ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「リーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リーク」に関する情報が集まったページです。

なるほど単独CMデビューじゃねーの! 跡部様、“オレ様”代表で「Miloha」新CMに起用も陰の努力をバラされてしまう
オレ様のCMに酔いな!(2020/8/3)

新型iPhone、登場は10月の見込み Appleが明らかに
2019年と比べると数週間遅くなるとコメントしています。(2020/7/31)

Googleさん:
コロナ禍のGoogle Pixel新製品を予想する
Google I/Oがなくなってから、毎月のように「今月発表されるかも」と言われ続けた「Pixel 4a」。次の予想である8月3日を前に、うわさをまとめてみました。(2020/7/25)

霜降り明星・せいや、「Zoom」で下半露出も……女性に「誘われました」と反論
お笑いコンビ・霜降り明星のせいやが「Zoom」で女性と会話しながら下半身を露出し、自慰行為を見せたと文春オンラインが報道した。せいやは「僕ははっきり誘われました」と反論している。(2020/6/23)

既に商談も開始:
TSMCが4nmプロセスの存在を明らかに
TSMCは2020年6月9日(台湾時間)、これまで発表されたことがなかった4nmプロセスについて言及した。同社のロードマップに既に存在する、5nmと3nmの間のプロセスである。(2020/6/10)

「これからの40年」がテーマ:
「VLSIシンポジウム2020」は初のオンライン開催に
2020年6月15〜18日(以下、特に記載がない限り全てハワイ時間)に開催される半導体デバイス/回路技術に関する国際会議「VLSIシンポジウム 2020」。本来は米国・ハワイで開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、初のオンライン開催となる。VLSIシンポジウム委員会は2020年5月20日、記者説明会をオンラインで開催し、概要を説明した。(2020/5/22)

脆弱性対策・管理入門(1):
そもそも「脆弱性」とは何なのか――WannaCry後&リモートワーク時代の脆弱性対策
脆弱性対策の重要性を基本から説明し、脆弱性スキャナー/管理システムの有効性を説く連載。初回は、脆弱性とは何か、今注目すべき理由について。(2020/5/12)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Surface Neoは間に合わない!? 2020年に登場するMicrosoftの新ハードウェア
新型コロナウイルスの影響は、Microsoftにも大きなダメージを与えている。2020年内に登場予定だった2画面デバイス「Surface Neo」も例外ではないようだ。(2020/5/1)

製造マネジメントニュース:
代替部品選定需要増加でOKIエンジが電子部品の気密性試験サービスを開始
OKIエンジニアリングは、電子部品の信頼性試験サービス強化の一環として、中空パッケージ部品の気密性試験サービスを開始することを明らかにした。これによりMIL規格(米国軍規格)指定の11の試験メニューをワンストップで対応可能とし、従来は4週間かかっていた試験期間を2週間程度に半減し、製品開発時間削減が可能になるという。(2020/4/27)

新型コロナウイルス便乗のランサムウェア、Androidユーザー脅迫して身代金要求
新型コロナウイルス追跡アプリを装うランサムウェア「CovidLock」は、ユーザーが自分の端末にアクセスできない状態にした上で、全てを消去し暴露すると脅して身代金を要求する。(2020/3/19)

HTTP Desync攻撃が際立つ:
新たなWebハッキング技術、2019年に登場したトップ10をPortSwiggerが発表
サイバーセキュリティツールベンダーのPortSwiggerは、2019年の新しいWebハッキング技術についてトップ10を発表した。Googleの検索ボックスだけを使うといった全く新しい攻撃手法はもちろん、既存の複数の手法を組み合わせて新たな攻撃を作り上げたものなど、「価値ある」攻撃手法を取り上げた。(2020/2/21)

今、あらためてPS5の姿を想像してみる CPUとGPUはどうなる編
現在あるデータから、2020年に登場予定の次期ゲームコンソール、PS5を予想。(2020/1/31)

専門家のイロメガネ:
ゴーン騒動に200億円も支出した日産の判断は正しいのか?(後編)
ゴーン氏が逮捕され、西川廣人氏が不正な報酬授受で退任した後も、極めて疑問の残る支出が発生している。「ゴーン騒動」に日産が払ったコストだ。報道によれば、一連のトラブルに対応する費用は2億ドルにも上るという。(2020/1/31)

AppleがSafariの脆弱性に対処するも、Google研究者は「解決していない」と指摘
AppleはSafariのアップデートでユーザーのプライバシー保護機能に関する脆弱性に対処した。しかしGoogleの研究チームは、根本的な問題は解決されていないと主張している。(2020/1/24)

A13 Bionic採用のiPhone 8のアップデート版はFace ID搭載?
昨年iPod touch登場という情報をリークしたCES会場のAppleサプライヤーから、今年はiPhone 8後継について新情報が。(2020/1/15)

なぜ、痛ましい事件が相次ぐのか:
ブラック企業大賞を2年連続で受賞した三菱電機 過労死を繰り返す「隠蔽」の構図を探る
19年夏に三菱電機で発生した社員の自殺。激しいパワハラが問題視されたが、同社のこうした事件はこれが初めてではなかった。なぜ、痛ましい事件が相次いでしまうのか。背景には、遺族の訴訟や申請を「コスト」と見なし、事実を隠蔽する姿勢が透けて見える。労働問題に詳しい今野晴貴氏が解説する。(2020/1/8)

笑わない男・稲垣啓太、渾身の“ラテアート”に反響 かわいいハート型に「ギャップ萌え」「ドブ卒業おめでとう!」
うまくいったときは笑ったのかな。(2020/1/6)

政治に翻弄された1年に:
2019年のエレクトロニクス業界を記事で振り返る
2019年の主なニュースを、EE Times Japanに掲載された記事で振り返ります。(2019/12/27)

「2年縛り」がなくなっても変わらない、「キャリアの価値」と「囲い込み」 10月以降の携帯契約を整理する
2年縛りがなくなった今、キャリアで契約を続ける価値をどう考えるべきだろうか。10月以降の携帯電話の契約事情を整理していく。(2019/12/25)

北海道大学と東京工業大学:
酸窒化物単結晶を用い、強誘電性を初めて実証
北海道大学と東京工業大学の研究グループは、酸窒化物ペロブスカイトBaTaO2N単結晶が強誘電体であることを実証した。(2019/12/23)

「プレステ5の発売日と価格が決定」真偽不明の情報拡散 ソニー「公式発表ではない」
複数のサイトに同じ情報が掲載されていました。(2019/12/16)

Googleに解雇された4人の元従業員が政府機関にGoogleを不当労働慣行で訴え
Googleで従業員の組織化を進め、解雇された4人の元従業員が、これは不当な労働慣行だとして全米労働関係委員会(NLRB)にGoogleを訴えた。(2019/12/4)

自らの業の役割を何と心得るか!:
プライバシーフリーク、就活サイト「内定辞退予測」で揺れる“個人スコア社会”到来の法的問題に斬り込む!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)前編 #イベントレポート #完全版
学生の就職活動を支援するための「人材」サービスが、本人の権利利益をないがしろにして己の利益のためだけに野放図に使っていたことこそが、問題だ!(by厚生労働省)――リクナビ事件の問題点を、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人がさまざまな角度で討論した。※本稿は、2019年9月9日時点の情報です(2019/11/29)

阿部寛「まだ結婚できない男」7話 有希江のカフェを守った桑野さん、ついに恋愛モード始動か?
北村一輝経営のカレー屋登場。(2019/11/26)

開発者が伝える現場の声:
「Rust言語」をWindowsプロジェクトに適用してみた、Microsoftの事例
Microsoft Security Response Centerは公式ブログにおいて、Microsoftにおけるプログラミング言語「Rust」導入の進展を紹介するシリーズ記事を更新、「Hyper-V」開発者のレポートを公開した。C++を利用した開発と比較して何がメリットなのか、Rustに欠けている部分はないのか、当事者ならではの示唆に富んでいる。(2019/11/12)

Motorolaの縦折りRAZRスマホらしき画像が大量リーク
かつて携帯電話「RAZR」シリーズで一世を風靡したMotorolaの縦折りスマートフォンらしき画像を、エバン・ブラス氏(@evleaks)がツイートした。Motorolaは11月13日に新製品発表イベントを予定している。(2019/11/1)

連載:Windowsフロントライン:
「Windows 10X」の正体は? Chrome OSの対抗? ほぼ無償? 2020年1月?
Microsoftが発表したWindows 10ファミリーの「Windows 10 X」。その正体は何かを、リーク情報や開発コード名の変遷を踏まえて考察してみた。(2019/10/28)

期待の「イノベーション」は未来の「ITアスベスト」になるのでは?:
まるで核兵器が犯罪者の手に渡るような状態がサイバー空間で起きている――脅威の変化を踏まえ「検知、対応」へのマインドシフトを
F-Secureは、2019年10月2〜3日開催の「Cyber Security Nordic」に合わせて開催したプレスカンファレンスにおいて「防御」から「検知、対応」へのマインドシフトが必要だと強調した。(2019/10/18)

導入事例:
簡便な漏水調査を可能にする漏水発見機器を石垣市が購入
東京水道サービスが開発した漏水発見機器「TSリークチェッカー」(SV1109ステッキ型)を石垣市水道部が購入した。(2019/10/17)

“ブラックホール”中の「フォートナイト」、チャプター2の動画が公式リーク
人気ゲーム「Fortnite(フォートナイト)」はシーズン10が終わって「ブラックホール」状態が続いているが、「チャプター2」の公式トレーラーがリークした。新しいマップでボートなどの新機能が搭載されるようだ。(2019/10/15)

ITはみ出しコラム:
「Made by Google '19」直前予想まとめ 「Pixel 4」だけじゃない見どころ
10月15日に米Googleのハードウェア発表イベント「Made by Google '19」が開催されます。既に新スマホが「Pixel 4」になることは確定していますが、それ以外に発表されそうな新モデルも含め、これまでのリーク情報やうわさをまとめます。(2019/10/13)

ソフトバンク、未発表の「Pixel 4」を誤掲載か オンラインショップでサムネイル画像を公開
ソフトバンクのオンラインショップで、未発表の米Google製スマートフォン「Pixel 4」とみられる製品画像が誤って掲載されていたことが分かった。(2019/10/11)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「2画面のSurface」はMicrosoftがチャレンジ精神を取り戻した証か
2012年に登場し、Microsoftの戦略とともに製品の位置付けを変えてきた「Surface」シリーズ。2画面の新端末「Neo」と「Duo」は、久々に「新たな市場を開拓する」意志を感じた、SurfaceらしいSurfaceだ。本来あるべきチャレンジスピリットを取り戻したかにみえる。(2019/10/8)

Windowsフロントライン:
Windows 10Xと「Surface Neo」「Suface Duo」の疑問を整理する
Microsoftがニューヨークで発表会を開催し、Surfaceシリーズのラインアップを一新。新たなモデルも投入するなど、アグレッシブな姿勢を示した。そこに浮かび上がる疑問を整理してみた。(2019/10/3)

Facebookの全社会議Q&A録音がリーク 企業分割やLibra、競合についてのザッカーバーグCEOの社内向け説明
Facebookが7月に行った全社会議の録音を米The Vergeが入手し、マーク・ザッカーバーグCEOと従業員の質疑応答の一部を記事として公開した。TikTok攻撃計画やウォーレン議員が主張するGAFA分割案について説明している。(2019/10/2)

Windowsフロントライン:
新型Surface登場? Microsoft CEOも登場する10月2日のイベントでは何が発表されるのか
米Microsoftが、10月2日(現地時間)にニューヨークで新製品発表イベントを開催する。そこで登場するのは何か。周辺情報を踏まえた上で予測してみよう。(2019/10/1)

IoTセキュリティ:
VxWorksの脆弱性「URGENT/11」が浮き彫りにしたTCP/IPスタックの“残念な実装”
20億個以上のデバイスに用いられている、ウインドリバーのRTOS「VxWorks」のTCP/IPスタック「IPnet」で発見された11個の脆弱性「URGENT/11」。URGENT/11を発見したIoTセキュリティベンダーのアーミスのリサーチャーが「Black Hat USA 2019」で講演し、URGENT/11やTCP/IPスタックの実装問題について説明した。(2019/9/26)

事例で学ぶ品質不正の課題と処方箋(5):
品質不正発生に備えた「危機管理」の重要性――レジリエンスを高める
万が一、品質リスクが顕在化した場合に備えて危機管理の仕組みを整備しておくことが重要です。危機では複数のタスクが同時多発的に発生する中で、どのような準備ができ、実際の対応にあたる際にはどのようなことに留意すべきなのかを、「レジリエンス」という危機管理のキーワードを用いて解説します。(2019/9/24)

「Pixel 4」のCoral(オレンジ)モデル、Googleが看板広告でリーク
Googleがニューヨークのタイムズスクエアに掲げた「Made by Google」の広告で、「Pixel 4」のオレンジ色のモデルを初公開した。(2019/9/18)

「スマブラSPECIAL」にSNKから「テリー・ボガード」参戦決定! バンジョー&カズーイは本日9月5日から使用可能に
SNKキャラまで来た!(2019/9/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
SNS時代に求められるリーダーのリスク・コミュニケーション力
事件や不祥事が起きた時や、思うように成果が上がらない時にどのように真摯にユーザーに向き合って説明するか。(2019/8/29)

「今知りたい! システムを守る認証の実態」セミナー:
【7pay、Omni7問題】企業、利用者、メディア、エンジニアは何を教訓にすべきか
2019年7月、NPO日本ネットワークセキュリティ協会が「今知りたい! システムを守る認証の実態」セミナーを開催。「認証」と「セキュリティ」をキーワードに3人の登壇者が、現在、事業者そして利用者ができることを語る会となった。(2019/8/28)

Windowsフロントライン:
クラウド時代のWindows 10復元と再インストール方法を考える
さまざまな復元手段が用意されているWindows 10。2020年前半に一般配信される次々期の大型アップデート「20H1」で提供される可能性のある「Cloud Download」を読み解いていく。(2019/8/19)

「誰もが知っているこわい話」の共通点とは? “こわい話”を解剖する
こわい話を解剖すると、もっとこわいものが出てくるかも。(2019/8/11)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
マジでヘリウムが足りない
2012〜2013年ごろにもありましたが、またもやヘリウムの供給不足が問題になっているようです。(2019/8/6)

研究開発の最前線:
国内産業に迫るヘリウム危機の打破へ、東大物性研が産学連携視野にリサイクル目指す
ヘリウムの輸入依存率が100%の日本。さまざまな産業や研究機関で広く利用されているが、近年のヘリウムに関連する情勢は厳しさの一途をたどっている。東京大学 物性研究所は、国内に約40カ所ある研究機関併設のヘリウムリサイクル設備を活用した産学連携リサイクルでこの厳しい状況の打破を目指している。(2019/7/30)

Windowsフロントライン:
Microsoftの「2画面折りたたみ型デバイス」と「WCOS」を巡る最新事情
Microsoftに関して、以前からうわさになっている2画面折りたたみ型デバイス「Centaurus」や、Windows Liteについての最新情報をまとめてみた。(2019/6/25)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省がアンケートをもとに「解除料1000円」を密室で議論――果たして、6月18日開催の「最終回」でどんな結論に落ち着くのか
総務省が携帯電話の定期契約の解約金を「上限1000円」とする案を取りまとめているという。非常に重要な会合にも関わらずあえて非公開で行った総務省は何を考えているのだろうか。(2019/6/21)

Google、「Pixel 4」のティーザーを自らツイート アウトカメラはデュアル
Googleが、次期フラグシップスマートフォン「Pixel 4」のものとするレンダリングを公式Twitterアカウントで公開した。アウトカメラが2台で、背面に指紋センサーがないことが分かる。(2019/6/13)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
HiSiliconの勢いと禁輸措置
今回の禁輸措置が、米国の思惑とは全く逆の結果を招く契機になるのかもしれません。(2019/5/27)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。