ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「黒澤明」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「黒澤明」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
日本のアニメは海外で大人気なのに、なぜ邦画やドラマはパッとしないのか
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が米国でもヒットしている。このほかにも日本のアニメ・マンガは海外市場で勝負できているのに、なぜ邦画やドラマはパッとしないのか。その背景に、構造的な問題があって……。(2021/5/5)

シェークスピア戯曲全集の初版本、文学作品過去最高額の10億5000万円で落札される
この本がなければマクベスも、黒澤明の蜘蛛巣城もなかったかもしれない。(2020/10/16)

ボーダーレスを生む教育:
エストニアが「電子国家」に生まれ変わった本当の理由
5月に行政手続きを電子申請化する「デジタルファースト法」が成立した。マイナンバー制度のロールモデルであるエストニアはなぜ電子政府の仕組みを進めたのか。「e-Residency」(電子居住権制度)公式パートナーであるEstLynxのポール・ハッラステCEOに話を聞いた。(2019/7/18)

“Fワード”に「デッドプール3」の話まで ライアン・レイノルズ、東京観光バスツアーで通訳泣かせの“デップー節”全開
通訳さんも困り顔。(2018/5/31)

「お気に入りは金田バイク」 スピルバーグ監督、13年ぶりの来日で日本カルチャーへの愛を語る
この日を待ってた!(2018/4/19)

古くて新しい、現代映画のモノクロ化というムーブメント
「マッドマックス」がモノクロ版として再発表されるなど、“映画のモノクロ化”という動きがにわかに活発化している。映画大好き麻倉怜士氏がこの動きに注目、過去の傑作を振り返りながら、旧作にはなかった現代のモノクロ映画の楽しみを指南。(2017/9/16)

クイズ王はなぜ「ですが問題」を最後まで聞かずに答えられるのか? 勝負を決める「先読み」思考法
理屈は分かってもマネできない。(2017/6/28)

実写化の不安乗り越え完成したスカヨハ攻殻をたけし称賛「漫画の実写で最初に成功した例に」
たけし「ゴースト・イン・ザ・シェル唯一の失敗は荒巻じゃないかという説も(笑)」(2017/3/16)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
審査委員長直伝! 第9回「ブルーレイ大賞」レビュー(後編)
(2017/3/9)

「スター・ウォーズ映画の一員なんだ!」 キャストのSW愛が炸裂する「ローグ・ワン」メイキング映像がアツい
「エピソード4」と同じ構図で撮影されたシーンの比較映像も。(2016/12/6)

「映画とは人生そのもの」 映画フリーク永井豪、漫画との関係性や“文化”としての創作を語りまくる
「映画は最も漫画に近いというか、“映像で伝える”というところが近いと思うんです」。(2016/6/24)

仏女優ソフィー・マルソー、最高勲章を拒否 サウジアラビア皇太子への授与を批判して
歴史あるレジオンドヌール勲章にノー。(2016/3/16)

zenmono通信:
富士通がオープンイノベーションに取り組む理由 (前編)
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は富士通で「あしたのコミュニティーラボ」などの活動に取り組んでいる柴崎辰彦さんにお話を伺った。(2016/1/25)

戦後70年を象徴する70冊 文藝春秋がガイドブック無料配信
各電子書店では、割引やポイント増量キャンペーンなどを順次展開していく。(2015/7/18)

スカパー! 4K専門チャンネルの編成決定
スカパーJSATが3月1日に開局する4K専門チャンネル「スカパー!4K 映画」と「スカパー!4K 総合」番組編成の追加情報を発表した。(2015/2/17)

巨乳グラビアアイドルを数々輩出したイエローキャブ 自己破産申請の準備に 負債額は4億
所属していたタレントは、小池栄子さんや佐藤江梨子さん、MEGUMIさんなど。(2015/2/13)

グラビアアイドル輩出した芸能プロ「イエローキャブ」自己破産へ
グラビアアイドルの活躍で知られた芸能プロダクション「イエローキャブ」が事業を停止し、自己破産申へ。(2015/2/13)

もう「原作と違う」と言わせない──2Dイラストをそのまま立体アニメにする「Live2D」 世界標準目指す
2Dイラストを原画のまま立体的にして動かす「Live2D」。開発中の新バージョンでは上下左右360度の動きが可能になり、映画やアニメなどへの導入も見据える。夢は「バガボンド」の映画化――中城哲也社長に「世界標準」を目指す意気込みを聞いた。(2015/2/2)

宮崎駿監督にアカデミー名誉賞 日本人の受賞は黒澤明監督以来
長年にわたる映画界への貢献に対して贈られるアカデミー名誉賞を、宮崎監督が受賞。(2014/8/29)

動画でチェック:
トランスフォーマー/ロストエイジのジャックが日本橋で“打ち水”に初挑戦!!
8月8日から上映される「トランスフォーマー/ロストエイジ」に出演したジャック・レイナーが、日本橋で「打ち水」を初体験。彼が思わず漏らした感想は……(2014/8/6)

千利休もびっくり:
マンションの中に異空間! 畳が光るサイバー茶室に行ってきた
茶道はスタイリッシュでした。(2013/12/6)

それ、ちょっと気になる!:
なぜワーナー・ブラザースは“邦画”を作るのか? 最新作は渡辺謙主演の時代劇だ
9月13日に封切られた映画『許されざる者』。明治維新期の北海道を舞台に生と死、善と悪とは何かを訴えてくる作品だ。実はこの骨太な時代劇を製作したのはワーナー・ブラザース日本法人。なぜハリウッドメジャーが邦画を作るのか? それ、ちょっと気になる!(2013/9/26)

一撃「超」説得法:
「社長を殺せ」と説得できる?
「一撃説得」は、単に「説得の言葉が短かければよい」のではない。短い言葉として何を選ぶか、それをどのような形で投げかけるかが重要となる。(2013/6/7)

相場英雄の時事日想:
“当事者目線”のルポは続く――「あれから2年」を前に必読の書籍
東日本大震災の発生から2年が経とうとしている。多くのメディアは「あれから2年」という切り口で報道するだろうが、その前に一読していただきたい本を紹介する。それは……。(2013/3/7)

アニメビジネスの今:
なぜ手塚治虫はヒット作を生み出し続けることができたのか
日本のコンテンツビジネスの祖とも言える手塚治虫。長年にわたり、ヒット作を描き続けてきたが、その原動力となったものは何なのだろうか。(2013/2/5)

クイズ王のすごい考え方:
人気ゴルフ場の朝食が無料のワケ
平日でも大盛況のとあるゴルフ場が、ビュッフェ形式の朝食を無料で提供しています。コースの設計も一流でサービスのレベルも高い人気のゴルフ場が、なぜ朝食の無料サービスまで行うのでしょうか?(2013/1/4)

クイズ王のすごい考え方:
帝国ホテルに学ぶ「2杯目のグラスを置く場所」
帝国ホテルのおもてなしの姿勢は群を抜いています。あるドアマンは常連客約1000人の顔と名前、乗っている車の車種や運転手までも覚えているそうです。そんな究極のサービスを提供する帝国ホテルの、なぜか相手の心をわしづかみにする人の習慣をご紹介しましょう。(2013/1/3)

クイズ王のすごい考え方:
原稿を編集者になくされた赤塚不二夫のひとこと
赤塚不二夫の原稿をなくしてしまった編集者。しかし、翌日には原稿を印刷所に渡さなければなりません。大変な状況にもかかわらず、赤塚不二夫はまったく怒ることなく「ネームがあるからまた描ける」と言い、さらに何と言ったのでしょうか?(2012/12/31)

クイズ王のすごい考え方:
最期の説教の前に、お釈迦さまは何と言ったのか
お釈迦さまの最期の説教を聞こうと、多くの弟子たちが集まってきました。あまりにも多くて、お釈迦さまは話をすることができません。そのとき、お釈迦さまは何と言ったのでしょうか?(2012/12/30)

クイズ王のすごい考え方:
今年のお米のできはどう? とある農家はこう言った
新潟で50年間もお米を作り続けている農家の人に「今年のお米のできはどうですか?」と聞いたときのこと。きっとこの農家の人は感じるままに答えたのでしょうが、それは人生の教訓になるような一言だったのです。(2012/12/29)

米国の政治家はどのようにイメージ作りしているのか――『完璧なイメージ』著者に聞く
衆議院総選挙の投票日まであと少しとなったが、多くの人の支持を集めなければならない政治家にとって重要なのがイメージ戦略。映像先進国である米国の政治家はどのようなことを行っているのだろうか。『完璧なイメージ: 映像メディアはいかに社会を変えるか』の著者であるキク・アダット氏に尋ねた。(2012/12/11)

できるのか? 木で作る“鉄”の軍艦――木で軍艦をつくった男
映画『トラ・トラ・トラ!』で美術チーフを務めた近藤司氏へのインタビューと当時の貴重な資料で構成される『木で軍艦をつくった男』が刊行された。(2012/11/16)

アニメビジネスの今・アニメ空洞化論:
なぜ空洞化でアニメーターが足りないという声が生まれるのか
アニメ業界では「動画が海外にアウトソーシングされると、国内で原画を育てる機会がなくなるので空洞化してアニメーターが足りなくなる」と言われつつも、足元では若手アニメーターがある程度育っている。どうして、そのような懸念が生まれるのだろうか。(2012/11/7)

部屋とディスプレイとわたし:
精神論で語れ、電子書籍 デジタルは人の熱意を伝えることができるのか
電子書籍の普及に向けて解決すべきことは多いものの、ある根源的な課題もあるのではないか。編集の現場に詳しい作家・堀田純司さんによる「電子書籍の精神論」。(2012/9/24)

アニメビジネスの今:
日本とはまったく違う!? 米国映画のマンガ原作はわずか1%(後編)
原作がマンガに集中している日本アニメ。一方、米国アニメのほとんどはオリジナル脚本によるもの。その背景にはハリウッドの脚本文化があるようだ。(2012/8/29)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/7/30)

本物以上? スターウォーズをサムライ風に描いたイラストがかっこいい
まさに戦国ジェダイ。(2012/7/3)

新連載・アニメビジネスの今:
なぜジブリは国民的映画を創り続けるのか
『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』など、映画史に残る作品を数々送り出してきたスタジオジブリ。世界の映画史におけるその位置付けを改めて確認し、何が今、課題となっているのかを探る。(2012/4/17)

主要電子書籍ストアの1周年記念キャンペーンはこれだ
オープンから1周年を迎えた電子書籍ストアの中には、記念キャンペーンを実施しているところが幾つかあります。ここでは、主要な電子書籍ストアの1周年記念キャンペーンなどをまとめて紹介します。(2011/12/15)

ボイジャー、ついにHTML5ベースの新読書システム「BinB」を発表
ボイジャーはHTML5ベースのビューワ「BinB」を発表。12月8日に公開する。BinBで読める最初の作品には、黒澤明監督が小國英雄氏、菊島隆三氏とともに書き残し、成しえなかった一編の映画『虎 虎 虎』の準備稿など。(2011/12/1)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
日本のアニメ・マンガは普及しているのか――答えはWikipediaで(続)
日本で制作されたアニメやマンガは、海外でどのくらい普及しているのだろうか。海外での普及度を確かめるために、Wikipedia日本語版の全項目について、他言語でのページ作成状況を集計してみた。その結果……。(2011/11/24)

「具満タン」のデザインエクスチェンジ、民事再生へ
素材集「具満タン」などを販売するデザインエクスチェンジが民事再生手続き開始決定を受けた。負債は約12億円。(2011/9/30)

元カプコン・稲船氏が独立第1弾にソーシャルゲームを選んだ“判断”
「こけるつもりはないし、こけることが怖いよりも、やらないことで成功逃すことのほうが怖い」──元カプコン・稲船氏が独立後第1弾として選んだのはGREE向けソーシャルゲーム。「新しいソーシャルゲームを作りたい」という。(2011/7/22)

まとめ読み!誠 PDF:
『ソーシャル・ネットワーク』をサカナに日本企業を語る
読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回は映画『ソーシャル・ネットワーク』に関する記事をまとめました。(2011/7/12)

夏野剛×中村伊知哉、『ソーシャル・ネットワーク』をサカナに日本企業の体質を語る
1月15日公開の映画「ソーシャル・ネットワーク」は、ハーバード大学の学生が立ち上げたベンチャー企業を取り巻く愛憎劇だ。起業を目指す日本の大学生を前に、夏野剛氏と中村伊知哉氏がざっくばらんに語った。(2011/1/18)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
HD時代のホームシアター作法
手間はかかるものの、映画館のような空気感と大画面を家庭で楽しめるホームシアターには根強いファンが存在する。BDソフトが充実しつつある今こそ、「HD時代のホームシアター」を見つめ直す良い機会だ。(2009/12/2)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
遠藤一平監督が語る、自主映画『DT』の“裏物語”
1本の映画制作のウラには、もう1本の映画ができるほどの“制作秘話”がある。「自分たちがやりたい表現を撮ろう」から始まった自主映画『DT』。その制作秘話をお伝えする。(2009/8/20)

黒澤監督の創作の秘密、デジタル化して公開 直筆メモなど2万点をアーカイブ
故黒澤明監督が残した資料をデジタル化した「黒澤デジタルアーカイブ」が公開された。直筆メモや生原稿など2万点が掲載されている。(2009/5/27)

本山由樹子の新作劇場:
ジョン・ウーが私財を注ぎ込んだ1作――「レッドクリフ PartI」
ジョン・ウー監督の下、アジアのスターが集結し、あの「三国志」を映画化した大ヒット作が3月11日にBlu-ray Disc化。いざ、戦いの前にお預け状態で“続く”となりもどかしいが、4月公開のPartIIの前に必見の1本。(2009/1/26)

「2009 逆風に立ち向かう企業」セブンアンドワイ:
システムへの飽くなき愛着が成長の原動力
インターネットで書籍やCDを販売するセブンアンドワイは、ビジネスの領域をテレビなどに広げ、堅調な成長を遂げている。「仕事もシステムも汗をかいてこそいい成果が生み出せる」と語る鈴木康弘社長に話を聞いた。(2009/1/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。