ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

  • 関連の記事

「JDA Software」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「JDA Software」に関する情報が集まったページです。

KPMGの調査結果から探る
AIは経営層のプライドをズタズタにする? AIが普及しない3つの原因
AI技術の本格的な導入がそれほど進んでいないことが、このほど実施された実態調査で分かった。その原因は1つではなく、そして根深い。(2019/11/10)

製造ITニュース:
複数企業間のサプライチェーンを最適化、AIと高速DB採用SCMのo9が日本参入
サプライチェーンマネジメントソリューションを展開する米国o9 Solutions(オーナインソリューションズ、以下o9)は、日本法人であるo9 ソリューションズ・ジャパンを設立し、日本での取り組みを本格化することを明らかにした。(2019/8/21)

製造業IoT:
PR:「毎日が消火活動」になりかねない製造業サプライチェーン、 解決策は自律化するSCMにあり
製造業サプライチェーンがますますグローバル化、複雑化し、変化の速度も加速する中、サプライチェーン上の混乱や遅延は経営に大きな影響を与えかねない問題だ。しかし、問題や遅延を立て直す調整作業には多くの時間と労力を必要とする。グローバル市場で勝ち抜くためには、事が起こってから対策を講じるのではなく、事前に起こり得る事象を予測し、未然に対応できるサプライチェーンを構築することが求められる。サプライチェーンを自動化、自律化するという理想を実現するSCMの近未来像を探る。(2019/5/29)

ハノーバーメッセ2019:
既にビジネス拡大のフェーズに、マイクロソフトが訴えたデジタル変革の価値
マイクロソフトは、ハノーバーメッセ2019において、製造業を含む産業のデジタル変革が既に多くの実績と成果を挙げている状況を紹介。これらの動きを、エッジコンピューティングやクラウド基盤、AI、ブロックチェーンなど豊富に抱えるさまざまな技術リソースにより、包括的に支援できる強みを訴えた。(2019/4/9)

製造マネジメントニュース:
パナソニックとJDAが合弁会社を設立、日本市場にSCMソリューションを提供
パナソニックとJDA Softwareは2019年4月1日、両社の合弁会社の設立に関する覚書を締結したと発表した。合弁会社では日本市場向けに工場、倉庫、流通業向けSCM(サプライチェーンマネジメント)ソリューションの提供を行う。(2019/4/2)

リテールテックJAPAN 2019:
パナソニックが鍛える裏の競争力、リテール業界でも現場プロセスイノベーション
パナソニックは、「リテールテックJAPAN 2019」に併せて会見を開き、同社が注力する「現場プロセスイノベーション」が流通業界にどのように貢献するのかについて説明した。(2019/3/6)

製造マネジメント インタビュー:
サプライチェーンに明かりをともすJDA、AIとIoTで管理の自律化を推進
製造業はサプライチェーンの効率化と強じん化に力を注いでいる現在、SCMシステムとIoT、AIの組み合わせに期待が集まっている。SCM大手のJDAソフトウェアでAPAC社長を務めるAmit Bagga氏に、製造業のサプライチェーンにおける現在地と次世代SCMがもたらす効果を聞いた。(2019/3/6)

製造マネジメントニュース:
工場、倉庫、流通向けソリューションの共同開発に関する覚書を締結
パナソニックとJDA Software Groupは、工場、物流、流通向けソリューションの共同開発に関する覚書を締結した。両社の技術やノウハウを組み合わせ、IoT、AIを活用した統合的なソリューションを共同開発する。(2019/2/13)

製造ITニュース:
サプライチェーン向けAIベンダーを買収、顧客企業のデジタル変革を支援
JDAソフトウェアは、サプライチェーン向けAIソリューションプロバイダーのBlue Yonderを買収すると発表した。(2018/9/5)

製造ITニュース:
サプライチェーンの計画業務を高度化するソリューション
JDAは、JDAの中核的な製品を拡張した、次世代デジタルサプライチェーンソリューション「JDA Luminate」を発表した。インテリジェントな手法で需要を予測し、迅速な補充、供給を可能にする。(2018/7/27)

製造業IoT:
「倉庫管理の未来形を作る」、JDAとサトーが生産性40%向上目指し提携
JDAソフトウェアとサトーホールディングスが戦略的パートナーシップを締結。提携の第1弾として、JDAの倉庫労務管理ソリューションと、サトーの「Visual Warehouse」を組み合わせたパッケージソリューションを提供する。当初は、2019年3月までに食品、飲料業界の大手メーカー5社への導入を目指す。(2017/12/7)

製造IT導入事例:
化粧品大手が需要予測から在庫補充計画までを管理する計画システム導入
新日鉄住金ソリューションズとJDAソフトウェア・ジャパンは、需要予測から出荷計画、在庫計画、補充計画までを一貫して支援する国内向けPSI計画システムを資生堂が導入したと発表した。(2017/5/26)

Mattel JDA Manufacturing Planning/JDA Flowcasting:
米玩具メーカー大手、サプライチェーン計画ソリューションを導入
米玩具メーカー大手のMattelは、エンドツーエンドのサプライチェーンプロセス全体の改善のため、米JDA Software Groupの製造業向け計画ソリューション「JDA Manufacturing Planning」とフローキャスティング「JDA Flowcasting」を採択したと発表した。(2017/4/6)

製造IT導入事例:
米マテル、需要管理の効率化とグローバルサプライチェーンの構築を目指す
米Mattelは、エンド・ツー・エンドのサプライチェーンプロセス全体の改善のため、米JDA Software Groupの製造業向け計画ソリューション「JDA Manufacturing Planning」とフローキャスティング「JDA Flowcasting」を採択した。(2017/3/23)

製造ITニュース:
「アジアの最注力市場は日本」、JDAがSCMソリューションの国内展開を強化
JDAソフトウェア・ジャパンが国内市場における事業戦略を説明。倉庫管理、物流管理、要員管理といったSCM(サプライチェーン管理)の実行系の製品群からなるソリューション「インテリジェント・フルフィルメント」の国内展開を開始し、2018年までに15社の顧客獲得を目指す。(2016/4/26)

製造マネジメントニュース:
ヨーロッパでは成人の半数近くがメーカーから直接購入、直販チャネルが不可欠に
JDAソフトウェアは「Manufacturing Pulse Report 2016」を発表した。ヨーロッパでは成人の半数近くがメーカーから直接購入しており、メーカーには顧客の期待に応える直販チャネルが不可欠だとしている。(2016/1/22)

製造ITニュース:
Excelは最強なのか!? 生産計画策定に表計算ソフトを使う製造業は62%
JDAが実施したサプライチェーンにおける調査「JDA Vision 2015 Supply Chain Market Study」によると、グローバルサプライチェーンが複雑化しているにもかかわらず、依然として旧式のツールで複雑化するバリューチェーン全体を管理していることが分かった。(2015/3/13)

インテリジェントな調達:
JDAとIBM、より優れた顧客体験を実現するオムニチャネル・フルフィルメント機能を共同で提供
サプライチェーンマネジメントのソリューション提供を手掛ける米JDAソフトウェアグループインク(以下「JDA」)と米IBMは11月11日、小売りや卸、メーカー向けに、顧客に対し最高のショッピング体験を提供するための統合オムニチャネルサプライチェーンを共同で提供していくことを米国にて発表した。(2014/11/17)

需給予測機能を強化へ
【製品動向】企業が投資を増やす「SCM製品」の今
製造業を中心に日本企業の間でサプライチェーンを強化する動きが見られる。自然災害などに負けない強固なサプライチェーンマネジメント(SCM)の構築が目的だ。主要なSCM製品、ベンダーの動向を探った。(2012/12/17)

リサーチペーパーでひも解くS&OP(4):
S&OPプロセスを支える仕組みはどう考えればいいの?
プロセスややるべき組織変更は分かってきた。だけれど、それを実行するために必要なことってどんなものだろう? IT技術について考えてみる。(2012/7/17)

情報システムから見た海外生産シフト(4):
いま、なぜサプライチェーン管理を見直すべきなのか
国外拠点は単なる生産工場や販売拠点ではなくなりつつあるいま、グローバル市場を考える日本企業が考慮すべき実務上の課題とは何か。アジア地域での製造業を見続けてきた経験から、日本企業が これから進むべき道を考える。(2010/8/4)

カテゴリーマネジメント導入事例
武蔵ホルトが語る、カテゴリーマネジメントの導入効果と実践の勘所
小売業だけでは十分な効果は得られないカテゴリーマネジメント。小売・卸が一体となった推進が求められる。実践のキーワードは「トップダウン」と「ニーズ把握の方法」だ。(2010/3/24)

情報システムから見た海外生産シフト(1):
変わりつつある国内/海外工場のスタンス
国外拠点は単なる生産工場や販売拠点ではなくなりつつあるいま、グローバル市場を考える日本企業が考慮すべき実務上の課題とは何か。アジア地域での製造業を見続けてきた経験から、日本企業がこれから進むべき道を考える。(2010/3/12)

グローバル展開を見据えた小売業のSCM【最終回】
小売業の経営戦略を支えるSCMシステム構築
単なる業務効率改善のためのシステム導入という考え方は完全に過去のものとなった。連載の最終回では、企業戦略を下支えし、変化に敏感な企業を作るためのSCMシステムを考える。(2010/2/19)

情報システム用語事典:
CFAR(しーふぁー)
collaborative forecast and replenishment / 製販協働補充予測(2010/1/18)

SCM製品紹介
密接連携するソフトウェア群でSCM全体を最適化する「JDAソリューション」
長年培ってきた豊富な小売業向けの技術やノウハウを武器に、ユーザー視点でSCMを網羅的に支援するJDAソリューション。そのコアソフトウェアを中心に紹介する。(2009/12/7)

SCM製品紹介
生産から最終需要(消費)に至る商品供給の流れを部門・企業間で共有・管理するSCM(Supply Chain Management)システム。SCM製品を提供する各ベンダーへの取材を基に、それぞれの製品の特徴をまとめた。(2009/8/18)

こうすればうまくいく生産計画(2):
当たらない需要予測とうまく付き合う法
今日の製造業が抱えている根本問題は「大量・見込み生産の体制を残したまま、多品種少量の受注生産に移行しようとしている」ことにある。生産計画を困難にするさまざまな要因を乗り越え、より良い生産計画を実現する方法を検証してみよう。(2008/10/23)

規模拡大で総合ベンダに対抗:
米JDAがi2を買収、SCMも業界再編へ
(2008/8/12)

ビジネス戦略を実現した辣腕CIOの素顔に迫る:
【第1回】中堅企業のCIOは、面白い!
2007年のCIO DECISIONSミッドマーケットITリーダーシップアワードを受賞したリーダーは、重要な技術的側面において意思決定のパフォーマンスを発揮し、それぞれの企業のビジネス戦略を実現している。彼らの成功の秘訣は何なのか? 具体的な方法は? その素顔をリポートする。(2008/2/25)

CEOとCIO――2つの顔を持つと言うこと:
【第3回】「プロジェクト・ジェミニ」――物流を変えたCIOの功績
CIOとして前任者のギリス氏を向かえたフォーザニは、大胆な計画をスタートさせた。4つの主要ITシステムをすべて18カ月で置き換え、新システムをカットオーバーするという計画だ。(2007/10/22)

Interview:
SCMブームの衰退は歓迎、SOAベースの「新世代SCM」を売り込むi2テクノロジーズ
SCMのリーダーであるi2だが、ドットコムバブル消失とともにブームが去り、かつての勢いがない。しかし、佐藤社長は、「SCMは企業活動そのもの。むしろ、ブームが去って良かった」と話す。(2007/5/2)

米サークルKがマニュジスティックスの流通小売向けソリューションを採用
米Manugisticsは、北米第2位のコンビニエンスストアチェーンであるサークルKが、アリゾナ地域の店舗において、需要予測システムを改善し、必要な商品を、適時に、適切な店舗に配備するため、同社の流通小売向けソリューションを採用したと発表した。(2006/5/29)

Case Study
世界的なCD売上減の埋め合わせを!――ビジネス環境の変化に柔軟に対応するヴァージンのCIO
ダウンロードサイトなどの新たな競合の出現やCD売り上げの減少に対処するため、ヴァージンのITディレクターはITシステムの見直しを図った。(2006/2/15)

「次世代」中堅企業はITで利益を出す:
在庫管理はAccessでも十分できる――中堅企業IT化の道
今回はITを活用して在庫を管理し、コストの削減を図るための考え方について触れたい。中堅企業ならば、初期は特別な在庫管理アプリケーションを導入せずとも、Accessを駆使することでも十分効果を発揮できる。(2005/11/22)

現場から見るSEの「地力」:
システム化を図るSEのスーパーテクニック
今回は、データ体系図を有効活用してアプリケーションアーキテクチャを考えよう。(特集:顧客満足度ナンバーワンSEの条件)(2005/6/6)

ロッテ、ManugisticsベースのSCMシステムを本格稼動
ロッテと米Manugisticsは、ロッテが需給計画立案のための需要予測ツールとして、全商品を対象にManugisticsのシステムを導入し、本格稼動を開始したことを明らかにした。(2005/5/20)

用語:SCM
(2005/4/24)

米Manugistics、米国共通役務庁の在庫管理と調達業務を支援
マニュジスティクスジャパンは、米Manugisticsが米国共通役務庁(General Services Administration: GSA)の在庫管理と調達業務を改善するため、GSAの主契約業者として複数年にわたる業務契約を2004年8月に受注したこと明らかにした(2005/1/27)

導入事例
ベストオブブリードで構築する高精度の在庫管理システム
アールエスコンポーネンツは、企業の研究開発部門などが、試作品を作るための電子電気部品を中心に製品を扱う。PeopleSoftをはじめ、CRMやSCM、分析ツールなど、オープンアプリケーションを組み合わせたベストオブブリード型の企業システムの手本ともいえる。(2004/12/12)

事例紹介:RSコンポーネンツ コスト効率の高い少量資材調達ソリューション
ERPパッケージなどを導入している企業は多いが、成否はさまざまだ。今回は1999年よりPeopleSoftの「EnterpriseOne」を導入し、電子・電気部品のカタログ販売を行っているRSコンポーネンツ社に導入事例を聞いた。(2004/11/27)

味の素冷凍食品、Manugisticsでサプライチェーンを改善へ
マニュジスティックス・ジャパンは11月18日、味の素冷凍食品が生販計画の高度化を図るためのサプライチェーンマネジメントソリューションを採用したと発表した。(2004/11/19)

米ManugisticsのCEOに聞く
「リアルタイムセンサー」のICタグでSCMを最適化
流通コラボレーションの進化にソリューションベンダーはどのようにこたえていくのか。消費財や小売業の分野で強みを持つSCMアプリケーション大手、米ManugisticsのCEO、ジョー・カウァン氏に話を聞いた。(2004/11/17)

マクドナルド・ヨーロッパ、Manugisticsの需要予測アプリケーションを導入
米Manugisticsはマクドナルド・ヨーロッパが、同社の需要予測および在庫補充ソリューションを導入したと発表した。(2004/10/18)

1分でわかるIT戦略:明治乳業
明治乳業は社内ITのオープン化を推進。NECのACOSをUNIXサーバに置き換え、需要予測ソフトにマニュジスティックス・ジャパンの「Manugistics5」を導入した。(2004/9/24)

Sears、需要と補充計画の最適化にManugistics採用
米小売大手のSears Roebuckが取り組んでいる販売プロセスおよびツールの再構築において、Manugisticsの需要計画と補充計画ソリューションが採用されたことを明らかにした(2004/7/8)

IBMとManugistics、サプライチェーン製品で提携
(2004/4/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。