ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「mixi疲れ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「mixi疲れ」に関する情報が集まったページです。

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

売りは「究極のクローズド」 410万DL突破のカップル専用SNS「Between」の狙い
恋人同士で使う“カップル専用SNS”がひそかなブームとなっている。世界で410万ダウンロードを突破した「Between」の運営元は「LINEなどの一般向けサービスと違い、ニッチならではのチャンスがある」と話す。(2013/10/9)

小寺信良「ケータイの力学」:
青少年のネット依存を考える(1)
メールやSNSが気になってケータイやスマートフォンが手放せない。そんなネット依存の予防法を、PCによるネット中毒が社会問題化した韓国の事例から考えてみたい。(2012/10/22)

「Twitterのせいで留年しました」――女子大生が語る“ソーシャル依存”
「わたし、Twitterのせいで留年したんです」。連絡手段や近況報告の場としてTwitterは学生にとってもインフラ化している。反面、“ソーシャル依存”に陥るケースも出てきている。(2012/5/18)

「民族的に違いがある」――ビジネスSNSの普及を阻む“日本的な事情”、専門家に聞く
LinkedInが世界で1億5000万のユーザーを抱えるなど、ビジネスSNSの日本での普及を期待する声も多い。だが専門家によると「日本ではビジネスSNSが爆発的に普及しにくい事情がある」という。(2012/4/20)

サイエンスフューチャーの創造者たち:
ITは「もっと自由で勝手で、ばかばかしくていい」 ポストペット八谷氏×セカイカメラ井口氏
ソーシャル、AR、サイコミュ――。ポストペットの生みの親としても知られるメディアアーティストの八谷氏と、セカイカメラ生みの親である井口氏の対談は、八谷氏の作品に対する考えから、日本のネットビジネスに対する思いまで、さまざまな話題が飛び出した。(2010/10/1)

誠 Weekly Access Top10(2010年3月20日〜3月26日):
“Ustream疲れ”になりました
ソフトバンクやそらのさんの生中継など、続々と増えているUstreamのコンテンツ。朝昼夜を問わず行われる生中継の波にやられて、筆者は“Ustream疲れ”になってしまった。いや、エイプリルフールじゃないです。(2010/4/1)

ねとらぼ:
Twitterも疲れる?
2年ほど前話題になった「mixi疲れ」と同様の“症状”が、Twitterユーザーにも出ているようだ。(2009/5/13)

ネットの逆流(16):
狙われた“つぶやき”――Twitterに仕掛けられたワナ
Twitterのつぶやきが狙われた。しかし、これは氷山の一角かもしれない。それだけ拡大したTwitterは、これからどのような方向に進んでいくのだろうか。(2009/4/19)

News Weekly Access Top10(2007年11月11日−11月17日)
鏡音リンの「元ネタ」は?
初音ミクに次ぐボーカロイドシリーズ第2弾「鏡音リン」の全身像が公表された。ミクと同様、シンセサイザーの名機をモチーフにしているようだ。(2007/11/19)

SNSよりブログより“緩いコミュニケーション”──ミニブログが続々
Twitterに代表されるミニブログが、国内でもブレイクの兆し。同種のサービスが続々登場する中、11日も写真アップ機能などを備えた「Haru」がオープンした。(2007/5/11)

「mixi読み逃げ」ってダメなの?
友人のmixi日記を読み、コメントを残さずに立ち去る「読み逃げ」を失礼と感じるユーザーが増えており、読み逃げを公然と非難する人も出てきた。だが古参のネットユーザーを中心に「何が悪いか分からない」という人も多く、“読み逃げ禁止文化”に対する困惑が広がっている。(2007/3/20)

YouTubeとmixiの1年――今年最も読まれた記事は
2006年はYouTubeとmixiの年だった――ITmedia Newsの年間アクセス上位記事は、そんな印象を裏付ける結果だった。(2006/12/27)

「ヲタ芸」も「ハルヒダンス」も「現代用語」に載っていた
現代用語の基礎知識には、「ようつべ」「mixi疲れ」だけでなく「ヲタ芸」や「ハルヒダンス」も載っている。(2006/11/13)

「ようつべ」「mixi疲れ」も はてなキーワード、今年も「現代用語」に
はてなダイアリーキーワードが今年も「現代用語の基礎知識」に掲載される。今年は「mixi疲れ」「ようつべ」「炎上」「急にボールが来たので」などが収録されている。(2006/11/8)

「mixi疲れ」を心理学から考える
「正直、mixiに疲れました」――mixiでたくさんのマイミクと交流している人が、「疲れた」と言って突然mixiを辞めてしまうことがある。なぜだろうか。(2006/7/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。