ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「meet-me」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「meet-me」に関する情報が集まったページです。

チビキャラわらわら:
RPG「天界島ファイパラ」に新アトラクション登場
「ガチャポイント」を獲得すると、新しいプレートを入手できる。(2014/6/17)

ゲッチャTV Gamez出張所:
忍者でござる
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」の2010年1月28日放送分を紹介します。(2010/2/4)

ヨドバシカメラ、3D仮想空間で製品販売
ヨドバシカメラはココアの運営する3D仮想空間「meet-me」内でデジタル一眼レフなど50製品を販売する。(2009/12/3)

トヨタ初の営業赤字、IT・エレクトロニクス分野への影響は
トヨタが業績データ公表以来初の営業赤字に陥る見通し。同社業績や自動車業界の急ブレーキは、IT・エレクトロニクス分野にも影響を及ぼす可能性がある。(2008/12/22)

Lookup! せんせーしょん:
次元を超えた画像解析技術――「Deep Zoom」と「Photosynth」を体験する
超ズームの次の一手は想像のななめ上どころか、次元を超えていた。日本の誇る文化をモチーフにした実例で、Photosynthの魅力に迫る。(2008/10/17)

TGS2008出展タイトルを発表――フロム・ソフトウェア
(2008/10/7)

トヨタ、3D仮想都市を正式開設 クルマ離れの若者に楽しさアピール
トヨタ自動車は、同社の情報を発信する3D仮想都市「TOYOTA METAPOLIS」を開設した。新車情報の紹介やアバターによるアトラクションを用意し、クルマ離れが進む若年層に車の楽しさや実用性を訴求する。(2008/10/1)

HPの先端技術が生まれる場――HP日本研究所の活動
米HPは世界7カ所に研究拠点を持つ。日本のHP研究所では、モバイルやソーシャルネットワーキングにおける次世代オンラインコミュニケーションについて研究を進めている。(2008/9/13)

トヨタ、立ち乗り&2輪の“移動支援ロボット”「Winglet」開発
トヨタは、人が立って乗ることができる“パーソナル移動支援ロボット”「Winglet」を開発した。Segwayのように体重移動で操縦できるコンパクトな電動2輪車だ。(2008/8/1)

押井守氏監修、3D仮想都市でトヨタが若年層のクルマ市場開拓
ココアの「meet-me」でトヨタが「TOYOTA METAPOLIS」を開設。未来を描き、人とクルマの新たな関係を創造するという。(2008/4/18)

トヨタが「meet-me」に3D仮想都市 押井守が監修
3次元仮想空間「meet-me」に、トヨタが“未来都市”「TOYOTA METAPOLIS」をオープンした。押井守氏が監修を務める。(2008/4/18)

3D仮想空間「meet-me」インフラに日本HPのブレード採用
ココアが正式公開した3D仮想空間「meet-me」のサービスインフラに、日本HPのブレードサーバシステムが採用された。(2008/4/9)

3D仮想空間「meet-me」正式公開
昨年12月にα版として公開された3D仮想空間「meet-me」が、「正式版-08’Spring」として正式公開した。ユーザー同士で会話できる「携帯電話機能」などを追加したほか、ゲーム内通貨の発行も始めた。(2008/4/8)

日本HPとココア、3DコミュニティーにHP BladeSystemを採用
日本HPのブレードサーバ「HP BladeSystem c-Class」が東京の町並みを再現する3Dコミュニティーで採用された。(2008/4/8)

和製Second Life「meet-me」、16日に試験公開
(2007/12/14)

トランスコスモス、産経新聞社らと3D仮想コミュニティーを運営する合弁会社を設立
トランスコスモス、フロム・ソフトウェア、産経新聞社の3社は、合弁会社を設立し、3Dバーチャルコミュニティー事業を開始する。(2007/6/6)

東京をリアルに再現する“和製Second Life”
東京の街をリアルに再現した、Second Lifeのような3D仮想空間が今冬に公開される。アダルトコンテンツを排除し、操作を簡単にすることでSecond Lifeとの違いを打ち出し、子どもや女性も楽しめるようにする。(2007/6/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。