの「愛」があった。(2018/8/15)

書店とファミマが“合体” 積文館書店との一体型店舗、佐賀に
書店とファミマが合体した店舗が佐賀に。積文館書店との一体型店を8月2日に開店。コンビニエリアと書店エリアの間に仕切りはなく、レジも集約する。(2018/8/1)

田舎の価値:
地方が生き残るためには? 四万十ドラマ社長が語る地域おこし成否の鍵
「日本最後の清流」と言われる四万十川。この流域に、地域おこしで有名な会社がある。「四万十川に負担をかけないものづくり」をコンセプトに掲げ、地域に根ざした事業展開をしている四万十ドラマだ。(2018/7/24)

自然エネルギー:
青森の「ながいも」でバイオガス発電、排熱は冬場の農業に活用
青森県東北町で名産品であるながいもの残さを活用したバイオガス発電事業が始動。発電時に発生する排熱はビニルハウスに供給し、冬場でも農業を可能にする。(2018/7/6)

メルカリが5周年 「総取引件数2.8億回」「最高額商品は315万円のダイヤ」など歴史を数字で振り返る
一番「いいね」を集めたのは、子どもが出品した「ドングリ」。(2018/7/3)

コンビニ+書店の一体型店舗 「ファミリーマート+サンミュージック彦根店」14日オープン 
「夜間から早朝に購入したい」「素早く購入したい」などのニーズに対応。(2018/6/13)

自然エネルギー:
農業用水を活用する小水力発電所、全面改修に設備リースを活用
京葉プラントエンジニアリングが、鳥取市で50年以上稼働を続ける小水力発電所を全面改修。設備の更新には、三井住友ファイナンス&リースが提供するリースを活用した。(2018/6/6)

鶏舎の死んだ鶏、AIでチェック 目視だった作業を効率化
NECと、鹿児島県のマルイ農業協同組合が、AI技術を活用し、鶏舎のゲージ内で死んだ鶏を発見するシステムを開発した。精度は90%以上で、作業時間は5分の1に。(2018/5/28)

「青じそ」「大葉」はどこが違うのか?
実は、ちょっと違う表現。(2018/5/28)

魔の融合 ベビースターラーメンをふんだんに使ったカップアイス、セブン−イレブンで先行発売
甘じょっぱさが売りとのこと。(2018/5/25)

スピン経済の歩き方:
中国人観光客を締め出しても、「日本の花見文化」が守れない理由
「お花見」の経済波及効果が注目されているが、実は不安材料もある。それは「中国人観光客」。彼らに対する「被害者意識」が、好調なインバウンド消費にブレーキをかけてしまうのではないか。(2018/3/27)

74地域で稼働中:
経産省のIoTプロジェクトが地方の本気を引き出しているワケ
「地方の覚悟を問う」。そんな思いが込められた経済産業省のあるプロジェクトが今、広がりを見せており、具体的な成果が全国各地で表れ始めているという。(2018/3/13)

【マンガ】白い牛乳は、牛の赤い血液からできている
色が全く違うのが不思議。(2018/3/5)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
カーリング女子はどうなる? このままでは行く末が心配
カーリング女子が脚光を浴びている。平昌五輪で銅メダルを獲得したこともあって、ちょっとしたフィーバーになっているが、心配もある。熱が冷めた際に、彼女たちの立場がどうなっているかということである。関係者がしなければいけないことは……。(2018/3/2)

自然エネルギー:
福島県で熱電併給を生かすスマートシティ事業、CO2は農業に活用
復興計画を進める福島県新地町で、ガスコージェネレーションシステムを活用したエネルギーの地産地消プロジェクトが立ち上がった。(2018/2/20)

農作業着で元気に「おー!」 のん、麦わら帽子につなぎ姿で「宇宙最強米への道」最終回を報告
ついに終わってしまったか……。(2018/2/15)

農産物の出荷振り分けが8時間から1秒以内に 三浦市農協がkintoneで効率化
農業のIT化を推進するサイボウズと神奈川県三浦市農業協同組合は、出荷予定の農産物の配送先の割り当てと配車作業を自動化する「三浦市農協配車システム(仮)」を「kintone」で構築。出荷情報を入力するだけで1秒以内に出荷物の振り分けプランや配送ルートなどを生成できるという。(2018/2/15)

1月15日は……:
「いちごの日」を商機に 手軽なスイーツから“育てる”体験まで
1月15日は「いちごの日」。産地から小売店まで、さらなる消費拡大を狙った多様な取り組みが展開される日になっているようだ。(2018/1/15)

小売・流通アナリストの視点:
スーパーに産直売場 仕掛けたベンチャーの大変革がスゴイ
今、農産物直売所が好調で、市場規模は1兆円弱に達しているのをご存じだろうか。その一方で、従来のスーパーマーケットに対する消費者の不満は大きい。その穴を埋めるべく、あるベンチャーが仕掛けたのは……?(2017/12/20)

特集・ミライのクルマ:
“食べる”ための自動運転技術 「ロボット農機」は農業を救えるか
2020年に向けて盛り上がる自動運転技術。公道を走るクルマだけでなく、閉じられた空間(農地)を走る農業機械にも自動運転レベルがあるのをご存じだろうか。(2017/12/12)

地方で勝つ会社:
世界が注目する東北の小さな町のイチゴ革命
東日本大震災によって大きな被害があった宮城県山元町。この地で作られているイチゴが今、国内外から注目を集めている。「ミガキイチゴ」という商品ブランドを立ち上げた岩佐大輝さんの挑戦に迫る。(2017/10/11)

まるで異国のお嬢様! のん、岩手県産米「金色の風」CMで金髪の美少女に
え、かわいい。(2017/10/9)

製造業IoT:
「うしらせ」で牛の起立困難状態をスマートフォンに通知、独自LPWAを採用
ソニーエンジニアリングは、肥育牛に装着するセンサー端末で牛の起立困難状態を検知し、肥育農家のスマートフォンにその状態を通知する「うしらせ」を開発した。2018年1月の発売を予定している。(2017/9/14)

たまごかけご飯に最適な特許取得した「たまご」登場 開発に7年
黄身のコク・粘り気・色にこだわって開発したそうです。(2017/7/5)

特許取得の飼料で生産:
開発7年「卵かけご飯に合う卵」、東日本で先行発売
JA全農たまごが「卵かけご飯に合う卵」を7年の歳月をかけて開発。特許取得の飼料配合で生産している。消費者からは「これはもうおかず」といった感想も。(2017/7/5)

青森名物「スタミナ源たれ」CMに星野源さん出演への期待高まる
星野源さんファンと「スタミナ源たれ」ファンがこぞってRTしているから、そろそろご本人に届いているんじゃ・・・・・・?(2017/4/20)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(13):
創設12年で企業価値1200億円に、クボタの“多角化”を促したベンチャー
今回は、Mycogen(マイコジェン)というバイオ農薬を手掛けたベンチャーを紹介したい。ITやエレクトロニクスの話からは少しそれてしまうが、教訓的な要素を含む、なかなかに興味深い話なので、ぜひここで取り上げておきたい。(2017/4/18)

レーザー照射で野菜の産地が分かる? NTTの新技術にびっくり
NTTテクノクロス、ザファーム、エス・アイテックスの3社が、野菜のネット販売のプロジェクトを共同で展開。この中でNTTテクノクロスが、野菜の産地を「科学的」に証明する新技術を使っている。高速通信を実現するための技術をどう転用したのだろうか。(2017/4/6)

JA京都がダイヤモンド社を提訴 国産コシヒカリの産地偽装疑惑に反発
米卸の京山も提訴しており、総額4400万円の損害賠償を請求。(2017/2/17)

米卸の京山が週刊ダイヤモンドを刑事告訴へ 産地偽装記事で
「10粒中6粒が中国産」とする記事。(2017/2/13)

謎食材「群馬の野菜」とは一体……? JAに正体とネーミングの理由を聞いたら予想外の回答だった
JA「それはただの包装ビニールですね」(2017/2/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。