ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「最大」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「最大」に関する情報が集まったページです。

産業用ネットワーク技術解説:
産業用5Gを推進する「5G-ACIA」、製造業ではどう生かす?
世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ」の主催者であるドイツメッセは2020年7月14〜15日に初のデジタルイベント「ハノーバーメッセDigital Days」を開催した。本稿では、キーノートスピーチの1つに登壇した5G-ACIA 議長のアンドレアス・ミュラー(Dr. Andreas Mueller)氏による「5G for the Industrial IoT(産業用IoTのための5G)」の内容を紹介する。(2020/7/21)

靴下メーカーがランナー専用マスク開発、特徴は?
国内最大の靴下の産地として知られる奈良県広陵町の老舗メーカー「昌和莫大小(しょうわめりやす)」が、ランナー向けに開発したスポーツマスクが話題を呼んでいる。(2020/6/23)

オンライン取引に欠かせない「本人確認」をアップデート:
PR:安全かつ迅速な非対面取引を実現する、ドコモの「本人確認アシストAPI」とは
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、さまざまな業界で、オンラインで業務を完結できるソリューションが求められている。そうした中、国内最大の顧客基盤(※契約者数ベース。TCA調べ)を持つNTTドコモが提供を始めたのが、「本人確認アシストAPI」だ。携帯キャリアとして保有する身元確認済みの顧客情報を使い、オンラインでの本人確認(身元確認と当人認証)を支援する。(2020/6/23)

FAニュース:
ハノーバーメッセのデジタル版が開催へ、2020年7月14〜15日に
世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ」の主催者であるドイツメッセは2020年6月9日、同年7月14〜15日に初のデジタルイベント「ハノーバーメッセDigital Days」を開催することを発表した。(2020/6/17)

終了予定だった国内最大級のマストドンインスタンス「mstdn.jp」、サービス譲渡し継続
米ベンチャー企業にサービスを譲渡します。(2020/6/11)

蓄電・発電機器:
大容量12kWhの家庭用蓄電池、ニチコンが卒FIT太陽光ユーザー向けに
ニチコンが家庭用蓄電池の新製品を発表。業界最大クラスという容量12kWh(キロワット時)の蓄電池で、太陽光発電の電力の自家消費や、災害時の防災電源として活用しやすくした単機能型の新モデルだ。(2020/6/4)

物流クライシス! ITは現場の課題を解決できるのか?:
PR:最新ITが生きる物流現場、成功のカギ見極めよ
高速道路の隊列走行、物流ドローン、自動運転、AIピッキングシステム、拡張可能な自動倉庫など、物流現場へのIT導入に対する期待が高まっている。だが押さえるべきポイントを読み違えると“惨事”を招く結果となりかねない。国内最大の物流ニュースサイト「LogisticsToday」の赤澤裕介編集長が、物流現場で陥りがちな具体例を示しつつ、IT活用で押さえるべきポイントを考察する。(2020/6/1)

デカさはロマンだ! 劇的な復活を遂げた世界最大級の蒸気機関車にしびれる
で、でかい! 魂ゆさぶる迫力です〜。(2020/5/7)

自然エネルギー:
国内最大級121MWの風力発電所、4月から青森県つがる市で運転開始
グリーンパワーインベストメントのグループ会社であるグリーンパワーつがるが建設を進めていた風力発電所「ウィンドファームつがる」が完工し、商業運転を開始した。国内最大規模の風力発電所になるという。(2020/4/20)

目の前の“命”を全力で守れ:
“世界最大級”の経済対策108兆円は、私たちの経済を救うのか?
政府は新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、事業規模総額約108兆円の緊急経済対策を決定した。安倍首相は「世界的に見ても最大級の経済対策となりました」と胸を張る。しかし、本当に日本経済を救う施策となり得るのだろうか?(2020/4/9)

新建材:
日本製鉄が世界最大クラスの圧延H形鋼「メガハイパービームTM」を発売
日本製鉄はこのほど、近年増加する建築物の大型化に伴う鉄骨の大断面化などを踏まえ、圧延H形鋼として世界最大クラスの「メガハイパービーム」を開発した。(2020/4/6)

太陽光:
国内最大“クルマ1200台分”の駐車場型メガソーラー、両面受光パネルを採用
村田製作所が岡山県瀬戸内市にある事業拠点の駐車場にメガソーラーを建設。1200台の分の駐車場スペースを活用した国内最大級というカーポート型のメガソーラーだ。(2020/3/30)

OPPOが新フラグシップ「Find X2/X2 Pro」発表 5G対応でディスプレイやカメラを強化
OPPOが3月6日、5Gに対応したスマートフォンの新モデル「Find X2」と「Find X2 Pro」を発表した。Find X2シリーズは、ディスプレイやカメラを強化した、OPPOのフラグシップ機。6.7型の有機ELディスプレイは、リフレッシュレートが120Hzに向上。「業界最大サイズ」をうたうセンサーをカメラに搭載した。(2020/3/6)

ZEB:
「品川シーズンテラス」のオフィス16.8万m2がBELSの5スターと、国内最大規模で「ZEB Ready」取得
延べ床面積16.8万平方メートルにも及ぶ複合ビル「品川シーズンテラス」のオフィス部分が、1次消費エネルギーで51%を削減し、この規模としては国内初となる「ZEB Ready」を取得した。(2020/3/6)

セキュリティ・アディッショナルタイム(39):
CTFもDevOpsで――2020年代に入ったSECCON CTFの新しい挑戦
国内最大規模のCTF大会「SECCON CTF」。予選を勝ち抜いた世界9カ国の14チームが2019年12月21、22日の2日間にわたって行われた国際大会に出場し、問題に取り組んだ。(2020/3/3)

【マネジメント新時代】新型肺炎が直撃、中国自動車販売2000万台割れに備えよ
 新型コロナウイルスは一向に収まる気配がない。むしろ最近では中国から日本、韓国、イタリアなど欧州にまで広がりをみせている。そのような中、産業界での一つの懸念は、世界最大の自動車販売台数を誇る中国市場が、今後どのような推移となるかである。あくまで筆者の推測であるが、これについて考えを述べてみたい。(日本電動化研究所代表取締役・和田憲一郎)(2020/3/2)

リアル陸王 足の機能を強化する「はだし靴下」
国内最大の靴下の産地として知られる奈良県広陵町の老舗メーカー「昌和莫大小(しょうわめりやす)」が立ち上げた自社ブランド「OLENO」が評判を呼んでいる。(2020/2/28)

自然エネルギー:
東京五輪の聖火にも活用、世界最大級の再エネ水素製造拠点が福島県に誕生
福島県浪江町に世界最大級の再生可能エネルギーを活用した水素製造拠点「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」が誕生。太陽光発電の電力で、年間最大900トン規模の水素の製造と貯蔵が可能で、この水素は東京オリンピック・パラリンピックでも活用される予定だ。(2020/2/25)

国内最大級の日本酒イベント「にいがた酒の陣2020」が開催中止に 新型コロナの影響で
今年は3月14日・15日に行われる予定でした。(2020/2/20)

MAツール活用最前線:
アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営するONE COMPATHのB2Bマーケティングの現状を聞いた。(2020/2/18)

EV/ES:
日立の世界一高い“288.8m”エレベーター試験塔、中国・広州市で完成
日立の中国現地法人「日立電梯」は、広州市の研究開発拠点に、世界最高クラスの高さを誇るエレベーター試験塔を建設した。新設する試験塔は、世界最大のエレベーター市場が形成されている中国での開発力を高め、同国内での地盤を固めるとともに、日立ビルシステムの2020年度事業戦略でターゲットと定めるアジア・中東圏でシェアを拡大させることが狙い。(2020/2/12)

ソニーやエリクソンがMWCへの出展を中止 新型コロナウイルスの影響で
ソニーや、スウェーデンの通信機器メーカーであるエリクソンは、世界最大の携帯見本市「MWC Barcelona 2020」への出展を取りやめると発表した。世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響による。ソニーのプレスカンファレンスはYouTubeの公式チャネルで公開する。(2020/2/10)

Windowsフロントライン:
NRF 2020にみるMicrosoftとクラウドの切っても切り離せない関係
世界最大規模の小売業界展示会「NRF 2020 Retail's Big Show」でオープニングキーノートの講演を行ったMicrosoftのサティア・ナデラCEO。そこから見えてきた、同社の取り組みや今後を見ていく。(2020/2/10)

世界最大級の起業支援機関 7月、東京に拠点を開設
「スタートアップ」と呼ばれる創業初期のベンチャー企業などを国内外から100社誘致する。CICの拠点としてはアジアでは初めて。(2020/2/7)

ゲームの国際戦で高校生が海を越え、時に人力でTASを超え ひたすら最速クリアを目指す“RTA(リアルタイムアタック)の歩き方”
国内最大規模のRTAイベント「RTA in Japan」の主催者・もかさんに、RTAの楽しみ方を伺いました。(2020/2/14)

モビリティサービス:
日本交通とDeNAが配車アプリ事業を統合、MaaS領域の展開を加速
日本交通ホールディングスとディー・エヌ・エーは、タクシー配車アプリの事業統合に合意した。約10万台の車両を配車可能な「国内最大のモビリティサービス」が誕生する。(2020/2/6)

【ゲームの世界史】なぜ米国のゲーマーはRTA(リアルタイムアタック)で東日本大震災の支援活動ができたのか
国内最大規模のRTAイベント「RTA in Japan」の主催者・もかさんに「海外におけるRTAの歴史」などを伺いました。(2020/2/13)

【ゲームの日本史】ひたすら最速クリアを目指すRTA(リアルタイムアタック)はどのように生まれたのか
国内最大規模のRTAイベント「RTA in Japan」主催者・もかさんにインタビューしました。(2020/2/12)

USJの世界最大“歩けるVRアトラクション”、第1弾は「モンスターハンター」に 3月20日から
USJ内にオープンするフリーウォーク型のVRアトラクション施設の第1弾コンテンツが、カプコンの人気アクションゲーム「モンスターハンター」になるとカプコンが発表した。(2020/1/9)

USJ、世界最大のフリーウォーク型VR施設を常設オープン 自分の足でVR空間を移動するアトラクションなど実現
VRゲーム空間と実際のプレイフィールドのサイズを同一に設計することで、プレーヤーが実際に歩いたり走ったりしてゲーム空間を移動できるようにするフリーウォーク型のVRアトラクション施設を常設オープンする。(2020/1/8)

KDDI、ポイントをPontaに統一へ ローソンなどと提携、会員基盤「国内最大級の1億超」
au WALLETポイントをPontaポイントに統一します。(2019/12/16)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ドバイブランド? スマートウォッチが無料でもらえる謎の格安スマホを発見
ドバイといえば世界最大級のショッピングモールがあり、中でも「ドバイモール」は家電量販店だけでも5店舗以上あります。ひっそりと売られていた無名メーカーのスマートフォンが気になります。3〜4年前のスマートフォンが半額程度で売られていることもあります。(2019/11/26)

Samsungは内製向けだったが:
TSMCがEUV適用7nmプロセスを商用化
世界最大のファウンドリーであるTSMCは2019年10月7日(台湾時間)、「業界で初めてEUV技術を商用化」(同社)し、EUVを採用した7nmプロセス「N7+」を発表した。同社は報道向け発表資料の中で、「当社は現在、複数の顧客企業からのN7+プロセスへの需要に対応すべく、生産能力を迅速に拡大しているところだ」と述べている。(2019/10/18)

A-Style フォーラム:
木造住宅倒壊解析ソフト「wallstat」で、耐震等級の効果や制震性能を“見える化”
木造住宅の耐震性能を評価する場合、これまで、国内最大級の実験施設「実大三次元震動破壊実験施設(E−ディフェンス)」などの振動台で、実証試験を行わなければ、崩壊のメカニズムの分析が困難だった。そのため大規模な施設を使用する手間や多額の利用料により、多くの企業が、容易に検証に踏み切れなかった。この状況を2010年にリリースされたPC上で木造家屋の3Dモデルに地震のシミュレーションが行えるソフト「wallstat」が打破した。wallstatは現在、耐震等級の効き目や耐震性能などの“見える化”といった新たな活路を示している。(2019/10/8)

エネルギー管理:
九電が世界最大級の植物工場を検討、再エネを活用したレタスの提供やVPPも検討
九州電力が天候に左右されずに植物を栽培できる植物工場の事業化検討を開始。レタスなどの野菜栽培だけでなく、バーチャルパワープラント(VPP、仮想発電所)のリソースとしての利用や、再エネ電源との組み合せによる低環境負荷のレタス提供なども検討するという。(2019/9/26)

車載電子部品:
自動車の5G評価は車両デザインと並行で、パナソニックが「国内最大級」の電波暗室
パナソニック オートモーティブ社は2019年9月19日、横浜市で記者説明会を開き、自動車での5G(第5世代移動通信)採用に向けて横浜市の拠点に大型電波暗室を構築したと発表した。(2019/9/20)

コネクテッドカーの車体丸ごと、通信性能を測定 パナソニックが国内最大級の電波暗室を構築
パナソニックが自動運転車やコネクテッドカーの通信性能を測定できる大型の電波暗室を構築した。(2019/9/19)

3Dプリンタ:
3Dプリンタで国内最大の幅7m構造物を製作、構造検討にトポロジー最適化で重量半減
3Dプリンタで構造物の製造に取り組んでいる大林組は、国内で最大規模となる7メートル幅の大型ベンチ製作に乗り出した。プリントするにあたり、鉄筋コンクリート構造のように、専用の特殊モルタルと繊維補強コンクリートを組み合わせた複合構造とすることで、構造物に掛かる引張力を負担させ、構造上の課題を解決した。(2019/9/5)

プロジェクト:
世界最大級/高効率の自航式SEP船を建造、清水建設
清水建設は超大型洋上風車の建設に対応できる高効率の自航式SEP船(自己昇降式作業船)の建造に着手すると発表した。再生可能エネルギー分野での競争力を確保し、エンジニアリング事業のさらなる拡大を目指す。(2019/9/4)

自然エネルギー:
国内最大級のバイナリー発電方式の地熱発電所、オリックスが北海道に
オリックスが北海道函館市に国内最大級というバイナリー発電方式の地熱発電所の建設を開始。2022年の運転開始を予定している。(2019/8/23)

「エヴァ第3新東京市」「関空」など1/80サイズで再現 世界最大級のミニチュアテーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO」 来春オープン
「エヴァンゲリオン第3新東京市」や「関西国際空港」など、7つのエリアを80分の1サイズで再現した屋内型ミニチュアテーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO」が2020年春、有明にオープンする。年間200万人の来場を見込む。(2019/8/7)

富士通セミコンダクター:
容量8MビットのReRAMを製品化
富士通セミコンダクターは2019年7月30日、抵抗変化型メモリ(以下、ReRAM)として8Mビット容量品を2019年9月から販売すると発表した。同社では「ReRAMの量産製品としては世界最大容量」としている。(2019/7/30)

「土用の丑の日」に憂う【後編】:
「絶滅危機」のウナギ、真の復活への道とは
明日7月27日に、ウナギ業界最大のイベント「土用の丑の日」を迎える――。お祭り騒ぎの舞台裏を支えるのは、台湾から香港を経由した稚魚の密輸である「ウナギロンダリング」や、暴力団が関与した密漁であることは「公然の秘密」だ。長年にわたってウナギを初めとした資源管理政策を研究してきた気鋭の研究者が、業界の闇に切り込む3回シリーズの最終回。(2019/7/26)

電子ブックレット:
パワー半導体が競演、「PCIM Europe 2019」レポート
「EE Times Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2019年5月7〜9日に開催された世界最大規模のパワエレ関連展示会「PCIM Europe 2019」の現地レポート記事をまとめた電子ブックレットを紹介します。(2019/7/14)

福田昭のストレージ通信(155):
ハードディスク業界の国内最大イベント、今年は7月末に開催(後編)
2019年7月25〜26日に開催される「国際ディスクフォーラム」のプログラムを紹介する。後編では、2日目(7月26日)のプログラム内容を取り上げたい。(2019/7/10)

福田昭のストレージ通信(154):
ハードディスク業界の国内最大イベント、2019年は7月末に開催(前編)
2019年7月25〜26日に東京都内で開催される「国際ディスクフォーラム」の開催プログラムが決定した。前後編に分けて、プログラムの内容を紹介していく。(2019/7/8)

組み込み開発ニュース:
TSMCは2020年に5nmプロセスを量産、自動車向けロードマップも示す
TSMCは2019年6月28日、横浜市内で記者会見を開催し、同社半導体ファウンドリビジネスの概況やプロセス技術開発への取り組みなどを説明した。世界最大の専業ファウンドリである同社の収益は既に7nmプロセス(N7)がけん引役となっており、2020年から5nmプロセス(N5)を採用したチップの量産開始を予定する。(2019/7/2)

マストドンつまみ食い日記:
ピクシブの音楽SNS「Pawoo Music」閉鎖が決定 ドワンゴに次ぐ商用マストドン撤退
世界最大のマストドンインスタンスであるPawooは存続する。(2019/7/1)

今日のリサーチ:
AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で最も価値のあるブランドTop100」の結果が発表されました。(2019/6/13)

国内最大級延べ29.6万m2の物流施設「ロジポート川崎ベイ」が竣工
ラサール不動産投資顧問、三菱地所、NIPPOの3社は、川崎市川崎区でかねてより開発を進めていた国内最大級のマルチテナント型物流施設の竣工を発表した。(2019/6/13)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。