ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「農林水産省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
時短せず「ノーマスク」で接客する店も 「ナメんじゃねーよ!!」と怒る“反逆飲食店”の言い分
緊急事態宣言を受け、時短や休業要請がされている。しかし、通常営業を続ける“反逆飲食店”も存在する。支援金などの制度を実情に沿った形に改善すべきだと筆者は主張する。(2021/2/22)

コロナの影響も:
2020年、閲覧者数が多かった観光情報サイトは? 「楽天トラベル」を抑えて1位になったのは……
ネット行動分析サービスを提供するヴァリューズが、2020年における観光関連Webサイトの調査結果を発表した。都道府県別の公式観光情報サイトでは、三重県や沖縄県が健闘した。(2021/2/9)

売上高1兆円を目指す:
香港1号店は「3日で桃10トン」 “日本産”を売りまくる海外版ドンキの正体
ドン・キホーテを運営するPPIHは海外事業を強化。アジアや北米の店舗数を増やしている。日本産の農畜水産物の輸出を促進する会員制組織も設立し、勢いが止まらない。(2021/1/21)

ドローン:
NTT東日本など3社が国産ドローンの新会社を設立、まずは農業分野にフォーカス
NTT東日本、オプティム、WorldLink & Companyがドローン分野における新会社「株式会社NTT e-Drone Technology(NTTイードローン)」を設立する。スカパーJSATグループのエンルートの一部事業を譲り受けて自社でドローンを開発する機能を持つとともに、ドローンサービスやドローン運用支援などの事業を展開する。(2021/1/19)

第4回インフラメンテナンス大賞:
時速100kmで覆工コンクリートの変状を検出するシステムが国交大臣賞
国土交通省らは、第4回インフラメンテナンス大賞の表彰式を開催し、応募総数288件の中から、計35件の受賞事例を発表した。今回は、時速100キロでも覆工コンクリートの変状を高解像度で検出するシステムが国土交通大臣賞を受賞し、AIを活用した「送電鉄塔の腐食劣化度診断システム」が経済産業大臣賞に入賞するなど、受賞事例は多岐に及んだ。(2021/1/13)

ソーラーシェアリング入門(41):
「今後の10年」を決める1年に、2021年のエネルギー市場はどうなるのか?
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は、これかの日本のエネルギー政策にとって、非常に重要な年といえる2021年のエネルギー市場を展望します。(2021/1/13)

ソーラーシェアリング入門(40):
激動の年となった2020年、ソーラーシェアリング市場に起こった変化とは
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は世界的に激動の年となった2020年に、ソーラーシェアリングを取り巻く状況がどのように変化をしてきたのかを振り返ります。(2020/12/28)

サダタローのシェアさせていただきますR:
米は力だ! 難しいゲームが苦手な漫画家でも「天穂のサクナヒメ」をクリアできた理由
2020年の最後に取り上げるのは「天穂のサクナヒメ」。「稲作の描写が本格的すぎる」と話題になりましたが、サダタローさんはどうやってクリアしたのでしょう。(2020/12/25)

穴だらけ施策:
不正受給の「指南役」に厳罰を、役人には猛省を
給付金の不正受給やGo Toイートの錬金術など、軽い気持ちで手を染めた人もいるようだが、非難されるべき人たちがいる。穴だらけの施策を世に出した役人に、問題はないのだろうか。(2020/12/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
安易な「Go To イート」批判に喝! “功罪”を検証して見えてきたものは
「Go To イート」には批判も多い。しかし、実態とは違うイメージで語られていないだろうか。キャンペーンの功罪を検証する。(2020/12/16)

スピン経済の歩き方:
焼肉業界で「大豆ミート」が主流になる、これだけの理由
外食産業が苦戦する中、「焼肉」が健闘している。カルビやハラミなどを好む人が多いだろうが、近い将来、肉を食べることができない日がやって来るかもしれないのだ。どういうことかというと……。(2020/12/15)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
年末のコロナ拡大で居酒屋は悲鳴 Go To Eat登録飲食店は全体の3分の1
Go To Eatに参加登録している飲食店は全体の約3分の1――。筆者が農林水産省に問い合わせて分かった数字だ。これで飲食業全体を救う事業と言えるのだろうか。改めて「Go To Eat」を検証する。(2020/12/10)

稲作RPG「天穂のサクナヒメ」、世界累計出荷本数が50万本突破 発売から2週間で
「天穂のサクナヒメ」の世界累計出荷本数が50万本を突破。11月12日に発売したタイトルで、稲作を細かく再現したゲーム性が話題を呼び、好調な売れ行きにつながっている。(2020/11/25)

令和の米騒動こと「天穂のサクナヒメ」、累計出荷50万本突破 ガチな稲作パートが人気で一時は品薄も
卵焼きをだし巻きにできる神アプデも到来。(2020/11/25)

政府CIO補佐官が説く「デジタル改革」の具体像(1):
デジタル庁創設、脱ハンコ――政府がDX実現で目指すものとは
デジタル庁創設や脱ハンコなど、政府のデジタル改革に注目が集まっていますが、その必要性は以前から訴えられてきました。今回注目されているデジタル改革は今までと何が違うのか。政府CIO補佐官として活動する筆者が、デジタル改革の現状、目指しているゴールを解説します。(2020/11/25)

週6〜7回利用した人も:
「Go To Eat」キャンペーン74%が利用 週に何回利用した?
「無限くら寿司」などさまざまな話題を呼んだ「Go To Eat」キャンペーン。オンライン飲食予約サイトを経由したポイント付与は、予算上限に達し各サイトで予約受付が終了した。現在までにどのくらいの人がキャンペーンを利用したのか。ROIが調査を実施。(2020/11/21)

東京都で食事券の販売始まる:
Go To Eatでワタミは10月の予約人数が前月比6倍に 売上は前年比65%まで回復
「Go To Eat」キャンペーンで、「一定のプラス効果があった」と話すのが、外食チェーン大手のワタミだ。10月はネット予約の人数が前月比で6倍に増加し、既存店の売上も前年比65%と、緊急事態宣言以降で最も回復したという。(2020/11/21)

メリット享受できない店も:
予約は増えたけれど「裏技」続々 Go To イート狂騒曲
新型コロナの感染拡大で打撃を受けた飲食業界を支援するため10月1日から始まった「Go To イート」。制度の隙を突く「裏技」が現れるなど何かと話題を集め、「イート」自体は売り上げアップに貢献したとみられるが、小規模な店の中には恩恵にあずかれないところも。(2020/11/17)

国の予算が上限に:
「Go To イート」早くも終了に飲食店から不安の声 「この先見通せない」 
新型コロナの感染拡大で打撃を受けた飲食業界を支援する「Go To イート」事業で、ポイントが付与される飲食店のオンライン予約が15日までに、大手サイトで相次いで終了した。(2020/11/16)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
“無限くら寿司”と”無限かっぱ寿司”が終了  「Go To Eat」ポイント付与対象の予約受付が次々と締め切り
回転寿司チェーン「くら寿司」のオンライン予約を受け付けている「EPARK」は、「Go To Eat」キャンペーンのポイント付与の対象になる予約受付を、11月16日午後2時59分をもって終了した。(2020/11/16)

復活してほしい:
この先どうなる? Go To イート予約、サイト相次ぎ終了
新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた飲食業界を支援する「Go To イート」事業で、ポイントが付与される飲食店のオンライン予約が14〜15日、大手サイトで相次いで終了した。(2020/11/16)

Go To Eat今週末にも終了 予約サイトにはアクセス集中
農林水産省が実施する「Go To Eat」によるオンライン事業は、近く予算上限616億円に達する見込みのため、早ければ今週末にも終了する見込みだ。予約サイト大手のホットペッパーは、「近日中終了のお知らせ」を掲載している。(2020/11/13)

「Go To Eat」の予約、近日中に終了へ 農水省が「まもなく予算上限に達する」と報告
農水省が、Go To Eatのオンライン予約受け付けを近日中に終了という見通しを示した。11月11日までに累計400億円超に相当するポイントを付与し、還元額が間もなく予算(616億円)の上限に達するため。(2020/11/13)

Go To Eatキャンペーン、予約サイトでの「ポイント付与」がまもなく終了
プレミアム付き食事券は引き続き販売されます。(2020/11/13)

稲作アクションRPG「天穂のサクナヒメ」の農業パートがガチすぎる 「農林水産省のQ&Aが攻略サイトに」「大丈夫!全農の攻略本だよ」
一時はTwitterのトレンドでPS5よりも上位に。(2020/11/13)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
“ファミマ端末用紙切れ”続出 これから本格化する「Go To Eatプレミアム食事券事業」への懸念
「Go To Eat」で今後混乱が起きそうなのが、プレミアム付き食事券事業だ。25%のプレミアム分を含んだ食事券を都道府県別に販売するものの、開始時期は地域によってバラバラだ。東京都で始まるのは11月20日からで、今後さらなる混乱も予想される。現時点での問題点を提起してみたい。(2020/11/13)

稲作の描写が本格的すぎる――ゲーム「天穂のサクナヒメ」が話題 全農も反応
マーベラスが発売したゲーム「天穂のサクナヒメ」が、ネット上で「稲作の描写が本格的すぎる」として話題になっている。(2020/11/12)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
“トリキの錬金術”は他でも起きていた Go To Eatオンライン予約事業は「税金の無駄使い」
日本フードサービス協会には、複数の会員企業から「鳥貴族と同じような状況が起きている」と報告があった――。ある単価の高い喫茶店では、コーヒーとケーキなどで客単価が1000円を超える想定だったものの、予約して来店した客が600円程度のコーヒーだけを飲んで帰るケースが多発。「Go To Eat」オンライン予約事業の現状と問題点を報じる。(2020/11/5)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
“トリキの錬金術”や“無限くら寿司”で課題噴出 Go To Eatが飲食店事業者を救わない、これだけの理由
“トリキの錬金術”や“無限くら寿司”などで多くの課題が出ているGo To Eat。不公平なばらまきとの指摘も多い。オンライン飲食予約事業では予約サイト事業者は儲(もう)かる一方、地方に住む高齢の経営者などには使いづらい制度だ。問題点を探った。(2020/11/4)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
かっぱ寿司も“無限”に!? 過熱する回転寿司チェーンの「Go To イート」対応
“無限くら寿司”というワードが大きな話題になっている。大手チェーンの「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトに「Go To イート」への対応を聞いた。(2020/11/2)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
新ワザ「無限くら寿司」の本質が「マスク転売と同じ」と断言できるワケ
「トリキの錬金術」が規制されてまもなく、新たなGo To Eatの裏技「“無限”くら寿司」が発見された。くら寿司側が公式サイトで大きく画像を掲示しており、利用を促す姿勢が目立つ。しかし、実質無料となる理由は、政府が財源を支出しているからに他ならない。政府が懐を痛めるということは、私たちの納めた税金がこのような“裏技”に注ぎ込まれるということを意味する。(2020/10/30)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
“無限くら寿司”が話題 スシロー、はま寿司、かっぱ寿司など大手4社のGo To対応を聞いた
ネット上では「無限くら寿司」というワードが話題になっているーー。回転寿司チェーン大手4社の「スシロー」「はま寿司」「くら寿司」「かっぱ寿司」を取材すると、各社それぞれ対応が異なることが分かった。4社の対応を見ていく。(2020/10/26)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
ガスト、バーミヤン、ジョナサン……すかいらーくは全ブランドで「Go To Eat」食事券事業に参加 予約事業は一部ブランドのみ対応
「Go To Eatキャンペーン」への対応に、外食チェーン大手が苦慮している。グループの店舗数が約3000店舗を誇るすかいらーくグループの対応を見ていきたい。(2020/10/25)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
「はま寿司」は食事券のみ、「ココス」は食事券と予約の両方 ブランドごとに「Go To Eat」への対応が異なるゼンショー
ゼンショーホールディングスに取材し、「Go To Eatキャンペーン」への対応をブランドごとに聞いた。(2020/10/22)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
「すき家」「吉野家」「松屋」、「Go To Eatキャンペーン」に食事券事業で参加
「Go To Eatキャンペーン」への対応に、ファストフード大手だけでなく、大手牛丼チェーンも苦慮している。「すき家」「吉野家」「松屋」は筆者の取材に対して、「Go To Eatキャンペーン」のプレミアム付き食事券事業に、全店で参加する予定だと回答した。その詳細は?(2020/10/22)

「複雑な仕組み」「バラバラな手続き」が足かせに:
マクドナルドとKFC、「Go To Eatキャンペーン」に食事券事業のみで参加 全店では実施できず
マクドナルドとKFCに「Go To Eatキャンペーン」への対応を取材したところ、キャンペーンでポイントが付与されるオンライン飲食予約事業への参加は難しいとして、基本的には食事券事業のみで参加することが分かった。(2020/10/21)

「断れば口コミ悪く書く」 Go To Eat不正利用に飲食店が悲痛な訴え 予約受けた食べログを取材
問題をどのように捉えているのか、食べログを運営するカカクコムに取材しました。(2020/10/18)

フードロス削減を支援する通販モール「WakeAi(ワケアイ)」オープン 送料無料の販売も開始
価格比較サイト「Shoply」などを手掛けるInSyncは、通販モール「Wakeari(ワケアリ)」と「Facebookコロナ支援・訳あり商品情報グループ」を統合した「社会貢献型通販モール:WakeAi(ワケアイ)」をオープンした(2020/10/16)

厳しい状況が続く:
線引きに不満! Go To イート、舞妓さん呼ぶと対象外
新型コロナウイルス感染拡大で苦境に立たされた飲食業に対する政府の支援策「Go To イート」。「接待を伴う飲食店」として除外されていた京都の料亭も直前に登録対象と認められた。しかし……。(2020/10/15)

ソーラーシェアリング入門(38):
再エネ導入で躍進する静岡県浜松市、ソーラーシェアリングに対する現場の声とは
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は静岡県浜松市で開催したソーラーシェアリングセミナーの様子をレポートします。(2020/10/12)

政府は運用見直し:
Go To イート、鳥貴族の“錬金術”超えた? 数十円の調味料のみ頼む
飲食業界への政府の支援事業「Go To イート」の“錬金術”問題で、政府は店舗での飲食料金がポイント付与額より低い場合、ポイントを付与しない方向で運用を見直すと明らかにした。(2020/10/11)

「錬金術」防止策:
Go Toイート、少額飲食はポイント還元対象外に 農水省が飲食店に呼び掛け
農林水産省は10月8日、「Go To イート」キャンペーンについて、ポイントの還元額よりも低い金額の飲食を還元対象から外すように、予約サイトの運営者と飲食店に呼び掛けると発表した。ネットで「錬金術」と話題になっていたポイントの荒稼ぎを防ぐ。(2020/10/8)

イートでの「錬金術師」問題 野党が改善要求
 立憲民主党などの主要野党は7日、国会内で開いた合同ヒアリングで、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた飲食業への支援事業「Go To イート」を利用して客側がポイントを稼ぐ「トリキの錬金術師」問題を取り上げ、事業を担当する農林水産省に改善を求めた。(2020/10/7)

「Go To イート」食事券事業開始 新潟県で全国初 25%分上乗せ
 新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた飲食業に対する政府の支援策「Go To イート」のうち、地域限定のプレミアム付き食事券の販売や利用が5日、全国では初めて新潟県で始まった。全47都道府県で順次実施され、大半は10、11月に始まる見込み。(2020/10/5)

Go To Eatできない:
新型コロナで悲鳴あげる都心の飲食店 存続の道を探る六本木の老舗ジャズクラブ
新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、8月の外食全体の売り上げは前年比84%と7月よりも低下し、回復傾向は頭打ちに――。中でもパブ・ビアホールと居酒屋は、東京都などの自治体が飲酒を伴う業態に営業時間短縮を要請したことで、4月以降壊滅的な状況が続いている。(2020/10/2)

「Go To イート」ポイント付与、多くの事業者が1日全国で開始
農林水産省が飲食業の支援策「Go To イート」のうち、オンライン飲食予約サイトを通じたポイント付与事業について、委託先の13事業者の多くが10月1日から全国で事業を始められる見通しだと明らかにした。(2020/9/30)

ソーラーシェアリング入門(37):
ソーラーシェアリングはなぜ大きく普及しないのか、その理由を考える【後編】
「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は前回に引き続き、筆者によく寄せられる「ソーラーシェアリングはなぜ大きく普及しないのか?」というテーマについて考察します。(2020/9/28)

ソーラーシェアリング入門(36):
ソーラーシェアリングはなぜ大きく普及しないのか、その理由を考える【前編】
「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は筆者によく寄せられる「ソーラーシェアリングはなぜ大きく普及しないのか?」というテーマについて、さまざまな側面から考察します。(2020/9/23)

「Go To Eat」オンライン予約のポイント付与、10月から順次
江藤拓農林水産相が、飲食業の支援策「Go To Eat」のうち、オンライン飲食予約サイトを通じて予約をした消費者にポイントを付与する事業について、10月1日以降、準備が整った委託先の事業者から順次始めると明らかにした。(2020/9/16)

スマートグラスで農業を遠隔指導 ドコモが佐渡島で実験 新潟特産「おけさ柿」の栽培技術を後世に
NTTドコモが、スマートグラスを活用して農業を遠隔指導する実証実験を開始。実施エリアは新潟県佐渡島で、特産品「おけさ柿」の栽培で「AceReal One」を使用。農業従事者が高齢化する中、熟練者の技術を効率よく若手に伝える。(2020/9/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。