ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「海連」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「海連」に関する情報が集まったページです。

海連、キーホルダー型デジタルフォトフレーム「Photty SQ15」をリニューアル
海連は、同社製1.5型デジタルフォトフレーム「Photty SQ15」のリニューアルを発表。液晶をTFTパネルに変更した。(2010/1/12)

海連、真空管アンプ風デザインケース「JULES」の新モデルをリリース
海連は、ステージレイアウト式のデザインPCケース「JULES DERNIER」を発表した。(2009/12/2)

海連、miniSD対応の2.4型デジタルフォトフレーム
海連は2.4型(320×240ピクセル)の液晶を搭載した小型のデジタルフォトフレーム「DFMP24SV」を発売する。1Gバイトのメモリを内蔵するほか、miniSDスロットも備える。(2009/7/10)

マザーボード3枚をスッキリ収納できる「LUBIC-3段式マザーボードラック」――海連
海連は、マザーボード収納用ラック「LUBIC-3段式マザーボードラック」を発表した。(2009/6/23)

海連、動画再生も可能な1.5型デジタルフォトフレーム
海連は小型デジタルフォトフレーム「フォティ1.5インチ グロスブラック」(PHOTTY-GL15-BK)を発売する。1.5型と超小型サイズで動画再生も可能だ。(2009/6/19)

海連、デザイン性にもこだわった“ステージレイアウト型”ベンチ台発売
海連は、ステージレイアウト型筐体を採用した簡易PCケース「LUBIC-Stage Layout Case」を発売する。(2009/6/17)

海連、実売約7000円の縦長液晶デジタルフォトフレーム「DF24B」
海連は、縦画面表示の2.4型液晶を内蔵したデジタルフォトフレーム「DF24B」を発表した。(2008/12/15)

海連、Windows/Mac両対応のDVI-USBグラフィックスアダプタ「サインはDVI」
海連は、Windows PCとMacintoshで利用可能なUSB 2.0接続のディスプレイアダプタ「サインはDVI」(USB20DVI)を12月中旬より発売する。(2008/11/21)

仕事耕具:
海連の壁紙スクリーンは“通常の6倍”ゲイン 手のひらプロジェクタ向け
海連は、手のひらサイズのLEDプロジェクタ「プロジェクタX」シリーズなどで利用できる「ALBEDO ハイゲインスクリーン」を発売する。プロジェクタからの投射光だけを視聴者に向けて反射することで、通常のスクリーンと比べて約6倍の明るさだという。(2008/11/13)

仕事耕具:
“手のひらプロジェクタ”が透過型スクリーンに対応 三脚付き
海連は、手のひらサイズの小型プロジェクタ「X Pro920M」を発売する。左右を逆に映す反転投影に対応し、透過型のスクリーンにも投影できるようになった。(2008/11/7)

海連、リアプロ投影にも対応した手のひらプロジェクター「プロジェクタ X Pro920M」
海連は、超小型筐体を採用したモバイルプロジェクターの新モデル「プロジェクタ X Pro920M」を発表した。(2008/11/7)

仕事耕具:
“手のひらプロジェクタ”をスマートフォンで使う(その3)
海連の発売する“手のひらサイズ”の超小型プロジェクタ「X Pro920」。これまでの記事では、本体外観と基本的な投影性能について見てきたが、3回目となる今回は、スマートフォンに接続して使ってみた。iPhone×手のひらプロジェクタ、はたしてどんな使い方ができるだろう……?(2008/7/25)

仕事耕具:
“手のひらプロジェクタ”を試してみる(その1)
先日紹介した海連の液晶プロジェクタ「X Pro920」は、手のひらに乗るほどの超小型サイズ。さっそくサンプル製品を借りて試してみた。(2008/7/18)

仕事耕具:
手のひらサイズで190グラム 3万円台の超小型プロジェクタ
海連の発売する「プロジェクタ X Pro920」は本体が本体は90×80×44ミリ、重さは190グラムと超小型サイズ。1メートル離れた距離から25インチの画面を投影できる。(2008/7/11)

海連、重量190グラムの手のひらサイズプロジェクタ
海連は、重量190グラムの極小サイズ筐体を採用したプロジェクタ「プロジェクタX Pro920」を発売する。(2008/7/10)

「サインはVGA」がMacで動くβドライバを公開――海連
海連は、USB外付けディスプレイアダプタ「サインはVGA」をMac OSにて動作可能とするβ版ドライバを公開した。(2008/4/2)

海連、「サインはVGA」をスマートフォンに対応させるセットを発売
(2007/4/6)

海連、タブレットにもなるA4デジタルノート「Technote A401」
海連は、タブレット機能搭載のデジタルノート「Technote」のA4対応モデル「Technote A401」を発売する。(2007/3/7)

海連、手書きメモをデジタル化するノートパッド「Technote」
海連は、手書き原稿を同時にデジタル化して内蔵メモリに保存可能なノートパッド「Technote」シリーズを発表した。USB接続によりペンタブレットとしても利用可能。価格は1万9800円から。(2006/6/5)

海連、ライトプロテクト機能搭載のIDE HDD−USB変換アダプタ
海連は、リードオンリー状態でHDDを利用が可能な“ライトプロテクト機能”を搭載するIDE HDD−USB変換アダプタ「U2-ATAWP01」を発表した。(2005/11/11)

海連、IDE/Serial ATA−USB変換ブラケット「U2-PSATA03S」発売
海連は、IDE/Serial ATA HDDをUSB2.0接続に変換可能なSCSIケース用ブラケット「U2-PSATA03S」を発表した。価格はオープン。(2005/11/4)

PCケース:
導入満足度はもはや“至高”の域──真空管アンプふうのアクリルPCケース「Jules」
自作PCは、所詮“ジコマン”。でもそれでいい──そう思わせざるを得ないPCケース、それが海連「Jules」だ。真空管アンプのようなデザインで、“パーツ丸見え”なアクリルボックスを備えるこの新機軸PCケースを試してみた。(2005/10/13)

海連、真空管アンプのようなレトロPCケース
海連は、マザーボードやカード類を見渡せるアクリルケース製ステージレイアウトを採用するPCケース「Jules」を発表した。価格は3万3800円。(2005/6/23)

PCケース
海連、Mini-ITX対応の透明キューブPCケース
海連は、Mini-ITXマザーに対応する透明アクリル板採用のキューブ型PCケース「LUBIC-STANDARD-MINI」を発売した。価格は2万3940円。(2005/5/19)

海連、PC検査台組み立てキット「BasicNE」発売
海連は、アルミ製フレームとアクリルパネルをセットしたPC検査台組み立てキット「BasicNE」を発売した。価格は1万2390円。(2005/2/21)

週末アキバPick UP!レビュー
CD/DVDデュープリケータへ変化するUSB&IEEE1394変換コネクタ――「U2FW-IDE02D」
アキバに登場したこだわりパーツをとりあえず試す「週末アキバPick UP!レビュー」。今回は、10月2日の調査で発見したIDE-USB2.0/IEEE1394変換コネクタ、海連「U2FW-IDE02D」をチェックした。(2004/12/21)

「ソフトインストールなし」がイイ――USB 5.1chヘッドホン、海連「Tief Sphere-USB」を試す
アキバに登場した注目新パーツを速攻で試す「週末アキバPick UP!レビュー」。今回は、7月16日の調査で発見したUSB接続の5.1chヘッドホン、海連「Tief Sphere-USB TIEF-U002」をチェックした。(2004/8/19)

週末アキバPick UP!レビュー
意外に使える、USB接続で手軽にデュアルディスプレイにできるパーツ――海連「サインはVGA」
アキバに登場した注目新パーツを速攻で試す「週末アキバPick UP!レビュー」。今回は、6月4日の調査でデモ展示を見かけた、イカしたネーミングのUSB2.0外部ディスプレイ出力ユニット、海連「サインはVGA」を早速試した。(2004/6/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。