ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「歌詞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「歌詞」に関する情報が集まったページです。

「進撃の巨人」最終シーズン、意味深オープニングの解釈巡って議論 「一切の妥協を許さない製作陣の熱意が伝わってくる」
「おまえこそが真の敵だ」という歌詞はいったい。(2020/12/7)

SKY-HI、歌詞無断使用の“アイドルの子”と和解 誠実な説明受けて「めちゃくちゃ応援します」
日高さん、大人だな。(2020/11/30)

Googleさん:
「ふんふふん」で曲名が分かるGoogleの鼻歌検索 驚きの的中度支えるマッチング手法
モバイルのGoogleアプリに「この曲なに?」ときいてふんふふんと鼻歌(歌詞付きも可)を歌うと曲名を表示してくれる「鼻歌検索」。検索が得意なGoogleさんの、さすがの的中度です。従来の類似サービスとの違いを中の人が説明してくれました。(2020/11/15)

ポケモンゲットだぜーッ! → ポケモン取得ぞーッ! “古文変換サイト”が突然のブームでTwitterがいと雅に
歌詞を入れるとだいたいいとをかし。(2020/10/2)

「私の中でものすごい大ハプニング」 後藤真希、「テレ東音楽祭」での歌詞やらかしを釈明「Gがいたんです……」
名前を呼んではいけないアイツ。(2020/10/1)

嵐の歌声をAIが再現 「A・RA・SHI」の替え歌ジェネレーター登場 「違和感ない」とファン驚き
嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」の替え歌を作れるジェネレーターが登場。ユーザーがサビの歌詞を任意の言葉に入れ替えると、メンバーの声を学習したAIが歌う。Twitterでは「違和感無くてビックリ」と話題に。(2020/9/14)

EXIT、“マジ歌チャラップ”の新曲「マリオネット」を初公開 エモみ100%の歌詞が「ラップで泣いたのは初めて」と感動引き起こす
歌ってみたいのでリリックを早くプリーズ!(2020/8/12)

AWA、歌詞を美しく表示する「LYRIC DIVE」機能を追加 曲のメッセージ、中高生の音楽ファンに
定額制音楽配信サービスを運営するAWAは、アプリ上で歌詞をビジュアル表示する「DIVE」機能を追加すると発表した。COTODAMAが開発した「LYRIC DIVE」技術を採用する。(2020/8/11)

ニコスターインタビュー:
ニコラップの先駆者“らっぷびと”はなぜネットにラップを投稿したのか 1曲の投稿きっかけに人生が変わった瞬間
らっぷびと誕生の陰には伝説のサイト「歌詞→HIPHOP系」の存在がありました。(2020/8/29)

“レジェンドMC”山寺宏一、18年半出演した「おはスタ」企画で番組ソング歌唱! ベッキーが平井理央に参加オファーも
「明日を一緒につくろう」という歌詞通りの展開になりました。(2020/7/27)

サラリーマン、プリキュアを語る:
プリキュアは16年間、何を歌ってきたのか 413曲の分析から見えたもの
プリキュアの歌詞は、大人になってから響くものも多いのですよね。(2020/5/28)

飲料水メーカーLiquid Death、ネットの文句を集めてデスメタルアルバムを制作 「宣伝担当をクビにしろ」「人生を考え直せ」など辛らつな歌詞
非難を真摯(しんし)に受け止めたようです(?)。(2020/5/6)

AAA西島隆弘、新曲「僕にできること」をInstagramで投稿に勇気付けられる人続出「感動をありがとう」「救われます」
歌詞に泣けてくるな……。(2020/4/17)

歌詞検索サイト「歌詞タイム」突然の閉鎖 ユーザーからは惜しむ声
サイトには閉鎖を告知するメッセージが掲載されています。(2020/3/24)

RADWIMPS、8曲目となる3.11ソングを発表 新型コロナウイルスに伴う社会的混乱も反映され終末感ただよう歌詞に
「人々の姿こそウィルスよりも脅威に感じる瞬間があります」と野田さん。(2020/3/12)

「朝の読書時間を使って歌詞の穴埋めテスト」をする先生も 中学教員たちも競う“合唱コンクールのリアル”
「『合唱の良しあしには担任としての実力が現れる』と考えられていて」(2020/5/4)

無料の歌声合成ソフト「NEUTRINO」がプロもうなる完成度 楽譜と歌詞を入れるだけで東北きりたんが自然に歌う
「AIきりたん」動画として、ニコニコ動画やTwitterに作例が続々。(2020/2/26)

「素直におかえりと言えない」 元AAA・浦田直也 “謝罪なし”のSNS再開に疑問の声
ソロ楽曲の歌詞を引用した浦田さん。(2020/1/28)

「調教済みのブタ共は声を上げろ」(イケボ) 元NHKアナ登坂淳一が歌詞を淡々と読み上げる動画に「拳銃突きつけられながら読んでそう」
曲のチョイスぅ……!!(2020/1/17)

【ナニコレ?】「歌詞の前に付くグニャグニャした『へ』みたいな記号」の名前
(2019/7/9)

はてな、JASRACと契約 はてなブログへの歌詞掲載が可能に
(2019/7/1)

主題歌「Rain」歌詞とシンクロする「ストロベリーナイト・サーガ」7話 山本耕史に堕ちる二階堂ふみ、その瞬間を見つめる亀梨和也の表情が切ない
「インビジブルレイン」前編。亀梨和也の思いはインビジブル(見過ごされる)のか?(2019/5/30)

「実は、歌詞があったんです」 黒柳徹子、「徹子の部屋」“ルールル、ルルル”に隠された歌詞明かす
いにしえの呪文のような存在に。(2019/5/16)

「ゴールデンボンバー」鬼龍院翔、楽曲&歌詞の無断使用を容認へ 「何にだって大いに使って頂きたい」
権利まで自由なのかよ!(2019/4/5)

Apple Musicの歌詞検索、日本でも 「彼女にすればどうにでもなるし」検索で「Shangri-La」
Apple MusicはSiriでも歌詞検索が可能だ。(2019/3/15)

ビッグウェーブが来るたび文字が大きく 歌詞サイトで「睡蓮花」に起きた珍現象が話題
「うたまっぷ」に掲載された「睡蓮花」の歌詞で文字が大きくなる現象が。(2019/3/9)

歌詞表示アプリ「Genius」がApple Music再生可能に
Genius Media Groupの歌詞表示アプリ「Genius」で、Apple Music再生が可能になった。(2018/10/12)

音声入力とスクリーンは相性がいい 「Amazon Echo Spot」とスマートディスプレイの可能性
Amazon.co.jpがスクリーン付きのスマートスピーカー「Amazon Echo Spot」を発売した。音楽再生時にはジャケット写真や歌詞を映したり動画再生も楽しめる他、音声操作への反応が音と画の両方で返ってくる安心感が大きい。(2018/8/23)

「ラムのラブソング」レコーディング時のデモ音源公開 歌詞などが原曲と異なる貴重な資料
原曲と聴き比べてみよう。(2018/6/24)

歌詞の前に付くグニャグニャした「へ」みたいな記号の名前、知ってる?
民謡などの古い歌に使われている印象。(2018/6/7)

楽曲アレンジに歌詞まで変わるだと…… スマートスピーカー「Echo」のAlexaスキルに「初音ミク」が歌ってくれる新機能
一家に一台置きたくなってきた。(2018/3/31)

「モンストやっててよかった(笑)」 五輪マスコット作者の谷口亮らのモンスト「歌詞再現」イラストがカオス
谷口さん以外の「歌詞再現」イラストがいろいろおかしい。(2018/3/8)

最上もが、歌って踊るソロMVでコスプレ七変化! グループ脱退後初の歌声にファン感動
歌詞ももがさんに合わせた内容に。(2018/3/1)

「楽しいワン」「冷たいニャ」 初めて雪を体験した犬とネコ 正反対の反応が面白い
「雪やこんこ」の歌詞は大体あってた。(2018/2/2)

阪神タイガース仕様の「三省堂国語辞典」 ケースは縦縞、表紙は黄色、一部用例も球団仕様に変更する力の入れよう
帯には「六甲おろし」の歌詞が入っています。(2018/1/19)

耳が溶けてしまいそう 初音ミク「メルト」10周年記念に小林幸子がカバーをニコニコ動画に投稿
直筆歌詞付き。達筆。(2017/12/7)

「全然元気に生きてますから」 フット岩尾、菅谷梨沙子の結婚に「傷心ではない」
「VERY BEAUTY」の歌詞を持ってくる辺り、ノーダメージではなさそう。(2017/10/19)

“ボカロ曲っぽい歌詞”AIで自動生成 「むげんミクうた」公開
「ボカロ曲」の歌詞を学んだAIが、“ボカロ曲っぽい歌詞”をひたすら作り続けるサービス「むげんミクうた」が登場した。(2017/9/1)

マストドンつまみ食い日記:
ラマーズP作ボカロ曲「テレホタイム」のマストドンとfriends.nico讃歌っぷりがすごい
VOCALOIDの音街ウナが繰り返す中毒性の高いフレーズと、frinds.nico住人ならニヤニヤしっぱなしの歌詞が特徴だ。(2017/7/31)

吉幾三「俺ら東京さ行ぐだ」の歌詞は結構ホントだった! 当時の様子を知る人が“答え合わせ”してみると……
歌詞の舞台は、吉さんが上京したころの「何にもない故郷」だった。【訂正】(2017/7/20)

宇多田ヒカル、歌詞を“可視化”する特設サイトをオープン! ハッシュタグで歌詞をツイートできる新しい試み
歌詞を可視化で、視界に広がる歌詞の世界。(2017/7/10)

歌詞引用をめぐり「JASRACが京大に請求」の報道 JASRAC「請求した事実はない」と反論
言い分が微妙に食い違ってます。(2017/5/19)

京大総長「式辞で歌詞紹介」にJASRACが著作権料求める Webサイト掲載分めぐり
京大広報課によると「詳しい説明がなく、特に対応はしていない」という。(2017/5/19)

「研究室が沸き立った」――AIが作詞、アイドル新曲ができるまで 電通大教授に聞く
アイドルグループ「仮面女子」の新曲「電☆アドベンチャー」は、人工知能(AI)が作詞。「にこにこうぱうぱブルーベリー」という不思議な歌詞も飛び出し、出来栄えに「開発した研究室が沸き立った」。制作の裏側を、電気通信大学の坂本教授に聞いた。(2017/5/12)

Android版「Apple Music」アプリ、アップデートでデザイン刷新、歌詞表示も
Android版「Apple Music」アプリがバージョン2.0.0にアップデートした。iOS版と同様に、再生中に歌詞が表示される。ユーザーインタフェースもiOS版に近くなった。(2017/4/5)

「来年も同じ場所で笑っていたい」「◯◯億分の1の奇跡」 恋愛ソングにありがちな歌詞のまとめ画像が話題に
たしかに、あるある。(2017/3/10)

ボカロ曲の歌詞を通じて英語・数学を学習 「ボカロで覚える参考書」第2弾発売
中学3年間分の要点を、関連した歌詞から覚えられる。(2017/2/21)

mixi、楽曲の歌詞の無断転載に削除求める 権利者から著作権侵害の通知
数千件の投稿に対して著作権侵害の通知があったとmixi。該当者には個別に連絡するとしています。(2017/2/3)

みんなでレリゴー! 「アナと雪の女王」が3月4日に地上波初放送決定、歌詞字幕が付く特別版
れりご〜れりご〜。(2017/1/12)

曲を流して「J-POPの頻出単語」で取り合うかるた「狩歌」 ゲーム性も高いし歌詞の魅力が再発見できる
かるたに歌を融合させたカードゲーム「狩歌(かるうた)」。酒盛りしながらやってみたら楽しすぎたのでその魅力をご紹介。(2017/1/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。