ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「気象庁」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

地震速報 宮城で震度5強を観測、津波注意報が発令
宮城県で震度5強、岩手南部・福島東部で震度5弱。(2021/3/20)

コンビニ進化、デジタル化で「生活インフラ」に磨き
 東日本大震災から10年、コンビニエンスストアは、大規模災害時の生活インフラとしての存在感を高めてきた。大手各社はデジタル化で情報共有を強化するなどし、被災時にも早期の営業再開を実現する仕組みづくりに磨きをかけている。一方、コンビニを取り巻く環境とともに、社会的役割のあり方も変化している。(2021/3/12)

コンビニ進化、デジタル化で「生活インフラ」に磨き
大手各社はデジタル化で情報共有を強化するなどし、被災時にも早期の営業再開を実現する仕組みづくりに磨きをかけている。(2021/3/12)

コンビニ進化、デジタル化で生活インフラとして磨き
東日本大震災から10年、コンビニエンスストアは、大規模災害時の生活インフラとしての存在感を高めてきた。大手各社はデジタル化で情報共有を強化するなどし、被災時にも早期の営業再開を実現する仕組みづくりに磨きをかけている。(2021/3/12)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
「日常の延長線上にある防災」積水ハウスが示す、自然災害の時代を生き抜くヒント
現在、住宅の堅牢性に関する技術は、台風や地震などで簡単には倒壊しないレベルに到達している。しかし、災害の発生そのものを止めることはできない。防災・減災で重要なのは、日常の生活の中で常に災害を意識して準備を怠らないことだ。(2021/3/9)

気象庁の公式サイトが閲覧できない状態になり応急措置で対応 AWS障害が原因
正常に復旧したと報告。防災情報については24日から運用開始予定だった新しいページを公開して対応していました。(追記あり)(2021/2/20)

AWS障害、5時間でほぼ復旧 気象庁Webサイトなどに影響【各サービス復旧状況を追記】
米Amazon Web Services(米AWS)が提供するクラウドサービス「AWS」の東京リージョンで、2月20日午前0時ごろに障害が発生した。発生から約5時間がたった午前5時ごろまでに大部分は復旧。AWSを利用するオンラインゲームなどに影響が出た他、気象庁の公式サイトも同時刻に一時接続できない状態になった。(2021/2/20)

津波シミュレーターに竜巻発生装置……最新の「気象科学館」人気
気象庁の「気象科学館」が防災教育施設として注目を集めている。津波シミュレーターの他、竜巻や台風を発生させる装置、火山の仕組みについて学べる展示、緊急地震速報の体験など、災害を中心に基礎知識を学べる施設が多くある。(2021/2/15)

福島・宮城で震度6強 震源は福島県沖、マグニチュードは7.3
震度6強を観測したのは宮城県南部、福島県中通り、福島県浜通り。(2021/2/13)

政府CIO補佐官が説く「デジタル改革」の具体像(3):
デジタル庁が「行政の縦割り」「神Excel」問題を解決?――霞が関が注目する「ベースレジストリ」とは
2021年秋に始動するデジタル庁創設など、政府のデジタル改革に注目が集まっています。デジタル改革の実現でどのような課題解決が期待されているのか。また、霞が関で注目されている「ベースレジストリ」を解説します。(2021/2/9)

アステリア平野社長に聞く:
驚異のテレワーク率「9割超」 営業利益16倍の企業は、生産性が「下がった」社員をどのようにケアしたのか
「ほぼ」完全テレワーク体制を確立し、本社オフィスのスペースを半減したアステリア。社内では10〜11%の人が「生産性が下がった」と回答したそうだ。彼らに対し、どんな対策を実施しているのか。(2021/2/4)

PR:AI開発×スパコンのSIer、HPCシステムズがAIシステム導入で産官学から支持されるワケ
(2021/1/26)

【なんて読む?】今日の難読漢字「拳万」
ヒント:約束(2021/1/5)

【なんて読む?】今日の難読漢字「比翼連理」
アニメなどにも登場する、なんかカッコいい四字熟語。(2021/1/1)

【なんて読む?】今日の難読漢字「駄弁る」
俗っぽい表現だけど、ちゃんと漢字表記がある。(2020/12/27)

【なんて読む?】今日の難読漢字「縫い包み」
漢字にすると名称の意味がハッキリ分かる系。(2020/12/25)

【なんて読む?】今日の難読漢字「鬱憤」
漢字で書くとより深刻な字面になるもよう。(2020/12/23)

【なんて読む?】今日の難読漢字「穂状」
「ほじょう」ではない読み方(2020/12/21)

冬本番! ネコちゃんの寒さ対策、3つのポイント
快適に過ごすための方法をまとめました。(2020/12/20)

【なんて読む?】今日の難読漢字「与る」の読み方は?(あたえるではない)
でも「あ○○る」という読み方。(2020/12/19)

気象庁、公式サイトの広告掲載を1月に再開 9月の反省踏まえ審査体制を強化
気象庁が、不適切なコンテンツが掲載されたため一時停止していた公式サイトへのWeb広告掲載を、審査体制を強化した上で1月に再開する。(2020/12/17)

気象庁、公式サイトのWeb広告掲載を1月上旬に再開へ 事前に点検した広告のみを掲載
掲載基準に沿わない広告が掲載されていた問題について調査結果と再発防止策および今後の対応を発表。(2020/12/17)

【なんて読む?】今日の難読漢字「連む」
○○む(2020/12/17)

製造ITニュース:
100年に一度の大雨でも緊急放流を回避、日立がダム放流計画の自動作成技術を開発
日立製作所と日立パワーソリューションズが、大雨による河川氾濫の被害の最小化に役立つダム放流計画の自動作成技術を開発したと発表。同技術により、100年に一度の規模の大雨に対して、緊急放流を回避しつつ、下流のピーク流量を最大で約80%低減し、浸水を発生させない計画を10分以内に立案できることを確認した。(2020/12/16)

【なんて読む?】今日の難読漢字「雹」
「霰」とはちょっと違うやつ。(2020/12/15)

冬のテレワーク需要けん引 暖房や冬物衣料が好調
気温低下が予想される今冬、自宅で暖かく過ごすための商品やサービスに注目が集まっている。冬場のテレワークに備えた新たな需要も生まれ、暖房家電や冬物衣料の売れ行きが好調だ。(2020/12/1)

冬のテレワーク需要けん引 暖房や冬物衣料が好調
 昨年の暖冬から一転して気温低下が予想される今冬。自宅で暖かく過ごすための商品やサービスに注目が集まっている。新型コロナウイルスの感染再拡大に伴い、冬場のテレワークに備えた新たな需要も生まれ、これまで販売が伸び悩んでいた小売りや各メーカーが新商品開発などで“一芸”を競っている。(2020/11/30)

伊豆諸島の三宅村と御蔵島村に大雨特別警報
(2020/10/10)

JR東、突風による事故防止にAI活用 「渦」の検知精度向上
JR東日本は、突風による列車事故を防ぐ技術にAIを導入すると発表した。ドップラーレーダーを使った突風検知に11月1日からAIを導入し、精度を高める。(2020/10/7)

気象庁、公式サイトの広告掲載を停止 「基準に沿わない広告が掲載された」
気象庁が、公式サイトへのWeb広告の掲載を一時停止。同庁が定める基準に沿わない広告が掲載されたという。(2020/9/16)

気象庁サイトに掲載されたWeb広告が1日で停止 掲載基準に沿わない広告が掲載されたため
問題の広告が掲載された経緯は調査中。(2020/9/16)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第27回):
ラズパイで気温と湿度を測定、LINEで通知を受け取る 〜後編〜
今回は温湿度センサーモジュールとラズパイを組み合わせ、LINEと連携させる方法を紹介します。今回はLINEとの連携方法について解説します。(2020/9/16)

気象庁サイトに異例の広告掲載、15日スタート 収益8700万円見込み
気象庁は省庁としては異例の公式サイトへの広告掲載に着手する。民間活用の一環で、今年度内に8700万円の広告収入を見込む。アクセス集中対策など年間2億4000万円のサーバ運営費の一部に充てるという。(2020/9/14)

【なんて読む?】今日の難読漢字「阿る」
○○○る(2020/9/11)

「令和元年 房総半島台風」から1年 まだ続く台風シーズン、命を守るには
「令和元年 房総半島台風(2019年台風15号)」から、きょう9日で1年です。台風15号は首都圏を直撃し、千葉県などで大規模な停電が発生するなど、大きな被害がでました。台風15号を振り返り、台風への備えや避難についてまとめました。(2020/9/9)

【なんて読む?】今日の難読漢字「口遊む」
ちなみに「手遊み」という言葉もあるとか。(2020/9/9)

【なんて読む?】今日の難読漢字「泥む」
ヒント:○○む(2020/9/7)

特別警報級の台風10号に備えて 知っておきたいコロナ禍での災害対策
ネットでも多くの知見が寄せられています。(2020/9/5)

【なんて読む?】今日の難読漢字「手薬煉」
ヒント:て○○○(2020/9/5)

TWICE、11月ドーム公演中止と9月6日予定イベント延期を発表 立て続けの悲報に「明日から何を糧に生きていこうか」
身の安全を第一に。(2020/9/4)

「特別警報」級の台風10号が西日本に接近 養生テープの効果は? オフラインでも役立つアプリなど対策まとめ
特別警報級に発達し、西日本に接近するとみられる台風10号は、2019年10月に東日本に甚大な被害をもたらした台風19号よりも強い勢力で近づく恐れがあり、早めの対策や避難が必要だ。ここでは基本的な対策方法の他、ネットで話題になった対策などをまとめる。(2020/9/3)

災害時の行動をシミュレーション「マイ・タイムライン」 実際に作ってみよう!
(2020/9/3)

【なんて読む?】今日の難読漢字「頻る」
頻度の頻(2020/9/3)

【なんて読む?】今日の難読漢字「御御御付」
75%が「御」。(2020/9/1)

【なんて読む?】今日の難読漢字「肋肉」
肋骨なら「ろっこつ」。肉の場合は?(2020/8/30)

【なんて読む?】今日の難読漢字「屯する」
ヒント:○○○する(2020/8/28)

【なんて読む?】今日の難読漢字「咽ぶ」
ヒント:○○ぶ(2020/8/26)

「京」の代わりに「Oakforest-PACS」を使用:
30秒ごとに30分後までのゲリラ豪雨を予測 理研の三好建正氏らの共同研究グループが超高速降水予報の実証実験
理研の三好建正氏らの共同研究グループは、首都圏の30分後までの降水予報を30秒ごとにリアルタイム更新する超高速降水予報の実証実験を2020年8月25日〜9月5日に実施する。わずか数分の間に急激に発達するゲリラ豪雨を予測できる。(2020/8/25)

防災対策セミナー「毎日が、備える日」:
国民の約50%が災害への備えがほとんど無し、“防災力”が低い理由とは?
内閣府の発表によれば、今後30年以内に、マグニチュード7クラスの首都直下地震が70%の確率で発生すると予測している。また、気象庁が運用する自動気象データ収集システム「アメダス」の雨量情報をみると、近年1時間あたりの降水量が50ミリを超える豪雨が増えていることが分かる。大地震や大雨による河川の氾濫などへの対処が急務となっている現状を考慮し、パナソニック ライフソリューションズ社は防災対策Webセミナー「毎日が、備える日」を開いた。(2020/8/25)

元テレビ局アナ気象予報士が教える「天気予報で使われる言葉」 天気予報に詳しくなろう
「これを知っていれば、誰かに自慢できる」という「天気予報で使われる言葉」や「気象用語」の意味などについて、元テレビ局アナウンサーで、気象予報士歴20年近い望月圭子さんが、お伝えします。まずは『天気予報に詳しくなろう』です。(2020/8/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。