ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カクヨム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カクヨム」に関する情報が集まったページです。

「やる夫スレ」の傑作4編が書籍になるようです 今再び脚光浴びる「やる夫」、企画者に意図を聞いた
やる夫スレからまさかの書籍化。(2019/10/11)

【たぶん中学生の数学力でも分かる】政治家の“子ども3人産んで発言”がおかしい理由
結論:仮にその通りになっても、日本の少子化問題は止まらなさそう。(2019/10/9)

2019秋アニメ「慎重勇者」キービジュアルや放送情報公開 慎重過ぎる異世界チート勇者が駄女神を振り回しまくる話
警戒は大事。アインズ様も言っていた。(2019/9/5)

【統計学で考える】都市伝説「しゃっくりを100回すると死ぬ」は何秒後に死ぬのか
「首都圏の直下型地震は○○年以内に起こる」などでも使われている計算方法で確率を出してみました。(2019/9/11)

“微分積分は何の役に立つのか”が分からない人向け文章問題作ってみた 「タカシ君のこたつが温まるのにかかる時間は?」
「冬の朝、こたつが温まりきっていなくてイラッとする問題」は微分積分で解決できる(はず)。(2019/9/5)

「本田圭佑のやったことは、2500年前にもピタゴラスがやってた」説 「お金払ってサッカー教えます」が実は合理的な理由
「教わる人にお金をあげる」は実は理にかなっている?(2019/7/2)

雑誌「Animec(アニメック)」が30年ぶり復活 「アニメ新世紀宣言」当時の思い出をコンテスト形式で募集
ーー「機動戦士ガンダム」は、受け手と送り手を超えて生み出されたニュータイプアニメである。(2019/5/10)

「腐女子、うっかりゲイに告る。」腐女子とゲイは偏見を乗り越え理解し合えるのか?「世界を簡単にしたくない」腐女子の願いが響いた
「おっさんずラブ」+QUEEN+「黒子のバスケ」!? 話題性全乗っけスタート。(2019/4/27)

カクヨム、小説への広告掲載や販売システム検討 書き手が直接収入を得られる環境目指す
広告掲載は秋ごろを予定。投げ銭については、ユーザーの意見も求めつつ検討を進めるとのことです。(2019/4/2)

架空世界で「認証」を知る:
「カウボーイビバップ」は電子マネーをどう描いた? 2071年太陽系の“決済手段”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第9回のテーマは架空世界の電子マネーについて。(2019/2/8)

アニメに潜むサイバー攻撃:
空想と現実の狭間に 「電脳コイル」で考える近未来の脅威
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さん(上席サイバーセキュリティ分析官)がセキュリティ対策を解説します。第5回のテーマは「電脳コイル」です。 (2018/11/30)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「個別の11人事件」は現実に起こせるか 「攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG」のゾクっとする話
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さん(上席サイバーセキュリティ分析官)がセキュリティ対策を解説します。第3回のテーマは「攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG」です。(2018/8/6)

イラスト無断転載、まとめサイトに30万円の賠償命じる判決 「VIPPER速報」「ガールズVIPまとめ」など訴えた注目裁判が決着
裁判を起こすにあたってどこがポイントだったのかなど、ナカシマ723さんに詳細を聞きました。(2018/7/30)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「ルパン三世 PART5」に隠された“凄腕ハッキング”の手口 専門家が解説
近未来の世界、最新技術へのセキュリティ対策はイメージしにくい部分もあります。そこで、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンターの文月涼さん(上席サイバーセキュリティ分析官)が対策を解説。第2回のテーマは「ルパン三世 PART5」です。(2018/6/25)

ついサボってしまう人に……他人に作業を監視されるアプリ「JAILER」登場 理念は「アルゴリズムと闘え」
仕事や勉強をしなくちゃならないのに、なかなか進まない――そんな悩みを解決してくれそうなサービスが登場した。スマホ越しに他人に作業を監視してもらうアプリ「JAILER」だ。(2018/6/18)

ラノベ名作『イリヤの空、UFOの夏』、カクヨムで無料公開 「ボーイミーツガールの金字塔」「読むべき」と反響
平日毎日更新の連載形式となります。(2018/4/10)

「君の物語(ストーリー)で世界(ネット)を救え!」――サイバーセキュリティの小説コンテスト始まる
日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)とKADOKAWAは、「サイバーセキュリティ小説コンテスト」を3月31日から開催する。(2018/3/30)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
「生まれてきてくれてありがとう」その言葉を心待ちにしていた誕生日 凍結されたTwitter画面がシュールすぎる
よりによって、なぜ今日なのか。(2018/3/23)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
人生の異世界トラックに跳ね飛ばされた東大ラノベ作家、コミケで結界をつくる
誰かに認めて欲しかった。存在を認めて欲しかった。(2018/2/25)

「なろう」作家を狙い撃ち!? 「一太郎2018」発売直前レビュー
一太郎2017が「同人を狙い撃ちに来ている」とウワサされたことは記憶に新しいが、2018年2月9日に発売予定の一太郎2018は、その特徴にさらに磨きをかけている。今回狙い撃ちされているのは誰なのだろうか。(2018/2/8)

異世界転生「JKハル」:
早川書房が「ネット発の官能小説」を書籍化したワケ
早川書房が12月に刊行した『JKハルは異世界で娼婦になった』。ネット発、異世界転生、官能小説という一風変わった小説だ。なぜあの早川書房が『JKハル』を書籍化したのか? 直撃した。(2017/12/12)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
2000万部超えのラノベ王子、子猫になった重版童貞に語る王者のアドバイス「俺には彼女がいない」
彼の名は、講談社ラノベ文庫編集部の副編集長・庄司智。(2017/12/3)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
1週間で1000万です――3年を捧げた奇跡の大作、依頼の実態は「ゴーストライター」
作家志望者が作家死亡者にならないために。(2017/11/7)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
西尾・舞城・奈須を超えろ――重版童貞が名物編集者に言われた最高のアドバイス「ガンダムを1日で見ろ」
そんな無茶な……。(2017/10/2)

「食えなければ飢え死にしなさい」その言葉が紀里谷和明のキャリアに火をつけた 対談小説:鏡征爾
開始10分。紀里谷さんは言った。不意打ちだった。「きみは何を恐れているんだ?」(2017/9/26)

ハリウッド監督・紀里谷和明2万字インタビュー×東大作家・鏡征爾:禁断の解禁 ここにあなたの悩みをひもとく全てがある<後編>
作品づくり、ロジカルとイロジカル、そして死について。(2017/9/23)

ハリウッド監督・紀里谷和明2万字インタビュー×東大作家・鏡征爾:禁断の解禁 ここにあなたの悩みをひもとく全てがある<前編>
インタビューは、映画「ラスト・ナイツ」の日本公開直後、2015年に行われた。(2017/9/22)

モバクソ畑でつかまえて:
埋立地から発掘された神ゲーの臭いをみんなで嗅ぐ 「低評価ゲームに愛を注ぐ男」のイベントは愛と狂気に満ちていた
9月18日、ロフトプラスワン WESTで行われた『ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム』出版記念イベントの様子をレポートします。(2017/9/20)

架空の言語をゼロから解読していくおもしろさ ネット小説「異世界転生したけど日本語が通じなかった」が話題に
設定がガチすぎる。(2017/9/6)

刀剣乱舞、ユーリ、けものフレンズ:
「新たなファン層」に本を届ける、河出書房新社のSNS術
河出書房新社の本が、本来のターゲットとは違う層に届いて売れている。本を新たに手に取ったのは「刀剣乱舞」「ユーリ」「けもフレ」ファン。どうやってその層にリーチしたのか? 河出書房新社Twitterの“中の人”に話を聞いた。(2017/8/25)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>
綺麗であることは、彼女にとって、同時に呪いを意味していた。(2017/8/15)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<前編>
これは私の物語でもあり、同時にあなたの物語でもある。(2017/8/6)

東大ラノベ作家の悲劇――ティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<後編>
配っていたのはティッシュか、それとも。(2017/7/23)

東大ラノベ作家の悲劇――ティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<前編>
ひと夏のアルバイトから始まる非日常。(2017/7/16)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:私は“奇跡”をタイプした――それが本当の地獄の始まりだと誰が気付くだろう?
誰にも愛されず、誰も愛することのできなかった少年が、小説にめぐり逢い、棺桶にいれられるまで。(2017/6/13)

スマホで文章書くだけ “ノベルゲー”作れる「ラノゲツクール」6月1日公開
スマートフォンで文章を書くだけで、サウンドノベル風のライトノベルゲームが作れるアプリ「ラノゲツクール」が6月1日に公開される。(2017/5/30)

「異世界転生以外ならオールジャンルOK」の小説コンテスト KADOKAWAがスタート
KADOKAWAの小説レーベル「NOVEL 0」が、「大人が読みたいエンタメ小説コンテスト」の募集を6月1日にスタートする。(2017/5/16)

ものかきフレンズあつまれー! 「けものフレンズ」川柳&SSコンテストがカクヨムちほーで開催
「けもフレ」が 川柳・SS コンテスト。(2017/3/29)

ねとらぼレビュー:
「君の名は。」外伝小説は“もう1人の主人公”を描いた名作 三葉のブラジャーの好みが知りたいやつも読め!
映画本編では詳しく描かれなかったシーンがここに。(2016/9/16)

小説もブログも Web上の作品を登録して作家デビューを目指す「ツギクル」β版公開
無料でWeb上の作品を発表し閲覧できるポータル「ツギクル」のβ版がオープン。先行して小説とブログの登録受付を行い、16年秋の正式オープンからAIによる作品分析などの各種機能提供を予定する。(2016/7/26)

セミナー「小説投稿サイトの現在」:
“出版不況の中でも売れる本”を生み出す「ウェブ小説」の仕組みとは?
出版不況の中でも、毎年ベストセラーは生まれている。映画化もされた川村元気『世界から猫が消えたなら』は累計100万部、又吉直樹の次に売れている新人作家・住野よるの『君の膵臓をたべたい』は累計55万部を突破した。「出版不況でも売れる本」に隠された「ウェブ小説」の秘密とは?(2016/7/15)

カクヨムWeb小説コンテストの大賞が発表 横浜駅が自己増殖する「横浜駅SF」の書籍化が決定
あらすじの段階で印象的すぎた“あのSF小説”です。(2016/6/24)

横浜駅が自己増殖し、日本列島を侵食した近未来――ネタツイートに始まる「横浜駅SF」書籍化
改築が続き、自己増殖するようになった横浜駅が日本列島を侵食――そんな近未来を描き、Web上で話題を集めた「横浜駅SF」の書籍化が決まった。(2016/6/24)

カクヨムのハートフル物語で言及されていた電子書籍版「食前絶後!!」「封仙娘娘追宝録」 ついに予約受付開始
おめでとうございます。(2016/5/17)

美少女VRゲームや対戦相手になってくれるアンドロイド 未来のゲーム事情を描くSF小説がカクヨムに登場
「22世紀のレトロゲームレビューサイト」の体裁で、架空のゲームを評価する。(2016/4/25)

自己増殖する横浜駅が日本列島を制圧…… カクヨム小説「横浜駅SF」があらすじだけで読者の腹筋を粉砕
中身は本格的で、出オチでないところがすごい。(2016/3/9)

「KADOKAWAと契約したのに本が出ない」 KADOKAWAの「カクヨム」開設初日に核爆弾級の小説が投稿される
ジャンルは「ホラー」。(2016/3/1)

2次創作公認の小説投稿サイト「カクヨム」オープン レーベル公式アカウントで試し読みも
KADOKAWAとはてなの小説投稿サイト「カクヨム」がオープン。投稿作品の閲覧が可能になった。(2016/2/29)

「涼宮ハルヒの憂鬱」など多くの二次創作小説が閲覧可能 KADOKAWAとはてなが共同開発した「カクヨム」にネット民ざわざわ
待ってた……!(2016/2/29)

2次創作公認の小説投稿サイト「カクヨム」スタート 総額700万のコンテストも
KADOKAWAとはてなの小説投稿サイト「カクヨム」が、投稿の受け付けを開始した。(2015/12/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。